人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

交差点のちゃんとした身づくろいの老夫婦

c0182775_1228757.jpg

交差点角のコンビニで用事を足してからレンズを向けました

すぐに信号が青になって 向こう側から
手をつないだ老夫婦が渡ってきます

こちらに来ると 私と同じ方向の横断歩道を渡りました
c0182775_12323548.jpg

お年の割りにカジュアルでも ちゃんとした身づくろいの老夫婦です

交差点の向こう側には 地下鉄駅に降りるエレベーターがあります

私もマンションに帰る近道になるので いっしょに乗り込みました

ご夫婦は手をつないだまま 地下鉄の改札口に向かいましたが
ふだん身なりについてよく奥さんから注意を受ける私としては
反省を迫られるお二人の印象でした
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-06-30 17:30 | Vitessa L SKOPAR | Comments(0)

とんかつ「こな雪とんとん」

c0182775_1638184.jpg

恵庭市のとんかつ屋です

こういう白壁を撮るにはColorSkopar F2.8が最適なレンズです

「こな雪とんとん」というネーミングは
どういうニュアンスなのか分かりにくいですが
粉雪のなかで放牧された豚肉だというのが売り物なんです

恵庭にはエコロジーテーマガーデン「えこりん村」というのがあります

その中の牧場で放牧飼育した豚の肉だそうで
店に入ると大きな豚君が迎えてくれます
c0182775_16485312.jpg

客席フロアにこんな置物を置くのは
いかにもスペースたっぷりの北海道らしいです

東京ではこんな贅沢は出来ません
c0182775_1654489.jpg

間仕切りにしても こんなものを使っています(木材ではなく成形ですが)

こういう野放図なスペース設計を見せられると
もう楽しんでしまうほかないですね

ところでそのえこりん村放牧豚は
土日限定なんだそうで
それもランチで限定数量が無くなるそうです

勤務日に訪問しただけの私は食べたことがありません

いずれ週末に出かけて えこりん村放牧豚をいただいてみたいです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-06-29 17:30 | Vitessa L SKOPAR | Comments(0)

あそぶべ公園の紫陽花と映画「新聞記者」

c0182775_1646495.jpg

札幌都心の「あそぶべ公園」には紫陽花が咲いていました

マンションの紫陽花は日照が良くないのでまだ開花していません

毎週木曜日までは勤務が続くので 脳出血後遺症で身体が硬く重くなります

それで金曜日は通院やリハビリのために使わせてもらっています

今日は久しぶりに遠くまで外出しようと地下鉄に乗り
都心のサッポロファクトリーの映画館に
今日から全国公開の「新聞記者」を見に行ってきました

地下鉄駅バスセンター前から映画館まで歩く途中に
この杜撰なネーミングの「あそぶべ公園」があります

映画は小さなホールでしたが 思ったより客が入り
およそ60人ほどで 95%は65以上の高齢者でした

主演の韓国の女優シム・ウンギョン(沈恩敬)や松坂桃李をはじめ
充実した演技で 見ごたえのある映画にしてくれました

内容は 孤軍奮闘よくアベ政権の不正を突いてくれる
東京新聞・望月衣塑子記者のレポートが原案です

こういう内容の映画が公開されるのは まだ捨てたものではないのですが
あからさまにアベ政権批判ですから
テレビでの紹介やレビューは抑えられているようです

私個人にとっては 身体のリハビリもさることながら
心のリハビリが出来たような思いで帰ってきました
c0182775_18101867.jpg
by zuoteng_jin | 2019-06-28 17:30 | DP2S | Comments(0)

土手のすかんぽジャワ更紗

c0182775_1654484.jpg

歩いて10分ほどの道端です

今が北海道の夏たけなわで イタドリの葉が盛んに茂っています

向うの坂道をゆっくり歩いてきて この辺りから左に折れて
往きつけのそば屋「かのん」までが
リハビリ散歩のコースの一つです
c0182775_1795942.jpg

このイタドリ 通称すかんぽを見ると
北原白秋詞・山田耕筰曲の「すかんぽの咲くころ」を思い出しますね

土手のすかんぽ ジャワ更紗(さらさ)
昼は蛍が ねんねする
僕ら小学 一年生(原詩は「尋常科」)
今朝も通って またもどる
すかんぽ すかんぽ 川のふち
夏が来た来た ドレミファソ

