タグ:Kodak Gold200 ( 1013 ) タグの人気記事

露出計分解修理機で撮った昨日の卒業式

c0182775_1781229.jpg

昨日の卒業生たちです

今年は敢えて露出計分解修理機材を使いました

前に外で使って適正露出になることは確認できました

今度は室内の少し暗い場所で
暗部ゾーンモードで計ったらどうなるかという試験です

結果はまったく実用の範囲で撮れています
c0182775_17123314.jpg

壇上の学長さんはこれが最後の卒業式になります
c0182775_17145077.jpg

その学長さんから成績優秀者の表彰を受ける皆さんです

登壇したりお辞儀をする練習のために
開式の一時間ほど前から集合しているのです

これは明部ゾーンモードでの露出です

当ブログは今朝から17時ごろまでアクセス不能でしたが
つい先ほど復旧してホッとしました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-03-18 17:22 | RetinaIIIc Heligon | Comments(0)

鋳物コーヒーミルと愛用トースターと今年度最後の教授会

c0182775_16493893.jpg

近所のコーヒー豆焙煎屋の日除けです

この運送用の麻袋は以前にも撮って掲げました

前の撮影では左側のポスターは画面に入っていません

このポスターには鋳物のミルが描かれています

これは我が家で40年以上愛用しているミルと同じ製品です
c0182775_17114679.jpg

原始的な手回しミルですが(Kalita製)
これで豆を挽くと香りや味がまっとうなんです

手軽な電動ミルで挽くと 豆をブレードで切り刻んでしまいます

しかし 鋳物のミルの場合 豆をすりつぶして挽くので
電動ミルの場合とは香りが全然違うのです

構造が単純なだけに 40年以上故障知らずなのも有り難いです

ついでに コーヒーといっしょに食すトーストは
下のクラシックなトースターで焼いています
c0182775_178224.jpg

かつてあったアメリカのサンビーム社の製品です

パンを入れるとレバーがないのですが
自動的に静々と下に沈んでゆき
焼きあがるとピョンとではなく静々と上にあがってくるのです

そんな方式もさることながら
どんなトースターで焼いたトーストより旨いのです

単に電熱線からの輻射熱で焼くのではなく
丸みを帯びた筐体の中で 高温の熱気が対流するのが
旨さの秘密だと思います

トースターも一度同じものと交換したことがありますが
30年ぐらいはこれで焼いています

ところで今日は今年度最後の教授会がありました

今年度で退職になる教員二名と
理事長兼学長さんが簡単な挨拶をしましたが
いずれも私自身の就任と深い縁がある方々です
(普段面識のないほかの数名の教員は欠席でした)

ま 来年度から職場環境は少なからず変わるという感じです
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-03-16 17:40 | Vitessa L | Comments(0)

枯れたイチイ(オンコ)と叔父夫人の葬儀と確定申告

c0182775_17213759.jpg

亡義父邸のロータリ-に枯れたイチイ(オンコ)があります

もうこの樹が枯れてから数十年経ったかと思いますが
これだけの巨木となると
枯れ死んでからも あたりを払う威厳があります

ところで先日 義父の末弟にあたる叔父の葬儀がありました

ところがその葬儀に参列したその叔父の兄にあたる叔父の奥さんが
3日前に亡くなりました

我々の「おじ・おば」となると 85歳以上がほとんどですから
一緒に葬儀に参列していても 今度は時を置かずして
その参列者の葬儀にあたるということになります

親類縁者の多い故郷に帰ってきたものですから
この5年間で七つ目の葬儀になりました

葬儀場は我が家からタクシーで15分ほどのところなので
昨夜のお通夜に参列しました
(読経の導師も先日と同じ住職でした)

今日の告別式にはうちの奥さんだけが参列し
私は確定申告書の作成と投函をやりました

電子申請のサイトのフォーマットに記入して印刷し
郵送するのが北海道に越してきてからのやり方です

東京ではダイレクトに電子申請していましたが
住基カードやマイナンバーなど やかましいことを言うので
印刷郵送にしたのです

ただ印刷段階になると Adobe Acrobat DC を
最新バージョンに更新しないとデータを印刷しないので
その更新などを含めてけっこう手間がかかりました

とりあえず投函しましたが 今年ほどやる気のない申告は初めてです

安倍のシレっとした国家的な悪事の数々にめげそうになるのを
なんとか我慢して確定申告にやっと漕ぎつけたというのが実感です
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-03-14 17:51 | Minolta HIMATIC E | Comments(2)

