<   2018年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

英語をエンジョイするのはNOVAでだけかい!

c0182775_1632721.jpg

駅前留学NOVAの教室です

「もっと英語を楽しんで」は良いのですが
「NOVAでだけ」と書いてあるのは気になります

せっかく英語を学んでもそれを楽しむのはNOVAでだけかい!
とツッコミを入れたくなりました

私の英語なんて使い物にはなりませんが
それでもミステリを英語で読んだり
気に入った歌の歌詞を楽しんだりはしています

つい最近も facebook 友達の一人
Over the Rhine というフォークグループの
心にしみる歌を紹介してくれましたので和訳してみました

原詩を引用するのは著作権が気になるところですが
そもそもこの youtube では歌詞を段ボール紙に書いて表示しています

以下に拙訳を掲げますが 誤訳含みであることをご承知ください
(誤訳のご指摘があればありがたいです)

「All my favorite people 大好きな人たちは」

All my favorite people are broken
大好きな人たちはみんな挫折しているけれど
Believe me
私を信じてと
My heart should know
心から思うべき

Some prayers are better left unspoken
口に出して言わないほうが良い祈りもある
I just wanna hold you
あなただけは引き留めたいけれど
And let the rest go
ほかの人は行ってもらって構わない

All my friends are part saint and part sinner
友達はみんな聖人でもありかつ罪びとでもある
We lean on each other
お互いに寄り添って
Try to rise above
乗り越えようとしているのだ

We're not afraid to admit we're all still beginners
みんなまだ初心者だと認めることを恐れない
We're all late bloomers
だってみんな遅咲きの花だもの
When it comes to love
愛になる時にはね

All my favorite people are broken
大好きな人たちはみんな挫折しているけれど
Believe me
私を信じてと
My heart should know
心から思うべき

Orphaned believers, skeptical dreamers
親のない信者たちよ、疑い深い夢見る人たちよ
Step forward
前を向いて行こう
You can stay right here
ここにいてもいいんだよ
You don't have to go
立ち去ることはないのです

Is each wound you've received
あなたが受けた痛みのそれぞれは
Just a burdensome gift?
ちょっとめんどうな贈り物でしかないんじゃない?
It gets so hard to lift
自分を空高く持ち上げるのは
Yourself up off the ground
きついかもしれないけれどね

But the poet says, We must praise the mutilated world
詩人は言ってるね、このいびつな世界を称えるべきだと
We're all workin' the graveyard shift
みんな深夜勤務で働いているけど
You might as well sing along
いっそのこと一緒に歌おうよ

All my favorite people are broken
大好きな人たちはみんな挫折しているけれど
Believe me
私を信じてと
My heart should know
心から思うべき

As for your tender heart
あなたの優しい心はといえば
This world's gonna rip it wide open
この世はそれを大きく引き裂くだろう
It ain't gonna be pretty
辛いことかもしれないが
But you're not alone
でもあなたは一人じゃないよ

'Cause all my favorite people are broken
大好きな人たちはみんな挫折しているけれど
Believe me
私を信じてと
My heart should know
心から思うべき

Orphaned believers, skeptical dreamers
親のない信者たちよ、疑い深い夢見る人たちよ
You're welcome
どうぞいらっしゃい
Yeah, you're safe right here
そう、ここなら安全だよ
You don't have to go
立ち去ることはないのです

'Cause all my favorite people are broken
大好きな人たちはみんな挫折しているけれど
Believe me
私を信じてと
My heart should know
心から思うべき

Some prayers are better left unspoken
口に出して言わないほうが良い祈りもある
I just wanna hold you
あなただけは引き留めたいけれど
And let the rest go
ほかの人は行ってもらって構わない


こうやって自分で訳してから改めて聴くと
最初に聴いた時の何倍も心に沁みてきます
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-01-31 17:30 | Contax T2 | Comments(0)

