人気ブログランキング |

タグ:EBC Fujinon 75mm F3.4 ( 62 ) タグの人気記事

反魂丹の池田屋と論文の校正

c0182775_1715847.jpg

富山と言えばやはり薬ですね

これも2009年の撮影です

「反魂丹」は富山藩主・前田正甫の腹痛を直したお薬です

もとは岡山藩主・池田家の藩医の処方だったのを
富山に薬師を呼んで作らせたらしいですから
「池田屋」の屋号は岡山藩主の姓からとったのですね

それで正甫は印籠に反魂丹を常時携帯していて
これが江戸城詰めの大名の腹痛を直したということで
一気に全国ブランドになりました

我が家には置いていませんが
うちの奥さんの実家にはまだ配置薬店「広貫堂」の置き薬があります

ちなみに今日はマンション隣のショッピングセンターで
全国弁当フェアをやっていて
奥さんが「富山の鱒の寿司」を買ってきてくれました
夕食に頂くことになっています

今日は元日に成稿した論文のゲラ刷りをチェックしました

非JIS漢字2字は入力されていないのでJIS漢字で埋めることにし
改行位置を一箇所直し
原稿で不備のあった閉じカッコの位置を訂正して
1字だけ文字の大きさ(ポイント)の訂正指示を出して完了です

月曜日にスキャンして返送する予定です
c0182775_1744239.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-03-05 17:47 | Fuji GS645 Pro. | Comments(4)

富山竹林堂と児童書店プー横丁のこと

c0182775_15493161.jpg

2009年9月の撮影です

富山市中央通りにある老舗で
ここの甘酒まんじゅうは確かに美味しいものです

富山の写真を掲げたのは
うまいお米の辻井農園さんのfacebookで
かつての受業生夫妻が営む書店の名前が出てきたからでした

受業生夫妻は国立富山大学に中国文学専攻が設立された一期生です

本好きのお二人は1982年に
絵本や児童書の専門店「プー横丁」を開きました

富山在住の時に一度お邪魔したことはありましたが
私が富山を離れてからは連絡もせずに失礼していました

今度お店のブログで
最近も元気にお店を経営している様子が分かりました

大変熱心に活動しているようでして
店長の奥さんのほうは「毎日新聞」富山版に毎月一度
「みんな元気になる絵本」という紹介エッセイを掲載しています

毎日新聞の電子版で読むことができますが
過去のものは1年前までに限られます

ものによっては「プー横丁」ブログのなかにアーカイブがあって
昨年2月の「あたし、メラハファがほしいな」の紹介文は特に感動しました

ISの活動が知られるにつれ
イスラム教徒にいわれのない偏見をいだく空気が醸し出される昨今にあって
この本をまことに曇りのない視点で紹介しているのは尊敬に値します

昨年 私の近所の書店さんが撤退したように
実店舗の経営はなかなか大変だと思います

なにかできることでエールを送りたいと考え
とりあえず当ブログで紹介しました
c0182775_16252669.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-03-04 16:47 | Fuji GS645 Pro. | Comments(0)

鍾馗図

c0182775_10575534.jpg

多摩ニュータウンのコミュニティーセンター壁面です

2008年4月中旬にヤフーオークションで
中判カメラGS645を落札しました

その試写として撮ったものです

その後2012年の端午の節句にも
別のカメラで撮ってブログに紹介しています

先月30日には鍾馗に関する地方紙コラムを貼り付けました
もう一度貼っておきましょう

c0182775_1153365.jpg

子供の日は健やかな子供の成長を願う節句なのですが
現政権のやろうとしていることは
子供の将来に暗い影を落としそうで気が気ではありません


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-05-05 17:56 | Fuji GS645 Pro. | Comments(0)

記念写真風

c0182775_19225052.jpg

修学旅行の記念写真風です

10月11月は修学旅行シーズンですね

我々の修学旅行集合写真は
300人ぐらいが1枚に収まっていました

それでも一人一人がはっきり識別できるのは
フィルム原版が4インチ×5インチと大きいうえに
印画紙焼き付けではなく コロタイプ印刷だったからだと言います

コロタイプは印画紙より解像力が高く
かつ コストが安いのだそうです

そんな話を日本のコロタイプ印刷の草分け
京都の旧・小林写真製作所(現・日本電気化学(株))で
うかがったことがあります


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2014-11-06 19:39 | Fuji GS645 Pro. | Comments(0)

