人気ブログランキング |

タグ:RPX100(自家現像) ( 50 ) タグの人気記事

キャンパス寸景と漢文講読

c0182775_18395192.jpg

半袖はまだ先かと思われるキャンパスです

今日は学部で担当している唯一の授業がありました

昨日の記事に書いたように漢文講読です

これまでの漢文指導の経験では
受験参考書によくある「句法」の練習を活字本でやってもあまり効果はありません

江戸時代の木版本をテキストにして
返り点送り仮名をひろって読み下してゆく練習が一番効果的でした

これまでは先に書き下し文を提示して
参考に木版本の画像を提供していましたが
今年は木版本を直接読み下してゆく方式に切り替えました
c0182775_18531676.jpg

私の手持ちの1674年刊行の木版本をスキャンして配布します

『史記』130巻を50冊に分冊にしたものですが
この50冊本は私の知る限り5点ほどしか現存しません

すぐ後で刊行された 製本の手を抜いた25冊本だと
あちこちに収蔵されています

それはともかく ご覧のようにほとんど書き込みのない古書です

現存点数が少ないという希少性もさることながら
書き込みが非常に少ないというのが貴重です

画像を配布するとともに345年前に造られた本だよと
現物を見せると 流石に受講生たちは関心をあらわにしました

具体的には来週から読み込む授業になりますが
さてさてどういう塩梅になりますか
c0182775_18162947.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-05-21 20:08 | Comments(0)

道の駅「花ロードえにわ」のメンテナンスと原稿修訂

c0182775_15534739.jpg

自走式芝刈機と肩掛式刈払機です

どうやら先輩が芝刈機のエンジンをかけ
後輩が刈払機を操作する段取りをしているところです

こういうメンテナンスは道の駅ならどこでも手ぬかりないと思いますが
「花ロード」である以上 どこよりも手間をかけているようです
c0182775_16898.jpg

さりげないですが 廊下の釣り花かごも いつもよく手入れされています

それにしても1枚目は完全逆光撮影ですが
ライカきってのオールドレンズ・エルマー50mm F3.5 は
ものともしない写りですね

昨日投稿の薄暗い室内描写もしっかりしていましたが
この逆光撮影も脱帽ものです


今日は明日の講義のために 2年間使い回した資料を作り直していますが
こういうことをやると 必ず専門論文に反映するデータが入手できます
c0182775_16551174.jpg

これは漢文の教科書にある「鴻門の会」という有名な段の一節ですが
「項伯 は東に嚮(むかつ)て」に続く一句で
「坐(をり) 亞父(アホ)は南に嚮(むかつ)て〕坐(を)る」とあります

「あり」「おり」などはラ行変格活用といって 終止形は「り」で終わるはずですが
ここの「おり」ははっきりと「おる」で終止しています

つまりラ行変格活用ではなく四段活用になってしまっています

この木版本は1674年に印刷されたものです

この時期の話し言葉では
どちらも四段活用の「ある」「おる」になっていましたが
書き言葉ではまだ「あり」「おり」でした(「敵は本能寺にあり」)

しかし読み言葉(漢文訓読)では「あり」はまだラ変で
(「項羽が兵は四十万 新豊の鴻門に在り」)
「おり」は四段の「おる」を使うというように
話し言葉や書き言葉とは違っていたのです

書き言葉は「あり」「おり」
話し言葉は「ある」「おる」
読み言葉は「あり」「おる」
その棲み分けが行われていました

そういう原稿はほとんど出来ていて入稿待ちなのですが
今回「おる」を最適な例文に差し替えることが出来ました

犬も歩けば棒に当たるですね
c0182775_18162947.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-05-21 10:04 | Comments(0)

花ロードえにわの衣更え

c0182775_1781359.jpg

先週木曜日に立ち寄った道の駅「花ロードえにわ」です

久しぶりなので 営業品目がガラッと変わっているのに驚きました

これまでは麺類を中心にしていましたが
今度はカレーの専門店になっていました

3年ほど前まであったえび天鍋焼きうどんのファンでしたが
ここ2・3年はそれが無くなって茶そば中心になっていました

トンカツの専門店が経営の母体らしく
カツカレーやメンチカツカレーなどが美味しそうでしたが
前の日に自宅でトンカツだったので 12種類の野菜カレーをいただきました

ファミリー向けのちょっと甘めのカレーでしたが
追加料金で辛さを細かく指定できるようなので
次回は若干辛いカツカレーにしてみようかと思いました

カレーを食べる間 テーブルサイドに並んだ木彫の猫たちが見守っていました
c0182775_17203449.jpg

c0182775_18162947.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-05-19 18:40 | Leica IIIC | Comments(0)

