人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ペットトリムを見る家族

c0182775_16525196.jpg

このペットトリマーは去年まではショッピングセンター2階にありました

かつての店舗は目下改装中で3月半ばから
カジュアル衣料の「しまむら」が入ります
c0182775_173946.jpg

店舗が移転するまでは上の貼り紙の裏の方にあったのです

それが階下のマンションに最寄りの出入り口付近に移りました

一枚目の写真右上の方の黒い部分は外に出るガラス戸です

トリマーのペットフェイスというこのお店
札幌でも技術が優秀だとネットレビューでは大好評です

なるほど いつ見てもトリマーたちが
暇そうにしていることはほとんどありません

もっと近くで作業を撮りたいのですが 犬が落ち着かなくなるので
仕事の邪魔をしないようにしています
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-02-28 17:30 | Vitessa T | Comments(0)

黒い道と白い道

c0182775_1655444.jpg

向こうに延びるのはマンションの窓直下の取りつき道路です

もはや路面の雪はすっかり融けてしまいましたが
今日の出勤路の国道は路肩の雪さえ無くなっていました

上の画面の突き当たりには 左右に走るサイクリング道路があります

サイクリング道路をまたぐ橋の上にいたら
ジョギングする人が撮れました
c0182775_175515.jpg

白い雪の中を白いウエアで走る被写体なので
どんな風に写るか心配でしたが
蛇腹カメラのXenonレンズは杞憂に終わる写りです

今週後半の気温も高いそうですから 雪融けの進行が早そうです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-02-27 17:20 | RetinaIIIc Xenon | Comments(0)

春を待つ岸辺の雪と地震で倒れた角煮雪

c0182775_16474046.jpg

昨日掲げたスノーシェド(隧道)の脇にある小川です

車のタイヤに縁のない場所の雪は純白な美しさを保っています

多分雪の下にはフキノトウが春をじっと待っているはずです

そうえいばマンション内の角煮のように積もった雪
先日の地震で倒れていました

撮影は少しあとですが 地震の翌日には倒れたのが観察できました
c0182775_1742732.jpg

テニスコートの金網の方 画面右上から左下に向かって
大きな振動が見舞ったことがよく分かります

方位で言うと 西北から東南方向の揺れになります

震源地の厚真は まさしくここから東南に約50キロなのです

東京の地震はほとんど東西の揺れでしたが
ここでは東南北西方向の揺れを考えておく必要がありそうです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-02-26 17:22 | RetinaIIIc Xenon | Comments(0)

蕨隧道とリハビリ散歩の老夫婦

c0182775_173269.jpg

午前中は根を詰める仕事をして 14時ごろから散歩に出ました

行く手にリハビリ散歩をしている老夫婦がいます

ご主人の右足はよほど努力しないと前に出ないようで
私の左半身よりは重症のようです

奥さんの方はご主人を支えながら一歩ずつ歩みをリードしていました

少しでも快方に向かうように念じつつシャッターを切ったことです
c0182775_1715821.jpg

この階段は私がリハビリ散歩に使う戸建て住宅街に通じる隧道です

老夫婦のいる先の方に細長いわらび緑地というのがあるので
この雪シェルターを蕨隧道と言います

この隧道が無いと簡単に行き来は出来ないのでありがたいことです
c0182775_17162471.jpg

何しろ隧道の壁際には1メートルを超える雪が積もります

この扉の鍵が開いて近道が開放されるのは連休あたりになります
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-02-25 17:30 | RetinaIIIc Xenon | Comments(0)

最前列からスナップしたアカペラ・フェスの熱唱

c0182775_12321593.jpg

先週おこなわれたハモサツすなわちアカペラ・フェスのスナップです

かぶりつきですから歌い手が気にするといけないので
ファインダーを覗いて撮るわけにはゆきません

機材もシャッター音がほとんど聴こえないものにしました

カメラを太ももに置いて 距離は適当に目測で合わせます(AFなど無いころの機材)

先週のブログに追加したフェス公式ツイッターの写真に私の後ろ姿が写っていて
ちょうど今日掲げたグループを撮っている最中ですが そうは見えませんね

問題はフレーミングですが 太もものカメラを上から見て
適当にレンズの左右方向と上下角度を決めて保持するだけです

まあ かろうじてフィルムに収まってくれました
c0182775_1234153.jpg

この北海道大グループも右端のパーカッションと中央のベースが上手でした

後で分かりましたが ベストパーカッショニストを受賞したのは上の右端の彼です

優勝グループ(北海学園大)のメインヴォーカルはベストヴォーカリスト賞も獲ました
c0182775_1431107.jpg

優勝グループのベースもベストベーシストだったのですが
画面に収まりませんでした

まさか最前列に腰かけるとは思わなかったので
焦点距離40mmだと画角がちょっと狭かったです

35mmレンズのほうが良かったようですが レンズ交換式ではないのです
c0182775_12354916.jpg

上のコマだけは歌い手がこちらを見ていないし
カメラ位置を高くするためにファインダーをのぞきました

室蘭工業大学のグループですが男声のみはここだけでした

モノクロフィルムによるノーファインダー撮影ですが
熱唱ぶりは写しとめられたかと思います
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-02-24 17:00 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

