人気ブログランキング |

タグ:ULTRON 50mm F2 ( 113 ) タグの人気記事

十連休と連休中のお仕事

c0182775_16491191.jpg

ほかの写真を撮っていたらそばに子供の世話をするイクメンがいました
c0182775_16504414.jpg

ほかの写真というのは上のジョギングのショットです

十連休はスポーツに打ち込む人や
出かけるにしろ出かけないにしろ 家族で楽しむ人がいるでしょう

我が家も孫たちがやって来ました

ただ私は基本的にはお仕事が続きます
c0182775_16591193.jpg

B5判程度の大きさで11冊 平積みで13センチほどの古字書について
全巻悉皆調査をしています

毛利貞斎(モウリテイサイ)という人が元禄四(1691)年に編んだ
『増続大広益会玉篇大全(ゾウゾクダイコウエキカイギョクヘンタイゼン)』
という漢字字書です
c0182775_1795047.jpg

これの「月」を見ると漢音「ゲツ」呉音「グハツ」の読みがついています

16世紀までにできた漢字字書の読みというか表記は
漢音は「ゲツ」ではなく「グヱツ」で 呉音は「グハツ」ではなく「グワツ」です

ついでに「光」もふつうは「クハウ」ではなく「クワウ」でした

毛利さんがどうしてこんな表記をしたかというと
1596年にヤソ会宣教師が作った漢字字書
『落葉集』の表記を採用したからなんです

上の画像で分かるように『落葉集』「月光」は
漢音「げつくハう」呉音「ぐハつくハう」なんですね

『落葉集』を作った宣教師たちは伝統的な字音表記よりも
実際に耳で聴いた発音を書きました

当時の「ハ」は唇を狭める発音でしたから
「ワ」よりも真似がしやすかったのです

それはともかく 『落葉集』の先駆的研究者土井忠生博士は
日本の後世にほとんど影響がなかったと言っていました(「落葉集攷」)

しかし私は軍記物語『保元物語』の代表的な写本は
『落葉集』を使って詳細な読み仮名がつけられたことを論文に書きました
(『源平の時代を視る』思文閣出版所収)

今度は元禄から明治までもっとも流布した毛利字典が
『落葉集』を参照したことは明らかでそれを論証します

何しろ 『落葉集』以外には
「ゲツクハウ」「グハツクハウ」に一致する先行字書は皆無です

現在『落葉集』原本は世界に6点しか残っていません

元禄時代には日本でも手に入ったと思うのは
現在大英博物館にある1点は 明治の英国外交官アーネスト・サトウが
東京の古本屋達磨屋で見つけて買い取ったというぐらいですからね

毛利さんが『落葉集』を見たと考えて不自然ではないです

漢字音読みの研究は案外見逃されてきましたから
しっかり調査して論ずるつもりですが
そのためにもこの十連休は有り難いです
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-04-27 17:46 | Vitessa L ULTRON | Comments(0)

JRホームにて

c0182775_17434498.jpg

先週の水曜日に高齢運転者講習で桑園自動車学校に出かけました

これはJR新札幌駅のホームです

こういう逆光には何と言っても蛇腹カメラが最適です

フィルム現像もどんピシャリの適正現像でした

自動車学校の実技コースは以下のようなものです(ビルの3階屋上です)
c0182775_1748337.jpg

高齢になると優良運転免許ではなくなり
3年に一度は講習を受けて免許証の更新をしなければなりません

実技講習は一度でも走ったコースの方が安定した運転が出来ます

3年後も元気で更新できるなら
操作が複雑なプリウスは好きではないですが
やはりここで講習を受けようかと思います
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-04-24 17:56 | Vitessa L ULTRON | Comments(0)

春とはいえど寒空のプラタナス

c0182775_1615248.jpg

日本中で桜の開花が報じられています

しかし札幌周辺はもうひと月以上は待たないといけません

今日あたりも風がたいへん冷たく
カメラを提げてのリハビリ散歩は自重せざるを得ません

今日の投稿写真のような寒々としたプラタナスの下を通って
ショッピングセンターの中をぐるぐる回って身体をほぐしました

それ以外は完成原稿を読み直して
注釈を入れるという作業に終始しています

私が担当している5章分のうち1章は終りました

新学期の授業が始まる前にはできる予定です
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-03-28 17:30 | Vitessa L ULTRON | Comments(0)

八百屋の開店初日

c0182775_1711878.jpg

一昨日開店した八百屋さんです

色とりどりの野菜果物や開店祝いのお花など
カラーで撮れば良かったかもしれませんが
たまたま手にしていたのはモノクロフィルムを詰めた蛇腹カメラでした

このフィルムは昨日現像したものですが
ローライRPX100の現像作業もすっかり手慣れてきました

今日はすでに書き上げた本の原稿を見直す作業をしていました

叢書の中の共著の一冊で 一般書ですから
私は注釈なしに書いたのですが ほかの筆者はほとんど有注なので
私の原稿も「注が無いと寂しいから」
注を入れてほしいという要請があったのです

それで原稿を読み直しつつ注釈を入れていますが
本文を読み直すと 当然 不親切な書き方が目について
この際ですからそういう個所に手入れすることが出来ます

そういう意味ではラッキーチャンスと思って
得した気分で作業を進めています
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-03-27 17:22 | Vitessa L ULTRON | Comments(0)

