人気ブログランキング |

タグ:RPX100(自家現像) ( 56 ) タグの人気記事

居酒屋チェーンつぼ八と漢辞海小型版発売

c0182775_1822156.jpg

「美味しいつぼ八・元気なつぼ八・明るいつぼ八」とあります

1973年に 札幌市琴似で8坪の居酒屋からスタートしたのが
現在は全国に300店以上の展開を見せています

8坪は八畳間2つですから 確かに大きいとは言えませんが
その大きさを出発としたことを 忘れないようにする命名なのです
c0182775_1834799.jpg

真っ赤な看板で良く知られていますね(↑ミノルタHI-MATIC E)

ところで今日12日に漢辞海の小型版が発売になりました
c0182775_1837980.jpg

左から小型版・普通版・机上版です

競合他社の漢和辞典がポップな装丁で売り出されているのに対応して
三省堂ではポップ路線ではなく 小型路線で行くと決めた由です

内容が机上版普通版と全く同じものを小型にしたので
我々のような老眼では厳しいフォント大ですが
高校生大学生なら問題にならず 教室への持ち込みが楽になるはずです

若い世代に歓迎されることを望みます
c0182775_1835370.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-07-12 18:49 | RetinaIIc Heligon | Comments(0)

マッサージチェアー用の両替機

c0182775_16455729.jpg

最近になって両替機が設置されました

マッサージチェアー使用料金は10分200円ですが
料金箱には100円硬貨しか入りません

それで100円硬貨が無いときには
階下のスーパー東光ストアのサービスカウンターで両替してもらいました

そういう人が多くなったと見えて こういう風に両替機がつきました

今週は授業のほかに 会議がふたつあり
木曜日の夕方は身体が硬く重くなりました

明日はここで揉んでもらおうと思いますが
「無重力モード」はただ単にリクライニングがフラットになるだけで
重力が無くなるわけではありません

椅子がフラットになってかえって背中の重力がかかり
揉みほぐすグリグリが強くなるのは当然です

ですから私はインチキな無重力モードは使いません

それにしても重力が無くなるわけはないこの装置に
「無重力状態」などとうたう心根が私には理解できません

詐欺商法と言われても仕方ない文言だと思います
c0182775_1835370.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-07-04 17:30 | RetinaIIc Heligon | Comments(0)

九州豪雨で96万5千人に避難指示と「うまかもん市」

c0182775_17311599.jpg

ショッピングセンターでは先週九州うまかもん市が店を開いていました

いま九州では歴史的な豪雨で毎日新聞ニュースでは
96万5526人に避難指示が出ているとのことです

とりわけ鹿児島県では甚大な被害が予想されています

鹿児島大学には2002年の夏に集中講義でお邪魔したことがあります

関東ローム層の上に長く住んでいたころの私の目から見ると
鹿児島の地層というのは軽石のような感じで
いかにも火山灰が降ってできた土地だという印象でした

そういう土地に豪雨が襲うと 被害は大きいだろうなぁと
現地で実際に思ったことです

とにかく被害が出ないことを祈ります
c0182775_17401476.jpg

うまかもん市であれこれ選んで 買ってゆくご婦人がいました

これから買って応援と思っても
このイベントは既に終わってしまいました
c0182775_1835370.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-07-03 17:46 | RetinaIIc Heligon | Comments(0)

サーモンパーク千歳のフードコート

c0182775_181144.jpg

大学に出て昼食の時間が十分取れる日にはここに行くことがあります

車で20分ほどになりますね

明日も午前中には恵庭長寿大学で それが終わってから
午後の会議まで2時間ほどあるので
行ってみようかなどと考えます

この日はフードコートのさぬきうどんを食べに行きました
c0182775_188535.jpg

混雑していないこともあって うどんが出来ると
奥のお姉さんが親切にテーブルまで運んでくれました

杖突き老人が熱々のどんぶりを運ぶのは
危なっかしくて見ていられないのだと思いますが 有り難いことです
c0182775_1812233.jpg

お隣の奥芝商店というのは札幌市内のスープカレーの人気店です
(スープカリーという表記になっていますが)

