人気ブログランキング |

タグ:Summarit 50mm F1.5 ( 18 ) タグの人気記事

脳外科3種の検査と重度障害者の国会登院

c0182775_1418653.jpg

今日は年次休暇をとって年1回の脳外科検査に行ってきました

検査は脳のMRI・頚椎超音波検診・四肢血圧脈動検査
そのほかに血液や尿の化学分析
つまりほとんど脳ドックに近い検査です
(脳ドック単独受診ではないので検査料金は5分の1程度です)

脳ドックというのは この新さっぽろ脳神経外科が
1988年3月に開設したのが発祥です

だからこの看板にあるように ここに
「日本脳ドック学会」の事務局があるのです

ちなみに私の主治医は看板に名前のある山村医院長です

特に心配な所見は無かったのですが
血管の内壁が厚くなりかかっているので
今回から血圧降下剤のほかに EPA DHA 製剤
青魚の油に含まれる血管浄化成分でできた薬を
増やすことになりました

サプリメントとして色々な商品がありますが
処方されたのは健康補助食品ではなく薬剤です

9時に受け付けをして 終了したのは11時半でした

外来患者も 入院患者もたくさんいて
脳血管障害に悩む人の多さを改めて実感しました

昨日 重度障害者のお二人の国会登院がニュースになりましたが
ネット上にはその環境作りをめぐる心無い批判が湧いて出ました

しかし 病気はいつでも誰にでも襲い掛かる可能性があります

いつ何時 自分が身体の不自由な当事者にならないとも限りません

傷害があっても 身体が不自由でも
生きる権利は健常者と平等です

自分を含む脳血管障害者の人々を見た今日は
つくづくあのお二人の活躍を支援したいと思いました
c0182775_18162947.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-08-02 17:24 | Leica IIIF | Comments(0)

先週の脳外科通院

c0182775_1782647.jpg

先週金曜日に受診した新さっぽろ脳神経外科です

壁に「日本脳ドック学会事務局」のプレートが見えます

脳ドックは次回の検診で実施することになっていますが
ここで診てもらうとやはり安心します
c0182775_17124384.jpg

検診が済むと JRバスに乗って 7~8分で自宅に着きます

この日は発車まで少し時間があったので 待合室で待ちました
c0182775_17153823.jpg

病院はこの画面の左の方に見えるように
歩いて2分程度です

バス停にいると後から来られた老婦人が「風が強いですね」
などと話しかけてきたので 時候の話を少し交わしました

ほんとうに風の強い日でしたが
何となく田舎暮らしののどかさを感じたことです
c0182775_18162947.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-05-24 17:24 | Leica IIIF | Comments(0)

緑深まる白樺の葉と「リラ冷え」作者の年回り

c0182775_17112062.jpg

ついこの間まで若葉だった白樺です

ライラックが咲くと 白樺の葉もだんだん緑が濃くなってきます

この樹を道路の反対側から見るとそれがよく分かります
c0182775_1714549.jpg

このところおおむね初夏らしい気温ですが
時おり寒い日もあります

1962年 女流俳人榛谷(はんがい)美枝子による造語
「リラ冷え」がぴったりするような冷気を感じることがありますね

「 リラ冷えや睡眠剤はまだ効いて」

作者は当時不眠症だったとのことで この句が誕生しました

このとき榛谷さんは43~44歳
女性として 睡眠薬が必要な難しい年回りだったのですね
c0182775_18162947.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-05-22 17:29 | Leica IIIF | Comments(0)

旧型ライカとレンズで撮るライラックの開花

c0182775_1622121.jpg

マンション周辺のライラックが一気に開花しました

向こうの建物は駐車場ビルで
二本の杖を突いて歩く老婦人のあたりの開口部が出入り口です
c0182775_16271997.jpg

1枚目の画面を右の方に行き 遮断機の向こうが公道になります

濃い紫色はつぼみで これが開花すると桃色になりますが
その時に放つ芳香はうっとりするような甘いものです

今年はライラックをどのレンズで撮ろうかと迷いましたが
1953年製 Summarit 50mm F1.5 の
思わず手を伸ばしてつかみたくなるような描写をする
このオールドレンズにしました