昼休みの午睡

c0182775_17453847.jpg

昨日は昼食をかねて久しぶりに道の駅「花ロードえにわ」に寄りました

今年の最高気温の日で 強い日差しを浴びて昼寝する人がちらほら

ちょうど昼休みですから 昼食を摂って 午後の仕事に備えているのです

芝生や花壇の手入れを請け負った会社の従業員のようでした

振り返ると 囲み付きベンチにも午睡を眠る人がいます
c0182775_17231836.jpg

今日は午前中は脳外科の定期検診で通院しまた

特にどうということはないのですが
次回の定期検診(8月2日)の際に MRIその他の造影検査を行う予約をしました

何しろ脳ドック検診のパイオニア病院で
全国の脳ドック学会事務局を置いている病院です

ここで定期的に脳の造影検査を受けるのは心強いです

午後は約50日ぶりに散髪に行きましたが
いつものことですが散髪すると 寿命が延びたような気がします
c0182775_18162947.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-05-17 22:54 | Leica IIIC | Comments(0)

十連休と連休中のお仕事

c0182775_16491191.jpg

ほかの写真を撮っていたらそばに子供の世話をするイクメンがいました
c0182775_16504414.jpg

ほかの写真というのは上のジョギングのショットです

十連休はスポーツに打ち込む人や
出かけるにしろ出かけないにしろ 家族で楽しむ人がいるでしょう

我が家も孫たちがやって来ました

ただ私は基本的にはお仕事が続きます
c0182775_16591193.jpg

B5判程度の大きさで11冊 平積みで13センチほどの古字書について
全巻悉皆調査をしています

毛利貞斎(モウリテイサイ)という人が元禄四(1691)年に編んだ
『増続大広益会玉篇大全(ゾウゾクダイコウエキカイギョクヘンタイゼン)』
という漢字字書です
c0182775_1795047.jpg

これの「月」を見ると漢音「ゲツ」呉音「グハツ」の読みがついています

16世紀までにできた漢字字書の読みというか表記は
漢音は「ゲツ」ではなく「グヱツ」で 呉音は「グハツ」ではなく「グワツ」です

ついでに「光」もふつうは「クハウ」ではなく「クワウ」でした

毛利さんがどうしてこんな表記をしたかというと
1596年にヤソ会宣教師が作った漢字字書
『落葉集』の表記を採用したからなんです

上の画像で分かるように『落葉集』「月光」は
漢音「げつくハう」呉音「ぐハつくハう」なんですね

『落葉集』を作った宣教師たちは伝統的な字音表記よりも
実際に耳で聴いた発音を書きました

当時の「ハ」は唇を狭める発音でしたから
「ワ」よりも真似がしやすかったのです

それはともかく 『落葉集』の先駆的研究者土井忠生博士は
日本の後世にほとんど影響がなかったと言っていました(「落葉集攷」)

しかし私は軍記物語『保元物語』の代表的な写本は
『落葉集』を使って詳細な読み仮名がつけられたことを論文に書きました
(『源平の時代を視る』思文閣出版所収)

今度は元禄から明治までもっとも流布した毛利字典が
『落葉集』を参照したことは明らかでそれを論証します

何しろ 『落葉集』以外には
「ゲツクハウ」「グハツクハウ」に一致する先行字書は皆無です

現在『落葉集』原本は世界に6点しか残っていません

元禄時代には日本でも手に入ったと思うのは
現在大英博物館にある1点は 明治の英国外交官アーネスト・サトウが
東京の古本屋達磨屋で見つけて買い取ったというぐらいですからね

毛利さんが『落葉集』を見たと考えて不自然ではないです

漢字音読みの研究は案外見逃されてきましたから
しっかり調査して論ずるつもりですが
そのためにもこの十連休は有り難いです
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-04-27 17:46 | Vitessa L ULTRON | Comments(0)

JRホームにて

c0182775_17434498.jpg

先週の水曜日に高齢運転者講習で桑園自動車学校に出かけました

これはJR新札幌駅のホームです

こういう逆光には何と言っても蛇腹カメラが最適です

フィルム現像もどんピシャリの適正現像でした

自動車学校の実技コースは以下のようなものです(ビルの3階屋上です)
c0182775_1748337.jpg

高齢になると優良運転免許ではなくなり
3年に一度は講習を受けて免許証の更新をしなければなりません

実技講習は一度でも走ったコースの方が安定した運転が出来ます

3年後も元気で更新できるなら
操作が複雑なプリウスは好きではないですが
やはりここで講習を受けようかと思います
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-04-24 17:56 | Vitessa L ULTRON | Comments(0)