雪割り作業とラボのモノクロスキャン

c0182775_1617125.jpg

この季節になると雪かきではなく雪割りという作業になります

凍結した雪は割らないと始末できませんので 氷割りとも言います

このご婦人は普通の雪かき道具を使っていますが
一昨年の春には電動ドリルを使うお婆ちゃんがいました

電動ドリルとまでは行かなくてもアイスピッケルは普通に使われます

ところで昨日モノクロの写真を投稿しましたが
フィルムはカラーネガ現像の処理が可能なタイプです

現像しただけですとフィルムベースの色がついたままになります
c0182775_16441998.jpg


ですから私は投稿前にカラー情報を削除します
c0182775_16491770.jpg

これは昨年12月26日に投稿したものですがそのように処理しました

しかし昨日投稿のモノクロは現像を依頼したいつものラボが
スキャンする際にモノクロモードでやってくれました

自分でカラー情報を削除する必要が無かったのです

先ほどラボの前を通りかかったので確認してみたところやはりそうでした

一日に平均3本ほどの現像しか需要のないラボですが
このまま営業を続けてくれることを願っています
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-02-23 17:30 | Vitessa T | Comments(0)

汚れた雪で馬糞風を思い出したことと昨夜の余震

c0182775_17112746.jpg

タイヤと路面舗装の両方からの摩擦クズが雪を汚します

それにしてもこのレンズ(Color Skopar 50mm F2.8)は
色乗りも解像力も被写体の立体感も 素晴らしい描写力です

デジタルのミラーレス一眼も持っていますが
ここまでの描写はしてくれませんね

下はミノルタハイマチックEにモノクロフィルムで撮ったものです
c0182775_1722514.jpg

c0182775_1720037.jpg

春先の雪はこんな感じですが
子供のころはこの黒い汚れが馬糞の茶色い汚れだったのです

それで春先の風を「馬糞風」と呼んでいました

昨夜の余震 札幌は震度4ないしは5でしたが
最初の10秒間ぐらいの縦揺れは不気味でした

フェイスブックやメールであちこちから見舞いをもらってありがたいことでした

我が家は幸い本棚から5~6冊の落下があった程度で
ほかに倒れたものや落下したものはありませんでした

幸い 電気ガス水道が止まらなかったので特に支障はなかったです

震源の厚真のニュースでは断水があったということです

飲水は半年前の経験で確保しているが
トイレの水洗用水はプラスチックのゴミ箱に雪を盛って溶かして使う
そういう知恵を紹介しているお宅がありました

飲水でないのでそれで十分ですが
それでも今日の写真のような汚れた雪は使いたくないですね

とにかくこの先 余震が無いことを祈ります
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-02-22 17:42 | Vitessa T | Comments(0)

雪が融けた横断歩道とイボタの生け垣

c0182775_1654722.jpg

暖気が続いたので今日の路面は上のような塩梅です

日差しも冬の弱々しいものではなく強烈なエネルギーが感じられます

昨日イボタの生け垣に積もった雪を掲げましたが
今日は以下のような塩梅でした
c0182775_16551364.jpg

こうして段々春に近づいていきます
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-02-21 17:27 | Comments(0)

二週間前の大小雪塊と雪融けモード

c0182775_17234981.jpg

夏はショピングセンターの自転車駐輪場になる場所です

積雪時にはちょっとした排雪場になります

これはマンション敷地の生け垣のイボタの上に積もった雪です
c0182775_1728971.jpg

どちらも二週間ほど前の撮影ですが
雨水が過ぎて気温が上がった昨日今日は
ずいぶん小ぶりになりました

本格的な雪融けモードですが
まだまだドカ雪になる日もあるに違いありません
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-02-20 17:38 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

杖突老人の食料買い出しと長寿大学の講師依頼

c0182775_15141916.jpg

「ネギ買うて雪に杖突き帰りけり」といったところです

独居老人か或いは奥さんが買い物のできない状況か
食料の買い出しに来て タクシー乗り場に向かっています

経済的には問題ない方のようですが
高齢になって杖を突きながらの日常を送っているのですね

高齢と言えば 今日恵庭市の長寿大学という部署から
6月に二度ほど授業をやってほしいという依頼がありました

前に一度 2016年12月7日に松尾芭蕉が読んだ杜甫詩集と同じ時期の
江戸古刊本を実際に手に取ってもらう授業をやりました

それと去年勤務校で行なった公開講座
「白楽天の女性を主題にした詩の鑑賞」が面白かったので
また登板願いたいと
恵庭市の担当者からそういう誘い文句で依頼されました

担当者は公開講座にも出席してアンテナを張っているのですね

私も杖を突く不自由な身体ですが
いっときお互いの高齢を忘れられるような
楽しい時間を分かち合いたいと思って承諾することにしました
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-02-19 17:30 | Contax T2 | Comments(0)