タグ:NMD ZOOM 35-70 ( 91 ) タグの人気記事

今年のライラックは寂しい

c0182775_16222222.jpg

歩いて7~8分の公園にあるライラックです

毎年これを見にきますが 今年は昨年の半分ぐらいしか花が着きません

下が昨年このブログでご紹介した同じ株のライラックです(機材:Minolta XD)
c0182775_16253917.jpg

こうなった原因は昨年の秋冬にあるそうです

車で15分ぐらいの川下公園は200種類のライラックで有名です

ところが公園管理人のレポートによると
今年は枯木が目立つそうです

「今年は冬害を受けて多くのライラックが枯死しています。
原因は、昨年の秋に温かい日が数日続いて、本来今年開花する予定の芽が
動いてしまったこと。そして、今年冬の寒さが厳しかったことがあげられます」

ちょっと分かりにくい文章ですが 寒暖の不順が原因らしいですね

自らは動いて移動できない植物ですから
やむを得ない対応なのかもしれません
c0182775_18101867.jpg
by zuoteng_jin | 2018-05-19 17:20 | NEX-7 | Comments(0)

声明(しょうみょう)レクチャーコンサート

c0182775_16331998.jpg

10年前に前任校で実施した仏教音楽を中心にしたコンサートです

「仏教声楽に聴く漢字音」という大きな国際シンポジウムを主催しました

この画像は同じ「般若心経」を
天台宗の呉音・韓国語・黄檗宗の宋音・中国語
それぞれで読誦してもらったときの黄檗宗の皆さんです

さらには同じ「大悲心陀羅尼」を
真言宗の漢音・韓国語・黄檗宗の宋音・中国語
それぞれの読み方で読んでもらいました

日本では宗派によって少しずつ読み方が異なりますが
韓国語でも中国語でも全国で同じ発音で読み
方言で読むこともないとのことでした

私は 北京のお寺でも広東のお寺でも共通語で読むのかと聞きましたら
お寺で読経の教育はせず全て共通語の「仏教学院」で教育するから
中国全土で共通語で読むのだと答えてくれました

むしろ逆に 中国と韓国の僧侶たちが 同じ日本の僧侶でありながら
日本では響きのはっきり異なる読経をしていることに目をむいていました

このコンサートではもう一つ十二世紀初め 平安時代に行われた
「管弦法要」の画期的な復元演奏がありました
c0182775_1711028.jpg

復元作業を行い 自ら演じてくださったのは
左端におられる真言声明(しょうみょう)の第一人者・新井弘順師です

会場は平安時代の法要もかくやと
1000年前の管弦の響きに耳を傾けました

このシンポジウムを思い出したのは
先日来立て続けに葬儀の導師を勤めた檀那寺の僧侶が
真言声明の名手であって 武道館での演奏会にも参加した経験がある
そう聞いたことがあるからです
(若いころはロックバンドに明け暮れた由)

先週は副導師が年配なので読誦にいま一つ精彩を欠きましたが
今週の副導師は導師に勝るとも劣らぬ美声でしたので
ふたりの読誦が大変見事な響きを聞かせてくれました
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-03-15 17:30 | Minolta XD | Comments(0)

晩秋のウトナイ湖と非渡り白鳥

c0182775_17113278.jpg

苫小牧のウトナイ湖は水深が2mもない浅い沼です

渡り鳥が飛来する季節になると
オオハクチョウやマガン数万羽が羽根を休める場所です

しかし餌付けもしているので非渡りの白鳥もいます
c0182775_171625.jpg

つがいの一組と灰色の幼鳥もいましたが
幼鳥はレンズの画角外に出てしまい
なかなか近づいてくれませんでした

今シーズンの渡りの飛来があったら撮影に行ってみようかと思っています

湖畔に道の駅ウトナイ湖があるので
休憩がてら観察する人がいました
c0182775_17224798.jpg

c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-11-01 17:27 | Minolta XD | Comments(0)

ヤマボウシの花を叔父に捧げます

c0182775_1751360.jpg

恵庭市のヤマボウシです
c0182775_1773978.jpg

これは自宅近くのサイクリングロードわきのヤマボウシです

雪印苗種のバラ園の一角にもありました
c0182775_17241432.jpg

叔父の葬儀会場にお花を捧げましたが
今日はあらためてヤマボウシの白い花(実は花苞)をささげます

それにしても暑いですね

札幌は四日連続の30度越えで 125年ぶりの記録だといます

それでも自宅では冷房装置不要なのがありがたいです
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-07-10 17:43 | Bessa R3A | Comments(0)

フランス原産「世界の太陽」とイギリス原産のバラ

c0182775_17191092.jpg

雪印種苗の黄色いバラです

黄色いバラは20世紀になってフランスで開発されたのだそうです

これを撮影した時のネームプレートが珍しく記憶に残っています
「ソレイユ ドゥ モンド=世界の太陽」というものでした

いかにもこの品種にふさわしいと思いましたね

イギリス原産のバラはもう無数にあって
下の品種もそうですが 名前は印象に残っていません
c0182775_17284343.jpg

いま気がつきましたがデジカメだと
気軽にネームプレートも撮っておけますね

今後はミラーレス一眼かスマホで撮っておくことにします

ただしそれはネームプレートだけで
花弁の肉厚などはフィルムでないと 私には撮れる気がしません
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-07-01 17:35 | Minolta XD | Comments(0)

