タグ:Sony E 50mm F1.8 ( 55 ) タグの人気記事

砥石山の山ひだに2018年の初雪

c0182775_10221413.jpg

今朝9時ごろの窓外です

正面に見える山肌に雪がついているのは砥石山です

その右手前が藻岩山ですが藻岩までは降っていません

ともかくこれが2018年の初雪です
c0182775_1894787.jpg
by zuoteng_jin | 2018-10-31 10:26 | NEX-7 | Comments(0)

オンコの実と富山からのアップルパイ

c0182775_17163618.jpg

イチイの実 北海道ではオンコの実です

マクロレンズならもっと大きく写りますが
コンパクトカメラですからこれ以上は大きくなりません

子供のころオンコの実を摘んで口に含みましたが
ほのかに甘い味がしました

秋の味覚は色々ありますが 昨日は
富山のレストラン小西のシェフが焼いてくれたアップルパイをいただきました
c0182775_17263687.jpg

魚津のリンゴ園で実ったリンゴを
しっかりしたパイ皮に包んでありますが
このリンゴのほのかに甘酸っぱい味わいは格別です

冷たいままでも温めても どちらも大変美味しいものです

指し渡し25cmほどですから 老夫婦二人には多いので
地震で散乱した図書の片付けに手を貸してくれた姪の二家族と
三等分して各戸分を届けました

きっと極上のアップルパイを楽しんでもらったことと思います

シェフの小西謙造さんは私と同年で
この春に叙勲の栄に浴した高名な方ですが
今でも毎日厨房に入っておられる由です

この先もお元気にご活躍されることを祈ります
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-10-23 17:50 | Contax T2 | Comments(0)

ハービー山口さんご一家との贅沢な「一瞬」

c0182775_18265031.jpg

昨年3月に刊行された本です

以前から twitter に書き続けてきた写真を撮るヒントと
ハービーさんの代表作とその作品解説が掲載された
小さいながらも写真ファンには大変うれしい本です

ハービーさんから北海道に行きますと連絡を受けて
ぜひお願いしようと思ったのは
私の大学院のもと留学生の指導生で
今は札幌で主として中国からの旅行客の観光写真や結婚写真を
仕事にしている彼のために激励のサインをもらうことでした

もちろん大変快くサインしていただきましたが
彼が日本人の和装女性を撮った画像を少し見ていただいたところ
大変センスの良い撮り方ですね というご感想でした

昨夜 さっそく彼にそのことを伝えると
嬉しくて興奮してしまいました と返事がありました

我々夫婦はハービーさんから
美瑛のガラス工房のグラスをいただきました
c0182775_18253830.jpg

まわりにおいたフライヤーは
ハービーさんのご次男の Hiroki 君のデザインだということです

今回は前に拙宅に来ていただいた奥様と
写真を中心に活躍を始めた Hiroki 君と三人で来られたのです

カメラやレンズや写真関係の色々な話をしましたが
昨日の夜には千歳空港から帰京なさるというので40分ほどで切り上げました

別れ際に 私が持っていない写真集をということで
東北大震災後の東北の写真集「HOPE 311」を下さいました
c0182775_19105949.jpg

それと Hiroki 君から私家版「BETWEEN THE MOON AND CLOUDS」をもらいました

300部限定のシリアル184番です

これは素晴らしいモノクロ作品集で 私はすっかり魅了されました

ヒロキ・ヤマグチ という名前を覚えておいて
写真展があったらのぞいてみることをお勧めします

いずれにしてもハービーさんから
「一瞬でもお会いできませんか」というお誘いを受けたのですが
写真家は500分の1秒 1000分の1秒にすべてをかけますので
私にとってはたとえようもなく充実した「一瞬」でした

by zuoteng_jin | 2018-08-12 19:23 | NEX-7 | Comments(0)

今日冊子版『漢語大詞典』12巻を捨てました

c0182775_559415.jpg

カートに冊子版『漢語大詞典』を載せて玄関に置いたところです

これを今朝6時にマンションのごみ集積場に運びました
c0182775_6205240.jpg

カートを引いたのは私ではなく奥さんですが
最後の姿を撮っておきたくて私もついて行きました

1993年に初版が完結した最大の中中辞典ですが
このころから私たちの『漢辞海』の編集執筆が本格化したので
いつも最も手近に置いて辞書記述のすべてについて参照しました

『漢辞海』の熟語5万項目は私が最終的に責任を負っていますので
その確認のために『漢語大詞典』は何度めくったか分かりません

漢和辞典の原稿執筆のために引くのですから
この辞書を読んだ時間や回数の多さで言えば
日本人で三本の指に入るのではないかと思います

もちろん今は電子化されたCDROM版がありますが
長年引き慣れた紙版のほうが何かと安心したものです

しかし脳出血で左半身がマヒすると
書棚から引き出してページをめくる作業がとてつもなく苦痛になりました

下手をすると身体のバランスを失って転倒の危険さえあります

そこで思い切って捨てることにしました

何度も引くので束と表紙が離れてしまってテープ補修したのが数冊ありますし
中古商品として美品とは言えません

それにしても25年間 本当にお世話になりました
今後はCDROM版のみになりますが
これからもよろしくお願いいたします
c0182775_18101867.jpg
by zuoteng_jin | 2018-07-28 06:56 | NEX-7 | Comments(4)

