タグ:Kodak Gold200 ( 1141 ) タグの人気記事

なかなか葉が散らないプラタナスと紙の本の終わりの実感

c0182775_1820418.jpg

今年はなかなか葉が散りません

お天気ニュースはいつ初雪が降るかが話題です
c0182775_1825258.jpg

昨日12~13箱の和書を持っていった古書店から連絡があって
1箱あたり1000円ちょっとの引き取り価格にしかならないということでした

世界文学大事典(私も少しだけ書いています)や近代日本文学大事典などの
レファランス書が中心でしたが 当節この手の書籍は全く動かない由です

まあ 持っていた私自身が開いてみることが無かったものが大半でしたから
買い手がつかないのももっともなことだと思います

ネットでアーカイブやデータベースからテキストを取得する時代です

紙の本を大量に抱え込む世代は我々で終わりになるのを
心から実感した次第です
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-11-13 18:40 | Leica M7 | Comments(0)

雑排水管高速洗浄と和書の引渡し

c0182775_15333267.jpg

集合住宅では雑排水管の定期洗浄は不可欠です

今日はまだお隣の棟を洗浄していますが
我が家の方は明日の午後に予定されています

その我が家は画面の左端に三角屋根が少し見える棟です

その三角屋根の少し右の窓の下の1Fに
家ごとに仕切られた倉庫フロアがあります

一つの仕切りは床面積が1.2m×0.9m 高さが2m程度でしょうか

その中に地震後に整理した和書が
段ボールで12~13箱保管してありました

昨晩 これまで二度ほどお世話になった古書店
引き取りの依頼をしておいたところ
今日の13時に来てくれました

前に東京に送った中国書や廃棄した分と合わせて
段ボールで70箱ぐらいになります

それでもそれほど減った感じがしないというのが
うちの奥さんの感想ですが 東京から北海道に越したときに
日通が用意した段ボールは500個でしたから
確かに70箱ではまだまだです

終括の一環ですから まぁゆるゆるやります
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-11-12 17:30 | Leica M7 | Comments(0)

陽だまりロードの落ち葉と暖冬

c0182775_16534285.jpg

サイクリングロードもこの辺は陽だまりロードともいわれます

このあたりは例年の今頃は路面が隠れそうになるほど落ち葉が散ります

しかし今年の記録的な暖冬で落葉はそう多くないですね

向こうに見える陸橋に行って振り返るとこんな具合です
c0182775_16594237.jpg

初雪がこんなに降らないのは
観測史上2番目の遅さだといいます

身体は楽で助かりますが 何だか気持ちの悪さも伴います
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-11-11 17:30 | Leica M7 | Comments(0)

黄昏近づく時間とコダックGold200最後の1本とDXコード変換法

c0182775_17282242.jpg

この5年間常用してきたコダックGold200最後の1本を現像しました

どのカメラに入れるかは聞くだけ野暮というもの
ライカ最後のフィルムカメラM7以外はないでしょう

それにしてもこのフィルムは抜群の使いやすさでした

明るい被写体でも暴れることがなく
暗い被写体でもつぶれは最小に抑えてくれます

前にも書いたように今度はフジカラー業務用ISO100を
ISO200で使うようにします

カメラ側のフィルム感度の設定が手動でできればよいのですが
自動読み取りしかできない機種もあります

私の手持ち機材ではコンタックスT2 とT3が
自動設定しかありません

ライカM7は自動と手動と両方で設定できます

自動設定しかない場合はDXコードをごまかす必要があります
c0182775_17424529.jpg

フィルムパトローネ(缶)の胴体に
黒い絶縁部と銀色の導通部がパターンになっているのがDXコードです

上のパターンはISO100ですが
コの字を90度左に倒した真ん中の黒い絶縁部分を
銀色の導通端子にしてやればISO200になります

そのやり方のひとつは黒い絶縁部にアルミ箔を巻付ける方法です
c0182775_17512573.jpg

もうひとつのやり方は絶縁部分の黒いペイントをはがす方法です
c0182775_17534842.jpg

ピンセットの峰の部分で軽くこすると簡単に導通するようになります

どちらも簡単ですが後者のほうがより簡単です
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-11-10 18:00 | Leica M7 | Comments(0)