雪印種苗のバラ見本種

c0182775_1729255.jpg

退勤時にいつもこのそばを通ります

しかし昨日掲げたうどん屋さんからの帰りに初めて中に入りました

雪印種苗という会社は別の場所にあったのですが
2000年に雪印乳業がおこした食中毒や食肉偽装事件で経営が悪化し
事業を整理して2002年にこの上野幌の地に移って来たそうです

食中毒や食肉偽装事件は東京でニュースに接しましたが
北海道で生まれ育ったものとしては残念な事件でした

ここには写真のようなバラの見本が植えてあって苗木を販売しています

その種類たるや450種ほどといいますから驚きます(見本はその一部)
c0182775_1741050.jpg

作業療法のリハビリをかねて
レンズを交換してマクロ撮影をやりました

三脚を使わずに中腰で撮るのは理学療法のリハビリでもありますね
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-06-30 17:48 | Minolta XD | Comments(0)

オダマキ写真と車寝台でのライラック鑑賞

c0182775_17564116.jpg

マンション隣のビルの壁際に咲くオダマキです

この写真はしゃがんで撮影しました

脳出血の後遺症で身体のバランスをとるのが困難な私ですが
どうやら撮影することが出来ました

脳出血の後 3年ぐらいは
ただしゃがむことすら出来なかったのです
ここまで回復してきたことを喜ばなくてはなりません

出血の部位によっては車いす生活になるところでした
c0182775_186286.jpg

川下公園に行ったときに車寝台でライラックを見に来た方がいました

介護の方々は大変だと思いますが
きれいな花を見て香りを嗅ぐのは
患者さんにとって何よりのお薬ですから
是非支援を続けていただきたいです
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-06-17 18:20 | Minolta XD | Comments(0)

川下公園のライラックと新治安維持法の採決

c0182775_17471852.jpg

c0182775_17492286.jpg

川下公園のライラックです

200種類もあるとのことで
歩いて撮影するのがやっとの私には
残念ながら名前を記録する余裕がありません

ところで 今晩にも新治安維持法が強行採決されるみこみです

何しろ国会で治安維持法は適法だったと
信じがたいたわごとを述べる法務大臣です

どう考えても廃案にしないととんでもない社会が現出しますが
多数決で押し切られるのは残念でなりません

これを廃案にするには 国民が国会を取り巻くデモが必要ですが
そういう大衆運動が実現する空気ではありません

となると選挙で自民党に絶対多数を与えないようにするほかありません

それには若い層の自覚が大事になりますが
無知と無関心の壁が高く立ちはだかってることを思うと
もう溜息しか出ない昨今です
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-06-14 18:11 | Minolta XD | Comments(0)

川下公園野外学習

c0182775_1748111.jpg

我が家から車で15分程度の川下公園です

大きなマウンド斜面には小学生が野外学習で来ています

この公園はライラックが200種も植えてあって
ライラックの森で有名です

したがって野外学習はライラックの配置図を手に
実物を確認するゲームのように実施されていました
c0182775_17582423.jpg

各自の手板にライラック配置図が貼ってあるのです

ご当地ならではの理想的な学習ですが よく見ていると
配置図のライラック種名と実物が植えてある場所の名札とを見くらべると
すぐに次の目標に行ってしまいます

実物の花や葉の様子をちゃんと観察していないのが気になりました

単に数多い種別を確認するのではなく
代表的な種に数を絞って
それぞれの特徴をきちんと観察させるべきだと思いました

そのためには先生方が
種の異同を観察する独自の資料を作って
児童に提供する必要があります

残念ながら先生方にはそういう独自資料を作る余裕が無いのでしょう

教員の時間的な負担を軽くしないことには
望ましい学習にはならないのですから
文科省も教育委員会もまずはそれを実現してほしいものです
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-06-13 18:16 | Minolta XD | Comments(0)

ツツジとムスカリとリラ冷えの肌寒い日々

c0182775_16342947.jpg

もはやこのツツジも散ってしまいました
c0182775_16363146.jpg

花期の長いこのムスカリも終わってしまいました

この二三日 札幌は肌寒く 暖房を使っているほどです

雨も降っているので蝦夷梅雨という感じがしますが
蝦夷梅雨はオホーツクからの北風が吹き付ける地域でいうそうです

札幌ではリラ冷えにあたりますね

今日の地方タブロイド紙に リラ冷えという言葉は
渡辺淳一の「リラ冷えの街」から流行りだしたと書いてありましたが
そんなことはありません

私が高校生だった50年以上も前
渡辺淳一が小説を書く前からあった言葉です

1962年が初出だったことは前に書きました

タブロイドの記者さん 記事にする以上は
充分に調べて書いてほしいものです
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-06-04 16:56 | Minolta XD | Comments(0)