タグ:YASHINON DX 40mm F1.7 ( 70 ) タグの人気記事

赤いニット帽と親類新年会

c0182775_15334653.jpg

今日はこの先2キロほど向こうのホテルで新年会がありました

カミさん4人姉妹の4家族と子供たち5世帯が全員集合します

今年の場合は孫の世代まで総勢27人でした

今年皆さんのいじりの対象になりそうだったのは
昨年11月から同棲し12月に入籍した姪のカップルです

本人たちもこの新年会を楽しみにしていたらしいです

しかし残念ながら 道庁職員同士のカップルは年末の勤務が多忙で
そろって風邪で熱を出して寝正月になった由です

それで親類への顔出しは6月の結婚披露宴まで持ち越しとなりました

会がはねて 苫小牧から参加した息子一家が我が家に寄りました

孫は魚釣りゲーム機で釣りあげる本がジイジの家には沢山あるので
釣った本のバーコードを読み取らせると
スコアの高い本がいっぱい釣れたとご機嫌でした
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-01-03 17:27 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

冬至の白樺とドライな路面と千秋庵の山親爺

c0182775_17342819.jpg

今日も良い天気でした

明日までは荒れないという予報通りで
往復の路面は全くのドライで 4月初旬のような感触でした

大学院講義も年内は最後なので 北海道のソウル・スィーツである
千秋庵の「山親爺」煎餅を振舞いながら茶話会ということにしました

留学生たちにとっては北海道のスィーツと言えば「白い恋人」であって
「山親爺」は誰も知らなかったです

ただ 漢民族はサクサクした味覚を「脆」と表現して
どちらかというと歓迎する食感になってます

振舞ってみると 案の定 皆さんに好評でしたので
今後 留学生には山親爺を定番にします
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-12-25 17:58 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

クリスマスツリーに降る本物の雪

c0182775_16483140.jpg

ショッピングセンター出入り口に設置されたツリーです

クリスマスツリーには綿などで雪を模した飾りをつけますが
このツリーには本物の雪がほどよくかかっています

今日は最高気温がマイナス1度ですが
木曜日にはマイナス10度になるらしいです

いよいよ本格的な冷え込みで
冷蔵庫の中で暮らすような季節の襲来です
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-12-24 17:00 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

青空駐車の雪備え

c0182775_17442386.jpg

屋外の駐車場に雪かきは必須です

我が家は高層屋内駐車場ですから雪かきの必要はありませんが
外に駐車する方々は「車を掘り出して」出勤します

そもそもマンションを探す条件が屋内駐車場でした

ただ今年は今のところ小雪模様なので
こうした雪かきの出動機会が少ないようです

ちなみに昨夜の苫小牧往復の高速道は
雪もなく凍結もなく 大変楽なドライブでした
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-12-23 17:52 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

古書古CD販売と古書のうっかり入手

c0182775_17181653.jpg

ショッピングセンターのイベントコーナーです

古書や古CDの販売も恒例ですが
買って行くお客さんがけっこういます

古書と言えば 本を大量に持つ人には
重複購入の経験が何度かあるかと思います

9月の大地震で蔵書を整理したり配架を大幅に変えたりしたので
あるはずの本が見当たらないことがしばしばあります

先日も岩波文庫の『日本語小文典』上下2冊が見つからなくて弱りました

5年前に書いた論文に大事な部分を引用したので
論文に関連する大学院講義で
受講生に見せるつもりでしたが出てきません

札幌の古書店に文庫本もかなり処分したので
その中に紛れた可能性があると思ってあきらめました

ただ無いと困るので
「日本の古本屋」で定価の半額程度の出物を見つけて注文しました

しかしですね そのクリックをしたほぼ1時間後
ほかの本を探しているうちに書架の眼の高さに
きっちりと鎮座しているのを見つけました

やっちゃいました

2部持っていても仕方がないので
同僚の一人に所蔵しているか否かを聞いたところ
持っていないという回答でした

それで今日の会議の始まる前に手渡しました

うっかりした失敗のいやな記憶がそれで解消されそうで
もらってくれた同僚には感謝したいです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-12-19 17:44 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

除雪機の操作練習

c0182775_1713960.jpg

マンション管理人さんが除雪機を操作しています

この手の除雪機の中ではかなりハイパワーの機種です

通りかかかった時には操作していなかったんですが
除雪機を巡る雑談をしているうちに
試運転の様子を撮らせてくれることになったのです
c0182775_1772545.jpg

私「この機種はけっこうなパワーありますね」

彼「そうですけど 普段こんなの使ってないもね」

私「操作は大分違うんですか」

彼「季節もんだから なかなか慣れないのさ」

私「試運転するところ撮らせてくれませんか」

彼「こんなとこ撮るのかい」

私「ブログで内地の人に見せたら喜ばれるんですよ」

彼「そんなもんかい したらやってみるね」

まあそんなやりとりでしたが
今晩あたりから本格稼働になりそうです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-12-18 17:24 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

