タグ:Tessar 40mm F3.5 ( 134 ) タグの人気記事

沿道のスツールと官僚の椅子

c0182775_1616146.jpg

サイクリングロードの沿道にあります

いやどうも 最近は政治家の劣化は言うに及ばす
官僚たちの劣化の発覚も底を打つことが無いですね

政治家が大臣職を退いても 議員辞職しない限り生活には困りませんが
公務員官僚が辞職したら生涯賃金などに厳しく影響します

まして懲戒免職になったらすぐに明日から困ります

だから財務省次官がセクハラ疑惑の録音をさらされても
椅子にしがみついて 簡単には辞職しないし
政権側と罷免しないという取引があったとも思います

官僚にとっては椅子こそ命だということがよく分かります
c0182775_17223071.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-04-16 17:30 | Rollei35 Germany 1 | Comments(0)

馬場公園の滑り台と国会前総理退陣要求集会

c0182775_16183369.jpg

一週間ほど前はこういう快晴がありました

先週後半から青空はあまり見ていません

東京も同じようにぐずついた日が続いているようですが
昨日の国会前で繰り広げられた総理退陣要求集会は
延べ5万人の大規模なものだったようです

市原悦子さんだの毬谷友子さんといった女優さんたちも参加し
twitter で時々刻々その現況をレポートしてくれました

札幌でも大通りを行進する集会がありましたが
寒いうえにタイヤ交換に重なって参加はかないませんでした

ネットで国会前の画像を見ながら 思い出したのは
正岡子規「病牀六尺」のこんな記事です

「日本の政治家は腐敗して居るとか、官吏が収賄して居るとか、
議員が買収せられたとか、華族が役にたたんとか、とにかく上流
社会に向つてはいくらの非難があるとしても、下等社会が悉(こと
ごと)く慥(たしか)である。将校にはいくら腐敗したものが多くとも、
兵卒は皆愛国の民である、かういふ風に一国の土台となるべき
下等社会が慥であれば、その国の亡びる気遣はない」

したがって西洋人は 日本という国は侮れないと見ていると
西洋から帰国した人の言として上の言葉を紹介しました

日本の検察機構は政権の意向に沿ってしか動かないので
こうやって民意をどんどん示すほかに
腐敗しきった政治を打開する道はないと思います

まさしく子規の言うように
「一国の土台となるべき下等社会が慥(たしか)であれば、
その国の亡びる気遣はない」と信ずるほかありません
c0182775_17223071.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-04-15 17:00 | Rollei35 Germany 1 | Comments(0)

スーパーの休憩コーナーとタイヤ交換完了

c0182775_19102825.jpg

数日前のリハビリ散歩で一休みした場所です

我が家から徒歩20分ほどの位置にあります

さらに5分先の別のスーパーでちょっと特別なヨーグルトを買って
また引き返しましたが 途中ここで私も休憩したのです

このおじさんの陰に無料の冷水サーバーがあって
私も紙コップ1杯いただいて 喉をうるおしました

この小さなテーブルが3個ほどのミニコーナーですが
人が絶えることはありません

ただ 腰を下ろして休む人は
私のような年齢のお一人様がほとんどであるのが興味深いです

今日はかねて打ち合わせていたように
ルノーのディラーに出向いてノーマルタイヤに履き替えました

次に交換する11月までスタッドレスタイヤは
ディーラーの倉庫に保管してもらいます

タイヤ交換が終わってちょうど17時 飲食店開店の時間ですから
例によって「味の花とみ」さんで夕食をいただいて帰宅しました

俳句作家である女将さんは料理教室の講師で留守でしたが
生鰊の塩焼きなどを美味しくいただいて帰ってきました
c0182775_1885724.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-04-14 19:30 | Rollei35 Germany 2 | Comments(0)

清掃ボランティアと働く喜び

c0182775_1732494.jpg

サイクリングロードでボランティアの男性が砂を片付けています

雪のある間は路面の凍結で滑る事故を防ぐために
道端には砂箱があって路面に砂を撒きます

砂といっても直径2ミリぐらいの微細な小石のようなものです

それが雪解けで舗装の上にあると
逆に滑って転ぶことがありますから
撒かれた砂を掃き寄せる必要があります

その砂はまとめて土木業者が買い入れ
簡単に洗ったうえまた袋に詰めて
来年の秋になると市の土木課に販売するそうです

ただこのお父さんはそういう流通とは関係なく
ボランティアで身体を動かしているようでした

自分の身体を適度に動かして人様のお役にたつと思えば
まぁ 十分に働く喜びになっているのかと思います

今日71歳の誕生日を迎えた私も
新学期最初の授業がありました

学期明けの授業はいつも体力的に厳しいものがありますから
決して無理をしないように切り上げましたが
日本人と中国からの留学生が半々の学生諸君に講義するのは
やはり働く喜びがありました
c0182775_17223071.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-04-12 18:02 | Rollei35 Germany 1 | Comments(0)