雪上自転車のタイヤ痕

c0182775_1659452.jpg

札幌の積雪はここにきて平年並みになりました

この画面はまだ雪が少ないころの撮影ですが
サイクリングロードには自転車のタイヤ痕が見えます

自転車が心から好きな人たちは
多少の雪なら めげないで乗るのが
北海道のサイクリストだと心得ています

撮影位置の背後に5分ほど歩くと大谷地神社ですが
昨日は毎年の恒例として 神主さんに来てもらって
新年の祝詞をあげ 家内の安全を祈願してもらいました

大谷地神社は幹線道路から見ると高台にあって
急な階段を上らなくてはなりません

神主さんの話ですと この階段の除雪がひと仕事だとのことでした

たしかに階段には自走式除雪機は使えません

ふだんは高台であるゆえに神域らしくて良いと思っていましたが
そうであるための苦労があるのだと初めて悟りました
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-01-30 17:30 | Pearl III | Comments(0)

夜具ケープと合羽

c0182775_14211539.jpg

靴下や肌着を主に扱うお店です

ショッピングセンターのリハビリウオークでは
回廊のような通路をグルグルと歩くのが習慣です

そこでこのお店のそばを通りますが
冬になってこのケープが目立ちました

寒い地方では蒲団に入っても肩がスースーしてしまいます

今ほど密閉度が高くなかった昔は 朝 目が覚めると
自分の吐いた息が蒲団襟に白い霜になってくっついたほどです

このケープを見て歩くたびにそんなことを思い出したりしました

ところで ケープはもちろん英語でcape ですが
ポルトガル語やオランダ語では capa で
これに漢字をあてたのが「合羽」です

西欧のケープが戦国時代に入ってきて
派手好みの信長らに愛用されたのは時代劇の衣装でおなじみです

それを油引きの紙 後に木綿で作って雨具にしたのが合羽です

合羽はですから18世紀中に使われ始めて
普及したのは19世紀初めごろかと思われます
(1807年「東海道中膝栗毛」第6篇に出てきます)

それまでの雨具は 傘のほかに蓑(みの)が普通で
蓑は平安初期の「伊勢物語」に出てきます

つまり日本におけるレインコートは長い間「蓑」で
せいぜいここ200年ぐらいが「合羽」というわけです

合羽からげて三度笠
股旅者がわらじを履くときに合羽を愛用するのは
新しいファッションを粋がってのことだったかも知れません
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-01-29 17:16 | Contax T2 | Comments(0)

刑務所作業製品販売とみんな元気になる絵本

c0182775_1730234.jpg

この週末ショッピングセンターで刑務所作業製品販売が行われています

北海道から九州の刑務所で製造された木工品が主な商品です

このコーナーには九州の重厚な箪笥が置いてあります
c0182775_17352225.jpg

また中央付近のコーナーには
月形刑務所の椅子やテーブルが展示されていました
c0182775_17475749.jpg

月形刑務所は網走刑務所よりも8~9年早く開設された
歴史の長い刑務所です

製材所を営んでいた義父から 月形刑務所にも
用材を納入していたと聞いたことがあるような気がして
ついつい展示してあるテーブルを撫でてみたことです
(もっとも40年以上前の記憶ですからあてにはなりませんが)

家具と言えば毎日新聞富山版「みんな元気になる絵本」では
経済状態の悪化によって狭い部屋に引っ越す家族が
家具を売る羽目になって
幼子が戸惑う「わたしのおひっこし」が紹介されています
(富山市プー横丁店長さんの執筆)

家族にとって家具というのは
ともに過ごした日々の記憶そのものなんですね

近年「断捨離」ということをよく言いますが
そこにはなかなか複雑なものがあります
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-01-28 18:03 | Contax T2 | Comments(0)

