人気ブログランキング |

タグ:YASHINON DX 40mm F1.7 ( 79 ) タグの人気記事

白い洋館の庭に咲くアヤメ

c0182775_165222100.jpg

リハビリ散歩をしていたら目の高さにアヤメが咲いていました

今の札幌は地面にアヤメが咲く時期ですが
洋館との取り合わせがいかにも札幌らしいです

このお宅は当ブログに時々登場してもらっています

今日の出勤時にマンション駐車場の出入り口付近に
白いアヤメが数本あるのに気が付きました

明日天気が良ければ撮りに行ってみようと思います
c0182775_1824659.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-06-06 17:30 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

老夫婦の下草刈りと恵庭市長寿大学講座

c0182775_1652452.jpg

リハビリ散歩でよく通る場所です

この桜木は春先になるとシャッターを切ることが少なくないです

またここの畑にはトウキビが植えられます

この畑がこのお二人の手入れによって活用されていることは初めて知りました
c0182775_1741679.jpg

お手入れお疲れ様です


今日は午前中 恵庭市の長寿大学講座で講義してきました

前半40分はメキシコ原産の唐辛子がハイチでコロンブスに発見され
100年後にはあっという間に全世界に広まった話です
c0182775_1718355.jpg

上は1988年にハウス食品が刊行した『唐辛子遍路』という本の伝播地図です

文庫サイズの小冊子ですが内容はかなり正確で
バブル崩壊前の日本の企業の底力を感じさせる本です

唐辛子はメキシコではチリと呼んでいたので
北米カウボーイの好きな「チリ・ビーンズ」や
日本産中国料理「海老チリ」のチリにその古メキシコ語が残っています
(四川料理の乾焼蝦仁がもとになった海老チリですが味付けはほとんど別物です)

しかしヨーロッパには胡椒ペッパーと混同されて伝わり
そのペッパーのハンガリー語なまりがパプリカです

ハンガリーでは確かにパプリカが沢山ありました
c0182775_2217234.jpg

【10年ほど前ブダペスト中央市場で撮った写真を追加しました】

1930年代半ば ハンガリーの生理学者がパプリカから
健康に良い成分を抽出してビタミンCと名づけ
1937年にノーベル賞を受賞しています

16世紀には日本中国朝鮮へも伝播しましたが
中国で食材になったのは150年ほど前で(麻婆豆腐)
その前はどんな料理本にも唐辛子は出てきません

後半40分は14世紀の饅頭の伝来とその読み方のお話で
蘇州杭州寧波の禅宗五山に由来することの説明ですが
ここでは省略します(今でも蘇州ではマェンデュに近い発音です)

受講者は今日の写真の老夫婦よりは少し若い年齢層ですが
90人近い好学老人が会した教室はなかなか活気がありました
c0182775_1824659.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-06-05 17:48 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

キャンパスランウエイ

c0182775_18184339.jpg

初夏の光の中 颯爽と歩いています

ペットボトルを片手にまことに姿勢正しいウオーキングで
さながらファッションショーのランウエイという感じでした

恐らく若い教員だと思いますが
近寄りがたいほど自信に満ちた姿勢です

ベンチにかけた私だけでなく ほかの学生さんも目で追うほどでした
c0182775_1826247.jpg

学生に慕われる教員になって欲しいです

昨日は学園のカヴァードウオークの写真を投稿しましたが
それで今日はランウエイウオーキングを思い出しました
c0182775_1824659.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-06-04 18:39 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

北星学園大に図書の返却に出向きました

c0182775_17174310.jpg

貴重な田中菊雄『わたしの英語遍歴』を読了したので返却に行きました

この屋根つき歩道を大学の案内板はカバーウオークと表現しています
(正しくはカヴァードウォークでした)

この歩道を向こうの方から登って大学の敷地に入ります

今日のような暑い日差しよけとしても有り難い屋根ですが
雪が降る季節ならもっと有り難さが増すだろうと思います

普段リハビリ散歩を行なう時は
並行しているサイクリングロードを使いますから
この角度から見る光景は新鮮です

今の季節 法面には黄色い先代萩が満開です(↓レチナIIIcヘリゴンレンズ)
c0182775_17263042.jpg

東北北海道にしか見られない花ですね
c0182775_17305531.jpg

キャンパスの一角にセイヨウツツジが25株
植えてあると案内がありますが
濃い深紅の花と普通の桃色の花と黄色い花と三種類ありました

濃い深紅の花と普通の桃色の花も撮ったのですが
めったにないことにフィルム巻き上げが不調で
撮ったコマが重なり合って失敗しました

もう萎れかかっていましたので 来年の5月末に撮り直しに行ってみます
c0182775_1824659.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-06-03 17:42 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

