タグ:Kodak Gold200 ( 1013 ) タグの人気記事

雪地蔵と森友問題「朝日」の逆襲

c0182775_1541319.jpg

昨日見かけた地蔵さんです

このたびの大雪で
札幌周辺はそれほど大きな実害はありませんでしたが
各地で被害が出て 傷ましい事故もありました


今日は気温が上がり ちょっとリハビリ散歩でもと外に出ると
雪が融けてグズグズでした

この地蔵さんたちも頭がすっと軽くなったと思います

ところで例の森友問題で朝日新聞が腹をくくりましたね

首相にあれだけ公然と嫌味を言われていましたから
相当しっかりした裏付けを確保しているのだと思います

官邸方は6日火曜日に調査報告をすると言っていますが
要はどうやって嘘をつくか検討させているだけでしょう

ここはひとつ野党側がしっかりと敵失をついて
内閣総辞職まで追い込んでもらいたいものです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-03-04 17:00 | Minolta HIMATIC E | Comments(2)

ひなまつりとタチバナ

c0182775_16422110.jpg

スーパーの売り出しコーナーです

ひなまつりののぼりの前に柑橘類がたくさん陳列されていました

考えてみると ひな壇には右近の橘・左近の桜が配置されます

もともと内裏・紫宸殿の階段の右手に(上から見て)橘が植えられ
左手に桜が植えてあったのを模した由です

桜は平安文学の感性からいうと
梅が本来ではなかったと思いますが
やはり840年ごろまでは梅が植えてあったそうです
(13世紀初頭の『古事談』による由)

橘は実ではなくて葉の常緑が喜ばれたらしいですね

我が家は男孫なのでひなまつりに特別のことは考えません
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-03-03 17:31 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

冬も青空駐車のジャガー

c0182775_1653541.jpg

積雪期にも青空駐車のジャガーです

ボンネットのマスコットだとかエンブレムとか言われる
ジャガーの立体彫刻は外されていますね

それでも雪が積もる時期に こうして置き続けるのは
塗装を痛めやしないかと神経を使うだろうと思います

ジャガーのボンネットマスコットエンブレムは突起物ですから
交通安全のために今は禁止されているはずです

とすると このジャガーの年式はけっこう古いのかもしれませんが
いずれ機会があれば調べてみたいと思います

ところで 爆弾低気圧で大荒れの北海道でしたが
卒業判定教授会があって登校しました

一部では少々視界が悪い区間がありましたが
幸い札幌恵庭間は路面の舗装が出ていて
通行に支障はありませんでした
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-03-02 17:20 | Vitessa L | Comments(0)

晩冬消雪作業と人命にかかわるような暴風雪

c0182775_17165979.jpg

27日火曜日のキャンパスです

管理課の職員さんが消雪作業を行っていますが
今日は気象庁からは「人命にかかわるような暴風雪」
というような警報が出ました

また改めて除雪を行わなくてはならなくなり
大変にご苦労様に思います

一気に冬に逆戻りした北海道ですが 午前中に都心のホテルで
台湾ラミゴモンキーズを引率してきたかつての指導生に会ってきました

大学時代の彼の同級生(台湾在住)の話や
台湾球団とのこれまでのいきさつや現況など
小一時間おしゃべりを楽しみました

午後2時半に球場入りの予定だと言うので
12時には分かれてきましたが
何しろこの暴風雪 今日の親善試合ではなく昨日見に行って
彼の活躍する姿をこの目で認め 写真に撮っておいてよかったです

明日のフライト事情も予断を許しません
無事にチームを帰国に導くことが出来るように祈ります
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-03-01 17:33 | Vitessa L | Comments(0)

晩冬の雪山に登る男児たち

c0182775_17485646.jpg

雪が消えないうちに遊べるだけ遊ぼうという訳です

先日のリハビリ散歩中に隣のマンション前を通りかかると
たまたま姪たちの子供二人が 通園バスから降りた直後でした

ふたりとも自宅に戻る前に取り敢えず除雪で出来た雪山に登りました

65年前の自分の気持ちを思い返すと
高い山に登りたい気持ちがよく分かります

そういえば 城壁のようになった雪山から飛び降りて
足をくじいてしまったことがあります

小学校1年生の三学期の終わり間際でした

卒業式に1年生を代表して祝辞を述べる予定になっていたので
ちゃんと歩けるようになるか大変心配しました

結局 担任の先生に負ぶわれて
ステージに出て行ったことを思い出しました

姪の子供たちの写真を見て思い出したのですが
何とまあ 60年ぐらい忘れていた記憶です
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-02-27 18:08 | Vitessa L | Comments(2)

