人気ブログランキング |

タグ:Summicron 35mm F2 ASPH ( 149 ) タグの人気記事

大地震一周年とアナログ電話回線

c0182775_17124049.jpg

ショッピングセンターの公衆電話コーナーです

昨年の今日6日は午前3時に震度7の地震に見舞われました

その地震ではマンション自体はほとんど問題はなかったのですが
全道で電源が落ちるブラックアウトというトラブルが3日ほど続きました

PC通信の基地局が使えなくなり スマホも通話こそできましたが
画像投稿などは時間帯によってやっと少しできるというあんばいでした

通話するにもスマホの充電がままなりませんでした

しかし公衆電話は電線から独立したアナログ回線なので
ほとんど通話に支障が無く 改めて災害時の信頼性が確認されました

東日本大震災の教訓も生きていて
今は最寄りのどこに公衆電話があるか検索することが出来ますね

このショッピングセンターの電話ももちろん出てきますが
使うなら災害時でないときに使いたいものです
c0182775_17511137.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-09-06 17:28 | Leitz Minolta CL | Comments(0)

屯田兵屋の屋根とプラタナスの葉

c0182775_1654195.jpg

屯田兵屋の屋根裏です

屋根は柾屋根だったそうですから 積雪凍結のあとは大変だったと思います

立派な梁が通り梁の上に柱や斜交いがあり
この柱と斜交いで垂木を支える構造になっています

開拓小屋とは比べ物にならない居宅ですが
さすがに天井板は無いのでした

明治期の北海道の住宅は全く寒冷地仕様ではなく
高温多湿の南方仕様であったことは
司馬遼太郎が『街道をゆく 北海道の諸道』のなかで何度か触れています

司馬遼太郎は旭川の屯田兵屋を見た時の感想を
「小屋とも言いにくいほどに小さい。その貧寒とした粗末さ(中略)を
見ていると、この寒冷地でほんとうにこの小屋に生きた人間が
住んでいたのかとうたがわれてくるほどである」と書いています

いやいや司馬さん 武士ではない開拓民の開拓小屋をご存じないから
屯田兵屋が粗末だと言い募るのですよ

北海道においては屯田兵は明らかに特権階級だったのです

私が山形から嫁いできた祖母から聞いた話からは
想像もできない立派な兵屋なんです

それでも最盛期には7000戸以上あった屯田兵は
年季明けには逃げ出すものが多く 定着率は二割ほどであったらしいです

ことほどさように北海道の農地開拓は厳しかったのでしょう

今日になって寒冷地稲作の父・中山久蔵シンポジウムの幹事さんから
お誘いのメールが届きました

屯田兵屋を見て色々と考える所があるので
取りあえず参加しますと返信しました

屯田兵屋を撮ったフィルムをカメラから早く取り出したくて
マンションの前でシャッターを切ったのが下のプラタナスです
c0182775_1712248.jpg

c0182775_17511137.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-09-03 17:30 | Leitz Minolta CL | Comments(0)

屯田兵屋内部と脱穀機

c0182775_1644538.jpg

屯田兵屋の内部の和室です

障子の手前は居間兼台所の板張りで井炉裏が切ってあります

障子の向こうは八畳と四畳半の畳部屋になっています

部屋の隅にある書棚のようなものは銃座だそうです

水屋はこんな塩梅です
c0182775_16522865.jpg

いやこれは開拓農民の小屋に比べたら雲泥の差ですね

私の印象は中級武士の居宅もかくやというものです

第一次屯田兵の出身は青森岩手山形のいわゆる戊辰戦争の逆賊たちでした

彼らにとって開拓小屋に住むよりは
屯田兵屋に住むことで半分は農民の立場に置かされたとしても
武士のプライドは十分に保たれたのだろうと感じました

土間には当時のものだとされる農機具がありました
c0182775_1722927.jpg

この脱穀機を見てすぐに思い出したのは
屯田入植の2年前に北海道で初めて米の栽培に成功した
中山久蔵のことです

200戸足らずで出発した屯田兵が最終的には7300戸以上に増えたのも
米作りができるという条件が大きく働いたものと思います

今月下旬に北広島市で開かれる中山久蔵の研究会に
私も参加してみようかという気になりました
c0182775_17511137.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-09-02 17:19 | Leitz Minolta CL | Comments(0)

