人気ブログランキング |

タグ:M-ROKKOR 40mm F2 ( 53 ) タグの人気記事

足元

足元_c0182775_1957743.jpg

今日の道央は雨でした

これが一晩経つと凍結するので厄介です

この写真は1日の初詣に並ぶ人々の足元ですが
滑らないように砂がまかれています


ところで例の小保方問題は
研究の不正ということで片が付いたようですが
下村文科相が理研の責任だと批判していました

文科省の責任者が言うことでしょうか

私は 小保方問題は文科省の大学行政が元凶だと思っています

戦後に力を入れた一県一国立大学が負担になった国は
国立大学を法人化し 大学予算の重点配分化を推し進めました

そして私学助成や研究助成のすべてが
旧帝大や派手なアドバルーンを上げたところに厚くなる仕組みです
(理研は小保方プロジェクトを利用して予算獲得に走ろうとしました)

しかし 高度経済成長には 旧帝国大学だけではなく
旧二期校の地方国立大学が大きく関わっていたのです

日本のモノづくりは一部のスーパースターがリードするアメリカ型ではなく
リテラシーの高い中堅技術者集団によって支えられました

そういう人材を堅実に養成したのが地方大学です

旧帝大卒のエリート官僚にはそこのところが見えていない

早稲田出身の下村文科相には
官僚の言うことを鵜呑みにしないで現実を見てほしいものです


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-01-06 20:42 | Leitz Minolta CL | Comments(0)

冬の唐檜林

冬の唐檜林_c0182775_18255947.jpg

初詣の神社裏です

前を行くお年寄りは足の運びがちょっと危なっかしいので
ゆっくりと路肩を歩いていました

私も往路は左手の崖の斜面を登りましたが
帰路はこの老人のように緩やかなコースを選びました


今日はうちの奥さんの4人姉妹の家族が集まって新年会でした
大人が22人子供が5人 全員が近くのホテルにめでたくそろいました

このマンション隣の駐車場に車を停めている家族が多かったので
大半が我が家で酔いを醒ますために寄っていきましたが
それも楽しく 昨年から始めたこの会
来年以降もメンバーが欠けることなく続けたいものです

ホテルのエントランスの飾りつけ
昨年と全く同じでした


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-01-03 19:00 | Leitz Minolta CL | Comments(0)

雪上の影

雪上の影_c0182775_16505472.jpg

写真は大みそかですが今日もこんな天候でした

リハビリウオークに向かう時のものです

ニュースでは
お米を分けてもらっている辻井農園のある長浜市あたりが
大雪だとのことです

緯度の差を考えると不思議な気がしますが
雪の降る条件は寒いだけではないですからね


今日は年末からやっている黄河河道変遷地図の作成を続けました
地図をフォトショップに読み込ませ
鉛筆線書きモードで古い河道を書き入れているところです

午後になって孫がやってきました
明日は親族の新年会です


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-01-02 17:50 | Leitz Minolta CL | Comments(2)

初詣

初詣_c0182775_1635255.jpg

お昼前から上天気の元日です

昨年社務所を新しくた建てた近所の氏神様にお参りしました

本殿の前には参拝客が40人ぐらい列をなしています
社務所建造効果と上天気で 参拝客が増えたのだと思います

私たちも社務所でお神酒をいただき
神棚のお札を求めてきました

初詣_c0182775_16442885.jpg

おみくじを引く人もいます
初詣_c0182775_16453417.jpg

フィルムカメラ持参だったので現像はどうかと思ったのですが
いつもお世話になるお店が営業中でしたので
さっそく現像とスキャンをしてもらいました


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-01-01 17:33 | Leitz Minolta CL | Comments(0)

白いハマー

白いハマー_c0182775_154152100.jpg

昨日白いジープを掲げて 昔白いハマーを撮ったことを思い出しました

2007年10月 東京の書庫兼仕事場の階下に停めてあったものです
噛みつくような面構えはハマーの特徴ですが 迫力ありますね

階下は TRIKE JAPAN さんという3輪バイクの人気店でした

この後しばらくして 店主が
オーストラリアでレース中に事故を起こし亡くなりました

兄弟で仲良く経営していたのですが
副社長の弟が兄の遺志を継ぐべく
翌年 同じ市内のメインストリートの方に移転したのです

さらにその後 この店舗は私が退去するまで空き家でした
最近グーグルストリートビューでみると
やはり中古自動車屋さんが入ったようです


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2014-10-26 17:34 | Leitz Minolta CL | Comments(0)