昔から「土手のすかんぽ ジャワ更紗(さらさ)」で
どうしてすかんぽとジャワ更紗なのかと思っていましたが
すかんぽがジャワ更紗の模様のように咲いている
ということらしいです

たしかにインドネシア産木綿プリント生地の模様モチーフには
すかんぽに似た葉が使われることが少なくなかったようです

すかんぽはスイバだという解釈もあるようですが
プリント生地のモチーフの画像を見る限りイタドリの葉に近いです

いずれにしても「夏が来た来た ドレミファソ」ですね
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-06-27 17:30 | Vitessa L SKOPAR | Comments(0)

既視感満載の恵庭市営住宅と炭鉱離職者

c0182775_1851579.jpg

恵庭市営住宅の一角です

先週水曜日に恵庭市長寿大学で話をしてきましたが
受講生が自主運営していて 今回のスタッフ3名の中に
私と同じ三笠市出身の方がいました

恵庭には三笠から来られた人がけっこう多いようですね
私がそう水を向けると
炭鉱離職者がどっとこっちに来たんですよ
ということでした

それで市の「恵庭市営住宅条例」(平成9年版)を調べてみると
炭鉱離職者を優先して入居選考を行うとうたってあります

三笠市の炭鉱は1975年(昭和50年)に
大きなガス爆発があって閉山に追い込まれ
離職者を大量に出しました

この写真の市営住宅はその炭鉱離職者の多かった
1971年(昭和46年)から1977年(昭和52年)に建てられたものです

三笠市の炭鉱離職者が移転してきたのは
まず間違いなくここのようです

実はこの住宅群はいつも通勤に使う国道36号線の
すぐ脇にあったのです

ただ ちょうど高架陸橋を通行している場所なので
目に入りませんでした
c0182775_1741689.jpg

白いペンキが塗ってありますが このコンクリートブロック建築は
1960年以後の炭鉱住宅でも盛んに建てられた様式です

私自身は木造の住宅で育ちましたが
ブロック住宅が増えてきた炭住街に紛れ込んだような既視感に襲われました
c0182775_17445242.jpg

恵庭の戸建て住宅はオシャレなガーデニングでよく知られています

しかし実のなる畑を作っていたらしいたたずまいは
なおのこと炭鉱住宅の畑作りを思わせるものでした

思いがけなく 故郷と恵庭の縁を強く感じました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-06-26 18:01 | Vitessa L SKOPAR | Comments(0)

白いロードスターと青いロードスター

c0182775_1814253.jpg

先週水曜日の長寿大学のために出かけた恵庭市役所駐車場です

ロードスターは緑がシンボルカラーで 東京にいたころの知人に
緑のロードスターに乗っている人がいました

オープンにして乗ると夏は爽快でしょうねと聞くと
「いや夏は暑くてダメです 冬の方がずっと快適ですよ
もしよかったらお貸ししましょうか」 と言ってくれましたが
結局は実現しませんでした

恵庭市役所駐車場でこれを撮る気になったのは
私のマンション駐車場の隣に 青のロードスターが常駐しているからです

左が私のルーテシアで 右が件のロードスターです
c0182775_18102748.jpg

お隣は赤い軽自動車だったのですが
3年ほど前に青いロードスターに乗り替えたのです

ふだんは動いているのをほとんど見ないのですが
ひと月ほど前にはじめて入庫動作中なのを見ました

東京の夏は暑くて不向きかも知れませんが
北海道の夏なら快適なのではないかと想像しています
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-06-25 18:20 | Vitessa L SKOPAR | Comments(0)

雨の地下鉄大谷地駅とマンションの雨

c0182775_16494363.jpg

先週土曜日は雨でした

翌日の結婚式披露宴に出かける時は この雨がまだ残っていたのですが
会場に着くとみごとに晴れ上がったので とても好い挙式になりました

土曜日は用事があって外に出たついでにカメラを持ち出しました

雨の光景を デジタルで撮ってもなかなか思うようには撮れません
c0182775_16564225.jpg

上は4年前の晩夏にデジタルで撮ったもので(Sigma DP2S ↑)
私のデジカメ撮影としては悪くない方ですが
これ以上調整するとウソ臭くなってしまいます
c0182775_16591530.jpg