患って知る樹木の強靭さ

c0182775_1703089.jpg

リハビリ散歩コースにある樹木です

白樺と 私には分からない面白い枝の樹で
葉を見るとヒバのようですが
こんな風に枝分かれするのでしょうか

大病を経験すると植物の生命力に感ずるというか
圧倒される思いがします

病気なんて考えてもみなかった頃は
植物の強靭さなどには思い至らなかったです

大病どころか30代のころ 水虫が出来たときに
医師だった同僚教員に
「水虫はねぇ 虫と言いながら 本当は植物だから強いんですよ」
そう言われて妙に納得しました

もっとも水虫の白癬菌は真菌類だから植物だというのは古い分類概念で
今は動物か植物か あるいは見方によってどちらとも言えるだとか
諸説があって論争が続いているようです

それはともかく 私の知らないこの樹の枝分かれを見ると
きっと積雪に対応した進化なんだろうとは思います
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-11-29 17:27 | Vito III | Comments(0)

延命地蔵と富山の知人の癌治療

c0182775_1645568.jpg

先日掲げた不動明王の近くに延命地蔵もあります

帽子と襟巻を着けてもらって 冬への備えは万全です

昨晩 こちらが出した年賀欠礼のハガキを見て
富山時代に最も仲の良かった同僚(生物学専攻)から
メールの弔文が寄せられました

それに近況の報告があったのですが
先月末に血尿が出て 診察の結果 早期の膀胱癌という診断で
明日入院し30日に内視鏡手術だということでした

一週間で退院できますという診断らしいですが
ちょうど一年前 心臓に人工弁脈をつける手術をした身体です

負担のない形で手術が成功するように
今日は延命地蔵にその祈願をしたいと思います
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-11-28 17:24 | Vito III | Comments(0)

不動明王とお地蔵さん

c0182775_0183137.jpg

マンションの隣りのお寺にあります

蛇腹カメラだとこれを撮りたくなります

弟の50日祭は神式で滞りなく行われました

生前弟が自ら墓石を建てた霊園は小ぢんまりとした居心地のよさそうな環境です

とにかく快晴のよい天気で弟の家族三世帯と私と親友二人が参列しました

神主さんの通常の祝詞のほかに
送り歌というのを捧げてくれたのですが
初めて聴くしみじみとした歌でした

その後皆さんで弟を偲ぶ会食がありそれが済むと
我々夫婦は自治医科大学さいたま医療センターの甥を見舞って来ました

一般の病室で会えたのは幸いでした

白血球の脊髄生着はうまくいったものの
血液関連の色々な合併症に悩んでいます

まさに闘病という現状ですが
快復を祈って再会を約しました

毎年冬が近づくとお地蔵さんに襟巻を寄進する檀家がいます
c0182775_22383818.jpg

お不動さんお地蔵さん どうかお力をお貸しください
c0182775_18101867.jpg

使用偉材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-11-25 17:30 | Vito III | Comments(0)

高速道路わきのススキ

c0182775_0105721.jpg

このススキも雪の下に埋もれました

明日の弟の50日祭と納骨のために埼玉に向かうリムジンバスの中です

14時からの千歳羽田間フライトは極めて順調でした

出発直前に埼玉の医療センターで
血液癌の治療をしている甥からメールがあって
どうやら輸血が成功して無菌室から出られた由で
明日の午後 見舞いに行けそうでひと安心です
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-11-24 17:30 | Vito III | Comments(0)

雪に埋まる前に放置自転車を無くしたい

c0182775_17113790.jpg

駅そばの駐輪場では放置自転車を無くしたいと必死です

雪が降ると毎年数十台の自転車が放置されます
c0182775_1715121.jpg

こうして見えているうちの四分の一程度は 雪に埋もれて冬を越します

それにしても最初の写真の注意ラベル
字が小さくてよく読めないですが まぁ下手に出て丁寧です

こんなのは単刀直入に
「自転車を放置してはいけません 長く放置してあるものは撤去します」
せいぜいこんなところで良いのではないでしょうか

撮影機材のVITO IIIは二重像合致の距離計がついていますが
左手で軍艦部のノブを回す独特な使いにくさです

最短距離のピント合わせは
作業療法のリハビリみたいなものですが
だからこそ敢えてこの機材を持ち出しています
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-11-22 17:28 | Vito III | Comments(0)

自走車椅子とBMWモーターサイクル

c0182775_1641474.jpg

リハビリ散歩の折りに時々この椅子のそばを通ります

この車椅子は電動ではなくて手漕ぎですが
町工場で作ったような手作り感にあふれていて
製作者の気持ちが伝わってくるような感じです

マンションに戻る道の反対側からエンジン音も重厚な
BMWのオートバイが出かけるところでした
c0182775_16483431.jpg

今日は会議登校の帰途 脳神経外科に寄って降圧剤をもらってきました

待合室は 私のように杖が頼りの患者さんやら
車椅子が頼りの患者さんでいっぱいでした

車椅子かBMWバイクか どちらに転ぶ人生になるかは
神のみぞ知るところですが 私の場合
この先待ち構えているのは間違いなく車椅子です

ところで今日のモノクロフィルムは昨日現像したものですが
カメラのラックに置き忘れていたフジACROS100の
使用期限2013年のものです
c0182775_17105173.jpg

期限が切れてから5年以上経っていましたが
北海道の室温で保存したモノクロフィルムなら
使用に差支えないだろうと思って使いました

ご覧の通り問題なく使えました

撮影・現像など非常に使い易いフィルムですが
製造中止になったのは惜しい製品です
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-11-21 17:30 | Vito III | Comments(0)