麺コーナーと20代正岡子規の人身攻撃論

c0182775_14473276.jpg

今日のお昼はショッピングセンターの麺コーナーで稲荷うどんを頂きました

撮影したのは10日ほど前でお昼のピークを過ぎていました

照明は注文カウンターの周りだけで 窓が無いので
写真撮影には厳しい条件でしたが
Rollei35 のテッサーレンズはきちんと写し取っています

今日は右手のカウンターでうどんが出来るまで
正岡子規の『松蘿玉液』をめくっていました

この中に「国技」という言葉が初出するエッセイがある本です

ただ今日は「人身攻撃」というタイトルの文を読んで感心しました

この言葉は明治の中ごろの新聞雑誌に頻出したらしいのですが
批判された政治家たちが人身攻撃だと逆ギレする使い方が普通
だったようです

それについて子規は「政治家も詩人も商人もその社会の一人たる上に
おいては一言一行の上に道徳上の責任を免るべきにあらず。社会もま
た人間として同胞としてよろしく遠慮なく彼らの悪を責むべし。彼らの悪
を責むるは徒に彼らを貶するの目的にあらず人間の安寧と社会の秩序
とを保たんがためなり」と書いています。

子規はまだ20代後半でこういうことを書いていました

昨今の呆れるほどのアベ政権の腐敗に関して
朝日新聞や東京新聞などが不正を暴くと
ネトウヨ諸氏が沸いて出たように逆ギレします

明治半ばに子規が指摘した事態から全く進んでいない言論空間には
溜息しか出ないです
c0182775_17223071.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-04-11 17:30 | Rollei35 Germany 1 | Comments(0)

水ぬるむ頃と新学期のスタート

c0182775_1746559.jpg

丸い砂場の雪が融けて池のようになりました

一年生ぐらいの女の子が遊んでいるところに
向こうの中学校から下校してきた男の子たちが
興味深そうに見学をはじめました

そんなちょっとした寄り道ですが
小中学生のころは出来るだけ寄り道をしてもらいたいものです

下校の寄り道を通じて外界の物事を知る機会は多いのです

今日から新年度の大学院・学部それぞれの会議が始まり
明日は17時からの会議が控えています

新学期がいよいよスタートです

午後の会議の前に大学の隣の湿地公園に
水芭蕉の様子を視察に行きました

水芭蕉はまだ一週間ぐらい先が見ごろのようでしたが
坐禅草がちょうど見ごろでした

とは言ってもフィルム1本撮り切ったわけではないので
後日現像が終わったら投稿しましょう
c0182775_17223071.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-04-10 18:13 | Rollei35 Germany 1 | Comments(0)

出口から出る人々と卒業式と卒業生の来訪

c0182775_17475036.jpg

後の人は慎重に歩を運んでいます

今日の卒業式は天気に恵まれて
晴れ着の女子学生たちにとってはありがたい一日でした

10時頃 研究室の戸を叩く音がして
昨年卒業した留学生がふいに訪れてくれました

彼は本学の学部を終えてから 大学院で2年間を修了し
昨年卒業して札幌の会社に勤めています

仕事で大学のそばを通りかかったら 卒業式だというので
今日なら確実に先生に会えるから寄りましたとのことです

仕事は上手くいっているのと聞くと
農業機械のメーカーなので 中国に輸出したり
最近は中国の会社と合弁事業をやったりで
昨年だけでも5~6回は中国出張に出かけて
とても充実しているとのことでした

卒業式当日に 札幌と中国との間で
実際に活躍している卒業生の来訪は
教員生活で最もうれしい出来事でした

全体の卒業式が終わってから 別室で
それぞれに学位記を手渡すセレモニーがあって
個々の教員が1分間スピーチではなむけの言葉を贈りましたが
私はその卒業生のことを手短に紹介して
たいへん嬉しかったので 皆さんも思い出したら来てくださいと語りました

今年の卒業生には17名の留学生が含まれるので
先輩留学生の話柄を
まるで自分のことのように聞いてくれたのも嬉しいことでした
c0182775_1885724.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-03-17 18:21 | Rollei35 Germany 2 | Comments(0)