ちょっと絞って撮る Summarit の描写の切れ味は抜群です

毎年この時期にライラックを撮影していますが
リアリティは今年の画像がベストです

しかし距離計窓とフレーム窓が別々の
いわゆるバルナック型ライカで撮るのはなかなか骨が折れます
c0182775_16434584.jpg

ファインダー・アイピースの右窓がフレーム枠ですからこれで画面を決め
ピントは左の窓をのぞきながら 二重像が合致するまでレンズをひねります

もちろんこのレンズにアダプターをかまして
ファインダーが一窓になったM型ライカボディで撮ることも可能です

ただ バルナックライカと Summaritの
クロームメッキの組み合わせは今でも美しいのです
c0182775_16512612.jpg

レンズ鏡胴のボディ側から2本のギザギザ環は
ピントを合わせる距離環です(環2本は独立していません)

3本目のギザギザ環は絞り環で その先に
レンズ保護のかぶせフィルターを装着しています

Summarit のガラス硝材は重く柔らかいのが特徴で
すぐに拭き傷がつくのです

この描写力を生む秘密がこのガラス硝材なんですね

ただ特殊な口径なのでこのレンズに合うフィルターは入手困難です

幸いに数年前に純正のかぶせフィルターを入手しました

本機はさらにその先端にたまたま手持ちの
46mm径の汎用フードをはめています

フードは本来はネジ込みなのですが
何と かぶせフィルターにぴったりはまって
あつらえたように 脱落の危険はありません

そんな手間のかかる機材で撮ったライラックですが
写りには期待通り満足しました
c0182775_18162947.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-05-18 17:30 | Leica IIIF | Comments(0)

神社の石楠花と蜜を吸う蜂

c0182775_1703617.jpg

これ以上は接近できないレンズでの撮影です

最短撮影距離は1mほどですからやむを得ないですが
ズマリットの写りのリアリティは抜群のものがあります
c0182775_176517.jpg

蜜を吸う蜂をもっと大きく撮ってやりたかったですね

これらの撮影は一昨日金曜日でしたが
今日は中望遠レンズで撮ってみました
c0182775_17103670.jpg

画面の美しさは中望遠撮影が優っていますが
リアリティは標準レンズ50mmのほうが優れていますね

私のズマリット50mmは1953年製
テレエルマリート90mmは1973年製
20年も先立つズマリットですがもっと使いこなしたいレンズです

今日の母の日 リハビリ散歩を終えて帰宅すると
息子夫婦が祝いに来ていました
c0182775_18162947.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-05-12 17:54 | Comments(0)

岳父形見ライカIIIF業者修理の試写

c0182775_16146100.jpg

もう四五分さきのバスセンターから千歳空港行きバスに乗るようです

岳父の形見の機材で撮りました

四半世紀前に形見としてもらった
シャッターが切れなかったライカIIIFとSummarit 50mm F1.5です

これは2012年の夏に修理教室に通って
分解清掃をおこないシャッターが切れるようになったのですが
最近1/1000秒を中心に撮った結果
画面の四分の一しか露光しなくなったのです(四分の三は真っ黒でした)

この手のフォーカルプレーンシャッターは
先幕と後幕との間のスリットから光が通ってフィルムに届きますが
先幕と後幕との速度バランスが狂って
0.3/1000秒ぐらいからスリットが閉じたまま幕が走るようになったのです

これは速度調整のビス2本をひねって修理が出来ますが
厳密な速度測定器が無いと修理調整が出来ません

それでかつて修理教室の助手であった方が開いている修理屋さんに
この際だからとオーバーホールを頼んでありました

連休の影響で修理後の試写が遅くなった由で
今日になって修理完成品が届きました

単なる調整では不十分で
速度調整用の部品を交換する必要があったそうです

下の修理本辰巳出版「ライカ解剖学」に掲載画像の部品です
c0182775_1558248.jpg

それでもほかの修理屋さんだと数ヶ月待たされて
修理代金も既定のオーバーホール代金で今回の二倍以上します

さっそく試写したのが今日の投稿です

24枚撮りの最初の20枚は1/1000秒で撮影しましたが完璧でした

下は1/500秒で撮ったものです
c0182775_16511094.jpg

さらに下は1/50秒で撮りました
c0182775_1652333.jpg

どれも正確な露出が出来て 結果には大満足です

Summarit 50mm F1.5は癖玉で有名ですが
F2.8に絞るともうほとんどボケ味が暴れる悪癖は出ず
かなり実体感のある写りが楽しめます
c0182775_18162947.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-05-10 17:30 | Leica IIIF | Comments(0)