今度はスープカレーをいただこうかと思っています

撮影機材のバルナックライカは露出計がついていないので
まったく体感露出でしたが
屋外も屋外も適正露出に収まって安心しました
c0182775_18162947.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-06-18 18:21 | Leica IIIC | Comments(0)

アカシアの雨と作詞者水木かおると安保闘争の挫折感

c0182775_14162533.jpg

U字溝のようになった馬場公園の斜面のアカシアです

もちろん本当はニセアカシアですが 通称でアカシアですね

今日の雨で花はほとんど散りましたが
一週間ほど前が満開でした(Bessa R2A Summicron 50mm F2(沈胴)↓)
c0182775_14214039.jpg

アカシアは札幌で街路樹として植えられたものが少なくないですが
強風で枝が折れることも多く
今は新たに街路樹としては使われません

昨年9月はじめの台風ではマンション内のアカシアも倒れました

アカシアの雨とくれば 我々の世代ですと
西田佐知子の「アカシアの雨がやむとき」(1960年)ですが
作詞者は水木かおる(男性)という 前任校二松学舎の卒業生です

私が着任した2005年に図書館の一角に水木かおるコーナーが出来ましたが
より充実した展示をするために
千葉県柏キャンパスの図書館分館の方に移されました

その展示で知ったのですが
「アカシアの雨がやむとき」がデビュー作だった由です

そして1960年にヒットしたのは その沈みがちな歌詞が
安保闘争の挫折感と同調したからだという見方があるそうです

60年代末からの全共闘運動では
そういう挫折感の共有という現象はありませんでした

それは全共闘運動が国家権力に反対を唱えるという構図ではなく
大学解体・自己否定という 内側に向かう構造だったからかもしれません
c0182775_18162947.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-06-16 16:47 | Comments(0)

恵庭長寿大学と富士モノクロフィルム発売のニュース

c0182775_16253022.jpg

先週水曜日5日は恵庭市民会館で長寿大学の講師を勤めました

その時のことは6月5日のブログに報告しましたね
c0182775_16281189.jpg

場所は通勤途中にあって 駐車場から見える会館は上のような感じです

受講生は約90人 皆さん大変熱心で好学老人の熱気に押されました

90分を前半後半に分けて 途中でトイレブレイクを入れます

二回目の講座は来週水曜日にやりますが
先日近くの大学から借りて自伝を読んだ
田中菊雄の苦学の話しをご紹介します

今日の投稿画像は昨日自家現像したものですが
富士フィルムから長年愛用したモノクロフィルムACROSが
入手不能になった原材料を別のものにして
秋からACROSIIとして発売されるニュースがありました

モノクロ現像ファンとしては大変心強いニュースでした
c0182775_18162947.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-06-14 17:30 | Leica IIIC | Comments(0)

キャンパス寸景と漢文講読

c0182775_18395192.jpg

半袖はまだ先かと思われるキャンパスです

今日は学部で担当している唯一の授業がありました

昨日の記事に書いたように漢文講読です

これまでの漢文指導の経験では
受験参考書によくある「句法」の練習を活字本でやってもあまり効果はありません

江戸時代の木版本をテキストにして
返り点送り仮名をひろって読み下してゆく練習が一番効果的でした

これまでは先に書き下し文を提示して
参考に木版本の画像を提供していましたが
今年は木版本を直接読み下してゆく方式に切り替えました
c0182775_18531676.jpg

私の手持ちの1674年刊行の木版本をスキャンして配布します

『史記』130巻を50冊に分冊にしたものですが
この50冊本は私の知る限り5点ほどしか現存しません

すぐ後で刊行された 製本の手を抜いた25冊本だと
あちこちに収蔵されています

それはともかく ご覧のようにほとんど書き込みのない古書です

現存点数が少ないという希少性もさることながら
書き込みが非常に少ないというのが貴重です

画像を配布するとともに345年前に造られた本だよと
現物を見せると 流石に受講生たちは関心をあらわにしました

具体的には来週から読み込む授業になりますが
さてさてどういう塩梅になりますか
c0182775_18162947.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-05-21 20:08 | Comments(0)

