カテゴリ:Minolta XD( 240 )

ありふれたノラニンジンとめずらしいカンナ

c0182775_1714484.jpg

ノラニンジン(野良人参)です

今の時期 北海道の国道道道沿線の路肩や中央分離帯には
行けども行けどもノラニンジンが咲いています

札幌の自宅から恵庭の勤務先まで25kmぐらいありますが
ノラニンジンが視界から消えることはないのです

一説によればノラニンジンは人参の原種だと言いますが
北海道にはことに多いらしいです

そういえばかつて到る所に見かけたセイタカアワダチソウは
このごろあまり見なくなりました

セイタカアワダチソウのような外来植物は
一定の勢力まで繁茂すると急速に勢力が衰えることがあるそうです

戸建て住宅街の一角に熱心に鉢植えの世話をするお宅があります
そこには北海道では自生しないアフリカ原産のカンナがありました
c0182775_1728236.jpg

手入れをしていたお年寄りに話をうかがうと
花もさることながら このように斑が入いる葉は希少なのだそうです

最初は花だけのクローズアップを撮らせてもらったのですが
それではその希少な葉も入れてもう一枚とシャッターを切りました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-08-10 17:33 | Minolta XD | Comments(0)

リハビリ老夫婦の車椅子散歩

c0182775_18343486.jpg

5月26日の撮影です

奥さんのリハビリに協力したご主人が
車椅子を押してお帰りになるところです

「お互いに頑張りましょうね 1枚撮らせてください」
一声かけると お二人ともとてもいい笑顔でレンズを見てくれました

脳卒中のリハビリは とにかく歩くことが大事です

今の季節 外はアカシアの花が最盛期です

徒歩20分のところにアカシアの巨木があるので
二日続けてそこまで歩き 違ったカメラで撮影してきました

今日は授業の合間にそれを2本現像したので
夜はそれをフィルムスキャンするのが楽しみです
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-06-19 18:49 | Minolta XD | Comments(0)

新緑アーケードのサイクリングロード

c0182775_16435790.jpg

左手は北星学園大学 右の方に大谷地神社があります

一週間ほど前の撮影ですが
この季節には新緑が気持ちの良いアーケードを作ります

この道はよくリハビリ散歩で歩きます

雪のない時期はまことに快適ですが
雪が降ると滑りやすい危険な坂道になります

今のうちに出来るだけ歩いておきたいところです

しかし昨日今日は今学期の講義資料の作成で
1200年前の頭を切り替えるのがもったいなくて
外に出ることはありませんでした
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-06-03 17:30 | Minolta XD | Comments(0)

ライラック祭り後半ですが 花は萎んできました

c0182775_16491161.jpg

マンションのライラックの盛りのころです

6月になってさすがに萎んできましたが
今日明日は札幌のライラック祭りの後半で
車で20分ほどの公園が会場になっています

そこには200種のライラックがあるので壮観ですが
今日出かけると駐車場も混んでいるはずですから祭りにはいきません

私の好みとしては 生活エリアの中の花が好きです
c0182775_1621042.jpg

自宅徒歩3分の地下鉄駅の出入り口付近にも
白いライラックがありましたので
道路のカラーコーンといっしょに撮りました
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-06-02 17:30 | Minolta XD | Comments(0)

いかつい爺さんのおにぎり弁当

c0182775_1513254.jpg

土曜日のリハビリ散歩で会った人たちです

私がこの腰かけの左下隅に休んでいたら
まず 向こうにいるお二人が「端の席貸して下さいね~」とやってきました

ついで手前の 一見いかつい人が「ちょっとお邪魔しま~す」
と腰かけて弁当を広げました

黒眼鏡の奥は優しい目で 言葉も丁寧でした

この方々は私が腰かけてシャッターを切ったカットの
向こうに見える白い軽ワゴンから降りてきたのです
c0182775_15154812.jpg

私が
「皆さん元気にお身体を使って働けるのは良いですね
私は左側マヒしちゃってそうやって動けないんです
せめてこうしてマニュアルカメラ持ってリハビリ散歩です」
そういうと

「あぁそうですか でも見かけたらお元気そうで…
そうですか なるたけ手足動かされたらいいですよ そうですか」

「お食事中の写真1枚撮らせてください」

「へへ~ おにぎりですけどね どうぞどうぞ こんなんでいかったら」
というやりとりで撮りました

向こうのお二人はコンビニで買ったおにぎりでしたが
いかつい人は奥さんの作った内容豊かなおにぎり弁当でした

ただ 急いで撮ったので写真は後ピンになってしまいました
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-05-28 17:30 | Minolta XD | Comments(0)

スズラン

c0182775_18235851.jpg

マンションから徒歩1分の路端に咲きました

花があまりに小さいのでマクロレンズの撮影ですが
低い位置でファインダーをのぞくのは容易ではありません
c0182775_18274664.jpg

幸いに膝をつけばちょうど良い高さになります

下のカットは普通の中望遠レンズですから
寄るにも限度があるのでやはりマクロは強力です

今日は日曜日 孫の一家が札幌の公園で遊んだあと
我が家に寄ったので にぎやかな夕食になりました
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-05-27 18:34 | Minolta XD | Comments(0)

