タグ:Ilford XP2 400 ( 126 ) タグの人気記事

小鳩ラーメンの昭和的演出と中国人卒業生との会食

c0182775_17131665.jpg

弟の追悼をひとまず切り上げてもとにもどります

昭和30年創業の小鳩ラーメンではこの薬缶から
アルマイトのカップに水を注いでいただきます

向こうの棚には玩具が置いてありますが
ウチワの向こうに鉄人28号の玩具の箱があるのが見えますでしょうか
c0182775_17232552.jpg

店の中にはこういう昭和アイテムのコーナーがあります

テレビとダイヤル電話と紙芝居額が同じ部屋にあるのは
いかに昭和といっても現実にはありえない御愛嬌です

ところで今日は観光写真などを生業にしている卒業生に会いました

彼にはハービー山口さんにサインをしてもらった
『良い写真とは?』を渡す約束になっていたからです

この本には掲載された160点ほどの作品の撮り方が書いてあり
彼は素晴らしい教科書になると大喜びでした

最近 アマチュア写真の団体である北海道写真協会の会員になった由で
そういうところが積極的です

彼とは今年になってから時々行っている中華料理店で会いました(再掲)
c0182775_17424065.jpg

のぼりに「日本人が作る、本場の中国料理」とあるように店主は日本人です

しかしランチと言えど確かに本格的で中国人の彼は(正確にはモンゴル人ですが)
ご飯を三杯お替りするほどでした

これからも営業写真はもとより 仕事を離れた写真も
良い写真を撮ってほしいと思います
c0182775_17223071.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-10-14 17:54 | Rollei35 Germany 1 | Comments(0)

万字炭山ゆかりの昭和風味のラーメン屋

c0182775_17403945.jpg

昨日のお昼に前から気になっていたラーメン屋に行きました

いかにも屋台のラーメン屋風ですが
実は店の内部にこういう設えをしていたのです
c0182775_17394064.jpg

向こう側のカウンター席の仕切りや壁が
トタンのなまこ板で覆われていますがこれも店内です

地下鉄新札幌駅を降りて駅ビルに入ってすぐの外観は
こんな具合です
c0182775_1747305.jpg

昭和30年に万字という炭砿町に開業した
肉体労働者御用達のラーメン屋であったそうです

炭坑夫の伜としては 一度ありがたく頂かねばと思っていました

使用したフィルムはILFORD XP2 400 ですが
普段はデジタル画像から色を抜いて投稿しています

今日はこの店の昭和の演出を生かすために
フィルムのベース色を抜かないで投稿しました
c0182775_17223071.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-10-09 18:03 | Rollei35 Germany 1 | Comments(0)

石狩平野を望むテラス墓地と多摩洋風墓園

c0182775_17154949.jpg

いやはや観測史上最も暑い日々だそうです

幸い札幌では二三日は28度近くの暑い日はありましたが
今日あたりでも最高気温23度です

ちょうど一週間前に岳父などの眠る墓をこの墓園に移しました

はるか向こうに石狩平野の東端の一部が見えます

岬のように突き出ている山は達布(タップ)山といって
明治時代の開拓時に 開拓使関係の主だった面々が
この山から360度見まわして開拓の構想を練ったと言います

達布山の頂上から撮った写真はかつて掲げました

ところでこの墓園のお墓はみんな同じような墓石ですね

この区画はテラス墓地というネーミングでした

これは墓園の既成企画の墓石であって
契約した区画に自由な設計の墓石を置くことはできません

この墓園にはもちろん自由設計の区画もありますが
今回は関係家族の負担が重くならないようにテラス墓地にしました

幸いに関係家族の誰もが
不満の無い区画とデザインを選ぶことが出来ました

ただ私には何となく既視感があったので
このブログを調べてみました

すると2012年6月に投稿した写真にある 多摩市の我が家から
徒歩10分程度の場所の洋風墓園によく似ていたのです

参照するのもなんですから再掲します(Retina IIIC ↓)
c0182775_17395591.jpg

異なるのは多摩市の洋風墓園は墓石を地面にベタ置きしていますが
こちらのは地面から小1メートル土台を上げてから置いてあるのです

もちろん積雪時の維持管理のためですね

夏涼しい代わりに 冬の厳しさ対策が必要になってきます
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-07-23 17:52 | Bessa R2A | Comments(0)

白い紫陽花と孫たちの週末

c0182775_154158100.jpg

最高気温24度の札幌からモノクロの紫陽花をお届けします

純白の紫陽花ですが
背景も単純化するためにモノクロフィルムを使いました

孫の小学校はまだ夏休みではありませんが(苫小牧市は26日から)
札幌ドームの日本ハム対ソフトバンク戦の観戦チケットをもらった由で
昨夜から我が家に来て 今日は一家で観戦に出かけました

