人気ブログランキング |

カテゴリ:Minolta HIMATIC E( 167 )

冬のプラタナスと芝生の足跡

冬のプラタナスと芝生の足跡_c0182775_17143267.jpg

プラタナスはほとんど葉が散っていますがチラホラ残っています

そのほうがむしろ裸木よりも寒く感じます
冬のプラタナスと芝生の足跡_c0182775_17253952.jpg

子供たちは芝生の上の雪を踏んで歩くのが好きなんですね

雪が完全に路面を覆うまではウィンド・ウオッシャー液が大活躍で
今日はオートバックスで安売りを4L調達してきました

春夏秋は原液の2倍の水で希釈しますが
それだと冬はタンクの中で凍って役に立ちません

北海道で買うのはマイナス30度でも不凍の性能が普通です

その原液ではなくても濃度は濃くするので減りが早いのです

オートバックスでは特別価格にする代わりに一人2Lボトル1本限りでした

そこで私が買った後 ちょっと間をおいて
奥さんにもう1本買ってもらいました

これでこの冬のウィンド・ウオッシャー液は安心です
冬のプラタナスと芝生の足跡_c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-12-07 17:52 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

足元の雪対策

足元の雪対策_c0182775_1544928.jpg

これは初雪三日後11月17日の撮影です

このカップルは雪上シューズを履いてランニングしていました

雪上シューズでなければこんな下り坂を走ることは出来ません

雪が降ると 我々のような杖突き老人にとっては
たとえば駐車場の出入り口が危ないです
足元の雪対策_c0182775_1584837.jpg

出入りのタイヤの圧力で路面が一層滑りやすくなります

靴はともかく今日はステッキの石突にスパイクを装着しました
足元の雪対策_c0182775_15143331.jpg

雪の上では上のような状態で使い
屋内では下のようにスパイクを跳ね上げて使います
足元の雪対策_c0182775_15163685.jpg

今のところは圧雪ツルツル路面は少ないのですが
スパイク無しの石突だとそこに雪が付着して
屋内のリノリュームなどに杖を突くと滑って危険なのです

そこで当面の間は 石突に雪が付着しないように
スパイクを利用しています
足元の雪対策_c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-11-29 17:30 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

飼い主を待つ老犬

飼い主を待つ老犬_c0182775_164319100.jpg

ショッピングセンターの入り口につながれています

買物の間にこうして待たされたのですが
飼い主の用事が済むのを待ち望む気持ちが表情に出ていますね

カメラを構える私には興味が無いようです

まあ犬は最古の家畜といわれるわけで
飼い主に支えられて種を保ってきたのですから
こうやって待ち構えるのは当然のことかもしれません
飼い主を待つ老犬_c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-11-21 17:30 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

5日前の初雪の小景

5日前の初雪の小景_c0182775_18524860.jpg

11月15日に降った初雪です

あえて飛び石を踏まずに歩いた人がいるようですが
歩幅を考えると子供ではないようです

大人もはしゃいでみたくなるのかも知れません
5日前の初雪の小景_c0182775_18563038.jpg

ツツジの枝葉に降りかかった雪も この程度ですと風情になります

初雪はほとんど融けていますが
いったん融けた雪が路面でブラックアイスバーンになるので
朝晩の運転は注意が必要です
5日前の初雪の小景_c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-11-20 19:04 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

雪景色の枯れた紫陽花と最後の開花状態

雪景色の枯れた紫陽花と最後の開花状態_c0182775_1612218.jpg

最後の紫陽花が雪の中で枯れていました

枯れつつも吹きつける冷風に耐えていますね

四五日前にはまだ開花状態を保っていました
雪景色の枯れた紫陽花と最後の開花状態_c0182775_1616338.jpg

雪が降ったらどのカメラを持ち出そうかと考えましたが
たまたまフィルムが入っていたこの機材だと
降雪前と降雪後の同じ被写体が撮れると思い直してこれを持ち出しました

露出の電子回路とフィルム巻上げ機構だけが生きている母艦に
他のジャンク個体からレンズとファインダーユニットを移植したものです

距離計も正確ですし プログラム露出も信頼がおけます

ただ手振れ警告パイロットランプが点灯しないのが残念です

冬の間に時間をかけて
導線半田付け作業をやってみようかと思っています
雪景色の枯れた紫陽花と最後の開花状態_c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-11-17 17:30 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

オリジナルTシャツ工房

オリジナルTシャツ工房_c0182775_16353598.jpg

朝夕や日中でも日陰に入ると半袖Tシャツでは肌寒くなりました

今朝の最低気温は14.7度でしたが
日中の最高気温は27度まで上がりました

気温は高かったのですが 湿度は30%未満で過ごしやすいです

このオリジナルTシャツ工房
行きつけのソバ屋まで往復する道の途中にあります
オリジナルTシャツ工房_c0182775_16441995.jpg

この道を歩くのですがTシャツ工房は向こうの白い建物で
出入り口はその裏にあります

小さい工房ですが札幌では良く知られているそうで
個人で1枚作ってもらうというものではなく
スポーツクラブや飲食店のユニホームなどが多いようです

たとえばラーメン屋の黒いTシャツなんかがそうですね
(個人的にはラーメン屋の黒Tシャツは好みませんが)

今日のお昼もリハビリ散歩を兼ね
上の画像を撮った道を歩いてソバを食べてきました
オリジナルTシャツ工房_c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-09-04 17:30 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