これもやはり土曜日に使用したクラシックカメラによる撮影ですが
デジタル名機の画像に引けを取りません
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-06-24 17:30 | Vitessa L SKOPAR | Comments(0)

ノイバラとUターン後 初めての結婚披露宴参加

c0182775_1742557.jpg

リハビリ散歩中に見かけたノイバラです

ちょっと風が強い日でしたので 一瞬の隙を待ってシャッターを切りました

数あるレンズシャッター機のうち 珍しく1/500秒が実用になる機材です

今日は近所に住む姪の結婚披露宴がありました

義弟一家がバスをチャーターしてくれて
生まれ故郷の三笠市から順次親類を拾いつつ
最後にこのマンションから我々(息子一家も含む)と
義妹一家とその三人の娘一家(二人は我々と同じマンション住まい)を
市内西部の会場まで運んでくれました

Uターンして以来6年半 葬儀にはずいぶん参列しましたが
結婚披露宴は初めてのイベントです

チャペルでの挙式から移動して
フランス料理を主体にする宴会場でしたから
食事は大変結構でした

ただ 披露宴は葬儀と違って 身体を動かすことが多くあり
身体の不自由な身にはかえって疲れるものだと知りました

孫たちの世代が結婚するまでには元気でいられるかどうかわかりませんが
少々疲れても やはりめでたい席には出たいものではあります
c0182775_14464933.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-06-23 18:02 | RetinaIIIC Xenon | Comments(0)

元北海道知事堂垣内尚弘の筆跡

c0182775_15114476.jpg

恵庭市役所の前にある石碑です

堂垣内尚弘は1970年代をとおして北海道知事でした

北海道大学工学部卒で 戦前は海軍省建設局
戦後は北海道庁・北海道開発庁などの役人生活ののち
3年ほど北海学園大学工学部教授をしていましたが
町村金吾の後継者として知事になりました

札幌冬季オリンピックをてこにし
同時期に札幌市長だった板垣武四と協力して
先を見据えた交通インフラの整備などに
大きな業績を残した知事として記憶に残っています

それにしてもこんな立派な字を書く人だったのには驚きました

顔真卿の書法 いわゆる顔法を本格的に学んだ筆跡です

札幌の石碑については札幌の歴史・文化情報館という有り難いサイトがあります

そこにいくつか堂垣内尚弘の書を刻した石碑が紹介されていますので
画像を拝借します

東区の福移神社にある記念碑です
(福岡から移殖した地域を福移と言ったそうです)
c0182775_1538845.jpg

北区篠路にある拓北記念碑です
c0182775_1539163.jpg

北区屯田にある開基九十年記念碑です
c0182775_15401412.jpg

ほかにもあるようですが
この大きさの画像で名前が分かる碑を選んでみました

実は元市長の板垣武四も
石碑にふさわしい立派な字を書きましたが 今日は省略します

それにしても現知事・現市長がどういう字を書くか知りませんが
筆跡には人格や教養が反映されます

まずは器を大きくされるように望みたいものです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-06-22 17:30 | Vitessa L SKOPAR | Comments(0)

道の駅「花ロード恵庭」経営母体の変更

c0182775_1122376.jpg

「花ロード恵庭」のクレマチスの一種です

例年良く手入れされていた植栽ですが
今年はちょっと荒れています

一方 下のようにデスクワーク要員の方が 植栽をチェックしていました
c0182775_11263318.jpg

そもそも前に投稿したように レストランの品目ががらりと変わっていました(再掲)
c0182775_11285632.jpg

何となく普段とは異なる気配が横溢しているので
今度調べてみたら この道の駅の経営が この4月から
社団法人恵庭観光協会からデリシャス㈱という会社に変わったそうです

それでカツカレーが売り物になったのはそのデリシャス㈱は
とんかつの「こな雪とんとん」が主たる事業だからです
c0182775_11333698.jpg

レストランだけではなく 道の駅の周辺も含めて
来年までに大きく改修される予定だそうです

札幌と苫小牧との中間にあって
利用率が非常に高い道の駅ですから
これがどのように変わるか 期待したいところです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-06-21 17:30 | Vitessa L SKOPAR | Comments(0)