宮の裏側

c0182775_18281280.jpg

思わせぶりなタイトルですが ステーキ「宮」の裏側です

この春まではここは利用しやすいイタリアンファミレスでしたが
変わってから入ったことはありません

実際はどうなのかは分かりませんが
チェーン店のステーキは成型肉のイメージがぬぐえません

中国の鶏肉騒動で マクドナルドが大幅減益だと聞きます
確かに食べ物は安全が第一です

放射能汚染食品についても 忘れてはならない問題ですが
明らかな実害被害を風評被害という詭弁にはうんざりしています


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2014-10-30 19:26 | Fuji GS645 Pro. | Comments(0)

パドルクラブのカヤック

c0182775_16354815.jpg

久しぶりの中判モノクロです

モノクロは常々撮っていないと
モノクロにふさわしい被写体を見逃してしまうものです
(出来の好しあしは問わないでね)

ところで今日は授業も会議もないので
有給休暇を利用して車のディーラーへタイヤ交換に出向きました

ところが先方の手違いで 私のスタッドレスタイヤを
倉庫から工場へ運んでないというではないですか!

不幸中の幸いでこの二三日は降雪はない由ですが
明日の退勤時に立ち寄って換えてもらわざるを得ません

北海道の営業の緩さはこんなものです
東京ならあっさり店を変えられてしまうので
こんな営業ではやっていけないほど厳しいです

たとえば何かを注文して それが入荷しても
北海道の店で向こうから連絡をくれるのは珍しいほどです

悪気はないけれど 営業姿勢がゆるいのは
このマンションの賃貸契約の時にすでにたっぷり経験がありました

したがって免疫はあるのですが
それにしても ちょっと何とかならないかと思う北海道ルールです


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2014-10-29 17:57 | Fuji GS645 Pro. | Comments(0)

防災訓練

c0182775_18493655.jpg

日曜日にお隣のマンションで防災訓練がありました

お天気が好くて何よりです

中判フィルムで撮ったので ベランダ手すりと
手前の人物の質感の違いがよく出ています


今日は雨が降りましたが気温は18度で
車のオートエアコンから暖気が噴出しました

これからは一雨ごとに秋になります


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2014-08-19 18:59 | Fuji GS645 Pro. | Comments(0)

お爺ちゃんのパンク

c0182775_1753128.jpg

父親ではなくお爺ちゃんのようでした

サイクリストとしてはパンクの自己修理は必修科目ですね

修理の手もとをしっかり見つめるお孫さん

いずれ自分でもあれこれ積極的に直したりする
頼もしい少年になりそうです

久しぶりの中判フィルムの現像でしたが
定着液が劣化気味で
辛うじて処理が出来たという塩梅です


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2014-08-18 18:30 | Fuji GS645 Pro. | Comments(0)

北国仕様の換気口

c0182775_21553459.jpg

恵庭駅前のビルの壁です

換気口が雪でふさがれないように
一個一個に覆いがついているのでした


今日は東京世田谷でお寿司屋さんをやっている友人が
帰省のついでに我が家によってくれました

先日同じようにやって来た友人もそうですが
もう60年来の付き合いです

逢って1時間2時間
とりとめのない話をするだけで気持ちが落ち着く
かけがえのない親友です

by zuoteng_jin | 2013-08-30 22:04 | Fuji GS645 Pro. | Comments(0)

少年サッカー

c0182775_21311642.jpg

この日のフィルム写真です


今日は勤務校の公開講座で90分ほど話しをしました

いまから3,200年ほど前の中国王妃の出産を控えて
男か女かを占うものです

婦好というこの王妃は13,000人もの軍隊を率いて戦争にでるは
3,000人の徴兵を指揮するはで 大変な女傑ではありました

しかも1976年に 何とこの王妃の墓が未盗掘で発掘され
250点の青銅器をはじめ 1,600点の副葬品が出てきました

中には 釜とセットになった青銅製の三つ口炭火レンジまであります

幅1mあるレンジの足もとや釜底には煤の付着が認められ
彼女の実用品だったと言われています

日本では縄文時代のことで文字など持ちませんでした
卑弥呼が出てきたのはそれから 1,500年ほど後のことです

こんな古代文明をもった民族の末裔が漢民族です

近代以降の日本では中国を見下す傾向がありますが
文明の深さという点では足元にも寄れません

by zuoteng_jin | 2013-08-29 21:56 | Fuji GS645 Pro. | Comments(0)