眼病治癒祈願の絵馬

眼病治癒祈願の絵馬_c0182775_19184684.jpg

30年前の川越薬師の絵馬です

政府は集団的攻撃権の容認を閣議決定しました

自衛なら個別的自衛の現行解釈でよいものを
米国の攻撃要請に応えるためには
解釈を変え関係法令を変える必要があるわけです

自衛権の議論以前に
憲法を無視して決定することの怖さに身震いします

何の保証もない口先だけの総理会見のTV中継を見て
目が腐る思いがしたものですから
眼病によくきく川越薬師にお参りするほかないです

by zuoteng_jin | 2014-07-01 19:35 | Leitz Minolta CL | Comments(0)

拭き掃除

拭き掃除_c0182775_19422862.jpg

これも1983年の川越です

こういう拭き掃除は昔はよく見かけましたが
最近はあまり見ません

本前掛けを締めて腕抜きをつけた和服の主婦自体が
珍しくなりましたね


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2014-06-23 19:43 | Leitz Minolta CL | Comments(0)

津幡駅あんころ立ち売り

津幡駅あんころ立ち売り_c0182775_2057473.jpg

1983年11月 北陸線兼七尾線の津幡駅です

一昨日書いたように
私の前任の老先生がこの年10月末になくなりました

亡くなったのは川越の病院ですが
ご自宅のある七尾市で葬儀がありました

で この日は哲学専攻の同僚と二人で富山から電車に乗り
津幡で乗り換えて七尾に向かう途中です
(川越に見舞いに行った同僚は一足先に七尾に向かいました)

なお画面に写っている同僚は
尊敬する先輩でもあり
当ブログをよくご覧くださっている方でもあります

やはり心筋梗塞や脳梗塞を経験なさったので
私が患ったときには いち早く励ましのメールを下さいました

ありがたいことです
N先生 お元気でしょうか!?


ところで津幡のあんころは「きびあんころ餅」といって
かつてはこの駅の立ち売りが有名でした

もうかなり前に立ち売りはなくなって
それでも駅の売店で販売している由です

ですからあんころ自体の画像は見つかっても
立ち売りさんの画像は見つかりません

この画像は 貴重だと思います


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2014-06-21 15:44 | Leitz Minolta CL | Comments(6)

1983年の江戸っ子

1983年の江戸っ子_c0182775_1932117.jpg

1983年10月埼玉県川越でのスナップです

小さな社にお参りする法被のお父さんがいました

1983年の江戸っ子_c0182775_19345177.jpg

観光目的で川越に行ったわけではありません

川越市郊外のある病院に 富山大学の私の前任者である老先生が
抗癌剤で意識朦朧とした状態で病の床についており
この日 私と同僚の先生とで見舞いに出かけたのでした

我々が来たのはお分かりのようでしたが
ほとんど対話のできない状態でした

それほど悪いと想像していなかったので
二人はショックを受けて辞去しましたが
老先生はその10日後に息を引き取りました

その時一緒に出掛けた10歳年長の同僚は
10年ほど前に前立腺癌を克服し
昨年は心筋梗塞一歩手前で心臓カテーテル治療に成功した由です

私も10年前に直腸癌を克服し
今は脳出血の後遺症と折り合いをつけながらの毎日です

長雨で写真が撮れないので
家の片づけかたがた古い写真やネガを整理しています

昔のネガが出てきたのでスキャンしてみました

当時 現像処理をしっかりやったおかげで
ネガに問題はありませんでした


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2014-06-19 19:57 | Leitz Minolta CL | Comments(2)

1980年頃の小樽運河

1980年頃の小樽運河_c0182775_21375768.jpg

約35年前の小樽運河です

ネガを探せばあるはずですが 紙焼きからスキャンしました

まだ観光地化していなくて この撮影の2年ほど後に
市議会で 運河の埋め立てが決まりました

その決定を受けて
従来からあった埋め立て反対・運河保存運動が本格化しました
その結果 その3年後に運河沿いの自動車道や遊歩道ができます

もともと沖の大型船から艀(はしけ)で荷揚げするための水路は
運河完成のあとに大型船が直接接岸できる埠頭ができて
20年足らずで時代遅れの無駄な施設になった由です

それ以来 戦後の運河は小樽にとって厄介者であったといいます
それが保存のおかげで 今や小樽観光の目玉になりました

昨日帰りがけに撮影したのが下で
上の画面の右から2番目の倉庫です

1980年頃の小樽運河_c0182775_2145122.jpg

NEX-7,Tamron 18-200 DiIII VC ↑

やはり今の倉庫はほとんどが飲食店と化していますから
躯体が札幌軟石でも どことなくハリボテ感が拭えません

ちなみに 「小樽運河 画像」でYahoo検索すると
飽きもせず同じような構図の写真が出てきますね
いや昨年撮った自分のもそうです

当然のことながら 観光船以外の船が写っているのは極端に少なくて
600コマ中にやっと2コマ見つけただけです


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2014-06-15 18:28 | Leitz Minolta CL | Comments(0)