人気ブログランキング |

タグ:ROKKOR-QF 40mm F1.7 ( 167 ) タグの人気記事

診察台

c0182775_2057851.jpg


病院ネタで恐縮ですが
鳥越俊太郎氏が 直腸癌の肝転移で 手術を受けるそうですので

氏の発病は ちょうど私の手術の一年後でした
氏はこの術後三年余のあいだに 肺転移と肝転移
厳しい状況ですが がんばってほしいと思います

写真は 私がいわば命を拾った診察台です
カルテはもちろん私のもの
この台に仰臥し(足が右の方) 腰枕をあてて診てもらうのです

患部が患部だけに 診察室は完全個室になっています
主治医がほかの診察室にいるあいだ 数分の待ち時間があるので
たまたまショルダーバッグに入れていたカメラで撮りましたが
つい 万感の思いがこもったことです
by zuoteng_jin | 2009-02-11 21:02 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

宝くじ

c0182775_19522839.jpg


宝くじって 夢を買うといいます

『新明解国語辞典』には
【ゆめ】「②実際には有りそうにも思われないが、万一 実現すれば
いいなあと思っている事柄。③活社会や厳しい現実から遊離して暫時
享楽する、甘くて楽しい環境」 とあります

なるほど 宝くじは夢②に投資して
その実現を待つあいだ 夢③を享受するものなんですね

宝くじ 自分では一度も買ったことがありません

夢のない男です
by zuoteng_jin | 2009-02-08 19:54 | Minolta HIMATIC E | Comments(2)

雪駄

c0182775_19183615.jpg


人工肛門を造設して以来
身体に負担がかからないように 365日 作務衣を着用しています
(もちろん仕事にもこれで通います)

ですから 履き物は雪駄です
八王子市にある天保五年から 170年間続いている履物屋さんで買います

お店が 昔から今の位置にあったかどうか 分かりませんが
そこから2キロほど離れたところに「八王子千人同心」の屋敷街があったので
同心たちも 同じ店で雪駄や草履をあつらえたのかもしれないと
愉快になります
by zuoteng_jin | 2009-02-07 19:20 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

社会保険中央総合病院

c0182775_20403615.jpg


治療費の支払いを終えた うちの奥さんです
(焼込みでシルエットにしているわけではなく 写ったまんまです)

わたしのガンの治療で ずいぶんお世話になっているこの病院
不愉快な思いをしたことは 一度たりとてありません

名医が揃っており 看護師さんも事務職の皆さんも 有能で かつ親身なのです
先日の検査結果を告げれくれた担当主治医は 心から「良かったですねぇ」と
いかにも甥っ子が伯父さんに言うような口調でした

この病院は社団法人「全国社会保険協議会連合会」が経営しています
ずさんな社会保険庁経営の病院だと誤解されて迷惑だと
担当医の一人が嘆いていました

経営もさることながら 職員の誠実さも 社保庁とは段違いですよ
by zuoteng_jin | 2009-02-06 20:44 | Minolta HIMATIC E | Comments(4)

小鳥が逃げた

c0182775_1945229.jpg


2009年1月撮影

公園の一角で小鳥を見つけた姉妹が おいでおいでをして呼び寄せようとします
両親も息を詰めて見守っていましたが 小鳥は逃げていきました

小鳥のことは 家族にとって おだやかな日の 一件の小事です

こちらはたった一人で喫茶室におり ガラス戸越しに 唯一の目撃者となりました
by zuoteng_jin | 2009-01-14 20:06 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

新成人の母

c0182775_1850821.jpg


2009年1月撮影

いわゆる三連休ですが 昨日と一昨日はみっちりとお仕事でした
三日目の今日は成人式が行なわれるので カメラ片手に散歩です

成人式会場では式典が続いているのに さあ 大っぴらに酒も飲めるし煙草も吸える
そとでは一升瓶のラッパ飲みや 晴れ着のねえちゃんの空に向かっての煙り吐き
それに そういう「成人顔」を撮ろうとするアマチュア・カメラマン

趣味は色々あってかまいませんが
そういう悪びれた表情には どうしてもカメラを向ける気になれませんでした

げんなりしてその場をはなれる途中
娘を成人まで育て上げた母親の 素敵に晴れやかな笑顔が撮れました
by zuoteng_jin | 2009-01-12 18:52 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

通学路

c0182775_11475627.jpg


2008年5月撮影

このクリーニング屋さんと八百屋さんのたたずまい どことなく懐かしい雰囲気ですね
それも無理はなく 40年前とあまり変わっていないのです

そのころ この坂道をのぼって大学に通いました(道路の傾きがお分かりでしょう)

昨日 ともにこの坂を上り下りした友人が病と闘う病室を見舞ってきました
彼は脳梗塞で 意識ははっきりしているものの いまはまだ色々な機能を失っています

我々はこの三四年 写真の近くの居酒屋で小さな同期会を開くのが恒例です

明日から機能回復の訓練がはじまります
彼にもういちど本が書ける日がくることを祈って 今日はこのコマを掲げます
(彼は著名な人類学者です 専攻はべつですが 10年あまりその母校で同僚でした)

下から見た坂の全景は→クリック
by zuoteng_jin | 2009-01-04 11:54 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)