人気ブログランキング |

カテゴリ:Minox 35GT-E( 31 )

中島公園の雪景色

中島公園の雪景色_c0182775_1716169.jpg

昨日の中島公園の外側です

湿った雪が木の枝に付着して花が咲いたようです

これに喜んだのは無雪地域からの観光客です
中島公園の雪景色_c0182775_17184258.jpg

台湾あたりから来たのでしょうか
かわるがわる記念撮影をしていました

きのう書いたようにこのそばにあるパークホテル11階で食事しました

眼下に中島公園の菖蒲池が見えます
中島公園の雪景色_c0182775_1722296.jpg

この池は明治初期に開拓使が札幌本府の建設木材の貯木場に使った由です

かつては冬の間 この池がスケートリンクだったそうですが
今はそういう使い方はしていません

この公園は博覧会などのイベント会場によく使われて
子どものころ連れられてきた記憶があります

画面左奥の方の建築物は音楽ホールの Kitara ですが
私はまだ来たことはありません
中島公園の雪景色_c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2020-01-21 17:33 | Minox 35GT-E | Comments(0)

陽だまりロードの休日ランナー

陽だまりロードの休日ランナー_c0182775_1726016.jpg

日曜日は暖かかったので手袋を脱いで走っていました

気温の高い休日にはこういうランナーが結構いますが
今日は土曜日に関わらず寒かったので
走る人はほとんどいませんでした
陽だまりロードの休日ランナー_c0182775_1730121.jpg

これは月曜日の成人の日で
大きな矢印は画面左上にある大谷地神社の方から合流する案内です

明日は晴れるようですが ランナーはいるでしょうかね
陽だまりロードの休日ランナー_c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2020-01-18 17:37 | Minox 35GT-E | Comments(0)

成人の日の神社の周辺

成人の日の神社の周辺_c0182775_16581221.jpg

成人の日に大谷地神社に行ってみました

さすがに参拝に来る人々は普段より多い様子でした

神主さんに挨拶しようと思ったのですが
神殿の中で参拝者のために祈祷中でした

撮影する間に 和太鼓のド~ン・ド~ンという音が聴こえたのです
成人の日の神社の周辺_c0182775_1755789.jpg

神社に行くと この唐檜の林間を歩くのが楽しみです
成人の日の神社の周辺_c0182775_1795096.jpg

この二人はまだ成人ではないようで 手をつないで
北星学園大学に向かっています

サークル活動か何かで登校なのですが
休日なので しっかりと食糧を調達した模様です
成人の日の神社の周辺_c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2020-01-17 17:30 | Minox 35GT-E | Comments(0)

研究室での修士論文最終指導

研究室での修士論文最終指導_c0182775_1651415.jpg

私の研究室の片面です

真ん中にある机の上はあまりにも乱雑なので
フレームからは排除しました

今年いっぱいかけてこの部屋を撤収しなくてはなりませんが
中国書のほとんどは古書店でも引き取らなくなっています

いまはほとんどの図書が画像データ化されて読めますから
大学院生でも本を買わずに論文を書き上げますので
古書が売れる道理はありません

右手手前の『甲骨文合集』という大型シリーズは
甲骨文字を扱う場合に最も基本になる文字資料集ですが
こんなものも画像データでダウンロードできてしまいます

昨年度 金田一京助賞を受賞した私の授業生は
甲骨時代の文法研究が主な専攻ですが
やはりデータのダウンロードで研究している由でした

先日会った時に『甲骨文合集』をやろうかと言ったところ
喜んで頂戴したいとのことで 早晩送ってやる予定になっています

今日はこの部屋で修士論文の対面指導がありました

ただ論文の日本語の手入れなどの具体的な指導は
今はほとんど電子メールで済ませます

したがって対面指導は電子メールでの指導で分かりにくかったことや
新たな疑問に答えるなどが主なやりとりになります

論文提出は来週水曜日で 研究室での対面指導はこれが最終回

来年度は指導生を持たないことになっていますから
仕事としての修士論文指導はこれが教員経歴上最後になります
研究室での修士論文最終指導_c0182775_1631673.jpg