顔を出した散歩道と立派な四六駢儷文の万葉集梅花序

c0182775_16425846.jpg

リハビリ散歩の法面歩道が顔を出しました

冬の間は雪のために通行止めになっていたのです

そろそろ令和の話題は食傷気味なのですが
専門家と名乗る御仁が出てきても
大事なことに触れることが全くありません

出典となった万葉集の梅花序は本来は漢文で書かれています

しかし これを「漢詩」だというとんでもない紹介があったりしました

あの序は漢詩ではなく 四六駢儷文という対句を多用する散文なのです

その形式は四字句や六字句を対にして配置しますが
詩とは異なる構造を持っています

四六駢儷文の形式の名を
近藤杢『支那学芸大辞彙』(1943年)によって【】内に書いておきます
【】内の()は私の注釈です

天平二年正月十三日
萃于帥老之宅 申宴會也 【以上発句(書き出し、対句でなくても良い)】
于時 【傍句(段落の方向を変える接続詞的な句)】
初春令月
氣淑風和 【以上緊句(四字句の対)】
梅披鏡前之粉
蘭薫珮後之香 【以上長句(六字句の対)】
加以 【傍句】
曙嶺移雲 松掛羅而傾盖
夕岫結霧 鳥封縠而迷林 【以上軽隔句(四字+六字の対句)】
庭舞新蝶
空歸故鴈 【以上緊句】
於是 【傍句】
盖天坐地
促膝飛觴 【以上緊句】
忘言一室之裏
開衿煙霞之外 【以上長句】
淡然自放
快然自足 【以上緊句】
若非翰苑
何以攄情 【以上緊句】
詩紀落梅之篇
古今夫何異矣 【以上長句】
宜賦園梅
聊成短詠 【以上送句(結びの句、対句でなくても良い)】

音声の対は若干甘いですが こういう見事な四六駢儷文になっているのです

万葉集は確かに国書で
「令」「和」ともに張衡「帰田賦」の語句を借りていますが
文体そのものが立派な四六駢儷体で書かれました

中国の言語表現に如何に大きく依存しているかよく分かります

こういう解析を示さないで漢詩だと言っていると
見えるものが見えなくなりますね
c0182775_1824659.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-04-03 17:30 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

ほとんど融けても凍て返る昨今と大病時の年号

c0182775_1844045.jpg

北海道のいかにも広い路側帯の雪がかなり融けました

高速道の日陰の法面に着いた雪も 午後には融けました
c0182775_1885486.jpg

ところが今日の日中まで また雪が降って凍て返りました

ただ路面に積もるほどではないので助かります

昨日のブログで令和の中国の出典を紹介しましたが
私自身は積極的に元号を使うことはなさそうです

早い話 私は2004年に直腸癌で直腸全摘の大手術
2012年に脳出血で半身まひという 命に関わる大病をしました

さてそれぞれ平成何年だったかというとスッと出てきません

西暦元号対照表に頼らざるを得ないのです

人生後半の命に関わる個人的事件に於いてもそうなのです

いずれ令和年間に死ぬことになるのは確実ですが
死にゆく当事者にとっては関係のないことですね

何よりもこのたびの政権の改元利用を見せられては
ますます令和と距離を置いてやり過ごしたいのですよ
c0182775_1824659.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-04-02 18:29 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

建築工事の始動と令和の出典は張衡「帰田賦」であること

c0182775_17431471.jpg

札幌の雪も融けて戸建ての建築工事が始まりました

この辺りの戸建て住宅は築三十年を越えましたから
取り壊して更地にして新築工事の世代交代が進んでいます

今日一日は令和の件で鬱陶しい一日でしたが当分続くのでしょうか

令和の出典は
万葉集巻五歌番815~846「梅の歌三十二首」の序に
天平二年正月十三日に宴会を開いたと言って「時に初春の令月にして、
氣淑(よ)く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫ず」
とある「令月」「風和」の語にもとづくとしています

しかし万葉集の言葉は中国の古典から借りてきたものが多く
ここは後漢の張衡「帰田賦」が出典です

張衡(78年-139年)は後漢のいわばダビンチのような才人でした

宮廷で重きをなしていたのですが 時の宦官の専横に我慢できず
気象庁長官の職をを辞し
趣味の生活を堪能できる地方に下ったのでした
(辞めたのと辞めさせられたのとは違いますが
私には前川喜平氏と重なります)

