<   2018年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

札幌ライラック祭り

c0182775_1702728.jpg

好天に誘われて大通公園ライラック祭りに行きました

この白い品種は名前を知りませんが
花の着きが好くて人気がありました

スマホで写真を撮る人がいます
c0182775_1711062.jpg

左手のテントは色んな露店ですが
ライラックの樹はテントの裏手に多かったです
c0182775_1715687.jpg

昨日書きましたように 全体に花着きが良くないです

ただこの近くの香りは充分にありました

会場は大変な人出でにぎわっていましたが
その様子は明日また紹介します
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-05-20 17:29 | Bessa R3A | Comments(0)

今年のライラックは寂しい

c0182775_16222222.jpg

歩いて7~8分の公園にあるライラックです

毎年これを見にきますが 今年は昨年の半分ぐらいしか花が着きません

下が昨年このブログでご紹介した同じ株のライラックです(機材:Minolta XD)
c0182775_16253917.jpg

こうなった原因は昨年の秋冬にあるそうです

車で15分ぐらいの川下公園は200種類のライラックで有名です

ところが公園管理人のレポートによると
今年は枯木が目立つそうです

「今年は冬害を受けて多くのライラックが枯死しています。
原因は、昨年の秋に温かい日が数日続いて、本来今年開花する予定の芽が
動いてしまったこと。そして、今年冬の寒さが厳しかったことがあげられます」

ちょっと分かりにくい文章ですが 寒暖の不順が原因らしいですね

自らは動いて移動できない植物ですから
やむを得ない対応なのかもしれません
c0182775_18101867.jpg
by zuoteng_jin | 2018-05-19 17:20 | NEX-7 | Comments(0)

リラ冷えのリハビリ散歩

c0182775_15304530.jpg

マンションのライラックが開き始めました

午前中 雨の降らないうちにリハビリ散歩に出たら
ライラックの濃密な甘い香りがただよっていたので
先ずはフィルムカメラのシャッターを切りました

小豆色に見えるのはつぼみで 開くと薄いピンクになります
c0182775_15293073.jpg

この開花時期が最も高い香りを発するので 開き切るとあまり香りません

二番目のコマはデジタルでズームを最大限望遠側にして撮りましたが
撮影中にそばを通りかかった還暦前後のご婦人が
「良い香りですね かなり遠くまで流れてますよ」
という言葉をかけて行かれました

今日は風が冷たくて散歩日和とは言えず
文字通りの「リラ冷え」でした

「リラ冷え」は半世紀前の造語で
2013年1月に95歳で亡くなった俳人
榛谷(はんがい)美枝子という方が作ったと聞きます

リラ冷えや睡眠剤はまだ効いて(1962年作) 

作者は当時不眠症だったとのことです

華麗な花の濃密な甘い香りを嗅ぎながら
睡眠薬を服用するひんやりした深夜

夜闇の深さがしのばれます
c0182775_18101867.jpg

使用機材(フィルムカメラのみ)→クリック
by zuoteng_jin | 2018-05-18 17:27 | NEX-7 | Comments(0)

三連続出勤と脳卒中後遺症の強張り

c0182775_18142811.jpg

水曜に会議のある週は火水木の三連続出勤になります

身体を動かすと 出血を起こさなかった健全な左脳が
ダメージを受けた右脳に負担をかけるのは何事かと
強い抑制をかけてきます

その抑制が身体の筋肉全体の動きを縛り付けようとします

ヨイヨイの原因はそれですし 強張りの原因にもなります

すこしでも強張りを緩和するには
とにかく寝ることと 外を歩き回ることです

明日の天候はどうなのか分かりませんが
晴れたら今日の写真のように散歩に出て
それがダメでもショッピングセンターの回廊を歩こうと思っています
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-05-17 18:30 | Bessa R3A | Comments(0)

路傍のムスカリとスマホ機種変更

c0182775_18191222.jpg

マンション敷地の一隅にムスカリが咲いています

こういう小ぶりの花が群生したお花畑は見ものではあるでしょうが
道端がよく似合う花だと思っています
c0182775_182348.jpg

実際にこういう場所にムスカリと花ニラが咲いています

東京では私の駐車スペースの後ろに花ニラがありました

昨日書いたように電池がへたったスマホの機種変更をやりました

同じメーカーの後続機種ですから乗り換えに違和感もなく
電話番号簿などの移行も かつては赤外線通信によるコピーなどでしたが
今はクラウドに保存しておいて 新機種にダウンロードするので
随分お手軽になりました

しかしバッテリー交換ができない機種ばかりだというのは
要するに2年経ったら新しい本体を買えという意味なので
新しいおもちゃが手に入っても 苦々しい思いが残ります
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-05-16 18:46 | Bessa R3A | Comments(0)

