<   2018年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

新装開店ドコモと携帯使用料金の選挙利用

c0182775_17372985.jpg

マンション隣のショッピングセンターにあるドコモです

リニューアル工事の9合目程度で地震に遭ったわけですが
予定通りに開店したようです

よく言われることですが 日本の携帯電話使用料金は
諸外国に比べると4割程度高いそうです

政権はそれに乗じて 総裁選挙前のこの時期に
官房長官が4割程度料金を下げられると
美味しい話をちらつかせる一方
沖縄県知事選の自公候補も選挙公約に料金値下げを掲げています

そもそも携帯電話の事業者は民業なわけですが
政府が民業の料金を選挙公約として値下げをアピールするというのは
あり得る話なのか 私にはにわかには納得できません

たとえば 私が当選した暁には電気料金を3割下げます
そういうことを約束して電気事業者はハイハイと従うものなのでしょうか

昨日の自民党総裁候補者のテレビ出演で
現総理大臣の低能無能ぶりが浮き彫りにされましたが
そういう陣営がエサとして撒く携帯使用料金の値下げなど
眉に唾して聞き置くべきものとしか思えません
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-09-18 18:04 | Bessa R2A | Comments(0)

木芙蓉と千歳サーモンパークの風倒木

c0182775_18154427.jpg

近所のサイクリングロードに木芙蓉が何株かあります

唐詩に出てくる芙蓉は一般的にはハスのことだと知ってから
陸の芙蓉は木芙蓉と書くようになりました

この株は台風21号が吹き荒れたときには
まだつぼみで 難を逃れたようです

先日千歳サーモンパークに行ってみたところ
きれいな小川が流れる公園が大変なことになっていました
c0182775_182658.jpg

イエロー・テープが張られて 立ち入り禁止ですが
向こう側に風倒木が見えます

さらに迂回して行ってみると あちこちで大きな欅が根こそぎ倒れていました
c0182775_18301888.jpg

こういう大木は一朝一夕には成らないのですから またこれを肥料にして
自然に新しい芽が出るのを期待するほかありません

書棚が倒壊して散乱した書籍は 中国のペーパーバックが多いので
上下巻や数巻にわたるものが多く なかなか一気には進みませんが
だいぶん取りまとめが出来てきました

脳卒中の後遺症には大変な重労働ですが 奥さんのサポートが甚大で
自分自身でも作業療法だと思って蔵書整理に精を出す毎日です
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-09-17 18:41 | Bessa R2A | Comments(0)

紅いナナカマドと台風21号で折れた白樺

c0182775_17283995.jpg

気がつけばナナカマドの実が赤くなっています

日曜日に軽快車でサイクリングロードを行く男性も
思わず目をやりました

この近くのロード沿いには台風21号で折れた白樺が
痛々しい姿で立っています
c0182775_17335244.jpg

この木の向こうに50mほど行くと三里川ですが
川岸の白樺も根元から折れていました
c0182775_17381183.jpg

大げさですが 地球に陸地が出来てから
こうやって植物の世代交代が繰り返されてきたのだ
という思いを致します
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-09-16 17:48 | Bessa R2A | Comments(0)

早くから営業を始めたサイゼリア

c0182775_17362026.jpg

地震3日後の9日のサイゼリアの中です

もう大抵の飲食店は営業していましたが
このサイゼリアは通電の次の日8日から営業を始めました

ほかの飲食店 中華料理・ラーメン・スープカレーなどは
8日にはまだ店を開きませんでした

まあ サイゼリアはそう複雑な調理はやらないということでしょうし
停電による食材劣化もあまりなかったかも知れません

写真のような若者だけでなく
高齢者のお一人様が少なくなかったのが印象的です

地震があって余震が続くと
室内で一人で食事するのが何となく不安になるのでしょうね

ファミレスですから 旨い不味いは別として
外食が出来るというだけで有り難いものです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-09-15 17:53 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