石狩平野を望むテラス墓地と多摩洋風墓園

c0182775_17154949.jpg

いやはや観測史上最も暑い日々だそうです

幸い札幌では二三日は28度近くの暑い日はありましたが
今日あたりでも最高気温23度です

ちょうど一週間前に岳父などの眠る墓をこの墓園に移しました

はるか向こうに石狩平野の東端の一部が見えます

岬のように突き出ている山は達布(タップ)山といって
明治時代の開拓時に 開拓使関係の主だった面々が
この山から360度見まわして開拓の構想を練ったと言います

達布山の頂上から撮った写真はかつて掲げました

ところでこの墓園のお墓はみんな同じような墓石ですね

この区画はテラス墓地というネーミングでした

これは墓園の既成企画の墓石であって
契約した区画に自由な設計の墓石を置くことはできません

この墓園にはもちろん自由設計の区画もありますが
今回は関係家族の負担が重くならないようにテラス墓地にしました

幸いに関係家族の誰もが
不満の無い区画とデザインを選ぶことが出来ました

ただ私には何となく既視感があったので
このブログを調べてみました

すると2012年6月に投稿した写真にある 多摩市の我が家から
徒歩10分程度の場所の洋風墓園によく似ていたのです

参照するのもなんですから再掲します(Retina IIIC ↓)
c0182775_17395591.jpg

異なるのは多摩市の洋風墓園は墓石を地面にベタ置きしていますが
こちらのは地面から小1メートル土台を上げてから置いてあるのです

もちろん積雪時の維持管理のためですね

夏涼しい代わりに 冬の厳しさ対策が必要になってきます
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-07-23 17:52 | Bessa R2A | Comments(0)

フレンチ「ル・ミディ」の雲丹のムースのパイ包焼き

c0182775_14541166.jpg

我が家から車で12~13分のレストラン「ル・ミディ」です

昨日のお昼はここに行きましたが二度目の訪問です

この建物はシェフが中古を手に入れて
自分で内外装の改装を手掛けたらしいです
(あとで内部の写真を追加します→下に追加しました)
c0182775_17561421.jpg

天井が高く 窓から爽やかな風が入る快適なホールです

土用の丑の日にウナギならぬ
雲丹のムースのパイ包焼きがお目当てでした

このお店のシェフは利尻島の出身で
漁師の子息として育った由ですが 兄二人が漁師を継いで
三男の彼は漁師を断念して料理界に入ったそうです

それだけに7月8月9月の目玉が
利尻雲丹のムースのパイ包焼きです

前菜とスープの後にパイ包焼きが運ばれてきました(AQUOS SHV41 ↓)
c0182775_152406.jpg

トマトを刻んだソースが美味しそうです

ナイフを入れると雲丹のムースが出てきました
c0182775_1572936.jpg

いやこれは美味いです

トマトを刻んだオイリーなソースは想像した通りに雲丹を引き立てます

このあとの主菜の白身魚のソテーも旨かったですが
このパイ包焼きには降参しました

かつてミシュラン北海道にランクインしたお店だそうですが
それもなるほどと思いました

夏の楽しみが一つ増えました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-07-21 17:00 | Bessa R3A | Comments(0)

厚別川原のパークゴルフとドイツを防いだポーランド

c0182775_16281429.jpg

西日本の洪水土砂崩れの被害には言葉を失います

札幌市厚別区には今日の日中 大雨警報が出ましたが
夕方には雲が晴れて青空が広がりました

この地域が大雨洪水となると この厚別川の川原はたちまち冠水してしまいます

幸い今日あたりなら パークゴルフを楽しむような天候に恵まれたと思います

今晩は深夜にサッカーW杯の決勝(フランス対クロアチア)が行われます

グループリーグFの強豪ドイツ(ランク1位)も
グループリーグHで日本に勝ったポーランド(ランク8位)も
ともに決勝トーナメントには進むことが出来ませんでした

ところで7月15日はドイツとポーランドにとって忘れられない日です

はるか昔の1410年7月15日 ポーランドとリトアニア連合軍が
侵略してきたドイツ騎士団を撃退してポーランドのヤギウェオ王朝を守りました
c0182775_16452488.jpg