春とはいえど寒空のプラタナス

c0182775_1615248.jpg

日本中で桜の開花が報じられています

しかし札幌周辺はもうひと月以上は待たないといけません

今日あたりも風がたいへん冷たく
カメラを提げてのリハビリ散歩は自重せざるを得ません

今日の投稿写真のような寒々としたプラタナスの下を通って
ショッピングセンターの中をぐるぐる回って身体をほぐしました

それ以外は完成原稿を読み直して
注釈を入れるという作業に終始しています

私が担当している5章分のうち1章は終りました

新学期の授業が始まる前にはできる予定です
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-03-28 17:30 | Vitessa L ULTRON | Comments(0)

八百屋の開店初日

c0182775_1711878.jpg

一昨日開店した八百屋さんです

色とりどりの野菜果物や開店祝いのお花など
カラーで撮れば良かったかもしれませんが
たまたま手にしていたのはモノクロフィルムを詰めた蛇腹カメラでした

このフィルムは昨日現像したものですが
ローライRPX100の現像作業もすっかり手慣れてきました

今日はすでに書き上げた本の原稿を見直す作業をしていました

叢書の中の共著の一冊で 一般書ですから
私は注釈なしに書いたのですが ほかの筆者はほとんど有注なので
私の原稿も「注が無いと寂しいから」
注を入れてほしいという要請があったのです

それで原稿を読み直しつつ注釈を入れていますが
本文を読み直すと 当然 不親切な書き方が目について
この際ですからそういう個所に手入れすることが出来ます

そういう意味ではラッキーチャンスと思って
得した気分で作業を進めています
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-03-27 17:22 | Vitessa L ULTRON | Comments(0)

春の西日と異動の季節

c0182775_174521.jpg

本当に日が長くなりました

今日は所用のついでにモノクロフィルムの現像をやりに登校しました
(今日の投稿は先日の現像分です)

帰途の車でも西日を浴びて運転してきますが
つくづく日差しが強くなったものだと感じます

大学ではこの春で転出の先生方の引っ越し荷物が
研究棟の玄関先に出されていて
それを見ても春の風物詩だなぁと思いました

新学期が始まるまでにやっておくべきことがあるので
気持ちは何となく押しているのですが
心身ともに焦っても仕方のない私です

マイペースで歩むほかありません
c0182775_14464933.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-03-26 17:19 | Ricoh 500GS | Comments(0)

統一地方選挙とマリナーズ・イチローの政治センス

c0182775_16351657.jpg

統一地方選挙が始まりました

北海道知事は現職が引退することで
与野党新人対決になっています

秋に国政参議院選挙がありますからその前哨戦だと取りざたされています

昨日今日 テレビはイチローの現役引退で沸いていますが
自民党政権は必ずイチローを政治利用するに決まっています

この夏には国民栄誉賞を与えることになるでしょう

イチローは小泉政権時代に国民栄誉賞を二度辞退しています

しかし以下のインタビューの発言を安倍政権が逃すはずはありません

「日本の製品は安心感が抜群。外国メーカーの技術も、
実は日本人が開発していることが多いのでは、と想像している。
技術が外に出ていく状況をつくってしまった国や企業に対して、
それはいかがなものか、とは思う。いま、安倍(晋三首相)さんのこと、
めちゃくちゃ応援しているんです。頑張ってほしいです」
(日本経済新聞、2013/2/13)

イチローの饒舌で文脈の不透明な発言については
前から 言葉を扱うものへの敬意を欠くものだと思っていますが
この政治経済センスも私には違和感があります

ここ二十年ほどの産業界の動向を見ていると
日本人の開発技術力はそう高くはなかったのではないかと思っています

外国で開発した技術を 製品にする技術が高かっただけだと
考えるようになりました

それはそうと国連が一昨日発表した世界幸福度ランキングでは
日本のランクは58位でした

日本の国家公務員が暴れて国際的に恥をさらした韓国や
台湾より下ですね

安倍政権以前のランクは45位でしたから
この6年間で13位も後退しているのです

イチロー君よ 以て如何となす?
c0182775_14464933.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-03-22 17:30 | Ricoh 500GS | Comments(0)