日常生活の回復とブラックアウトの夕べ

c0182775_1751585.jpg

余震は相変わらず続いていますが日常生活は回復しています

最寄りのスーパーは地震当日と翌日は限定営業でしたが
8日には閉店時間を繰り上げて通常営業が始まりました

現在では特に品薄もなく
奥さんの話では 東日本大震災の東京の方が混乱していた由です

下は7日の落日直後 まだ停電中なので
自家発電装置を持つ病院などがわずかに点灯しています
c0182775_182889.jpg

我が家のように書棚の倒壊などがあった家はともかく
普通の家庭では 何と言っても停電の影響が大きかったようです

停電解除後も20%の節電要請がなされましたが
本日付でそれも解除になりました

この節電要請は 素人の感想ですが
技術的な問題というよりは
原発が必要だという雰囲気づくりのような嫌らしさを感じました

確かに無駄な電気は使わない方が良いですが
原発に地震が加わると
何万年も人が住めない地域を作ってしまいます

少しずつでも生活が回復できるのは
放射能の危険が無いからこそです

原発を稼働させないためならば 喜んで節電します
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-09-14 18:21 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

震災一週間と脳外科定期検診

c0182775_1632791.jpg

地震からちょうど一週間です

これは行きつけの現像店ですが
停電が前夜7日夜に解除になってすぐに8日には営業開始しました

今日のコマを含む現像は12日になってはじめて利用しました
c0182775_1695868.jpg

現像店のちかくにあるたい焼き屋です

電気が点いてほお張った あったかい小豆のあんこが忘れがたいです

今日は9時から12時まで 脳外科の検査で通院しました

ふだんの問診以外に
MRAによる脳血管断層撮影と
左右上腕と左右足首の血圧を測る脈波診断を受けました

MRAは何度も受診していますが血圧脈波は初めての受診です

幸い 両方とも異常所見は見つからず 正常範囲だという結果でした

検査自体は全部で30分程度でしたが
残りの2時間半は待ち時間です

病院検査の日は待ち時間が多いので
薄く読み応えのする文庫本を持ってゆきます

今回は新潮文庫の幸田露伴『太公望・王羲之』でした
c0182775_16411237.jpg

これは当たりでした

露伴の饒舌なおしゃべりはともかく 博引傍証ぶりが楽しめますし
次々とひもといて見せる漢籍のほとんどは我が家にもあります

しかし今のように便利な索引本やネット検索のない時代に
この本には書いてある書いてないと断じながら行論するのですが
やはり我々などは足元にも及ばないなぁと呆れながら読みました

おかげで退屈しない待ち時間でしたが
帰宅すると流石に疲れがどっと出て
午後は何度か昼寝をしてしまいました

『朝日新聞』デジタルによると余震の状況は以下のようになっています
「気象庁は13日、…発生当初に比べて最大震度7程度の地震が
発生する可能性は低くなったと発表した。一方、地震活動は活
発な状態が続いており、今後1週間程度は強い揺れを伴う地震
に注意が必要としている」

このまま穏便に打ち過ぎてほしいものです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-09-13 17:30 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

臨時休校でハイテンションの小学生と地震後初登校

c0182775_16403458.jpg

昨日の公園には臨時休校の小学生がたくさんいました

この近辺の小学校は地震後 昨日まで臨時休校で
今日から登校が再開されました

おそらく深刻な被害が無かったのでしょう
小学生たちは何となくハイテンションで
期せずして与えられた臨時休校を堪能している雰囲気でした
c0182775_16473170.jpg

私も今日は職場で会議があって 地震後初めて登校しました

研究室のドアを開けるまで恐々だったのですが
2階だったこともあって 倒れた書架は皆無
重量物の落下もありませんでした

床に書棚から落ちた本が10冊程度で 一安心しました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-09-12 17:30 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

今日の復興作業:スピーカー下ろしと本棚横置きの余震対策

c0182775_1144691.jpg

まだ余震が続きます

今朝も4時55分に震度3程度の揺れを感じました
12階だからそう感じるのであって 地表だと震度2程度でしょう

昨日で余震は160回を越えたといいますから
今日はすでに170回程度かと思います

余震が終息するまで 倒れた本棚などを元に戻すのは危険です

今日は画像にあるように スタンドにいったん上げた落下スピーカーを
もう一度 下に降ろしました

スピーカーは縦40cm横20cm奥行35cmの小さなものですが
重量は17kgもあって
先日 甥の一人が持ち上げようとしてウワっと驚きました

これを脳卒中老人が一人で持つのは危険ですから
老夫婦二人で静かに下に降ろしました

スピーカースタンドは豊田市にある自動車部品メーカー
高丘アイシンの鋳鉄製スタンドです

色々とスタンドを使ってきましたが
不要共振が無いということでは屈指のスタンドです

スタンドの下にはTAOCのやはり鋳鉄製整振ボードを敷いています

肝心の蔵書整理ですが
東京の古書店送りにする300冊余りの正史が 山の中から掘り出してどうやら揃いました
c0182775_16491114.jpg

脳卒中の後遺症で 数冊を両手で持ち上げてトントンとそろえる動作は難しいです

そういえば脳出血入院中の作業療法で 上から二段分ぐらいの本を
本棚から出してまた収めるという訓練がありました

脳卒中患者にとっては厳しい動作なのですが
我が家の本は何しろJRコンテナ4基分です(1基は書棚のみ)

