<   2018年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

マンションのエゾヤマザクラと車椅子の観桜

c0182775_1420740.jpg

マンションの大きなエゾヤマザクラが満開です
c0182775_14292476.jpg

昨日今日が最高の見ごろで これからは花が散る前に
猛スピードで葉が緑化しつつ全樹を覆います

車椅子のご主人に満開の桜を見せる家族がいます
c0182775_14355112.jpg

それを写真に収める私ですが
5年半前の脳出血では 出血位置が少しずれたら
車いす生活になる可能性がありましたと
主治医に言われたことを思い出します

人生どっちに転ぶか 神のみぞ知るのだと実感します
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-04-30 17:00 | Bessa R3A | Comments(0)

蕎麦屋のクラフトスピーカーとキバナカタクリ

c0182775_1792474.jpg

昨日ふた駅地下鉄に乗って守田屋という蕎麦屋に行きました

お蕎麦はどうということはないのですが
蕎麦つゆがこの辺では珍しく辛口なのが好ましいので 再訪しました

しかし再訪の目的はもう一つ
天井近くの壁際におかれた手製クラフトのスピーカーが気になっていたからです
c0182775_17152247.jpg

相客が無かったので 手の空いているアラ還の主人に聞くと
ウーハーもツィーターもユニットを自分で組み込んだ由です

私が 小型ですがベースラインがしっかり出て来ますねと言うと
実はほかにももう少し大きいバックロードホーンを作ったんですが
低域はこの小さいやつの方が豊かに鳴るんですよ

そんな話を交わして店を出ました

駅まで歩く途中 戸建ての家のブロック塀のそばを通りかかり
何となく気になる花を見かけてもう一度戻りました
c0182775_17291187.jpg

花の形や葉の様子はどう見てもカタクリですが
黄色いカタクリがあるとは知りませんでした

念のためブロック塀の上から写しておきました

帰宅後に調べてみると
アメリカやカナダから入ってきた園芸種のキバナカタクリでした

札幌市内の公園にもあるそうですので
機会があれば見に行ってみたいと思います
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-04-29 17:40 | Bessa R3A | Comments(0)

水仙と牧野富太郎「花は、率直に言えば生殖器である」

c0182775_17484017.jpg

マンションの建物根方に20cmに満たない水仙が咲きました

花の大きさが2~3cmの小さな品種です
c0182775_17525546.jpg

建物を背にして眺めると上のような塩梅で
全体が小さい水仙だと分かりますね

ちなみにまったく別の場所で撮った普通サイズの水仙は下のような感じです
c0182775_17562844.jpg

これは丈が40~50cmで花の大きさが5~6cmです

ところで可憐な花をつける水仙ですが
実がならない特異な花なんですね

しかし繁殖は地下茎で行なうので 実がならなくても心配はないと
牧野富太郎『植物知識』に書いてあります

タイトルに掲げた「花は、率直に言えば生殖器である」の言葉は
『植物知識』「まえがき」の書き出しの言葉です

そのあとに「動物の醜い生殖器とは雲泥の差があり、
とても比べものにならない」と続いていて
牧野博士独特の美意識が面白いです
c0182775_18101867.jpg

愛用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-04-28 18:13 | Bessa R3A | Comments(0)

キャンパスのコブシと脳外科定期検診

c0182775_16404683.jpg

昨日のコブシです

日本ではコブシに辛夷の漢字をあてますが
中国語の辛夷は日本のモクレンを指します

一気に花が開いてしまったので
今日はもう散り始めていると思います
c0182775_1643542.jpg

本日は脳外科の定期検診日でしたので
病院の受付時間に合わせて出かけました

私の主治医は昨年秋に院長になったので
診察室にいる時間が少なくなり ほぼ半年ぶりに診てもらいました

1月に撮った MRI の画像や
3月に実施した血液検査と尿検査のデータによる診断ですが
まったく問題が無い由でした

特に 血液や尿の検査数値が
ほとんど正常値の範囲内だったのはありがたかったです

私の状態や声などから 充分元気そうだと感想を述べてから
勤務は非常勤ですかと聞くので 曲がりなりにも専任だと答えると
それはそれはと 感心されました

こうして定期検診をきちんと受診しているお陰で
体調不良による休講が一度もないのがありがたいです
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-04-27 17:30 | Vitessa L | Comments(2)

中島公園の枝垂れ柳と子供人形劇場こぐま座

c0182775_17152590.jpg

日曜日にはここを通って道立文学館に行きました

この柳はもうかなり青めいているだろうと思います

正面右手の高峰は標高1023mの手稲山ですし
左側のピークは標高531mの藻岩山です

またここに至る直前に「こぐま座」の前を通りました
c0182775_1726568.jpg

これは札幌市立のこども人形劇の常設館です

ほぼ土曜日曜祝日にアマチュアの劇団が出演する由です

この大型連休中にも「はらぺこあおむし」などの上演が予定されています

絵本でおなじみのはらぺこあおむしが目の前で動いたら
子供たちが目を輝かせるだろうと思います

開館からすでに42年 札幌市が誇る施設の一つだと思います
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-04-26 17:34 | Vitessa L | Comments(0)