進物コーヒー選びと「珈琲」と「咖啡」

c0182775_22253387.jpg

札幌珈琲館の店長さんが進物のアドバイスをしています

当ブログで何度も登場した珈琲館ですが
実は「珈琲」という文字表記にはひそかに違和感を感じています

たとえば中国語でコーヒーはカーフェイと発音して
文字は「咖啡」であって「珈琲」ではありません

「珈」「琲」はともに玉偏ですから
本来の意味は飲み物とは異なります

「珈」は「か」と読んで
「婦人のかんざしにつける宝飾」の意ですし
「琲」は「はい」と読んで
「数珠状に貫き並べた真珠」の意です

だから中国ではコーヒーに「珈琲」は宛てません

中国では玉偏ではなく口偏を使っていますが
宝飾ではなく飲み物ですから口偏なのはもっともです

しかしなぜ「酒」や「泡」のように
サンズイにしなかったのかといいますと
そもそも「[サンズイ+加]=か」も「渄=ひ」もすでにあって
前者はとてもマイナーな川の名前 後者は古代の川の名前でした

それと 外来語や擬声語などには口偏をつけるのが習慣だからで
たとえばビールを「啤酒」=ピー・チウという「啤」などですね

ちなみに「咖哩=カーリー」がカレーで
「嗎啡=マーフェイ」がモルヒネです

というわけでコーヒーは
「咖啡」であるのが極めて自然なのです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-01-27 17:30 | Vito III | Comments(0)

転ばぬように気を付けて

c0182775_10534583.jpg

昨日今日はこの近所も雪が積もりましたがつい先日はこんな塩梅でした


私と同じような杖突き老人がこわごわ歩を運んでいます

どうか転ばぬように気を付けてください

本当はもう一歩半ほど前にシャッターを切りたかったのですが
機材の操作が手持ちカメラの中でも最も手間のかかるもので
動いているもののスナップには向きません

手動でピントを合わせるのはもちろんのこと
フィルムを巻き上げてシャッターボタンを押すだけでは切れないのです

フィルム巻き上げと同時にシャッターが切れるようにセットされる機構を
セルフコッキングといいますが
この機材はセルフコッキングではないので
フィルム巻き上げをやるほかにシャッターレバー操作で
シャッターセットをする必要があります

手持ちカメラの中でセルフコッキング方式でないのは
本機Pearl III(6cm×4.5cm)とRicohFlex Dia(6cm×6cm)
そしてVitoIII(35mm×24mm)です

それからフィルムカメラには二重撮りを防ぐために
巻き上げないとシャッターが切れない仕組みがついているのが普通です

しかしPearl IIIとRicohFlex Diaには二重撮り防止装置がついていません

昨日 授業の前にフィルム現像をやってみたら
16コマ撮りのうち 何と5コマ分は二重撮りでした
(つまり10ショットが無駄になったわけです!)

もっと使いこなして 手順をしっかり身に着け
二重撮りを避けながら速やかにシャッターを切るようにしたいです

蛇腹折り畳みでポケットに入り フィルムのサイズが大きくて
なおかつレンズが優秀ですから この描写を見ると
操作の不便さを克服して使いこなしたいカメラです

ちなみにいつもカメラテストに使う地下鉄出入口を掲げます
c0182775_1631624.jpg
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-01-26 17:30 | Pearl III | Comments(0)

横書きか縦書きか

c0182775_1713632.jpg

これを見かけたときにすぐには読めなかったです

右側から読んでやっと「手作りバレンタイン」と分かりました

扁額や書道作品なら自ずと右から読みますが
片仮名文字は左から読みたくなりますね

扁額や書道作品は右から描かれますが
あれは横書きではなく 一字一字の縦書きなのです

つまり一行一字詰めの縦書きで右から左に書いたものです

ところで今日の大寒波
通勤の往復とも久しぶりに圧雪路面の運転でした

往路は吹雪がひどく ホワイトアウトの一歩手前で
前の車のテールランプと路肩を示す矢印を目標に進みます

帰路は幸い快晴で 見通し抜群の道になっていました

大学院の授業は今日で終了ですが
体調不良や交通傷害などで休講にならなくてホッとしています
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-01-25 17:19 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