親族たちとよく会った実家居間と我々を懐かしむ老犬

c0182775_174741.jpg

叔父の葬儀で一泊してきた亡き義父母の家の居間です

この家は我々夫婦が高校生のころに建てられたものですから
かれこれ55年近く経ちます

先日葬儀を行なって見送った叔父たちとも
よくこの部屋で談笑しました

このシャッターを切っていると 5年前にもブログに登場した老犬
懐かしそうに寄ってきました
c0182775_17202644.jpg

この5年の間に彼もずいぶん年を取りました

先日久しぶりに会ったところ
まるで私の臭いを遠い記憶から探し出すように
執拗に嗅ぎつけてきたのはおかしかったです

この家に泊まるときは この犬は決まって私の蒲団の上で寝込むのでした

今回も泊まった部屋にやって来て
隣でグーグーといびきを聞かせてくれました

一晩経つとこの写真のように くつろいだ様子で寄ってきますが
超高齢になっているので 足の運びがよたよたと
いかにも年寄りの歩き方をしています

写真を撮れるうちは撮っておいてやろうと思います

あ そうだ これを撮ったカメラも40年ほど前に義妹が使っていて
10年ほど前までこの家に放置されていた機材でした
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-03-12 17:43 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

露出計修理機で撮る春を待つ藤棚と一つだけの人の命

c0182775_14361638.jpg

これもまた露出計分解修理のテスト撮影です

雪面に落ちた枯れ藤の影が写ってほしいと念じて撮りましたが
適正露出でちゃんと写っていました

器械は故障しても健全な部品が手に入れば再生可能です

多年生植物は花や実や葉が落ちてしまっても
根がついていれば春が来たらまた芽吹きます

しかし人の命は後にも先にもたった一つしかないのだと
叔父の通夜と告別式に参列して 改めてそう思いました

ただそれではあまりにも寂し過ぎるので
仏教では輪廻転生という物語を構築したのだろうか

導師の読経を聴きながらそんなことを考えた昨日今日です
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-03-10 17:30 | RetinaIIIc Heligon | Comments(0)

小さい雪ダルマと叔父の葬儀

c0182775_13115014.jpg

マンション管理事務所の玄関先にあった雪ダルマです

ただこの位置は上から雪が落下することがあって
子供が埋まると危険ということで早々に撤去されたようです

今日は昼過ぎまで雨が降って 雪は急速に消えつつあります

そういう中 夕方から生まれ故郷の三笠市に出向き
昨日亡くなった奥さんの叔父さんのお通夜に参列します

私からすると岳父の末弟にあたる叔父ですが
岳父の叔父叔母たちの中では一番親しくしていただいた叔父です

今晩は奥さんの実家に一泊して
叔父を偲んできたいと思います
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-03-09 16:05 | Vitessa L | Comments(0)

美しい白雪と白樺の冬景色と区役所福祉課での忘れ物

c0182775_17272949.jpg

今日は気温がプラスで雨が降っています

こういう白い冬景色が薄汚れた景色に変わりつつあります

明日は大雨の予報ですので
昼過ぎまでの仕事を終えてから区役所の福祉課に出向き
ETC割引の更新手続きに行ってきました

私は永久障害者の認定を受けているので面倒な書類は必要ないのですが
2年ごとに誕生日を区切りにして更新手続きが必要になります

手続きは親切な窓口係員のおかげで速やかに終わりましたが
もらった書類や提示した書類の取り片づけに集中するあまり
(マヒの残る手で書類をきちんと整理するのは大変なんです)
あろうことか ETCカードをカウンターに置き忘れてしまいました

帰宅して駐車場でカードを車載器にセットしようとして
忘れたことに気がつきました

すぐに電話をしたところ 保管してくれているとのことで
そのまま折り返して受け取ってきました

いやはや年は取りたくないものです
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-03-08 17:47 | Vitessa L | Comments(0)