滑る道と麻生が有無をユウムと読んだことについて

c0182775_17133070.jpg

雪の上に雨が降った後の道はよく滑ります

内閣総辞職を迫られるような安倍政権の悪事が
朝日新聞のスクープで暴かれました

麻生財務相が辞任することまでは恐らく避けられないでしょうが
狡猾極まりない安倍首相は自分だけは逃げ切ろうと
この週末は大わらわだろうと思います

ところで麻生は会見で「文書の有無(ユウム)」という読み方をしました

かつて未曾有をミゾウユウと読んだ前科があるので
ネット上では麻生がまた無学をさらしたと取りざたされました

これは確かに誤読です

しかるに麻生の肩を持つネット民から
ユウムという読み方だって辞書に書いてあると
ネット上の「大辞林」などを引用して援護射撃がありました

残念ながらユウムは誤読が拡散したものなんですね

「有無」は本来仏教とともに入ってきた語彙ですから
有を呉音でウと読み
無も呉音でムと読んで受け入れました

しかし十三世紀以後に呉音より漢音読みが推奨されるようになると
有を漢音でユウと読み
無も漢音でブと読むようになりました

そう読んだ証拠は十四世紀の『太平記』にあります

また手元の古字書の複製本を見てみると
十五世紀後半にできた文明本『節用集』には
はっきりと「有無ユウブ」という読み仮名がつけられています

ですから有無は呉音読みでウム 漢音読みでユウブが
江戸末期まで誤りなく読まれてきたのです

ただ 日常語に入った仏教読み
すなわち呉音の定着度はこの語に限らず強固だったので
ウムのほうが定着してしまいました

しかし明治時代半ばになると
漢文漢語の認識が怪しくなった小説家が漢音呉音混ぜこぜに誤って
ユウムと読む事例が発生したのです

そのユウムを後の辞書が採録しただけなのです

辞書の読みは その辞書がどこからその読みを採録したものか
そこまでしっかり検討しないと
半端なネット民が半可通ぶりを露呈するという落ちになります

【追記】
手元の小型国語辞典を開くと
三省堂「新明解国語辞典」・岩波書店「岩波国語辞典」・新潮社「新潮現代国語辞典」
どこにもユウムの見出しは立っていません

やはり日常語として ユウムの読みには無理があります
c0182775_1885724.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-03-11 17:48 | Rollei35 Germany 2 | Comments(0)

2016年末の大雪と冬季五輪の支援と成果

c0182775_1816795.jpg

札幌では2016年の年末が大雪でした

冬季五輪の女子スピードスケートで
日本選手2人が表彰台に上るという初めての光景を見ました

2人でそれぞれ日の丸を掲げたウイニングランをみると
いかにも日本代表の勝利だという感じですが
彼女たちに関する限りは国の支援というよりは
個人の努力と企業のサポートが奏功したと思います

小平選手の場合は松本市の相澤病院が全面的な支援をしています

信州大学卒業後 病院のリハビリ部門の一員として受け入れ
トレーニング費用や2年に渡るオランダ留学の費用まで面倒を見たと言います

相澤病院は病院あげての社会的な活動に
大変理解がある病院だという印象があります

2010年の旧盆の「松本ぼんぼん祭り」を偶然に見たことがあります

市民が「連」を作って陽気に練り歩く楽しい祭でしたが
最大規模の連が相澤病院の皆さんだったのです

外来診療が終了してからの時間帯とはいえ
40人ほどの職員がこうして参加するというのは
病院経営者側のかなりの理解があって可能なことだなと感心しました

そういう経験があるものですから
小平選手の銀メダルを支えたのは相澤病院だと
そのサポートに拍手を送りつつ観戦しました

500mも成果が見られるように期待しています
c0182775_1885724.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-02-15 18:55 | Rollei35 Germany 2 | Comments(0)

4月の入学式と学園75周年記念式典

c0182775_17112623.jpg

二か月前の入学式です

時期遅れの投稿ですが
今日は学園の創立75周年記念式典があったのにちなみます

勤務校は75年前に北海道女子栄養学校として開学したのが発端です
大学は平成11年(1999)に開設されました

午前中に記念式典があったので列席しましたが
午後の祝賀会懇親会は身体に負担がかかるので失礼しました

記念式典は札幌交響楽団のメンバーと大学の講師とのクインテットによる
シューベルトの「ます」(第一楽章と第四楽章)の演奏で始まりました

昨秋完成した講堂での演奏で 私は最後尾の座席でしたが
楽曲演奏の響きはとても心地よいものでした

式典は前任校の130周年(!)記念も経験しましたが
そこでの学生表彰や同窓会の関与など
教育研究が前面に出た式典とは感じが違いました

今日は「ます」の演奏のあと
その講堂の紹介や設計工事に対する謝辞などが続き
一言で言うと企業色が色濃い式典でした

就職率が何より尊重され 実学重視が特色の大学としては
そのカラーがよく出た式典だったと思います

入学式では最初からリクルートスーツで埋め尽くされる光景に気圧されましたが
まあこれがスクールカラーというものかと
今日の式典で納得いたしました
c0182775_17223071.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-06-03 17:43 | Rollei35 Germany 1 | Comments(0)