雪上ジョガーと原稿の書き直し

c0182775_09445933.jpg

土曜日のサイクリングロードをジョギングしています

ジョギングシューズもしっかりスノー仕様です

先日 編集中の書籍の原稿が97%出来たと書きましたが
データを採る資料が不適切だったと気がついてやり直しています

その資料は国立国会図書館デジタルコレクションの画像でした

その結果 何となく予期した様相ではなかったので
書誌情報を詳しく検討した先行研究を読んでみたら
その画像の資料はオリジナルではないようなのです

全8冊のうち最初の1冊には返り点や送り仮名が無いのが元の本だと
先行研究にはしっかりと書いてありました

デジタルコレクションの画像元の本は1冊目だけを
再刊本の返り点や送り仮名のついたものと差し替えたようです

その1冊目を資料にしたので予期した結果が出なかったのです

それで改めて2冊目を調査してみたところ
どうやら予期した結果が出てきました

原稿の大きな骨格は変わらないのですが
説得力が全く違ってきます

あやうくおかしなデ-タに基づいて
的外れなことを書いてしまうところでした

それとこのブログ画面の左下に
勝手にイイネボタンが表示されるようになりました

設定によって非表示に出来るというので
何度非表示に設定しても消えません

勝手なことをしてくれるのは迷惑ですね
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-12-17 18:15 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

白雪をまとう白樺と雪漕ぎ用ブーツ

c0182775_1752223.jpg

白樺が白い雪をまといました

青空に対峙して白色がしっかり主張してます

冬にこういう光景を写真に撮るには
昨日掲げたような雪道を歩かねばなりません

除雪していない雪面を歩くことを
北海道では「雪を漕ぐ」と言います

雪を漕ぐにはくるぶし程度のブーツでは足りません

最低限くるぶしと膝の間ぐらいの長さが必要です

それで今日は地下鉄で新札幌まで出かけて
そういうブーツを手に入れてきました
c0182775_17581434.jpg

最寄りの靴屋さんのAsbeeでは
品数やサイズが限られていますので遠征したわけです

新札幌のAsbeeではちょうど良いのが見つかって
遠征した甲斐がありました

今冬は少々の雪なら積極的に漕いで
リハビリ散歩に励みたいと思います
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-12-16 18:08 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

雪の細道と荷を挽く人々

c0182775_17155136.jpg

天気が好かったのでリハビリ散歩に出ました

ここは歩道なのですが除雪していないので踏み跡しか歩けません

それほど深い雪ではなかったので歩きましたが
そもそも歩行に問題のある私には困難な道でした

ふだんは画面左のサイクリングロード左側の道が良く使われます

したがってそちらの道には除雪機が入ったようです

先まで行ってからそちら側に回って引き返すと
後からキャリーバッグを挽くご婦人に追い抜かれました
c0182775_1729259.jpg

大きなショルダーバッグを下げてリュックを背負い
なおかつキャリーバッグを挽くからには
前方にあるバスセンターから千歳空港直通のリムジンバスに乗る方でしょう

この程度の雪なら 普段通りの生活スタイルなのが道産子流です

そうはいっても 雪の上をキャリーバッグは辛いものがあります

この家族はソリで買い物に出かけたようです
c0182775_17395270.jpg

画面の母親の向こうには三歳ぐらいの女の子が
自分のソリを挽いていました

雪国の暮らしです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-12-15 17:48 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

プラタナスの小径と無事の帰宅

c0182775_19242139.jpg

15:50羽田発の便は順調に17:15には千歳空港に着きました

17:45の直通リムジンバスに乗り
18:30ごろには この小径を歩いていました

羽田空港には三省堂の辞書担当編集長が来てくれて
第二ターミナルの中にある小体な天ぷら屋「天政」でゆっくり食事しました

ここは昨年ふと見つけた店で 羽田を利用する楽しみになりました

今日のフライトの着陸際に
先の地震の震源地厚真地区の上空を飛びましたが
地滑りの地肌が累々と続く光景を見て
改めて地震の規模の大きさに思いを致しました

今回は付き合いが60年を超える友人たちの助力を得て
放送大学のラジオ録音も無事に終わり
自宅で緩和ケアのベッドにいる弟との面談を果たしました

宿泊したニューオータニ幕張は古い建物でしたが
ゆったりした造りだったので 障害がある身体にとっては
ストレスが無く過ごすことが出来て 安心しました

もちろんすべての行動は 奥さんにの支え無しには出来ないことでした
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-09-27 19:56 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)