まだまだ焼け石に水ですね

余震が続く間は 書架を立てる気分になれませんから
当分 場所によっては横倒しにしてしのぎます
c0182775_16584915.jpg
c0182775_18101867.jpg
by zuoteng_jin | 2018-09-11 17:01 | Comments(0)

今日の復興作業:PCラックのストッパー設置と蔵書整理

c0182775_1643318.jpg

落下したデスクトップPCの対策を講じました

我が家にたくさんある鋼材のブックエンドのひとつを
ペンチとニッパーで折り曲げてストッパーにしてみました

ブックエンドは高さが20cmほどありますが
そのベロをPCの底部とラックの天板に挟んであります

ブックエンドの普通の使い方で本の下敷きになるベロを折り曲げて
ラックのパーツにしっかり噛ませました

見かけは不恰好ですが 手で押したり揺すってみても滑る気遣いはありません

昨日の甥たちの助力により 蔵書の整理が可能な環境になりました

まず貴重な糸綴じの古版本の確認です
c0182775_16596.jpg

上から二段目の本は『枕草子』に「文(ふみ)は(白氏)文集・文選(もんぜん)」と書かれている
詩文集『文選』の江戸時代初期 350年ほど前に印刷された木版本の現物です

この手の本は幸いに 倒れた本棚で破損したものは無いようです

ほかにもほぼ同時代の古版本が数点ありますが
漢文訓読の貴重な資料なので もうしばらくは手元に置いておきます
c0182775_1653536.jpg

上は句読点括弧がついた活字本の中国の正史です

これまでは中国のサイトにある電子テキストで検索しても
必ずこの紙版の本で確認してきましたが もうそうも言っていられません

このシリーズは関連本も入れると300冊ほどになりますが
すべてを古書店送りにします

現状では同じタイトルの本が二部屋に分散していることもあり
なかなかすぐには揃いませんが
二三日かけると何とかなると思います

まずこういうシリーズもので電子テキストで確認可能なものを
ほかにもどんどん整理することにしました
c0182775_18101867.jpg
by zuoteng_jin | 2018-09-10 17:30 | NEX-7 | Comments(0)

地震による三里川水源地付近の陥没と地名の変遷

c0182775_1226944.jpg

三里川の谷をまたぐのは地下鉄車両基地への引き込み線です

地下鉄東西線はその向こうのマンション街の下を通っています

撮影地点の橋の上から反対の方向はこんな具合です
c0182775_12334868.jpg

深く切れ込んだ谷になっていますね

三里川はその水源地域が
明治の開拓庁舎から三里の位置にあったことからの命名です
c0182775_12411362.jpg

上の地図で「美しが丘」という文字があるあたりです

ちなみに我が家は三里川下流の方の「平岡憩い」とある文字の上の青丸がそうです

三里川は水源から北流してもっと北の方で我が家の西を流れる厚別川に合流し
さらにその厚別川は札幌市内を流れてきた豊平川と合流して
石狩地区を北流し 石狩川に注ぎます

この水源から川をたどって橋を撮影したブログがありました

そのブログにあるように 三里川は谷が深いのが特徴のようです

ところでその水源近くが 今度の地震で液状化し陥没が発生しました
c0182775_12522882.jpg

上はネット上の公開画像を借りたものですが 新聞にも載ったものです

1980年代に 三里川の深い谷に
支笏湖が出来たときに降った周辺の火山灰土で盛り土をして
住宅地を開発したのがこの地域だったのです

もとは「三里塚」という地名でしたが(「三里塚小学校」に名残があります)
それが「里塚」になり
宅地造成が完成してから 1990年代初め さらに「美しが丘」という
歯の浮いたような地名になりました

美しが丘などという 何かを隠蔽するような命名には注意が必要です

防災のためにも古地名や古地図を確認することは大事なことだと再認識しました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-09-09 17:30 | Olympus OM-1 | Comments(0)