研究室の窓から 私の駐車車両が見えます

本来の駐車場はもっと離れているのですが 私の身体条件を考慮してくれて
近いところに停められるのがありがたいです
研究室での修士論文最終指導_c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2020-01-16 17:30 | Minox 35GT-E | Comments(0)

乾いた道路と雪靴のダンピング

乾いた道路と雪靴のダンピング_c0182775_16512665.jpg

13日の路面はこんな風ですが今日もすっかり乾いています

このご婦人や私のように杖が必要な向きには ありがたいです

今日は勤務先で3つの会議があって往復しましたが
全路面が乾燥路面でした

確かに運転は楽ですが 冬対応の色々な仕事に影響が出ています
乾いた道路と雪靴のダンピング_c0182775_16564964.jpg

雪靴が早くも 20%OFF 30%OFF のセ-ルが始まっています

雪のピークは例年ですと2月20日前後ですから
1月中はまだ強気なのですが 今年はもう放出する構えです
乾いた道路と雪靴のダンピング_c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2020-01-15 17:30 | Minox 35GT-E | Comments(0)

例年なら雪の下の草木たち

例年なら雪の下の草木たち_c0182775_16394556.jpg

例年だとこのモンタナ松は厚い雪の下に埋もれているはずです

世界最小最軽のフルサイズ35mmカメラですから
胸のポケットから取り出しての撮影ですが 素晴らしい写りです
例年なら雪の下の草木たち_c0182775_16461630.jpg

昨日は天気が良かったので これだけ空を背景にすると
絞り優先自動露出モードのカメラでは逆光撮影になってしまうので
2倍露出補正スイッチを使いました

2倍露出補正を使うと 一絞り分 絞りが開きます
例年なら雪の下の草木たち_c0182775_16563574.jpg

このナナカマドの実も露出補正して撮りました

筐体の作りが華奢なカメラですが
機能が万全で頼もしいカメラです
例年なら雪の下の草木たち_c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2020-01-14 17:30 | Minox 35GT-E | Comments(0)

雪の少ない二里川とタイムラグのないシャッター

雪の少ない二里川とタイムラグのないシャッター_c0182775_1722721.jpg

例年だと土手の草は雪に覆われています

Minox のレンズ Minoxar は繊細な描写で知られますが
土手の枯草を見ても 優秀さが実感できます

それに加えて 昔からタイムラグのないシャッターが好きでした

下は東京の自宅と書庫兼仕事場との間にあった貝取南公園です
雪の少ない二里川とタイムラグのないシャッター_c0182775_1730344.jpg

これは10年前に持っていた機材で撮ったものですが
ボールにタッチする瞬間を一発でとらえたものです

こういう瞬間はモータードライブで連写すれば撮れると思うのは誤解です

ボールキャッチの筋肉の動きに合わせて
手動でシャッターを切る方が確実なのですね

その場合 指の動作とシャッター機構の動きのタイムラグが
極小であることが理想です

これまで60台ほどのカメラを使ってきましたが
私の経験では Minox 35 がタイムラグ最小でした

ただし シャッターボタンのストロークが短いことから
触っているうちに意思に反して切ってしまうことには注意が必要です
雪の少ない二里川とタイムラグのないシャッター_c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2020-01-12 15:32 | Minox 35GT-E | Comments(0)

快晴の中を理髪店往復と10年ぶりのMinox35GT-E

快晴の中を理髪店往復と10年ぶりのMinox35GT-E_c0182775_17164763.jpg

今日は快晴の中を散髪に出かけました

お供は 10年ぶりに入手した Minox35 GT-Eです

35mmフルサイズですが
ボデイが硬質プラスティックで軽量(194g)
10cm×6cm×3cmの超小型カメラです

先日 カメラの修理屋さんに行きましたが
そのすぐそばにある中古カメラ店を覗くと
前に使っていたこのカメラがあったので貰ってきました

この機材は大変優秀なレンズですが作りが華奢で
1台目は絞り連動ピンが折れている不良品
2台目は半年で電子回路が飛んで使用不能になりました
(いずれも保証がきいてほかの機種と交換しましたが)
快晴の中を理髪店往復と10年ぶりのMinox35GT-E_c0182775_17254080.jpg

