タグ:Sigma Lens 24.2mm F2.8 ( 254 ) タグの人気記事

弟が息を引き取りました

c0182775_16372831.jpg

昨年夏から闘病していた弟が亡くなりました

今朝7時20分 眠るように息を引き取ったということです

ボカしをかけた写真はちょうど二週間前
放送大学の仕事の翌日に見舞ったときのものです

緩和ケアで痛みが無かったので しばらく歓談が出来ました

学生時代 弟とは東京の狭い四畳半で暮らしました

ともに四年生の1971年11月初めのある日
四畳半の窓から見える秋空が東京には珍しいほどの青空でした

ふと 弟に「おい今いくら持ってる?」と聞いて二人分を合わせてみると
何とか北海道往復の列車代が出せるがものは ありました

そのまま二人でアパートを出て北海道行きの急行列車に乗ったのです

私たちは故郷の秋を堪能して 一週間後に私一人は東京に帰り
弟は北海道で就職を探すといって残りました

私が東京に戻って一週間後 横浜の叔母から大学に電話があって
父が交通事故で即死したという連絡を受けました

その時の北海道行は まるで生前の父に会いに行ったようなものでした

父の事故の時には弟が母のそばにいたのが心強かったです

その年の年末は弟と二人で交通事故の損害賠償手続きをしっかりやりました

50年近く前のしがない労働者の賠償金はたかが知れていますが
当時の北海道の相場をこえる金額が出ました

保険会社の札幌支店は
「学生の兄弟だけで完璧な書類を出してくれて感動した」
という理由で100万円を支店の裁量で上積みしてくれました

それをもとに母の生活の見通しを立て
私は大学院に進学し 弟はアルバイトをしながら新聞の求人広告で見た
ショーボンド建設という道路工事の会社に就職しました

最初は北海道の山の中で現場監督をやっていましたが
10年も経つと東北北海道を統括する支店長になり
そのエリヤに関する限り95%は自分の営業活動の成果だと豪語していました

1987年初めにショーボンドは東証二部に上場しましたが
その少しあと1989年の春に東京本社に呼ばれました

その時は私も関東圏の大学に変わって富山から転居しました

二人で前もって 多摩ニュータウンの近いところで暮らそうやと相談して
弟も仮契約までしたのでしたが 本社の幹部は東武線に多く住むので
その沿線でなくてはまかりならぬということで
近所に住まいするというのは実現しませんでした

1989年の末までにはショーボンド建設は東証一部上場を実現します

弟は一部上場にはヤクザが必要だということで呼ばれた由です

東証一部上場は弟が営業部長としてなした功績でした

その後まもなく 弟は常務取締役に着任します

北海道の炭鉱町に生まれて 決して一流とは言えない大学を出て
東証一部上場企業の取締役まで勤めた経歴は
堂々たる68年の人生だったと私も誇りに思います

その人生のきっかけが
四畳半のアパートから見上げた信じがたいほどの青空でした

すぐには葬儀に駆けつけるわけにはいきませんが
私の代わりに在京の故郷の親友三人が行ってくれます

落ち着いたら墓参りをかねて 彼らと一緒に偲ぶ会を開く予定です

先日弟に話しましたが もう一度 呼びかけたいです
「今度生まれるときも 同じ腹から生まれような」と
c0182775_17223071.jpg
by zuoteng_jin | 2018-10-10 18:11 | DP2S | Comments(2)

桜の紅葉と蔵書の出荷

c0182775_1793987.jpg

10月になりました

いよいよ樹々が紅葉してきます

北星学園大学通用門脇の桜葉も色づいています

今日は昼過ぎにヤマト運輸が来て 段ボール24個の書籍を出荷しました
c0182775_17133539.jpg

運び出すのはほんの一瞬のことで
40年来頻繁に参照した歴史書などが
あっという間に視界から消えました

何しろ東京から北海道に引っ越すときには
日本通運が用意した書籍用段ボールは500箱でした

そのうちの24箱などは焼け石に水のようなもので
これを手始めに 積極的に整理を進めなければなりません
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-10-01 17:21 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

台風豊作の今年と蔵書整理の荷造り

c0182775_17251461.jpg

台風24号が西日本を襲っていますが今年はよく来ます

昨日は雲のほとんどない秋晴れでしたが
今日は画像のように小雨の札幌です

ただし風が無いので助かります

地震以来 蔵書整理を進めてきましたが
下の段ボールは付き合いのあった古書店に送る分です
c0182775_17305072.jpg

私が整理すると判断したものを 奥さんが箱詰めしました

段ボールはスーパーでご自由にお持ちくださいと
放出してあるものをもらってきました

それにいっぱい詰めるとだいたい12kgから13kgになります

一個の箱の縦横高さを合計すると大体100cmですが
重量が10kgを越えるので宅急便では120サイズになります

これで第一回出荷分が24個になりました

うちの奥さんは梱包作業においては天才的な技量の持ち主で
引っ越し業者がいつでも舌を巻く梱包をやってくれます

今回もこの24個はほとんど詰め物をしないできっちり詰め終えました

私は複数発送の伝票を十枚ほど書いただけです

ただ 転写のためにボールペンに強い筆圧を加えるので
3枚ほど書くと脳卒中の後遺症が響いて 肩から背中がカチカチになります

休み休み何とか書き終えて
クロネコメンバーズに登録していますから
ネット上から 明日の集荷依頼を済ませて どうやら一段落しました

原稿を書きながらですから 資料を探す手間はまだかかりますが
一つのステージをクリアーした思いはあります

【と書いてる間に震度4の余震がありました】
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-09-30 17:56 | Comments(0)