まだ小学校2年生ですが 入学以来の成長の早さには
会うたびに驚かされます

ただ 前回父子で泊まりに来たときには
ジジババの部屋で寝るといって寝ましたが
今回はどうすると聞いたところ
母親の隣で寝るとのことでした

まあ そういうところが小二の小二たる所以かもしれません


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-07-22 17:30 | Bessa R2A | Comments(0)

リュウキュウツツジに降る雨

c0182775_1318873.jpg

関東は梅雨明けだそうですが札幌は雨が続くので雨の写真です

この白いリュウキュウツツジも昨日二輪ほど残っていましたが
そろそろすべて散るものと思います

今日はこれから昨年大学院を修了した留学生と会い
モノクロ写真の明暗調整のやり方を伝授します

いつものショッピングセンターに来てもらいますが
私の方はノートパソコン持参です

その修了生は 自分で中国からのお客さんを相手に
観光記念写真や結婚記念写真を撮る会社を起業しました

もちろん私のブログを見ていますから
フィルム写真を撮りたいと言うので 昨年
カメラとレンズを1台進呈したのでした

いよいよモノクロ写真を撮りだしましたが
モノクロは明暗の諧調が決め手です

モノクロフィルム写真を撮りたいという修了生が諧調の美しさに目覚めて
モノクロ撮影の同志になってくれると嬉しいです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-06-29 17:30 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

アカシアの雨

c0182775_16562396.jpg

キャンパスの隅にあるアカシアです

蝦夷梅雨などと言いますが 長い東京暮らしの経験から見て
最近の長雨は梅雨そのものと変わらない感じです

雨が降ってもその雨を写真に撮らないと撮るものが無くなります
c0182775_1724398.jpg

この花も今はすでに散っています
c0182775_1741190.jpg

向こうの建物はキャンパスの隣にある恵庭市総合体育館です

恵庭に勤務先があるので私も利用できますが
ご承知のような身体ですから利用したことはありません

せいぜいこの近くの写真を撮るときに駐車場を借りるだけです

ここのところずっと長雨ではありますが
本州の梅雨時ほど蒸し暑くないのはありがたいです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-06-27 17:21 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

園児の絵を見つけた家族と母の日父の日

c0182775_1547636.jpg

ショッピングセンタ-2Fの一角を利用した幼稚園児の絵の展示です

5月6月に近所の幼稚園児のおかあさんおとうさんの絵が貼り出されます

この家族は園児の絵を見つけたようですね

皆さんで成長の確認をしているかのようです

我が家の息子からは母の日にスニーカーを手配してくれましたが
注文殺到商品だったとかで 3週間遅れで届きました

履きやすそうなスニーカーで 奥さんはさっそく普段履きにしています

今日の父の日は商品遅れに懲りたのか
昼過ぎに夏向きのハットを持ってやって来ました

軽い素材で サイズもピッタリなので
夏のリハビリ散歩に愛用したいと思います

一昨日と今日のモノクロは
我ながら大修理したHIMATIC E での撮影ですが
光量不足での写りは比類がないと思います

こういう風に写ってくれると大変うれしいです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-06-17 17:30 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

研究倫理研修会と小池百合子「虚飾の履歴書」

c0182775_17271940.jpg

先月半ばに行われた研究倫理研修会です

これもいわゆるFD(ファカルティ・ディベロプメント)研修会の一環です

本来のFD研修会は授業での教え方がテーマです

アメリカの大学はどれだけ学生を集めるかが教員評価の重要な評価基準なので
授業のテクニックが肝要なんですね

文科省は20年ほど前から日本の大学にそのFD研修をやらせています

それが大学のパワーアップになっていないのは
世界における日本の大学の評価が低下する一方なのでよく分かります

早い話 私が学生時代に深く影響を受けた先生方は
決して授業が上手いとは言えない方々でした

それから自分自身が教員になって思うに
調子よく盛り上がり リズムよく流れた授業ほど
後で嫌ーな気分に陥るものです

この日の研究倫理研修会は医療系学部で被験者の人権をどう守るか
というようなテーマでしたから 文系学部所属構成員には用語すら縁遠いものでした

中国から来た院生たちも参加していましたが
全然理解できなかったと言うので それは我々も同じさ と返すと
仲間たちと「先生も分からない話だって」と嬉しそうにしていました

