<   2019年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

1月31日サツドラ新規開店

c0182775_17125869.jpg

これは12月末の撮影でした

左手の奥にはすでにドラッグストアの大看板が立っていました
ここはもと産婦人科医院があったところです
c0182775_1716985.jpg

上は店舗の建築中に屋根の点検に登る作業員です

いよいよ本日 予定通り開店です
(以下使用機材はNikon FE2 Color Skopar 50mm F2.8)
c0182775_17211240.jpg

正面の奥のマンションの右手の方に私の住むマンションがあります

天気も良いのでリハビリ散歩で開店店舗に来てみました
c0182775_17283553.jpg

オープニングセールですから近隣の住民がけっこう来ています

私も髭剃りの替え刃を買おうと思いましたが
最寄りのツルハドラッグの方が安いので止めました

それでもここには食品もあるので 散歩途中で
水分補給のために飲み物を調達するのには使えそうだと思いました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-01-31 17:38 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

雪中の藤棚と亡弟の所感

c0182775_1771891.jpg

いつも見に行く戸建住宅の藤棚です

花がたわわにぶら下がっている頃にも行きますが
冬枯れの時にも行ってシャッターを切ります

昨年3月10日にも これを撮ってブログに掲げました

そのテキストに
「多年生植物は花や実や葉が落ちてしまっても
根がついていれば春が来たらまた芽吹きます
しかし人の命は後にも先にもたった一つしかないのだ云々」
と書きました

これを読んだ闘病中の弟から近況報告のメールが来て その中に
「照片画廊3月10日、多年生植物の話し、感じ入りました」
という一文がありました

3月10日からちょうど7か月後の10月10日に弟は身罷りました

この棚のそばを通るときには 決まって亡弟を思い出すことになります
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-01-30 17:30 | Nikon FE2 | Comments(0)

老人世帯の使わなくなったガレージ

c0182775_1712285.jpg

一昨日に屋根の雪下ろしをする老人の写真を掲げました

この戸建て住宅街は30~40年ほど前に宅地開発がなされたので
第一世代の世帯主は70歳から80歳過ぎになりました

ガレージを建てて自家用車で活動していたお宅だと思いますが
もはや運転免許を返上してしまったのでしょうか
ガレージ前の除雪がなされないままです

それでも人を雇ったものか ガレージの屋根には積もっていません

ここは街中ですが 郊外のポツンとした戸建てなどのお宅では
雪との戦いが色々なレベルで行なわれているはずです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-01-29 17:34 | Nikon FE2 | Comments(0)

歩けなくなったスロープと雪漕ぎの足跡

c0182775_17322883.jpg

雪のない時期によく行く公園とスロープです

ここは以前にも花を摘む老夫婦などを紹介しました

中央部分にある階段(手すりしか写っていませんが)から右手の方は
除雪されないので歩くことが出来ません

(タイトルの「歩けなくなった」はそういう意味で
私が無理をして歩いて歩けなくなったという意味ではありません)

私は敢えて下の階段を上って
左側のスロープを抜けるルートを選びました
c0182775_1738372.jpg

真ん中の深い足跡が階段下まで雪漕ぎをした足跡です

こういう雪漕ぎはマヒした足を引きずると前進は出来ません

つまり腿上げして歩くリハビリになるのですね

それには今シーズンあつらえた雪漕ぎブーツが威力を発揮しました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-01-28 17:54 | Nikon FE2 | Comments(0)

屋根の雪下ろしと落下した氷

c0182775_17272769.jpg

快晴の日曜日に雪下ろしに精を出していました

あまり厚く積もっていないので 簡単な道具で掻き落としています

下にはさすがに積雪地でなければお目にかからない運雪車があります

ガソリンエンジン付きのキャタピラー車です

ついさっき この運雪車で50~60メートル先の排雪場に行き
雪を捨てて来たところでした

こまめに雪下ろしをしなければ氷になって落ちて危険なのです
c0182775_1742020.jpg

場合によっては歩道を歩く人を直撃します

ま 雪のある間は注意も必要ですし 雪下ろしの労力も必要です
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-01-27 17:49 | Nikon FE2 | Comments(0)

雪だるまと雪のY字路

c0182775_17265985.jpg

マンションでは今日から四五日の予定で雪だるまコンクールがあります

ただし このダルマはコンクールとは関係なく10日ほど前に作られたものです

今日はまだ作ってはいないそうですが
明日あたりは作りに出る子供たちがいるでしょうか
c0182775_1732297.jpg

上のダルマの位置はマンションの日陰になりますが
日差しのある位置で中庭を撮るとこの程度の深さの雪です

今日は書きかけの原稿の続きを書いていて一区切りを入れ
これから全豪オープンテニスの決勝を見ます
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-01-26 17:38 | Nikon FE2 | Comments(0)