エゾムラサキツツジの開花と桜の開花

c0182775_16435112.jpg

マンションのツツジが咲きました

マンション内にはいろんな種類のツツジがありますが
このツツジが最も早く花が咲きました

いつものことながら
蛇腹カメラの ULTRON レンズの描写が素晴らしいです

今日の出勤時に路肩に目をやると
毎年見事な花を咲かせるお寺の桜が 三分咲きになっていました

週末にこの桜を撮ってみたいと思います
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-04-25 17:30 | Vitessa L | Comments(0)

神社の福寿草と野球少年

c0182775_17123784.jpg

大谷地神社に福寿草が咲いていました

福寿草は葉に特徴がありますね

多分もっと早くから咲いていたに違いありません

場所は違いますが 昨年の3月15日に雪の下から
福寿草を掘り出した写真を撮りました

神社の福寿草の場所はちゃんと記憶しましたから
来年は雪融けのころに来てみようかと思います
c0182775_17132419.jpg

左手の立木の向こうに社殿があり
正面向こうに見えるのが社務所兼神主宅です

鳥居の方に行って帰るさに 練習帰りの野球少年に会いました
c0182775_17291129.jpg

すれ違ってしばらくたってから ここの神社の神主さんは
北海高校が甲子園でベスト8まで勝ち進んだ時の正捕手だよと
教えてやるのだったと後悔しました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-04-24 17:36 | Minolta CLE | Comments(0)

マンションのクロッカスとカタクリと継続仕事

c0182775_1647827.jpg

先週末からにわかに気温が上がりました

マンション内の花が一斉に咲きそうですので
成るべく時季外れにならないように掲げてゆきます

上のクロッカスはもうほとんど終わりましたが
マンション内で最初に花開いたのがこれでした

次に花開いたのはカタクリです
c0182775_165993.jpg

エゾツツジの根方に ここともう一箇所とカタクリの株があります

いまのところクロッカスとカタクリのほかには
やっとエゾムラサキツツジが一本咲いたところですが
昨日 通りすがりにツツジの開花を見つけたアラ還三人組のご婦人が
「あら ツツジ咲いたね」「ホント あら カタクリも!」と話していました

やっと春の到来が実感できる頃合いです

今日は月曜日とあって 従来からの仕事を継続しました

16世紀の清原宣賢の講義ノートの翻刻作業です
下のような写本を活字に直します
c0182775_1722796.jpg

しばらくほかの仕事にかまけて中断していましたから
作業手順に若干の戸惑いがありましたが
30分もやると勝手が戻ってきました

先は長いですが 淡々と倦まず弛まずやるほかありません
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-04-23 17:30 | Minolta CLE | Comments(0)

道立文学館「子母澤寛特別展」

c0182775_17275548.jpg

今日は道立文学館に行ってきました

昨日幕開けした子母澤寛特別展を見てきたのです

昔からの子母澤寛ファンである私から見ても
かなり充実した展示でした

北海道での企画だけあって 入口近くに
先ず厚田関係の紹介があったのがうれしかったです

今回初めて知ったことの一つが
大正四年(1915)に奥さんタマさんと札幌豊平館で結婚式を挙げたことです
c0182775_17422793.jpg

豊平館はもとは大通公園にあったのですが
1958年(昭和33年)に現在地の中島公園に移設されました

ただし 帰宅後にこの特別展の案内冊子を見ていたら
大正四年豊平館挙式説のほかに
前年に横須賀で挙式した説もあると断っていました

その案内冊子は64頁の大変しっかりした編集で
さすがに道立文学館による仕事だと感心しました

それにしても結婚式についても異説があるとは
作家研究というのもなかなか厄介なものだと思いました
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-04-22 17:58 | Vitessa L | Comments(0)

珈琲館とバイト面接と狡猾な笑顔

c0182775_1754037.jpg

最寄りのサッポロ珈琲館です

これはその豆の販売コーナーで
我が家のコーヒーはここで焙煎の新鮮な豆を買います

その豆を挽くのは昔ながらの鋳物のダイヤミルであることは
前に紹介しました
c0182775_1711225.jpg

これは珈琲館の中の壁面です

コーヒー豆の主な生産地の写真が飾ってあります
【追記】普段はそうですがこの日はベネチェアの観光写真
「橋からの眺め」が展示されていました

左下隅に写っている学生さんは
アルバイトのエントリーシートの検討に余念がありません

そのうちにこの店の店長が彼の対面にやって来て
バイトの採用面接が始まりました

面接は順調に進行して具体的な出勤日の相談などをしていましたから
採用面接としては成功したのだと思います

私が一歩先に店を出て
1枚目の撮影をしたベンチに腰かけていたら
彼は私のそばを通って帰宅するところでした

ただ 彼は その 何というか 言葉にするのは難しい
嫌~な狡猾な笑い顔を浮かべつつ通り過ぎたのには
ひそかに驚きました

面接が終わって爽やかなという感じではなく
いかにもしてやったりという感じでした

いつか店内で再会することがあればアルバイト青年らしい
屈託のない表情を見たいものと思います
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-04-21 17:29 | Bessa R3A | Comments(0)