日陰でLINEをチェックする少年と通信料金

c0182775_17272527.jpg

公園の一角にやって来た少年がスマホをチェックし始めました

直射日光を避けて 木陰で液晶画面を見ています

通信料を巡っていかにも政治利用の値下げ話が出ていますね

そんな子供だましで有権者の票を集めようというのも
今期の国会中継を見ているとやりそうなことだと感じます

それにしても理性の全く感じられない国会答弁には
つくづくゲンナリします

こんなに劣悪な国会はこれまでの経験ではありませんでした
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-11-06 17:47 | RetinaIIIc Xenon | Comments(0)

87年式スプリンターと自動運転の広告

c0182775_17151663.jpg

自宅近くのお寺の車庫の前に古い車がありました

調べてみると87年式トヨタ・スプリンターのようです

いまの新車に較べると ボンネットが平たくて
フロントグリルの上下幅が狭いです

最近の車はボンネットを厚くして 人にぶつかった時に
人が頭をボンネットに強打しないように作られるようです

今や新車には自動運転や運転アシストがついています

自動車業界の意思統一を図る「自動車公正取引協議会」というのがあるそうで
「自動運転機能について表示する際の表示事項、表示方法等のポイント」
という指針があります

色々な伝達媒体に応じて自動運転機能をどのように伝えるかを
一覧表示していますが その表の欄外に以下のような但し書きがあります

「「完全自動運転」、「自動運転機能搭載で安全」等ドライバーが運転操作をしなくても
安全に走行できるかのように誤認されるおそれのある表示は行わない」

そういえば最近はこころもち運転アシストのテレビコマーシャルが
少なくなったように見えるのは気のせいでしょうか
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-11-02 17:36 | RetinaIIIc Xenon | Comments(0)

冬支度の大根干しと空調入れ替え工事

c0182775_17212181.jpg

あれこれと冬支度が進んでいます

このお宅では漬物用の大根を干しています

昔は数十本ずらりとぶら下げたものですが
食生活の変化で 数本が必要なだけになりました

我が家も二三日前から暖房を使い始めましたが
空調機を入れ替えているお宅があります
c0182775_17262564.jpg

空調と言えば夏の節電のために環境庁が提唱する
身体を締めないクール・ビズというのが定着しています

冬も節電のためにモコモコと着込んだり
あったかいものを飲食するウォーム・ビズを提唱しています

北海道の場合 ウォームでは済まなくて
ホットでありたいと思う日がよくあります

環境庁では当初ホット・ビズという命名を考えたそうですが
いくらなんでもホットはやりすぎだとウォームに落ち着いた由です

北海道とはいえ確かにホット・ビズだと違和感がありますね

実感とその言語化は 必ずしも同調しないのだと思います
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-11-01 17:43 | RetinaIIIc Xenon | Comments(0)

イチョウの黄葉

c0182775_18483532.jpg

今朝は遠くの山に雪が降りました

先週末 雪が降る前にイチョウを撮っておこうと
自宅から歩いて20分の小公園に行きました

この木は毎年必ず撮るイチョウなので
まぁ季節のご挨拶と言ったところです

木を手前から見ると
ドウダンツツジの紅葉と まだ緑葉の樹木とに囲まれて
贅沢な景観を呈してくれます
c0182775_18541281.jpg

画面左手に見えるのが 一昨日掲げたテニスコートです

平地でもみぞれに近い雨が降ったので
掛布団を厚くし 暖房機のスィッチを入れました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-10-31 18:59 | RetinaIIIc Xenon | Comments(0)