ズミの花とリハビリ夫婦との励まし合い

c0182775_16323569.jpg

バラ科リンゴ属のズミの花です

この樹は地下鉄一駅分札幌寄りの公園にあるのですが
今日は出来るだけ長い距離を歩くつもりで やって来ました

同じ属ですからリンゴの花によく似ていますが
もちろん樹木の姿も似ています
c0182775_16365947.jpg

ファインダーの向こうに気になるご夫婦が見えます

車椅子から奥さんが立ち上がるところですね

ご主人が奥さんを支えて歩行訓練を始めました
c0182775_16413347.jpg

奥さんの履物は間違いなく介護シューズです
c0182775_16593411.jpg

これは介護シューズのトップメーカー徳武産業の製品です

ご夫婦がこの小公園をゆっくりゆっくり一回りして着席したあと
「がんばってますね」と話しかけ 私の状況などを説明しました

この奥さんはやはり半年前に脳卒中で右片麻痺だそうです

ご主人の話によれば 奥さんはなかなか歩こうとしないそうで
こうして歩いても 歩幅の狭いすり足なので
とにかく歩幅を広げるようにアドバイスしている由でした

私は

一度マヒした身体は 健常者にとっては歯がゆいかもしれないですが
決して健常者の思うようにはいかないのが普通です

歩幅を広げるには 膝や腿を大きく出すなどとは考えずに
足の指をしっかり上に立てることを意識して踏み出し
かかとから地面につけるようにすると改善になりますよ

などと経験を披露しました

15分ほど話をして別れましたが
私も「がんばってくださいね」とご夫婦に励まされました
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-05-26 17:30 | Minolta XD | Comments(0)

声明(しょうみょう)レクチャーコンサート

c0182775_16331998.jpg

10年前に前任校で実施した仏教音楽を中心にしたコンサートです

「仏教声楽に聴く漢字音」という大きな国際シンポジウムを主催しました

この画像は同じ「般若心経」を
天台宗の呉音・韓国語・黄檗宗の宋音・中国語
それぞれで読誦してもらったときの黄檗宗の皆さんです

さらには同じ「大悲心陀羅尼」を
真言宗の漢音・韓国語・黄檗宗の宋音・中国語
それぞれの読み方で読んでもらいました

日本では宗派によって少しずつ読み方が異なりますが
韓国語でも中国語でも全国で同じ発音で読み
方言で読むこともないとのことでした

私は 北京のお寺でも広東のお寺でも共通語で読むのかと聞きましたら
お寺で読経の教育はせず全て共通語の「仏教学院」で教育するから
中国全土で共通語で読むのだと答えてくれました

むしろ逆に 中国と韓国の僧侶たちが 同じ日本の僧侶でありながら
日本では響きのはっきり異なる読経をしていることに目をむいていました

このコンサートではもう一つ十二世紀初め 平安時代に行われた
「管弦法要」の画期的な復元演奏がありました
c0182775_1711028.jpg

復元作業を行い 自ら演じてくださったのは
左端におられる真言声明(しょうみょう)の第一人者・新井弘順師です

会場は平安時代の法要もかくやと
1000年前の管弦の響きに耳を傾けました

このシンポジウムを思い出したのは
先日来立て続けに葬儀の導師を勤めた檀那寺の僧侶が
真言声明の名手であって 武道館での演奏会にも参加した経験がある
そう聞いたことがあるからです
(若いころはロックバンドに明け暮れた由)

先週は副導師が年配なので読誦にいま一つ精彩を欠きましたが
今週の副導師は導師に勝るとも劣らぬ美声でしたので
ふたりの読誦が大変見事な響きを聞かせてくれました
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-03-15 17:30 | Minolta XD | Comments(0)

現在の晋陽飯荘と86年の晋陽飯荘

c0182775_2111614.jpg

現在の晋陽飯荘は大きなビルになっています

86年にはこういう建物でした
c0182775_21125993.jpg

何十人も会食できるような部屋は無く
一部屋にせいぜい八仙卓が二つほどの部屋しかなかったのです
c0182775_21175812.jpg

この部屋の建材が清朝時期のままだとは考えられませんが
部屋のこの扁額が嬉しかったです
c0182775_21204572.jpg

能書家の啓功の筆で「閲微草堂舊址」とあります

「閲微草堂」は紀昀の書斎の名前ですから
この部屋が書斎であったことを示します

これは見たら もう料理などはどうでもよくなりました
(晋陽飯荘のHPを見る限り 今はここでは会食できないようです)

廊下には郭沫若の題字もありました
c0182775_2136292.jpg
c0182775_15285036.jpg
by zuoteng_jin | 2018-01-15 21:44 | Minolta XD | Comments(0)

晩秋のウトナイ湖と非渡り白鳥

c0182775_17113278.jpg

苫小牧のウトナイ湖は水深が2mもない浅い沼です

渡り鳥が飛来する季節になると
オオハクチョウやマガン数万羽が羽根を休める場所です

しかし餌付けもしているので非渡りの白鳥もいます
c0182775_171625.jpg

つがいの一組と灰色の幼鳥もいましたが
幼鳥はレンズの画角外に出てしまい
なかなか近づいてくれませんでした

今シーズンの渡りの飛来があったら撮影に行ってみようかと思っています

湖畔に道の駅ウトナイ湖があるので
休憩がてら観察する人がいました
c0182775_17224798.jpg

c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-11-01 17:27 | Minolta XD | Comments(0)