ポーランドの古都クラクフに立つ記念碑で
馬にまたがっているのはヤギウェオ王朝の王ヴワディスワフ2世です

クラクフ駅に近いこともあって
出張で来たサラリーマンの皆さんに人気があるようでした
c0182775_1645041.jpg

記念碑の下部に横たわっているのはドイツ騎士団の団長ユンギンゲンです

この戦闘はグランヴァルトの戦いと呼ばれ
日本で言えば関ヶ原の戦いのようなもので
今でもこの戦闘を再現しながらビールなどで盛り上がるお祭りがあるそうです
c0182775_14464933.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-07-15 17:30 | Minolta CLE | Comments(2)

洋食文化発祥の五島軒と函館味覚のルーツ

c0182775_1626347.jpg

函館最後の食事は明治12年から続く洋食の五島軒です

初代料理長はロシア料理が得意で
二代目は帝国ホテル仕込みの料理を提供して基礎が出来たと聞きます

函館市文学館から霧雨の中 予約もなしに歩いて行きましたから
しばらく下のようなクラシックなしつらえのロビーで待ちました
c0182775_1631778.jpg

ほどなくテーブルに案内されましたが
室内は白壁が基調になっていました
c0182775_1633217.jpg

料理はオードブルセットに(これは悪くなかったです)
明治の洋食&カレーという定番ランチでした

洋食はビーフカレーにポタージュスープ・コロッケ二種・エビフライ・ビーフシチューですが
コロッケやエビフライやカレーはスーパーの冷凍食品やレトルトのほうが旨いものがあります

まあ明治の洋食のサンプルを経験するのですから
旨い不味いを言ってはいけないものですね

極めつけはビーフシチューで やたらと砂糖甘かったです

函館の砂糖甘さ これまで紹介したように
キュウリの一本漬け・日本そばのつゆ・味噌トンカツソースすべてが砂糖甘いのは
五島軒の洋食から始まったのではないかと思いました
c0182775_1715056.jpg

観光客ではない地元の皆さんがこうして会食を楽しんでいました


函館は北海道開拓使が廃止になった後の明治15年に函館県になります

その函館県の初代県令が薩摩出身の時任氏でした(俳優時任三郎の先祖の一人)
函館県の職員にも薩摩人が少なからずいたに違いありません

軌道に乗り始めた五島軒の洋食も
彼らに喜んでもらうために 甘口が基本になったはずですね

いや ロシア料理のフルコースをいただかないで
この家の料理を云々するのは失礼なのは重々承知しています

しかし函館味覚のルーツを確かめ得たような気になったのは確実です
c0182775_187386.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-09-02 17:15 | Leica M7 | Comments(2)

函館市文学館と啄木・谷讓次・辻仁成・宇江佐真理など

c0182775_181728.jpg

函館四日目最終日に函館市文学館に行きました

函館ゆかりの文学者はほかにもいますが
私がすぐに思い出すのは石川啄木・谷讓次・辻仁成・宇江佐真理などです

啄木は2Fの全フロアを使って展示してありました

啄木の展示を子細に見るにつけ 付き合うのも大変だったろうと
同僚をはじめ周りの人たちに同情してしまいます

私が特にうれしかったのは谷讓次またの名を「丹下左膳」の林不亡の展示です

本名は長谷川海太郎でペンネームは谷讓次・林不亡・牧逸馬の三つあります

谷讓次名義では外国滞在エッセイを書きましたが
下のようなものが私の愛読書でした
c0182775_1862810.jpg

「めりけんじゃっぷ商売往来」は1920年代にアメリカで働いた経験談で
耳で聞いた英語の描写が実に活き活きとしているのです

たとえば地名でもシアトルではなく耳で聞いたとおりにセアルルと書きます

1930年代前半の「丹下左膳」の売れ方は異常なほどで
あまりに売れっ子になったために体調を崩して
喘息で亡くなったのが35歳の時だったのですね

たまたま学芸員のアラ還の女性に
谷讓次の紹介が詳しくてありがたいと言うと
「谷讓次を知っている方はほとんどいません 嬉しいです」
そういって啄木の展示を見るときにもそばに来て
あれこれ話をされました