幕張メッセのライブ公演と弟を見舞ったこと

c0182775_16511164.jpg

24日夜に幕張メッセでダンスとボーカルユニットのライブ公演がありました

Da-iCE 5th Anniversary Tour というものですが
Da-iCEというグループがあることすら
古稀老人は知りませんでした

画面左手の特徴のある建物がメッセで
ファンは陸橋の右手のほうまで長い列を作っていました

今日は竹馬の友二人がやって来て 我ら夫婦と四人で
自宅で緩和ケアを受けている弟の見舞いに行ってきました

幸いに会話ができて軽い冗談も交わしましたが
恐らくこれが最後の会面だと覚悟のうえでした

一言だけ伝えたかったのは
「また産まれるときには同じ腹から産まれような」
ということでした

学齢前からみんなで一緒に遊んできた竹馬の友たちがいてくれて
お陰で心配したほど湿っぽくならずに会ってきました

ホテルに戻って近所に住まうもう一人の友人と
(もちろん彼も兄弟同様の仲間ですが用務のため見舞いは不可でした)
皆でお昼をいただきましたが
うち一人は抗がん剤治療中です

ただ その友人は今日は副作用がなく
いつものように健啖ぶりを示してくれて
我々を安心させてくれました

午後からはゆっくり休めましたので
明日は元気に帰宅できそうです
c0182775_1894787.jpg
by zuoteng_jin | 2018-09-26 17:30 | DP2S | Comments(0)

放送大学副調整室

c0182775_16542846.jpg
右は放送大学のプロデューサー氏です

左は録音編集作業の技術者氏です

ガラス窓の向こうが講師がマイクに向かうブースです

ブースには13時45分ぐらいに入り
時計が示すように2時間程度の収録でした

45分間の放送の収録が2時間でしたから
順調な作業だったようです

脳卒中の後遺症で 話し続けると肩から背中にかけて
余計な力が入り こわばってきます

2時間の収録は まあこの辺りが適当かなと思う長さですね

放送日は年明けにならないと決まらないそうです

ともかくも無事に収録が済んで一安心です

雨降りの千葉ですが ホテルと大学間の往復は
昨日会った竹馬の友が車に乗せてくれて大変助かりました
c0182775_1894787.jpg
by zuoteng_jin | 2018-09-25 17:18 | DP2S | Comments(0)

強力援軍来たる

c0182775_15354067.jpg

同じマンションに住む姪たちのご亭主二人が来てくれました

30代の力は圧倒的です

お二人はそれぞれ3階なので
今回の地震でも棚類は全く倒れなかったそうです

我が家の惨状を見てびっくりしながらも
本棚の復旧に力を貸してくれ あっという間に進みました

画像は オーデオ装置のある部屋ですが
ステレオをセットして音出しをしてみたら
まったく元の響きで鳴ってくれました

三時過ぎに一息を入れて 今は仕事部屋を片付けてくれています

遠い親戚より近くの他人などと言いますが
何と言っても近くの親戚はありがたいです

ちなみに息子は今日は出勤で
震源になった厚真地区が担当らしいです
c0182775_18101867.jpg 
by zuoteng_jin | 2018-09-09 15:56 | Comments(0)

台風で折れたニセアカシアと無事だったボックス

c0182775_16553548.jpg

台風で折れたニセアカシアです

この近所は昨夜2時前後に最大風速27mを記録した程度でした

マンション自体の被害は別の棟の15階で
ベランダの薄い隔壁ボードが一箇所
風圧で亀裂が入ったというものだけでした

ただこの画面にあるように 敷地内のニセアカシアが風で折れたようです

札幌にはかつてニセアカシアの並木があちこちにあったのですが
風に弱く 折れた枝が道路をふさぐので 今は少なくなったと聞きます

関西の台風被害については Twitter の投稿動画が
リアルタイムで状況を伝えてくれました

私が Twitter のアカウントを得たのは
3.11 の大震災でガソリンが欠乏した時に
近隣のガソリン入荷状況を知るためでした

災害時にはテレビラジオなどよりは確実に早く情報が得られます

事実 今度の台風でもテレビニュースの被害画像は
すべて Twitter 画像でリアルタイムに見たものでした

リアルタイムで建築物の倒壊などを見ていると 現代建築が
ずいぶんペラペラなものだなと感じました(京都駅の天井落下など)