ソフトクリームと浴衣

ソフトクリームと浴衣_c0182775_18213698.jpg

今日のように気温27度になるとソフトクリームが人気です

ここの赤井川村山中牧場のソフトクリームは
ナチュラルな美味しさで 私も好きです

買って店内のベンチでいただく人も多いですが
我が家では自宅に持ち帰ります

先日も1個買って持ち帰ったのですが
右手で杖を突き 左手にクリームコーンを支えて歩くのは
なかなかな理学療法訓練になります

帰宅するとクリームの角が少し丸くなりつつも
崩れはしませんでした

2個買うと簡易なアイスボックスに入れてくれますが
我が家のような老人夫婦では1個を二人でいただく程度で良いのです
ソフトクリームと浴衣_c0182775_18311691.jpg

この春 ショッピングセンター2階に開店した「しまむら」は
2階回廊に浴衣のディスプレイを出して集客を試みています

北海道はここからひと月ほどが盛夏です

短い夏を享受しなければと思います
ソフトクリームと浴衣_c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-07-09 18:38 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

猛々しい雑草と廃アパートと解体作業

猛々しい雑草と廃アパートと解体作業_c0182775_15575895.jpg

夏たけなわで雑草が猛々しく廃アパートを襲いそうです

このあたりの民間アパートは築30年以上になっていますので
解体されるのがちらほらあります(↓ VITESSA L Ultron F2)
猛々しい雑草と廃アパートと解体作業_c0182775_1623548.jpg

1枚目も2枚目もリハビリ散歩を兼ねて
手打ちそば屋まで往復する途中にありますが
2枚目のアパートは数日前から解体されています
猛々しい雑草と廃アパートと解体作業_c0182775_1673970.jpg

この跡地に何が建つのか 気になるところですが
アパート需要は見込めないので
小さいマンションか商店だろうと思われます

それにしても 人の作ったものは朽ちてゆくのに
雑草のたくましさには気圧される思いです
猛々しい雑草と廃アパートと解体作業_c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-07-08 17:30 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

洋食店ローリエの再起動

洋食店ローリエの再起動_c0182775_16134611.jpg
札幌元町洋食レストランのローリエです

一昨年の5月に初訪問して以来 何度か通いましたが
昨年秋に訪問した時には シェフが厨房にいらっしゃらなく
ホール担当者も変わっていてちょっとがっかりしたことがありました

昨日革製品リペアカンパニーというバッグ修理店に行きましたが
その修理店はローリエから車で3分の場所でした

そこで 久しぶりにローリエに行ってみました

何と シェフはお元気に厨房におられたのです

昨年の一時休業やその後の混乱は ご自身ではなく
ご家族に何かトラブルがあったのだと推測されます

ただメニューはこの4月に整理して
ハンバーグ・オムライス・エビフライ・コロッケ・ビーフカツ
そういうメインディッシュを中心にしたシンプルな構成に変わりました

それからかなり積極的にSNSに対応してスマホアプリなどを開発し
料理写真を twitterやfacebookやInstagramに投稿したら
ドリンク一杯サービスします ということもやり始めました

それはともかく 昨日はビーフカツとエビフライをいただきましたが
たいへん結構でした

ビーフカツのデミグラスソースはファミレスのソースなどとは
比べるのも愚かという旨さでした

機会をみつけて またご馳走になりに伺いたいと思います
洋食店ローリエの再起動_c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-07-07 17:30 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

最前列からスナップしたアカペラ・フェスの熱唱

最前列からスナップしたアカペラ・フェスの熱唱_c0182775_12321593.jpg

先週おこなわれたハモサツすなわちアカペラ・フェスのスナップです

かぶりつきですから歌い手が気にするといけないので
ファインダーを覗いて撮るわけにはゆきません

機材もシャッター音がほとんど聴こえないものにしました

カメラを太ももに置いて 距離は適当に目測で合わせます(AFなど無いころの機材)

先週のブログに追加したフェス公式ツイッターの写真に私の後ろ姿が写っていて
ちょうど今日掲げたグループを撮っている最中ですが そうは見えませんね

問題はフレーミングですが 太もものカメラを上から見て
適当にレンズの左右方向と上下角度を決めて保持するだけです

まあ かろうじてフィルムに収まってくれました
最前列からスナップしたアカペラ・フェスの熱唱_c0182775_1234153.jpg

この北海道大グループも右端のパーカッションと中央のベースが上手でした

後で分かりましたが ベストパーカッショニストを受賞したのは上の右端の彼です

優勝グループ(北海学園大)のメインヴォーカルはベストヴォーカリスト賞も獲ました
最前列からスナップしたアカペラ・フェスの熱唱_c0182775_1431107.jpg

優勝グループのベースもベストベーシストだったのですが
画面に収まりませんでした

まさか最前列に腰かけるとは思わなかったので
焦点距離40mmだと画角がちょっと狭かったです

35mmレンズのほうが良かったようですが レンズ交換式ではないのです
最前列からスナップしたアカペラ・フェスの熱唱_c0182775_12354916.jpg

上のコマだけは歌い手がこちらを見ていないし
カメラ位置を高くするためにファインダーをのぞきました

室蘭工業大学のグループですが男声のみはここだけでした

モノクロフィルムによるノーファインダー撮影ですが
熱唱ぶりは写しとめられたかと思います
最前列からスナップしたアカペラ・フェスの熱唱_c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-02-24 17:00 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)