ツツジとモクレンとスマホの電池ダウン

c0182775_17455716.jpg

気温の急上昇でツツジが次々と開花しています

代わりにこのモクレンはもはや花弁が萎れて
錆びついたような萼が目立つようになりました

マンション敷地の一角にライラックがありますが
これも蕾が膨らみ始めています

4月以来 スマホの電池の減りが気になり始めたのですが
ここ一週間ほど急速におかしくなってきました

そこで電池を交換できればよいのですが
今の機種のほとんどは交換が出来ません
(前の機種は簡単に出来ました)

已む無く機種変更ということになりました

ところが今のスマホはパソコン代わりに使われるので
どんどんサイズが大きくなって 縦140mm越えが普通です

これは困ります

たとえばカメラマンベストやらシェラデザインのマウンテンパーカなど
大きいサイズのポケットであっても 140mmを越えると
フラップが閉まらなくなります

そういう条件で探すとせいぜい1機種しかない状況です

それでもあることはあるので
明日ショップで機種変更契約をすることになりました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-05-15 18:14 | Bessa R3A | Comments(0)

古本コーナーと南京事件の本とテレビ番組

c0182775_16333569.jpg

大型連休直前の撮影です

古本と同時に必ずお菓子屋も開店します
c0182775_1637093.jpg

菓子行商らしいのですが 移動しながらの販売ではないようです

本と言えば 最近読んだ中では下のものが充実していました
c0182775_1793010.jpg

2015年に日本テレビ系列のドキュメント番組で
「南京事件」が放映されました

『「南京事件」を調査せよ』は その番組作成のいきさつや
関与した兵士の日記等の一次資料や現地取材のレポート
さらには2015年放映後の反響反論などをまとめたものです

昨日深夜にドキュメント「南京事件 II」が放映されましたが
『「南京事件」を調査せよ』以上の新たな情報は無かったように思います

むしろこの本の映像化であったと言ってよいと思います

しかしネット上には 昨夜の放映で南京事件が実際にあったこと
特に 南京事件否定派がよく主張する「自衛発砲説」が
当時の責任者である連隊長の作り話である可能性が濃厚であること
などを初めて知ったという反響がけっこうありました

私は本を読まない人が多いんだなと思いましたが 一方
だからこそドキュメント番組としての放映は意味があるとも感じました
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-05-14 17:30 | Vitessa L | Comments(0)

桜と中央分離帯の連翹と義母の命日

c0182775_1610207.jpg

先日アサヒビール園に行った時の撮影です

道路の中央分離帯には輝くような連翹が咲いています

この道路は先に延びて 我が家のすぐそばを通っていますが
区が違うためか 我が家のあたりの植栽は紫陽花なのです

このエゾヤマザクラは白石区体育館のそばにあって
介護された車椅子のグループも見に来ていました
c0182775_16214569.jpg

ところで 今日は義母が亡くなってから丸5年の命日です

実家近くのお墓にお参りに行こうかと思いましたが
夜来の雨で 足元の良くない墓域なので止めにしました

あらためて冥福を祈りたいと思います
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-05-13 17:30 | Bessa R3A | Comments(0)

マンションのモクレンが満開です

c0182775_16484516.jpg

気温が上がった今日 一気に満開になりました

二日ほど前までは下のような塩梅でした
c0182775_16525133.jpg

開く前の清楚な状態もこの花の魅力ではあります

ここのモクレンは昨年はさっぱり花が着きませんでした

今年は冬の間から芽がたくさん着いていたので期待していました
c0182775_1722663.jpg

右手の建物は駐車場なので
この時期はモクレンの下を通って車に向かいます

ちょっとばかり気分が豊かになる外出前になります
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-05-12 17:30 | Bessa R3A | Comments(0)

三寒四温の日々とリコー500GSモノクロ写真

c0182775_1065488.jpg

三寒四温の不安定な気候です

写真は4月上旬のショッピングセンターの一角ですが
ディスプレイは軽い衣料になりつつありました

しかしお客はしっかりとコート着用です

そのころはまだ雪が残っていましたからね
c0182775_10125381.jpg

それからひと月後のキャンパスのコブシです
c0182775_10181262.jpg

c0182775_10185939.jpg

撮影したリコー500GSは
一昨年 3,200円で落札した私にとって2台目の機材ですが
下に示すようにシャッタースピードが奇跡的に正確な個体です
(機械式シャッターは 個体ごとのバラつきがあるものです)

1/380(1/500) 1/276(1/250) 1/100(1/125) 1/63(1/60) 1/29(1/30)

私の手持ちカメラ数台に搭載されているドイツの名門
デッケル社のコンパーラピッド・シャッターをしのぐ成績です
(コンパーラピッドの1/500秒の多くは1段下に近い1/300秒がやっとです)

最後のコマで分かるように完全逆光でびくともしない優秀レンズで
オート露出だけでなくマニュアル操作も可能です

極めてコンパクト(横11cm縦7cm)な35mmフルサイズ機種
愛用する所以です
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-05-11 17:30 | Ricoh 500GS | Comments(0)