理髪店からの帰り道は西日に向かうのですが
敢えて逆光撮影をやったのが下です
快晴の中を理髪店往復と10年ぶりのMinox35GT-E_c0182775_17275298.jpg

かつて使って把握していたように
ハイライトが飛ばない露出傾向ですから 雪面の描写も確かです

カメラ店ではストロボは電池接点が腐食していますから
発光しませんよ ということでしたが
持ち帰って接点復活剤(ガリ取り君)でふき取ると
ちゃんと発光するようになりました

さあこれが3度目の正直となるか
2度あることは3度あるのか
しばらく使い込んでみようと思います
快晴の中を理髪店往復と10年ぶりのMinox35GT-E_c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2020-01-10 17:46 | Minox 35GT-E | Comments(0)

書庫にて

書庫にて_c0182775_15515644.jpg

2008年ごろ 東京で借りていた書庫兼仕事部屋での作業です

室町時代の写本の複製本を
コンパクトデジカメで画像化していました

この作業には 1980年ごろにそろえた
撮影ランプや複写用四脚や無反射ガラスなどが役に立ちました


この三連休 昨日は父母懇談会で登校しましたが
あとは「漢辞海」第四版の改訂作業に集中しています

昨夜遊びに来た息子一家と うちの奥さんは
孫に大水槽を見せたいと 小樽の水族館に行きましたので
ひとりゆっくり改訂作業を進めています(ブログは夕方書きました)

今回は 2000 項目ほどある歴史地名の総ざらいです

歴史地名はなかなか厄介で
同じ「会稽」といっても秦代と漢代とでは たった 10年の違いで
杭州湾をはさんで 100 キロ離れた場所にあったのです

その違いを語釈に簡潔に説明することもさることながら
巻末付録の歴史地図の
どの時代の地図に書いてあるかをリンクさせる作業をしています

前期の授業が終わってすぐに取りかかり
今日までやっと半分が過ぎたところです

この作業には資料が必要で
大型の本や厚い本をめくらねばなりません

手がマヒして初めてわかりましたが
本をめくるのは指ではないのです
肩甲骨周りの背中の筋肉がかかわるのですね

1冊手に取ってめくるたびに手が震え
肩甲骨から腕にかけて大変な負担がかかります

こういう全面的な大改訂はこれが最後かとも思っていますが
異なる時代の地名が区別できて それが地図で分かるのは快感です

年内に一段落を目指して淡々と続けたいと思います

by zuoteng_jin | 2014-10-13 18:00 | Minox 35GT-E | Comments(0)

術後10年

術後10年_c0182775_17291136.jpg

2007年6月の社会保険中央総合病院駐車場入り口です

今年の春から東京山手メディカルセンターに改称されましたが
社会保険時代の2004年10月12日に
私は直腸ガンの全摘手術を受けました

つまり今日が術後10年の記念日です

術後8年の時の狂歌をブログに書いたことがあります
「癌のオペ 成功したと医師がいう 十月十二日は蘇生記念日」

術後8年を転移再発なしで過ぎると
その後の再発率は1パーセント以下なので
そのガンは全快と認めるそうです

幸いガンに関しては人工肛門という後遺症を抱えながらも
まったく問題がなくなりました

今日掲げた駐車場写真ですが
手術の傷がなかなかふさがらないので
術後2年半以上も治療に通っていた時のショットでした

下が診察治療台で 向こう側にお尻を向けて
照明を当てるようになっています

術後10年_c0182775_17581043.jpg

しかし なかなか傷がふさがらないので
この1か月後に再入院して直腸の取り跡を掻爬してもらい
さらに10か月後にやっとふさがったのでした

大変でしたが 過ぎてしまうとあっという間の10年です

ちなみに これらを撮ったカメラはとっくに壊れましたが
ありがたいことに 私はまだ現役で仕事をしています

by zuoteng_jin | 2014-10-12 18:59 | Minox 35GT-E | Comments(2)