ところで「文藝春秋」7月号の「小池百合子『虚飾の履歴書』」を読みました

カイロ大学首席卒業が真っ赤な嘘であることが
非常に確かな証言や取材をふまえて書かれています

政治家の学歴が信用できるとは全く思っていないので驚きはしませんが
已む無く嘘をついたのではなく
自覚しながら出世のために嘘をついてきた厚顔にはやはり驚き呆れました

いや学歴詐称に呆れたのではなく
大学生活そのものがでたらめだったのに呆れました

これでも首都大学東京の入学式や卒業式で
偉そうなメッセージを読ませるはずです(嫌だ嫌だ)

政治家こそ政治倫理研修会が強く求められるはずですが
特にこの五年間の政治家を見ていると
彼らに政治倫理を期待するのは無理というものです

已んぬるかな
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-06-15 18:09 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

出口から出る人々と卒業式と卒業生の来訪

c0182775_17475036.jpg

後の人は慎重に歩を運んでいます

今日の卒業式は天気に恵まれて
晴れ着の女子学生たちにとってはありがたい一日でした

10時頃 研究室の戸を叩く音がして
昨年卒業した留学生がふいに訪れてくれました

彼は本学の学部を終えてから 大学院で2年間を修了し
昨年卒業して札幌の会社に勤めています

仕事で大学のそばを通りかかったら 卒業式だというので
今日なら確実に先生に会えるから寄りましたとのことです

仕事は上手くいっているのと聞くと
農業機械のメーカーなので 中国に輸出したり
最近は中国の会社と合弁事業をやったりで
昨年だけでも5~6回は中国出張に出かけて
とても充実しているとのことでした

卒業式当日に 札幌と中国との間で
実際に活躍している卒業生の来訪は
教員生活で最もうれしい出来事でした

全体の卒業式が終わってから 別室で
それぞれに学位記を手渡すセレモニーがあって
個々の教員が1分間スピーチではなむけの言葉を贈りましたが
私はその卒業生のことを手短に紹介して
たいへん嬉しかったので 皆さんも思い出したら来てくださいと語りました

今年の卒業生には17名の留学生が含まれるので
先輩留学生の話柄を
まるで自分のことのように聞いてくれたのも嬉しいことでした
c0182775_1885724.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-03-17 18:21 | Rollei35 Germany 2 | Comments(0)

滑る道と麻生が有無をユウムと読んだことについて

c0182775_17133070.jpg

雪の上に雨が降った後の道はよく滑ります

内閣総辞職を迫られるような安倍政権の悪事が
朝日新聞のスクープで暴かれました

麻生財務相が辞任することまでは恐らく避けられないでしょうが
狡猾極まりない安倍首相は自分だけは逃げ切ろうと
この週末は大わらわだろうと思います

ところで麻生は会見で「文書の有無(ユウム)」という読み方をしました

かつて未曾有をミゾウユウと読んだ前科があるので
ネット上では麻生がまた無学をさらしたと取りざたされました

これは確かに誤読です

しかるに麻生の肩を持つネット民から
ユウムという読み方だって辞書に書いてあると
ネット上の「大辞林」などを引用して援護射撃がありました

残念ながらユウムは誤読が拡散したものなんですね

「有無」は本来仏教とともに入ってきた語彙ですから
有を呉音でウと読み
無も呉音でムと読んで受け入れました

しかし十三世紀以後に呉音より漢音読みが推奨されるようになると
有を漢音でユウと読み
無も漢音でブと読むようになりました

そう読んだ証拠は十四世紀の『太平記』にあります

また手元の古字書の複製本を見てみると
十五世紀後半にできた文明本『節用集』には
はっきりと「有無ユウブ」という読み仮名がつけられています

ですから有無は呉音読みでウム 漢音読みでユウブが
江戸末期まで誤りなく読まれてきたのです

ただ 日常語に入った仏教読み
すなわち呉音の定着度はこの語に限らず強固だったので
ウムのほうが定着してしまいました

しかし明治時代半ばになると
漢文漢語の認識が怪しくなった小説家が漢音呉音混ぜこぜに誤って
ユウムと読む事例が発生したのです

そのユウムを後の辞書が採録しただけなのです

辞書の読みは その辞書がどこからその読みを採録したものか
そこまでしっかり検討しないと
半端なネット民が半可通ぶりを露呈するという落ちになります

【追記】
手元の小型国語辞典を開くと
三省堂「新明解国語辞典」・岩波書店「岩波国語辞典」・新潮社「新潮現代国語辞典」
どこにもユウムの見出しは立っていません

やはり日常語として ユウムの読みには無理があります
c0182775_1885724.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-03-11 17:48 | Rollei35 Germany 2 | Comments(0)