辻仁成は昨日紹介した高校生たちの在籍する函館西高校卒業です

谷讓次の函館高校は現在の函館中部高校ですが
その後輩に宇江佐真理がいました

函館の生まれ育ちで 一度も深川に足を踏み入れたことがないのに
深川を中心にした時代小説を書いたんですね

異能の人でしたが惜しくも先年癌で亡くなりました

ところで今日は恵庭市の市民対象の公開講座がありました

「名花の漢詩を鑑賞する」ですが かねて用意した講義資料8頁
ちょうど80分で消化できました

人数は多くはないですが
唐代の花の漢詩を充分に楽しんでいただきました
c0182775_187386.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-09-01 18:37 | Leica M7 | Comments(0)

とんかつ「とん悦」とご飯三杯目に盛り上がる高校生

c0182775_16465785.jpg

函館最後の夕食はホテルのそばの和風トンカツ「とん悦」でした

揚げ方に普通のサクサクとんかつ風と
少ない油で時間をかけてじっくり両面を焼くカツレツ風とが選択できます

我が家は奥さんがヒレ肉のとんかつ風
私がロース肉のカツレツ風を選びました

ロースのカツレツは充分に美味しいものでしたが
札幌元町のローリエのポークカツレツの絶品には及びません

ソースもトンカツソースと味噌カツソースがありましたが
味噌カツソースは味噌の塩味よりも砂糖味が勝っていました

隣のテーブルに6人の高校生がいて特大のカツをおかずに
それぞれご飯をお替わりしてしまい 三杯目を新たに釜で炊いてもらいました
c0182775_1771183.jpg

それがやっと炊き上がったところです

爽快なみごとな食べっぷりに感じて
「気持ちいい食べ方だね 写真一枚撮らせて」と声を掛けると
三杯目のお椀を掲げて応じてくれました
c0182775_17113430.jpg

函館西高校の水泳部の諸君だということで
ついさっき海から上がってきましたと言っていました

こういう交流がガイドブックに載らない地元食堂の面白さです
c0182775_187386.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-08-31 17:24 | Leica M7 | Comments(0)

五稜郭公園と函館の元祖・本店と千秋庵の超元祖

c0182775_16568100.jpg

函館三日目そばを食べてから五稜郭タワーに行きました

五稜郭が入るように自撮りしていますね

私は評伝をいくつか読んだので榎本武揚を思いながら
函館戦争の跡をしのびましたが
一般には函館で戦死した土方歳三に人気があります

銅像といっしょに記念写真を撮る観光客は後を絶ちません
c0182775_173759.jpg

話は変わりますが函館は本店や元祖があちこちにあります
c0182775_1771410.jpg

函館はカレーが盛んな所ですが 上はカレーの「小いけ」本店です
昭和23年創業だそうで 本店は創業者の子孫が受け継いでいます

この本店から20mしか離れていない場所に
下の写真のように「元祖」カレーの「小いけ」があります
c0182775_17104394.jpg

どちらも人気店のようですが
元祖は創業者のもとで仕事をした従業員が受け継いだそうです

私が初めて知って驚いたのは千秋庵です
c0182775_17204762.jpg

千秋庵は北海道の菓子製造販売の老舗で
道内の各主要都市に根付いています

しかし函館は1860年に開業した元祖なので
ここが「千秋庵総本家」を名乗っています

それから1894年に小樽(今は廃業)
1921年に札幌に展開したらしいです

総本家の看板は風化して読み取ることもできませんが
今度行ったときには 敬意を表して
真正面から撮影したいと思います
(この日は雨で 道路の反対側からの撮影は断念しました)
c0182775_187386.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-08-30 17:35 | Leica M7 | Comments(0)