その時の心境を「帰田賦」に述べたのですが
辞職したのは春二月であったことを
「世事とともに長く辭す。是(ここ)に於て仲春令月、時 和ぎて、氣 清めり」
と書いています

下の画像は万葉集の出典がたくさんある『文選』のなかの「帰田賦」です
c0182775_17535439.jpg

この本は350年前に刊行された原本ですからシミがあったりしますね

この句から万葉集は表現を借りたのですが
「令月」を「二月」の意ではなく「よき月」ぐらいの意味にして使っています

まあ『文選』の注釈にも「よき月」だというあり
その立場の解釈を採ったわけですが

それにしてもマスコミは万葉集とだけ言って
中国までさかのぼらないようにしていますが
中国が出典だと言うと官邸にいじめられるのではないかと
私は忖度しています
c0182775_1824659.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-04-01 18:01 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

自転車シーズン到来とプロ野球開幕で台湾ラミゴ職員との会食

c0182775_16141688.jpg
自転車が快適なシーズンがもうすぐです

プロ野球が開幕して 今日はもう日本ハムの3戦目です

今年の期待は台湾ラミゴモンキーズから移籍した王柏融選手です

王柏融のバッティングは
昨年の札幌ドーム日台親善試合で見ました

その時に通訳として活躍した台湾球界唯一の日本人職員は
(当日のブログに登場しています)
前任校の私のゼミ生でしたが
王柏融選手の激励のために来道したからと
今日のランチを一緒にしました

彼の話によると王柏融はまだまだかなり緊張しているようですが
今日のゲームではタイムリーヒットが出て
試合後にヒーローインタビューにも出ましたね

旧ゼミ生の彼とは野球界の話題や 前任校ゆかりの仕事の話など
あっという間の一時間余りの再会でした

その後彼はそのまま札幌ドームに駆けつけ
試合後には王柏融選手と旧交を温めるとのことでした

大学で中国語を学んで その中国語を活かして
楽しく仕事を続けているのが幸せだと言っているのが
旧師としては嬉しいことでした

c0182775_1824659.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-03-31 17:12 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

転入の季節とショーケンで思い出した柳ジョージ

c0182775_16423249.jpg


転入の季節です

マンション脇で引っ越しラックが作業していました

ショーケンが亡くなって色んな出演作が流れました

私にとって懐かしいのは
1977~78年の「祭りばやしが聞こえる」ですね

富山大学に赴任した次の年で
当時の富山はテレビが3局しか入らず戸惑いましたが
読売系の土地柄ですから日本テレビの中継はありました

あのドラマでショーケンと石田あゆみが結びついたのですが
私は柳ジョージの主題歌に魅せられました

日本人歌手であんなにR&B色の濃厚な歌い手はいなかったからです

その後この主題歌が収められたアルバムが出て
さっそく買い入れたLPはまだ手元にあります

c0182775_16580444.jpg

それから
「Weeping in the Rain」や「Y.O.K.O.H.A.M.A.」
  • 「RAINYWOOD AVENUE」や
    「Woman and I... OLD FASHONED LOVE SONGS」
    なども買いました

    私がまだ30歳前後のことです
    c0182775_1824659.jpg



  • 使用機材→クリック
    by zuoteng_jin | 2019-03-30 17:30 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

    赤いニット帽と親類新年会

    c0182775_15334653.jpg

    今日はこの先2キロほど向こうのホテルで新年会がありました

    カミさん4人姉妹の4家族と子供たち5世帯が全員集合します

    今年の場合は孫の世代まで総勢27人でした

    今年皆さんのいじりの対象になりそうだったのは
    昨年11月から同棲し12月に入籍した姪のカップルです

    本人たちもこの新年会を楽しみにしていたらしいです

    しかし残念ながら 道庁職員同士のカップルは年末の勤務が多忙で
    そろって風邪で熱を出して寝正月になった由です

    それで親類への顔出しは6月の結婚披露宴まで持ち越しとなりました

    会がはねて 苫小牧から参加した息子一家が我が家に寄りました

    孫は魚釣りゲーム機で釣りあげる本がジイジの家には沢山あるので
    釣った本のバーコードを読み取らせると
    スコアの高い本がいっぱい釣れたとご機嫌でした
    c0182775_18101867.jpg

    使用機材→クリック
    by zuoteng_jin | 2019-01-03 17:27 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)