人気ブログランキング |

<   2009年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

北海道フォトまとめて4

c0182775_21412994.jpg

        新幌内炭鉱の竪坑捲き揚げ機の残骸です↑
        捲き揚げ機とは ヒトやモノを地底に運ぶエレベーターです
c0182775_21415489.jpg

        住友奔別鉱の事業所と竪坑捲き揚げ機です↑
c0182775_21421665.jpg

        上の捲き揚げ機を別の角度から撮りました↑
        いずれも お役御免ですが 炭鉱の象徴的な風景ですね
        Bessa R3A, C Sonner 50mm, DNP CENTURIA200
by zuoteng_jin | 2009-08-31 21:52 | Minolta AutoCord LMX | Comments(0)

北海道フォトまとめて3

c0182775_2241376.jpg

        冬季の滑り止めに使います↑
c0182775_22434598.jpg

        ロードヒーティングの開発者(電線材料の専門家)は 私の知人です↑
c0182775_2246467.jpg

        北海道では 室外にこういう灯油タンクを設置します↑

        戦後の与党が 地方を切り捨てて厳しい暮らしに追いこんできた結果が 今日出ました
by zuoteng_jin | 2009-08-30 22:51 | Bessa R3A | Comments(0)

北海道フォトまとめて2

c0182775_21123941.jpg

        岩見沢市の場外輓曳(ばんえい)馬券場です↑
        2006年に公営の岩見沢市ばんえい競馬は中止になり 帯広での競走の馬券を売っています
        寂しさは覆い隠せない印象です
c0182775_21173498.jpg

        岩見沢の駅前飲屋街も 寂しい印象です↑
c0182775_2119570.jpg

        駅前通りに通じる横町も 改築の余力はないままのようです↑
        シャッターの閉まった商店が 到るところにありました

        久しぶりに歩いて ここまでさびれているとは思いませんでした
by zuoteng_jin | 2009-08-29 21:24 | Minolta AutoCord LMX | Comments(0)

北海道フォトまとめて1

c0182775_21375967.jpg

        ヒマワリ畑です↑

c0182775_21391751.jpg

        義弟の営む製材所の貯木です↑

c0182775_21494541.jpg

        林業の従業員が かつて住んでいた廃屋の下見板です↑

        少しまとめて登載しないと 季節感がずれますから…
by zuoteng_jin | 2009-08-28 21:50 | Minolta AutoCord LMX | Comments(0)

ユリよ踊れ

c0182775_20361641.jpg

北海道写真はまだ続きますが きょうは新規導入機材のテスト画像です

愛用の Minolta HI-MATIC E は抜群の描写力を誇りますが
プログラムシャッターだけなのが物足りないです

マニュアル撮影もできるこの新来の機種は海外仕様なので
国内流通が少なく 入手がなかなか困難です

お世話になっている Range Finder さんの紹介を引用します → クリック

今回は カメラクラシックさんから譲ってもらったもので
昨日とどいたのを 早速テストしてみました

やはり愛用の Konica C35FD と瓜二つのこの機種も
常時持ち歩くことになりそうです
by zuoteng_jin | 2009-08-27 20:47 | Minolta HIMATIC 7sII | Comments(0)

いわし雲

c0182775_20525060.jpg

処暑を過ぎて 東京もさすがに秋めいた風が立ちました

義母の住む北海道の家の前がロータリーになっており
その中心に大きな一位の樹が植えてありましたが
すっかり枯れてしまいました

その向こうに いわし雲が出ていたので撮ってみました
by zuoteng_jin | 2009-08-26 20:56 | Bessa R3A | Comments(0)

ディーゼル機関車

c0182775_22482239.jpg

公園に展示されているディーゼル機関車です

我々の世代(いわゆる団塊世代)の子供のころは蒸気機関車で
少年期にはディーゼル機関車が活躍し
大人になってからは電気機関車が主力になりました

改めて考えてみると
基幹鉄道の動力もこんなに変わったのですね

今や ディーゼルの客車は 北海道にしか走っていないかも知れません
それも 新車の投入はないと聞きます
(背景の跨線橋は昔渡ったものですが その頃は窓枠も鉄骨も真っ黒でした)

カラーはこちら → クリック
by zuoteng_jin | 2009-08-25 23:01 | Minolta AutoCord LMX | Comments(0)

特急オホーツク

c0182775_21412863.jpg

上り特急オホーツクが岩見沢駅に入線です

岩見沢駅は幌内線と函館線の要衝でした

石炭を積んだ貨物列車の編成替えには 広大な操車場が必要で
そのために岩見沢駅の操車場は 東日本最大だったのです

蒸気機関車は逆方向への転換が厄介なので
ターンテーブル(転車台)で方向を変えました

巨大なターンテーブルを中心にして
力強い煙を吐く機関車が 放射状に待機する車庫がありました

もはや テーブルも車庫も その跡形すらありません
by zuoteng_jin | 2009-08-24 22:03 | Minolta AutoCord LMX | Comments(0)

旧幌内線唐松駅

c0182775_21214836.jpg

昨日は北海道開拓百年の記念塔を紹介しました

ここしばらく 北海道開拓の背骨のような役割を果たした旧幌内線関連のフォトを掲げます

幌内線の三笠駅は 明治13年(1880年)に幌内太(ホロナイブト)として開駅した由です

「汽笛一声新橋を~」の新橋横浜間は 明治5年に走り出しました
その8年後に敷設したわけですから 幌内線の歴史は古いのです
何しろ エネルギー源の石炭を 小樽港から積み出す必要がありました

しかし 石炭産業の衰退とともに 営業収益はがた落ちで
国鉄が民営化されると同時に 廃線になりました
JR移行後の廃線第一号になったのです

唐松(トウマツ)駅は現存する唯一の幌内線駅舎で
典型的な昭和の駅舎建築です
(費用も出せないのか 解体されません)

さて
戦後与党が推し進めてきた種々の民営化が どういう現状を呈しているか
切り捨てられた地方の住民が それに対してどういう思いでいるか
来週の意思表示の集積に 端的に現われるに違いありません

当方も思いきり批判票を投じる予定です

懐かしい出札口 → クリック
by zuoteng_jin | 2009-08-23 21:51 | Leitz Minolta CL | Comments(0)

北海道百年記念塔

c0182775_2242653.jpg

野幌森林公園のなかに 開拓百年を記念する鉄塔があります

高さはもちろん100mジャスト
下から半分ぐらいをフレームに収めました

ガラス窓は地上25mの展望台です

階段を上る以外にたどり着く手段はないので
上から眺めるのはあきらめました
by zuoteng_jin | 2009-08-22 22:13 | Minolta AutoCord LMX | Comments(0)