道の駅「花ロードえにわ」のメンテナンスと原稿修訂

c0182775_15534739.jpg

自走式芝刈機と肩掛式刈払機です

どうやら先輩が芝刈機のエンジンをかけ
後輩が刈払機を操作する段取りをしているところです

こういうメンテナンスは道の駅ならどこでも手ぬかりないと思いますが
「花ロード」である以上 どこよりも手間をかけているようです
c0182775_16898.jpg

さりげないですが 廊下の釣り花かごも いつもよく手入れされています

それにしても1枚目は完全逆光撮影ですが
ライカきってのオールドレンズ・エルマー50mm F3.5 は
ものともしない写りですね

昨日投稿の薄暗い室内描写もしっかりしていましたが
この逆光撮影も脱帽ものです


今日は明日の講義のために 2年間使い回した資料を作り直していますが
こういうことをやると 必ず専門論文に反映するデータが入手できます
c0182775_16551174.jpg

これは漢文の教科書にある「鴻門の会」という有名な段の一節ですが
「項伯 は東に嚮(むかつ)て」に続く一句で
「坐(をり) 亞父(アホ)は南に嚮(むかつ)て〕坐(を)る」とあります

「あり」「おり」などはラ行変格活用といって 終止形は「り」で終わるはずですが
ここの「おり」ははっきりと「おる」で終止しています

つまりラ行変格活用ではなく四段活用になってしまっています

この木版本は1674年に印刷されたものです

この時期の話し言葉では
どちらも四段活用の「ある」「おる」になっていましたが
書き言葉ではまだ「あり」「おり」でした(「敵は本能寺にあり」)

しかし読み言葉(漢文訓読)では「あり」はまだラ変で
(「項羽が兵は四十万 新豊の鴻門に在り」)
「おり」は四段の「おる」を使うというように
話し言葉や書き言葉とは違っていたのです

書き言葉は「あり」「おり」
話し言葉は「ある」「おる」
読み言葉は「あり」「おる」
その棲み分けが行われていました

そういう原稿はほとんど出来ていて入稿待ちなのですが
今回「おる」を最適な例文に差し替えることが出来ました

犬も歩けば棒に当たるですね
c0182775_18162947.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-05-20 17:30 | Leica IIIC | Comments(0)

花ロードえにわの衣更え

c0182775_1781359.jpg

先週木曜日に立ち寄った道の駅「花ロードえにわ」です

久しぶりなので 営業品目がガラッと変わっているのに驚きました

これまでは麺類を中心にしていましたが
今度はカレーの専門店になっていました

3年ほど前まであったえび天鍋焼きうどんのファンでしたが
ここ2・3年はそれが無くなって茶そば中心になっていました

トンカツの専門店が経営の母体らしく
カツカレーやメンチカツカレーなどが美味しそうでしたが
前の日に自宅でトンカツだったので 12種類の野菜カレーをいただきました

ファミリー向けのちょっと甘めのカレーでしたが
追加料金で辛さを細かく指定できるようなので
次回は若干辛いカツカレーにしてみようかと思いました

カレーを食べる間 テーブルサイドに並んだ木彫の猫たちが見守っていました
c0182775_17203449.jpg

c0182775_18162947.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-05-19 18:40 | Leica IIIC | Comments(0)

昼休みの午睡

c0182775_17453847.jpg

昨日は昼食をかねて久しぶりに道の駅「花ロードえにわ」に寄りました

今年の最高気温の日で 強い日差しを浴びて昼寝する人がちらほら

ちょうど昼休みですから 昼食を摂って 午後の仕事に備えているのです

芝生や花壇の手入れを請け負った会社の従業員のようでした

振り返ると 囲み付きベンチにも午睡を眠る人がいます
c0182775_17231836.jpg

今日は午前中は脳外科の定期検診で通院しまた

特にどうということはないのですが
次回の定期検診(8月2日)の際に MRIその他の造影検査を行う予約をしました

何しろ脳ドック検診のパイオニア病院で
全国の脳ドック学会事務局を置いている病院です

ここで定期的に脳の造影検査を受けるのは心強いです

午後は約50日ぶりに散髪に行きましたが
いつものことですが散髪すると 寿命が延びたような気がします
c0182775_18162947.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-05-17 22:54 | Leica IIIC | Comments(0)