回転寿司旬楽と神主の来宅新年祈祷

c0182775_16143741.jpg

先日苫小牧で食事した回転寿司店です

この写真はブログに掲載するつもりはなかったのですが
苫小牧・千歳・恵庭の三店舗のうち
大学に近い恵庭店が1月15日に閉店になったのに気がついたからです

いや一度も入ったことはないのですが通勤路沿いにあったのです

旬楽という回転寿司チェーンは1960年に白老で創業した食堂が
寿司店を経て白老から苫小牧に本拠を移し
回転寿司店に業態を変えてきた由です

10年ほど前には道南から道央にかけて10店舗あったようですが
我が家から車で5分ほどの位置にもあったお店も今は更地になっています

回転寿司の安定した経営もなかなか厳しいものがありそうです

恵庭の店舗の回転寿司は閉店になりますが
業態を変えて宅配寿司になる予定です

そのための看板書き換えの最中に
私はそばを通って気がついたのでした


ところで今日の午前中に大谷地神社の神主さんに来ていただいて
恒例になっている新年の祈祷をしてもらいました

話をうかがってみると先の地震で神社は大きな被害はなかったようですが
母方のご実家が厚真にあって(厚真神社)
神社兼住宅が倒壊して未だに仮設住宅暮らしだそうです

また東日本大震災のことを話すと
ちょうど3月11日に東京の国学院大学で研修中で
あの揺れを経験したとのことでした

北海道に帰る機上から見た
福島原発の不気味な光が印象的だったと話していました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-01-25 17:30 | Nikon FE2 | Comments(0)

スタッドレス自転車と外れた大荒れ予報

c0182775_15494553.jpg

前にも前輪を撮ったスタッドレス自転車です

背景に中年のご婦人二人がスキーを運んでいるのが写っています

バスターミナルからスキー場に向かうのかと思います

スタッドレスといいスキーといい
雪は雪として楽しむ姿勢が良いですね
c0182775_1732283.gif

積雪はさすがに四五日前から
雪の少なかった昨年や平均値を越えるようになりました

今日は全道的に大荒れだという予報だったのですが
大学までの往復にはほとんど影響がありませんでした

授業は今日で終了ということで 昨日提出された修士論文と
学部の授業のレポートを受け取りに登校したのです

途中で強風のために少し地吹雪がありましたが
ラジオでしきりに予報していたホワイトアウトは免れました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-01-24 17:30 | Nikon FE2 | Comments(0)

雪のない苫小牧とフェリー埠頭

c0182775_17222076.jpg

ご覧のように苫小牧市内は雪がほとんどありません

夕方から雪が猛烈に降りだした札幌とはかなり違います

看板が示すように前方3キロ先に苫小牧・仙台間と
苫小牧・大洗間の航路のターミナルがあります

どちらもよく使った航路ですが 直近に使ったのは
ほぼ6年前に大洗からUターンした時のことでした

反対側にも東埠頭というのがありますが
東埠頭からは2011年に夏休みを北海道で過ごして
大洗に向かいました

孫がまだ1歳の誕生日の直後で 息子たちと一緒に
見送りに来たことを思い出しました

あっという間に小学二年生になりましたね

さてさて いつかまたハンドルを握って
フェリーに乗ることがあるのかどうか

もっと体調が回復して 仕事のからまない旅行に
行ってみたいものだと思います
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-01-23 17:59 | Comments(0)

孫の書初め

c0182775_1811183.jpg

「力もち」が書初めの作品です

手前に本人がいますが ピースサインは左手ですね

孫は左利きなんです

毛筆の運筆に差支えるので 利き手ではない右手で書いているそうです

それで入選したのは大健闘でしょうね
c0182775_185672.jpg

表彰状の下に新聞紙があるのは そこに優秀作品の写真と
入選者佳作者の名前が掲載されているのでした

来年は作品が掲載されるべく頑張るんだぞと
親の方は気合を入れていました

それにしてもこの展示場は薄暗いのに ストロボが無いので弱りました

カメラをしっかり構えて1/8秒のスローシャッターを切りましたが
何とかブレずに写っていたので安心しました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-01-22 18:16 | Nikon FE2 | Comments(0)