先日その前を通って ボロい物体を見かけたので
強風で倒れたのではないかと リハビリウオークがてら行ってみました
c0182775_17212424.jpg

これは使われなくて放置されたマンション駐車場の
ゲートボックスです
c0182775_17234363.jpg

向こうに見える駐車場に出入りする車のチェックをする有人ボックスですが
おそらくすぐに使われなくなったと思います

しかしこのボックスはかなりしっかりした重量のあるもので
ちょっと押したぐらいではびくともしないものでした

これとて今回の関西ほどの強風だと飛ばされたかもしれませんが
図らずも四半世紀以上前の作り物のしっかり感を確かめた思いです

by zuoteng_jin | 2018-09-05 17:39 | Comments(0)

六世紀文選(もんぜん)編者の墓と受講生の新刊書

c0182775_14491489.jpg

自宅仕事机のわきにある書架の天板に漢籍があります

これは『文選(もんぜん)』全六〇巻と別巻一巻ですが
356年前の江戸時代寛文2年(1662年)刊行の現物です

『文選』は清少納言『枕草子』に「書(ふみ)は〔白氏〕文集・文選」とか
吉田兼好『徒然草』に「文は文選のあはれなる巻々」とかあるように
奈良平安鎌倉室町と盛んに読まれた古典です

巻一をめくるとこういう塩梅です
c0182775_1593660.jpg

中国で原文と割注が印刷された本を下敷きにして
数百年の間 日本で伝承されてきた返り点と送り仮名をつけて印刷されました

これはそれに数百年前の所有者が人名地名の朱引きをしてあります
(朱引きは最初の数頁だけです)

『文選』の編集者は二行目に見えるように
梁(りょう)の昭明太子 本名蕭統(しょう・とう)です

太子でしたが皇帝になれずに30歳で事故死しました(501年-531年)

実は昨日の朝日新聞に昭明太子の墓
確認されたというニュースが載りました

ただしこれは 何で今更ニュースになるのかと思いました

情報源は南京大学の張学鋒教授ですが
京大で学位を取った張先生は
2014年にすでに日本で報告しているのです

ただこのころはまだ仮説に過ぎなかったようで
それが確認されたのは2016年の南京考古学会だと聞きます
c0182775_15411396.jpg

右の墓穴が昭明太子のもので 左が太子の母のものです

その認定の決め手になったのは年号の入ったレンガの出土です
c0182775_15451231.jpg

左の普通七年は526年太子の母が亡くなった年ですし
右の中大通弐年は太子が亡くなった530年です

こういう事柄が分かると書架の漢籍も
グッと現実感が増してきます

今度朝日新聞がニュースにしたのは
たまたま張学鋒教授から画像の提供があったからでしょう

しかしつい最近確認されたかのような報道はいけません

マスコミの政治報道の劣化はここで言うまでもないことですが
文化記事の劣化も深刻だなぁと思った次第です
(裏付けしていないのが歴然です)

ところで昨日 大学学部時代の指導生から新刊書が届きました
c0182775_15573838.jpg

博士論文を書籍化したものですが あとがきには丁寧に
この分野に導いた私への謝辞がありました

それはともかく 15年前の指導生が
研究者として順調に成長している何よりの証しで
教員人生の冥利とはこのことです

by zuoteng_jin | 2018-02-18 17:59 | Comments(0)

フィルムとデジタルで撮り分けた河原柳

c0182775_16482016.jpg

二三日前の厚別川の柳です

これは1953年製のカメラVitessaで撮ったものですが
翌日に同じシーンを
現代の高級コンパクトデジカメDP2Sで撮ったのが下です
c0182775_16542771.jpg

デジカメは初期設定のまま使っていて
感度をフィルムと同じISO200にしただけです

随分違っていて驚きましたが
見た目に近いのは断然フィルム撮影の方です

デジカメは暗部がまともに描写されていませんね

見た目に近い画像を得るように
デジカメを設定するのは可能だと思いますが
おそらくシーンを変えるとまた設定に適合しなくなるはずです

クラカメを使うのはノスタルジーなどではなく歴然と写りが良いからで
こういう結果を見るとお分かりいただけると思います
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-11-08 17:17 | Vitessa L | Comments(0)

おためごかしの「お客様の安全の為に」と共謀罪

c0182775_17164778.jpg

防犯カメラは客の安全の為らしいです

こういうのを「おためごかし」というんですね

新明解国語辞典【おためごかし】の語釈には
「相手のためにするように見せかけて、実は自分自身の利益をはかること」
とあります

誰が考えても防犯カメラの設置は
「万引きなど店舗の損失を防ぐため」
に決まっています

いま国会で論戦になっている共謀罪
金田法務大臣(経済学部出身)の法意識の欠如はもはや論外です

判例に「有る」「いや無い」などと答弁を二転三転した挙句
「判例的な考えでは」などいう意味不明な珍フレーズを繰りだしました

法律的判断をした例があるかないかという質問ですから
答えは一つしかあり得ないはずです

あんな程度で法律の提案者になっている日本国は
トランプのアメリカに較べて引けを取らないひどい為政の国ですね

共謀罪はテロ対策のためと提案理由を説明していますが
条文にはテロのテの字も無いので
おためごかしであるのが明らかでしょう
c0182775_20123413.jpg
by zuoteng_jin | 2017-01-31 17:47 | DP2S | Comments(0)