雪が降りました

c0182775_1045331.jpg

我が家の窓に正対している札幌岳が薄化粧しました
c0182775_10443055.jpg

左手札幌ドームの向こうに白く見えるのは無意根山です
c0182775_10435530.jpg

右手に白いスロープが見えますが札幌国際スキー場です

スキーヤーにとってはわくわくする雪ですね
c0182775_20123413.jpg
by zuoteng_jin | 2017-10-18 10:51 | NEX-7 | Comments(0)

VITO III の愉快な操作

c0182775_1452227.jpg

今日は1950年製蛇腹カメラ VITO III の操作を書きます

前蓋を開けてレンズを引き出す必要がありますが
蓋には指かけがありません

底面のプレート右にあるボッチを押すと蓋が開きます
c0182775_1493137.jpg

ボッチを押すと丸い距離計窓の下の爪が左にずれて
前蓋が外れる仕組みです

フィルムを入れますがそれはごく普通の操作で済みます
c0182775_14211183.jpg

日本のカメラと違って遮光スポンジは使ってないので
経年加水分解によるトラブルはありません

フィルムを入れてから 古いカメラは
自分でフィルムカウンターをリセットします

たとえばライカは巻き上げ軸の外周にあるリングのボッチを押さえて回し
数値を初期化するわけです
c0182775_1418349.jpg

VITO の場合は巻き上げ軸の下に数値を刻んだリングが見えます
c0182775_14232528.jpg

ところがライカのようなリングを回すボッチがありません
手でこすっても到底動くものではありませんでした

押してもダメなら引いてみな 巻き上げ軸を上に引っ張り上げました
c0182775_14475488.jpg

カウンターリングの上側にギザギザが刻んであるので
ここに指をかけてリングを回し
数値をリセットしてやるのでした

ファインダーをのぞきながら二重像合致でピントを合わせますが
ふつうはピント調節のリングやレバーはレンズの周囲にあります

フォクトレンダーのカメラはそうはいきません
c0182775_14363143.jpg

画面右上のリングは普通はフィルム巻き戻しですね
しかしこのカメラはこのリングがピント合わせなんです

それを回すと
レンズ下部の前蓋裏の左右にあるレールをたどって
レンズが前後してピントを合わせるのです

むかし学級写真などを撮ってもらった蛇腹暗箱のような塩梅で
カメラのいかにも原始的な動きを見ると感動します
c0182775_1450721.jpg

距離計指標はふつうレンズ周りにあるものですが
これは距離リングの下にあり こんなのは初めて見ました
c0182775_14544133.jpg

レンズの周囲にシャッター機構があります(通称レンズシャッター)

まずシャッタースピードリングを回して速度を決めます(三角マークに合わせる)

次にシャッターが切れるようにレバーでチャージしますが
レバーが上の写真の位置にあるものを右回りに回転させて下の写真の位置にします
c0182775_152971.jpg

500分の1秒以外の速度の場合は先にチャージしてもかまいませんが
500分の1秒にかぎり速度のセットをしてからチャージしないといけません

絞りはシャッターチャージレバーのさらに本体側にあるリングで合わせます

最後にフィルム巻き上げリングを回転させてシャッターボタンを押します

シャッターが切れるとシャッターチャージレバーは元の位置に戻ります

フィルムを撮り終えると巻き戻しですが
この機種は巻き戻し軸がピント調節リングになっていました

しかしそのリングをよく見ると下のようになっていて
気になる「←」とボッチがあります
c0182775_15303093.jpg

そこでボッチを矢印の方向にずらすとレバーが立ち上がりました
c0182775_15331031.jpg

この半円形レバーが巻き戻しハンドルなのでした

最後はレンズの下部の格納レバーを抑えながら
蓋を閉めると折り畳みができます

いやはやどこをとっても面白い機構が満載です

搭載レンズは戦後すぐの銘玉 Ultron 50mm F2 で
ボケ味の滑らかさはこれまで使ったレンズのうちでも最上級のものでした

ただし先行ユーザーの誰かが シャッターチャージをしてから
速度を500分の1秒にセットするというタブーを犯したので
シャッターが不調です

まあコンパー・ラピッドという古典中の古典シャッターで
修理業者に頼めばちゃんと治りますからオーバーホールしてもらいます

相場の半値以下で落札したので
オーバーホールは織り込み済みです
c0182775_1894787.jpg
by zuoteng_jin | 2017-05-28 16:52 | NEX-7 | Comments(3)

