<   2018年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

ラベンダーの隣りのネギ畑

c0182775_17132669.jpg

昨日の投稿とは撮影位置を変えて撮ったものです

昨日のコマは今日のコマの右端の位置から左側にレンズを向けたものです

昨日の投稿をご覧になったfacebook友達が
富良野に行かなくてもラベンダーが見られるのは羨ましい
というメッセージをくれました

確かにそうですね

そもそも私は富良野のラベンダー畑は作為が見え透いて
あまり好きになれません

観光客を呼ぶために 丘陵全体に絨毯のように敷き詰めても
私には草木の持つ生命の魅力が感じられません

それよりはこのネギのような生命力の方が好きです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-07-31 17:33 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

くるるの杜のラベンダーとアスパラガス

c0182775_16484428.jpg

通勤路の途中にある「くるるの杜」の体験農園です

私の住む厚別区大谷地から勤務校のある恵庭まで
それほど時間が変わらないルートが五種類あります

「くるるの杜」はその一つの路線沿いにありますが
ホクレン(北海道の農業協同組合連合会)の
都市と農村の交流を目的とした複合施設です

画面外右手の農畜産物直売場や農村レストランも人気がありますが
この体験農場がもっともコアな施設かと思います

手前がラベンダーでその向こうの緑の茂みがアスパラガスです

アスパラガスは葉が退化して 緑が煙ったように見えるのが茎です

さらに向こうの赤い屋根は 食品加工体験棟です

HPのプログラムを見るとアスパラガスを畑で収穫し
その場で食べる体験というのはありますが
さすがにラベンダーから香料をとる体験はやってないようです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-07-30 17:27 | Comments(0)

雨上がりの金属バットと前任校付属高校の甲子園出場

c0182775_1715784.jpg

2010年の多摩市の公園です

この写真を思い出したのは 今日の高校野球東東京大会で
前任校二松學舍大学の付属高校が優勝し
2度目の夏の甲子園出場を果たしたからです

私の在任中にも東東京大会の決勝進出がありましたが
優勝はありませんでした

優勝して甲子園出場を決めたのは2014年で
この年は3回戦まで勝ち進んだはずです

付属高校出身のプロ野球選手は色々いますが
現在活躍中の選手で最も有名なのは
広島カープの鈴木誠也選手ですね(在学中は投手)

もっとも彼は甲子園には出られませんでしたが
いま大リーグが注目しているのは鈴木誠也らしいです

それはともかく 今大会でも3回戦とは言わず
さらに勝ち進んで甲子園を沸かせてほしいものです
c0182775_1912197.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-07-29 22:52 | Comments(0)

百合と山丹

c0182775_1638236.jpg

この百合も今はすでに萎れてしまっています

牧野富太郎によれば百合と言っていいのは この白い百合だけで
ほかのユリをも百合の名で総称とするのは間違いだと力説しています

白いのは中国原産で 百合と表記するのは
百合根が幾重のも層をなすからだそうです

ただ「全唐詩」約五万首の中に百合という言葉は出てきません

観賞植物というよりは食材薬材としての百合が普通だったからでしょうか

しかしユリ科の山丹はごくわずかに出て来ます
c0182775_164951100.jpg

一枚目の写真の百合の右側 画面の外に早くから咲いていたユリですが
山丹の仲間なのかもしれません

中判フィルムで咲き始めに撮った百合も掲げておきます
c0182775_16545556.jpg

気のせいか 吹き付ける風に冷気が含まれている感じで
夏の花々が急速に萎んでいます
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-07-28 17:30 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

今日冊子版『漢語大詞典』12巻を捨てました

c0182775_559415.jpg

カートに冊子版『漢語大詞典』を載せて玄関に置いたところです

これを今朝6時にマンションのごみ集積場に運びました
c0182775_6205240.jpg

カートを引いたのは私ではなく奥さんですが
最後の姿を撮っておきたくて私もついて行きました

1993年に初版が完結した最大の中中辞典ですが
このころから私たちの『漢辞海』の編集執筆が本格化したので
いつも最も手近に置いて辞書記述のすべてについて参照しました

『漢辞海』の熟語5万項目は私が最終的に責任を負っていますので
その確認のために『漢語大詞典』は何度めくったか分かりません

漢和辞典の原稿執筆のために引くのですから
この辞書を読んだ時間や回数の多さで言えば
日本人で三本の指に入るのではないかと思います

もちろん今は電子化されたCDROM版がありますが
長年引き慣れた紙版のほうが何かと安心したものです

しかし脳出血で左半身がマヒすると
書棚から引き出してページをめくる作業がとてつもなく苦痛になりました

下手をすると身体のバランスを失って転倒の危険さえあります

そこで思い切って捨てることにしました

何度も引くので束と表紙が離れてしまってテープ補修したのが数冊ありますし
中古商品として美品とは言えません

それにしても25年間 本当にお世話になりました
今後はCDROM版のみになりますが
これからもよろしくお願いいたします
c0182775_18101867.jpg
by zuoteng_jin | 2018-07-28 06:56 | NEX-7 | Comments(4)