笑門来福と書道パフォーマンス

c0182775_16422539.jpg

書道パフォーマンスの作品です

毎年一月中旬にショッピングセンターで
北広島高校の書道部が実施しています

こんな作品も展示してありました
c0182775_1792679.jpg

書道パフォーマンスは2010年に
愛媛県立三島高等学校書道部をモデルに『書道ガールズ』という映画が作られて
あれよあれよという間に全国に流行りました

今では全国書道パフォーマンス甲子園大会が
愛媛県で開催されています

ただみんなが一斉にパフォーマンスに集中するのは
果たしてどうなんでしょうか

庭ボウキのような大きい筆で床に書きなぐってばかりいると
文字が荒びはしないかと思います

字形だけの問題だけではありません

最初に掲げた作品も笑角来福はともかく
その下に書いてある文言は良くないです

古典とまでは言わなくても文学哲学歴史のジャンルで
我々に残された魅力ある言葉はいくらでもありますね

それらを題材にしつつ 魅力ある言葉をかみしめるほうが
失礼ながら稚拙な言葉を書きなぐるよりは
高校生にとって はるかに勉強になると思います

日本の書道は形ばかりが優先されて
書く言葉自体が軽視されるという
まぁ積年の病弊ではあるのですが
何とかならないものでしょうか
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-01-24 17:18 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

札幌の雪の現況と去年の雪

c0182775_1744685.jpg

ショッピングセンターに抜ける近道が通行禁止になっています

ロープの高さはひざ上10センチ程度で
積雪はその高さの半分ぐらいです

例年ですとたとえば去年の2月10日で
下のような具合です(機材はContax T2)
c0182775_175917.jpg

ロープは肩の高さを越える位置に張られて
積雪はその上 身長を超える高さです

昨日の関東地方は大雪で色々な被害が出ましたが
札幌は今週後半に大雪の予報が出ています

いずれにしても大きな被害で出ないように望みたいものです
c0182775_18101867.jpg

愛用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-01-23 17:18 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

雪中の枯れ紫陽花と辞書解説の修訂

c0182775_1719258.jpg

関東は大変な大雪だそうですが札幌は上のような感じです

紫陽花と言えばつい先日
植物学者・牧野富太郎の『植物知識』(講談社学術文庫1981年)を
読んでいて 下のような記述を目にしました

「この紫陽花は、中国人でもそれが何であるか、その実物を知って
いないほど不明な植物で、ただ中国の白楽天の詩集に、わずかに
その詩が載っているにすぎないものである」(カキツバタの条項中)

白楽天(白居易)の詩に文字通り「紫陽花」という題の作品があります

杭州のあるお寺の紫の花があまりに可憐だったので
「君に紫陽花の名をつけてやろう」とうたったのです

紫陽花という花名は白居易の創造だったわけですが
ほかの人が使ったかどうか調べてみました

孫引きは別として四庫全書という大叢書のなかで「紫陽花」が
ヒットするのは白居易の詩「紫陽花」のほかには 宋・周文璞の
詩「句曲山中只白雲」だけでした

つまり中国ではほとんど使われない花名です

そこで『漢辞海』の【紫陽花 シヨウカ/あじさい】の項目を次版から
以下のように修訂することにしました

カッコ内の新分類科名と[注]以下が加筆されることになります

「ユキノシタ科(新分類ではアジサイ科)の落葉低木。
初夏に薄紫の花を開き、土の成分によって、紫・淡紅色
に変わる。[注]日本固有種のアジサイに白居易が考え
出した「紫陽花」の文字をあてたのは『和名類聚抄』で
あるが、アジサイと白居易がその詩「紫陽花」において
命名した紫の花は別物で、後者が何であったかは不明。」

またひとつスッキリしました

【追記】白居易が紫陽花の言葉を創作したお寺は招賢寺といいますが
その跡地は西湖の湖畔にあって中国の寺廟紹介サイトに写真があります
c0182775_23513688.jpg

ああ 杭州には通算4ヶ月暮らしたので この道は何十回と通った道ですよ

今日調べてみるまで招賢寺跡だとは知りませんでした
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-01-22 17:20 | Vito III | Comments(0)