夕照と脳外科定期検診と今年の漢字という愚挙

c0182775_16141137.jpg

日没前の窓外です

大雪は一息ついて 戸建て住宅の西側に夕日が照っています

遠くの山は恵庭岳ですね

今週週末は東京出張があるので 今日の晴れ間を幸い
脳外科の定期診断に行ってきました

待合室で何と昨日ちょっと書いた焼肉屋のご店主に会いました

もと北海高校の野球部員だったほどのスポーツマンですが
7年前の未明にトイレに起きた後に脳出血に見舞われ
歩いても7~8分のこの脳外科に救急車で運ばれたそうです

左の足首が今でも動かないほど後遺症は重かったらしいですが
動かなかった左手も懸命なリハビリの成果があって
肉を切るのが可能になったそうです

待合室ではお互いに 仕事をすることが最高の薬ですねと
深く意気投合したことでした


ところで今年の漢字というのが「金」となった由ですが
一年を漢字一字で表すなんて馬鹿馬鹿しいことは
いい加減にしたらどうかと思っています

マスコミがいかにももっともらしく取り上げるのが常ですが
こんなに社会を単純化して見せるのは 愚民化も甚だしいです

こういうのも社会の同調圧力の肥大化に力を貸すことになるので
いつも嫌~なイベントだと思っています

かつて日本を代表する低能首相が
今年を一字で表すと? と聞かれて「責任です」と
真顔で答えたことがありましたね

一字も二字も区別できない首相です
c0182775_20123413.jpg
by zuoteng_jin | 2016-12-12 17:11 | NEX-7 | Comments(2)

札幌の大雪と首都大学東京の失敗

c0182775_14415025.jpg

今日の札幌は大雪です

ベランダから向こうの高速道路を見ると
通行止めになって除雪車だけが通って行きます

四五日前に 母校であり かつ元の勤務校だった東京都立大学から
同窓会報が送られてきました

東京都立大学は11年前に大改革があって
首都大学東京という名の別物に変わりました

それは都立大学で三年以上かけて練り上げた改革案を
慎太郎が一夜に握り潰し
取り巻きだけで作った案を強引に押し付けたものでした

人文学部・法学部・経済学部・理学部を都市教養学部としてくくり
取り巻きが旗を振った工学部は もとの技術短大を巻き込み
大々的に拡張されました

ひいき目を差し引いても人文学部・法学部・経済学部・理学部が
都立大学の看板で 学界の評価はゆるぎないものがありました

それらを学部の理念も何もないものに貶めたのです
それに耐え切れず 私は辞職しました

その後の経過は劣化の一途でしかありませんでした

それで今度の同窓会報を読むと平成三十年から
都市教養学部をもとの人文学部・法学部・経済学部・理学部に戻すというのです!

慎太郎の強権発動で改革した大学は
十年で失敗したことが明確になったということです

世間では首都銀行東京の失政がよく話題になりますが
大学潰しの失政も慎太郎の罪だと思います

しかしこの十年で失ったものは この先五十年かけても
戻るかどうかだと 私は思っています
c0182775_20123413.jpg
by zuoteng_jin | 2016-12-10 17:38 | NEX-7 | Comments(0)

漢辞海第四版と新しい出発

c0182775_17342366.jpg

日曜日にホクレン直売所に来て帰る人たちです

暖かな日だったので自転車は気持ちがよいでしょうね

今日の札幌は気温3度まで下がって
今にも雪になりそうですから
自転車の季節はそろそろ終わりです

「漢辞海」第四版の見本が届きました

c0182775_17414446.jpg

シンプルな装丁で格調は高いですが
少々取りつきにくいような感じがします

「累計販売部数100万部突破!」
というキャッチフレーズがまぶしいです

実物を手に取ってみると
そうそうこれを解説しておきたかったと 満足もしますが
今度はこの方面の点検総ざらいが必要だなぁ
そういう思いも湧いてきます

そう これから第五版へ向けての新たな出発です
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-10-20 17:58 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

中国の中秋月餅と休み明け留学生の土産の羔点

c0182775_17201653.jpg

中国では中秋となると月餅の贈答で盛り上がります

これは92年の中秋で友人が月餅を買っているところです
(ネガが古いのでカラーバランスがおかしくなっていますね)

このひと箱を買うのにもずいぶんこだわって
15分ぐらいあれこれ店員とやり取りしていました

月見には外に繰り出します

c0182775_1727357.jpg

この日は杭州の西湖の北側の
葛嶺という小山の上で月待ちをしました

そんなことを思い出したのは 今日から始まった授業に
いったん帰国していた交換留学生が帰ってきて
お土産を持ってきてくれたからです

c0182775_17321746.jpg

酥脆羔点という純中国スィーツで かなり甘い焼き菓子です

皮がボロボロですが 漢民族はこのボロボロサクサクが
ことのほか口に合うようで
「酥脆スーツェイ」とか「脆ツェイ」いうのが
美味の表現になっています

モチモチがもてはやされる日本とは正反対です

ちなみに蘇州式月餅というのは
このボロボロの皮が固くしまった感じで あまり甘くなく
日本で普通のネットリした皮の甘い月餅は
広州式月餅と言っていました

授業は半分以上は中国からの留学生ですから
日本語の話をすぐに自家通訳でやるという忙しさですが
こういう食べ物でちょっとだけ漢民族の感覚を注入するのも
この際必要なのかなと思った講義初日でした


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-09-29 17:55 | Contax T2 | Comments(0)