露出計分解修理レチナのテスト撮影

c0182775_15351886.jpg

我が家の窓の下に高速道路ごしに見える塀際の道です

一昨日 露出計の分解修理を行ったレチナのテスト撮影です
c0182775_16294270.jpg

午前中は大学院時間割の調整仕事に集中しました

これまで7人で担当していたのが10人になり
時間や教室の割り振りが厳しくなりましたが
何とか担当者各位の希望がかなえられそうです

お昼になったら晴れてきたので
修理したレチナを胸に下げて 外を一回りしてきました

上のコマは露出計の指針通り EV17(ISO200)で撮ったものです

露出計の針がちょっと振れ過ぎのように感じたので
2段階絞りを開けて撮ったのが下です
c0182775_154917.jpg

明るさ調整を一切やらずに掲げましたが 両方を比較すると
結果は指針通りに撮る方がどんピシャリ
ずっと見た目に近いです

この機材の露出計は絞りやシャッターに連動していないので
たとえ組み込み露出計が使えなくても撮影は可能ですが
やはり使えるほうが写欲を減退させませんね

これでまたヘリゴンレンズの描写を
引き続き存分に楽しむことが出来ます
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-03-07 17:33 | RetinaIIIc Heligon | Comments(0)

葱買て通路の雪に落としけり

c0182775_15341975.jpg

蕪村「葱買て枯木の中を帰りけり」のもじりです

もじりと言えば聞こえが良いですが
何つまらぬパクリに過ぎません

蕪村の原句に較べると句境がいかにも薄っぺらですね

ショッピングセンターの裏口から買ったネギを持ち帰る際に
レジ袋から落ちたのに気がつかなかったと見えます

この画像は難しい露光条件ですから
奥の暗部と手前の明部の両方を活かすのは厄介です

カメラはレンズをほかの個体から移植したものですが
(レンズ交換式ではありません)
その作業時に露出計に導入する光量窓の調整が必要でした

その調整が正しかったことがこの画像でよく分かります

とは言っても 手前のネギの落ちている雪面は
Photoshopで多少の焼き込みを施しています

今日は昨日修理したレチナの試写をやりたかったのですが
雪模様で外に持ち出すことはできませんでした

3月に入って急に降雪が増えたので已むを得ません
c0182775_16132082.gif

この時期は無理な外出はせず
修理や整備で楽しむこととします
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-03-06 17:32 | Minolta HIMATIC E | Comments(4)

障害者にありがたい手すりとレチナ露出計の修理

c0182775_12402711.jpg

身体が不自由だと階段の手すりは大変ありがたいです

撮影機材はレンズも距離計も
ほかの個体から移植した HIMATIC E ですが
こんな風に写ってくれると大満足です(昨日のコマもこれで撮りました)

今日は長い間 慎重に少しずつ少しずつ修理を進めてきた
ヘリゴンレンズ付きレチナIIIc の露出計修理が終わりました
c0182775_13151052.jpg

ヘリゴンレンズの描写は柔らかいけれど
質感の描き方が抜群で愛用してきましたが
昨年10月に最後の撮影をした後で
いよいよ露出計がダメになりました
c0182775_13253292.jpg

授業がなくなった2月に入ってから
上のように露出計ブロックを外し
下のように分解して接点を磨きましたが
うっかりして指針の極細ひげゼンマイをダメにしてしまいました
(茶色い巻線の上にひげゼンマイはありますが細すぎて写真に写りません)
c0182775_1328453.jpg

こうなったら部品取り用に持っているほかの個体から
露出計ブロックごと積み替えてやろうと思いました

しかしその部品は暗い時に開けるドアのヒンジが壊れていました
c0182775_13344939.jpg

このままでも充分使えますが
露出計ケースは手元に4~5つあります
(ただみたいな価格で入手したものです)

そこで故障のないケースに内部の部品を組み入れることにしました

その際 セレン受光発電器(分解写真の黒い板)と
露出計本体の電磁石(分解写真の黒い物体)とをつなぐ接点を
ハンダ付けしないといけません

もちろん部品を取り出すためにバラす場合にはハンダを外しますが
それはマヒした手でも簡単に出来ます

しかし小さな接点をハンダ付けするのは
マヒした震える手にとって大変に厄介な作業です
(またひげゼンマイをこわしては元も子もありません)

それで慎重に作業の手順を考えて やっと今日ハンダ付けが終わりました
c0182775_1346399.jpg

プラス接点とマイナス接点がわずかなスペースに並んでいますね

接点ハンダが上手く着いたので メーター指針が元気に振れています

これでヘリゴンつき IIIc も 少なくとも私が撮影できる間は
快調に使用できる機材によみがえりました

セレン露出計の修理は
専門修理業者ではもう引き受けなくなっています
(修理後保証が出来ないからです)

自分で修理が出来て こんな嬉しいことはありません
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-03-05 17:36 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)