薄暮のイルミネーションと台湾野球界で活躍する卒業生のこと

c0182775_1662666.jpg

薄暮の時間帯がさすがに長くなりました

このイルミネーションも月末に撤去されることになります

冬季五輪も終わり スポーツ関連のニュースは
「球春」に切り替わりつつあります

月末月初めに札幌ドームで
フランチャイズの日本ハムファイターズと
台湾プロ野球の国際親善試合が行われます

その親善試合の事務方として 台湾からついてくる世話役が
前任校の卒業生の一人です

大学を終えてから台湾プロ野球界の日中通訳として勤め始め
今は事務局員として働いています

その彼から連絡があり 一度ぜひ会おうということになりました

かねてから何度かメールをもらっていますが 今日のメールでは
北海道放送のラジオ番組で 今晩9時40分過ぎから
台湾野球のことを話すから聞いて下さいとありました

大学で学んだことをそのまま生かして着実な人生を歩んでる彼は
まったく頼もしく教師冥利な卒業生です

彼に会うのがだんだん楽しみになってきました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-02-26 17:30 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

蕎傳の内部装飾

c0182775_1735268.jpg

昨日掲げた蕎傳の内部装飾を続けます

何となくこれ以上再訪する感じがしないので
今のうち投稿しないと忘れそうなので
c0182775_17373513.jpg

縁側の隅に炉が切ってあります
(使われることもなさそうな炉です)

縁側も炉も今の北海道ではあまりお目にかかりません
c0182775_17394081.jpg

縁側から狸の置き物がのぞく趣向ですが
完全逆光なのでピント合わせが非常に難しく
ずいぶん後ピンになりました

今日は久しぶりに孫たちが来ていてにぎやかです
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-02-25 17:46 | Vitessa L | Comments(0)

蕎傳再訪と最寄りの蕎麦屋初訪問

c0182775_17135186.jpg

月曜日に区役所に行くつもりが書類を一通忘れたので蕎麦屋に直行しました

昨年10月に初めて行った店です

外装はその時のブログに紹介しましたが欄間彫刻なども気合が入っています
c0182775_17203771.jpg

座席の反対方向から外を見ると風情のある雪景色です
c0182775_17225729.jpg

前回 常連になるかどうかはまだ分からないと書きましたが
今回の再訪で 車で10分かけて常時来るには及ばないと判断しました

店構えの気合の入れ方は分かりますが
蕎麦そのものは可もなく不可もなし

ただ接客システムが いかにも北海道のぞんざいなシステムでした

ところで今日は歩いても行ける距離にある蕎麦屋に行ってみました

蕎麦自体は町の蕎麦屋によくあるタイプの更科系で 天ぷらも昔風で
ベーキングパウダー入りのやたらパリパリを装ったのとは違いました

5年前からその店があることは知っていましたが
その店から歩いて1分の距離にいい店を見つけたので
今まで入ったことがなかったのです

しかしそのソバ屋は閉店したので困っていました

今日訪問した店は普段通いの店として
常連になっても良いと思いました

暖かくなったら写真を撮ってご紹介します
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-02-24 17:40 | Vitessa L | Comments(0)

屋内フリーマーケットと断捨離不能の蔵書

c0182775_18143491.jpg

冬はフリーマーケットも屋内でやります

東京で見たフリーマーケットはだいたい屋外だったのですが
寒い冬の北海道ではそうはいきません

冬の間に何度かこうして屋内マーケットが開かれます

本は売るほど持っている私ですが
目下のところこうして出品する気にはなりません

今日も色々と調べ物をやっていますが
やはり手元に本がないのは何かにつけて不安になります

断捨離などという高尚な境地に達するのはいつのことやら…
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-02-23 18:25 | Vitessa L | Comments(0)

自分で歩きたがるおさな子と「みんな元気になる絵本」

c0182775_17144971.jpg

ベビーバギーよりは自分の足で歩きたがる時期のようです

今日は風が冷たかったのですが天気が好かったので
ほんの少し外でリハビリウオークをやりました

ちょうどマンションのそばまで帰ってくると
幼児を同じ幼稚園に通わせている姪姉妹が
通園バスから子供たちを引き取ったところでした

男の子ふたりはすぐに家に入らず
そばにあった雪山によじ登ったので少し写真を撮りました

姪たちは「早く家に帰りたいのに~」とぼやきましたが
無論 元気な子供たちの相手は嫌そうではありませんでした

先日の毎日新聞に 富山のプー横丁店長さんの
みんな元気になる絵本」が載りました

彗星とクラゲの対話という意表を突く組み合わせには
いったいどういう話なのかという興味がひかれます

安東きみえ氏の短編小説を絵本用にリライトして
絵本画家が絵をつけたものらしいですが
機会があれば原作を読んでみたいと思いました
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-02-22 17:42 | Vitessa L | Comments(0)