樹木のトンネルと札幌この夏の最高気温31.9度

c0182775_16374238.jpg

今日の札幌はこの夏の最高気温31.9度を記録しました

先週の土曜日も30度越えでしたが
私の車の車載外気温計で確認できた30度越えは今日が初めてです

35度越えが続く地域の皆さんには申し訳ないような最高気温ですね

今日明日は湿気も多く 日陰が必ずしも涼しいとは限りませんが
通常の夏ならばこの写真のような日陰に入るとけっこう涼しいです

今日は小さな用事で大学に出かけたついでに
モノクロフィルムの現像をやって来ましたが
だまっていても水温20度になるのがありがたいです

東京にいたころは 夏だと現像液を冷蔵庫に入れて
冷やして保管していました

東京の書庫兼仕事部屋に140cm高の冷蔵庫を置いていましたが
食べ物や飲み物が入っていることはほとんどなく
8年間もっぱら現像液用に使っていました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-07-27 17:30 | Minolta CLE | Comments(0)

妖艶なタチアオイと白楽天詩の講義の終了

c0182775_17283291.jpg

少し前に浅紅なタチアオイを掲げましたがこれは深紅なタチアオイです

こちらの方は浅紅なものよりは妖艶な感じがします

普段はほとんど画像に加工はしないのですが
ふと思いついて下のように加工してみました
c0182775_1735630.jpg

妖艶と言えば 今学期の白楽天の新楽府の講読が終わりました

最後の授業の今日はその感想文を書いてもらいました

女子学生が多かったので 1200年前の女性のメイクをテーマにした
「時世粧」という詩に圧倒的に人気が集まりました

唐代の女性の化粧の手順などについて
たっぷり画像を使った資料が好評でした

感想文の中でうれしかったのは
就活で大手企業のマイナビに決まった男子学生が
最終面接で大学の授業で印象深いものがあったら説明せよと言われ
白楽天の新楽府を通じて唐代の歴史や文化をこんな風に学んだと
しっかり報告できたということです

面白い授業をちゃんと聞けば それが就活で役に立つと思いました
そんな風に書き添えてありました

さすがにマイナビ(<毎日コミュニケーションズ)だなと
面接官の見識に一目置くレポートでした
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-07-26 17:57 | Bessa R3A | Comments(0)

小中学校の夏休みと宿題のこと

c0182775_17202145.jpg

小中学校が夏休みになりました

この写真の撮影は7月第一週でした

一人が水の入ったサーモ瓶を倒して
かなりの水を足元の石にこぼしてしまいました

どちらだったかが「石に水をやっても樹は生えてはこない」と言ったので
「あれれ 面白いことを言うね」と返すと えへへといって照れていました

ついでに「いつから夏休み?」と聞いたところ
「25日から」と言ってました

「宿題大変だろう 頑張れよ」
「ハーイ」

などどいう話をしながらシャッターを切りました

大学もあと一週間ほどで夏休みですが
我々も宿題を抱えるのが普通です

今年の場合は『漢学と日本語』という本を書くことになっていて
全12章のうち 5章は私の執筆です

ざっと計算しても A4判で50枚は書かねばなりません

それ以外の仕事も抱えていて
相変わらず宿題に追われる夏休みになりそうです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-07-25 17:40 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

日陰でメールチェックの女性と知己との色々な連絡

c0182775_17192232.jpg

強い日差しの下ではスマホ画面が見にくいのですね

日陰に入ってメールチェックをしているようですが
札幌ではこうやって長袖の人がけっこういます

メールと言えば 昨夜 弟からメールがあって
65年来の親友(寿司店主)が大腸がんで
5日前に入院したという知らせがありました

弟も食道がん手術後の抗がん剤治療中ですので
全員のもう一人の親友が病院に見舞った報告をくれました

それで 直接当人に連絡してみると
本人からすでに普通食になったなどの元気そうな返信があって
少し安心しました

その友人は写真家のハービー・山口さんを仲介してくれたのですが
彼の入院とは全く別件で 今朝偶然にハービーさんから電話がありました

8月初めにニセコアートフェスティバルで北海道に行くので
時間が許せば札幌で会いたいから
具体的な日程は後日連絡するとのことでした

一度目は我が家までお出でいただき
二度目はホテルのロビーで会いました

三度目はどういうシーンで会うことが出来るか
今から楽しみです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-07-24 17:45 | Bessa R3A | Comments(0)

石狩平野を望むテラス墓地と多摩洋風墓園

c0182775_17154949.jpg

いやはや観測史上最も暑い日々だそうです

幸い札幌では二三日は28度近くの暑い日はありましたが
今日あたりでも最高気温23度です

ちょうど一週間前に岳父などの眠る墓をこの墓園に移しました

はるか向こうに石狩平野の東端の一部が見えます

岬のように突き出ている山は達布(タップ)山といって
明治時代の開拓時に 開拓使関係の主だった面々が
この山から360度見まわして開拓の構想を練ったと言います

達布山の頂上から撮った写真はかつて掲げました

ところでこの墓園のお墓はみんな同じような墓石ですね

この区画はテラス墓地というネーミングでした

これは墓園の既成企画の墓石であって
契約した区画に自由な設計の墓石を置くことはできません

この墓園にはもちろん自由設計の区画もありますが
今回は関係家族の負担が重くならないようにテラス墓地にしました

幸いに関係家族の誰もが
不満の無い区画とデザインを選ぶことが出来ました

ただ私には何となく既視感があったので
このブログを調べてみました

すると2012年6月に投稿した写真にある 多摩市の我が家から
徒歩10分程度の場所の洋風墓園によく似ていたのです

参照するのもなんですから再掲します(Retina IIIC ↓)
c0182775_17395591.jpg

異なるのは多摩市の洋風墓園は墓石を地面にベタ置きしていますが
こちらのは地面から小1メートル土台を上げてから置いてあるのです

もちろん積雪時の維持管理のためですね

夏涼しい代わりに 冬の厳しさ対策が必要になってきます
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-07-23 17:52 | Bessa R2A | Comments(0)