テニスシーズンの終わりと「健全な精神は健全な肉体に宿る」

c0182775_17111850.jpg

札幌では屋外テニスのシーズンは終わりです

私も14年前までは 暇があればテニスコートに立った口でしたが
直腸全摘手術の後はまったくやっていません

術創が速やかに塞がれば復帰したのでしょうが
私の場合 傷が塞がるまで 術後3年半もかかりました

それだけコートを離れると
もうラケットを振る気にもなれないというものです

まして今は 脳出血の後遺症で身体の制御がおぼつかない身です
カメラ散歩が関の山ですね

こういう身体になってみると
「健全な精神は健全な肉体に宿る」
という成句にはちょっと待ってくれと言いたくなります

私の身体はまごうかたなく不健全な肉体ですが
私には健全な精神は宿らないのでしょうかね

ただしかしこの成句の出所ローマの詩人ユウェナリスの『風刺詩集』では
ちょっとニュアンスが違うらしいです

本来は「健全な精神は健全な肉体に宿る」ではなく
「健全な精神が健全な肉体にあるように祈られるべきである」

あれもこれもと贅沢な望みを神に希求するのではなく
せめて健全な身体と精神ぐらいに押さえておきなさい
という意味らしいです

ネット上にはその誤解をあげつらう指摘があちこちにありますが
一知半解で誤解に誤解を重ねるようなのもあります

もとはラテン語ですからラテン語研究者の話を聞くのが良いでしょう

山下太郎のラテン語入門」というサイトに詳しい説明があります

もっとも私だって身体が不自由にならなかったら
「健全な精神は健全な肉体に宿る」について
何の疑問も抱かなかったに違いないのですが
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-10-29 17:23 | RetinaIIIc Xenon | Comments(0)

スマホで佇む人と買い物帰りの人とSWINGジャズ

c0182775_1716712.jpg

昨日投稿したランナーの皆さんとはこの先で出会いました

サイクリングロードは自転車はもとより
私のようにリハビリのために歩く人
画面左の人のようにレジ袋を提げて帰る人
途中でスマホの確認をする人 いつもながら様々です

様々ということから強引に
今日の通勤運転で聴いたオムニバスアルバムを紹介します
c0182775_1726171.jpg

昨日のジョージ・ウィンストンAUTUMNとは全く逆のコンセプトですね

1. イン・ザ・ムード(ニュー・グレン・ミラー楽団)
2. ムーンライト・セレナーデ(ニュー・グレン・ミラー楽団)
3. L-O-V-E(ジョン・ピザレリ)
4. 真珠の首飾り(ニュー・グレン・ミラー楽団)
5. 茶色の小瓶(ニュー・グレン・ミラー楽団)
6. オール・オブ・ミー(ジョン・ピザレリ)
7. A列車で行こう(デューク・エリントン楽団)
8. パパはマンボがお好き(ペリー・コモ)
9. マンボ No.5(ペレス・プラード楽団)
10. ピンクパンサーのテーマ(ヘンリー・マンシーニ楽団)
11. ピーター・ガン(ヘンリー・マンシーニ楽団)
12. アメリカン・パトロール(ニュー・グレン・ミラー楽団)
13. タキシード・ジャンクション(ニュー・グレン・ミラー楽団)
14. ミスティ(ヘンリー・マンシーニ楽団)
15. 時の過ぎゆくままに(ヘンリー・マンシーニ楽団)
16. リル・ダーリン(カウント・ベイシー楽団)
17. シング・シング・シング(ベニー・グッドマン楽団)
18. 故郷の空(トミー・ドーシー楽団)
19. この素晴らしき世界(ルイ・アームストロング)

ビッグ・バンドのSWINGジャズを聴いて
無条件に浮き浮きする気分を久しぶりに味わいました

グレンミラーのイン・ザ・ムードの旋律とリズム
こいつにはいつでもやられますね

帰り道ではNHKFMの向谷実さんのDJに切り替えましたが
何と最後のリクエスト曲が上の19番でした
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-10-25 17:42 | Contax T2 | Comments(0)