謹賀新年・戌年年賀

c0182775_945196.jpg

謹 賀 新 年


本年も当フィルム写真ブログをご訪問いただき

ありがとうございます

フィルムの供給がある限りフィルム撮影を続けたいと思います

本年もよろしくお願いいたします


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-01-01 09:56 | Leica IIIF | Comments(0)

秋葉の散り始めとパスポート切り替え

c0182775_17172795.jpg

道には秋葉が散り始めています

今日も例の「唐詩選」のテキスト作成をやりました

中国では「唐詩選」は1800年ごろに
偽書で価値のないものと判定が下されてから
さっぱり世の中に出なくなりました

したがってテキストをダウンロードできるサイトが
中国にも台湾にもありません

そこで台湾の「全唐詩」五万首を検索できるサイトから
「唐詩選」所収の詩を探し出して一首ずつダウンロードし
自分で作るほかありません

今日で全体の75%ができました

その合間に札幌駅前のパスポートセンターに行き
パスポートの期限切り替えの申請をしてきました

いや海外に出向く予定はありません

ただ 身分証明書として有効な自動車免許証は
脳出血の後遺症でいつまで更新できるか分かりませんし
勤務もこの先どこまで続けられるかどうか分かりません

それで28日で有効期間が切れる旅券を
この先10年間分発行してもらうことにしました

パスポート用の写真はマンションの近くにあるボックスで撮りましたが
窓口では3.5cm×4.5cmのパスポート用写真は
使えないことが分かりました

いっしょに写っているビザ用の大きな写真でないと
顔認証に対応できないというのです
(使えることは使えました)

昨今のテロ対策で本人確認が厳しくなって
街角のパスポート写真撮影では
用事が足りなくなったことを知りました

ご時勢です
c0182775_17405294.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-09-25 17:42 | Leica IIIF | Comments(0)

特養ホームと老人介護施設の虐待事件

c0182775_16484690.jpg

散歩コースにある特養ホームです

厚別川の水門が鮮やかな黄色に塗られています

c0182775_16505439.jpg

川崎の老人介護施設の虐待事件や
不自然な転落事故がニュースになっています

こういう医療機関のトラブルを見聞きすると
自らの受診経験に照らして
医療従事者への待遇の劣悪さが
根本の原因になっているように思えてなりません

介護士や理学療法士や作業療法士などの仕事は
説明するまでもなく大変ですが
現状ではそれに見合う報酬が得られません

医療現場にいろんな形でしわ寄せが来ています

TPP問題では各種の懸念が取りざたされますが
医療保険への影響が避けられそうにありません

どっちを向いても弱いものにはつらい将来が待っています
c0182775_16591215.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-09-13 17:05 | Leica IIIF | Comments(0)

ペンキの空き缶と久方ぶりの書棚の整理

c0182775_17421919.jpg

塗装店の一角です

鬼怒川氾濫の爪痕が報じられるのを見ると
復旧にはかなりの労力と時間がかかるようです

それから見るとこんなのは
綺麗な乱雑ともいうべきでしょうか

この塗装店は我が家と高速道路を挟んだ位置にあり
事務所はよく見えますが 空き缶の山は
隠れていて見えません

マンションの改修工事が仕上げ塗りの段階になっていて
敷地内にこういう缶がいくつも見えますが
いずれこんなふうに空き缶になって
工事を請け負った塗装店に積まれるのだろうと思います


今日は移転して2年半も自宅の書棚が仮置き状態だったので
2冊から15冊ぐらいまでのシリーズになっているものを
ひとかたまりにまとめる作業をしました

脳出血で入院中に 作業療法のプログラムの中に
書棚の整理というのがありました

あれはただ降ろしてまた積み上げるだけでしたが
内容を整理しながらというのは健常でも大変な作業です

マヒした身体で行うのは一層大変ですが
たとえば10巻ものがきちんと1から10まで揃うと
何とも言えない達成感に満たされます
c0182775_1811968.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-09-12 18:09 | Leica IIIF | Comments(0)