カテゴリ:Leitz Minolta CL( 88 )

1983年の故郷の裏山と炭砿病院

c0182775_16503311.jpg

小中学生のころ親友たちと遊んだ裏山です

この故郷を離れて18年後に来てみたので
見上げる弟も感慨深げでした

冬になると画面中央あたりの位置にジャンプ台を作って遊びました

この山の斜面が我々のホームゲレンデだったのです

上から滑り降りてきて 手前の川を飛び越えるなんてこともやりましたが
弟がジャンプに失敗して川に飛び込むこともありました

この写真を撮ったころからさらに15年ほど前には
画面右側の山体が頂上から山崩れを起こして
その川をふさぐという事故もありました

炭鉱住宅一棟が滑り落ちる土砂にじわじわと埋まる様子を見ていました
c0182775_17112625.jpg

この写真の右端の一棟が土砂にのみこまれたのです

このパネルは2010年に
三笠市立博物館の特別展示で見かけたものです

裏山の右手画面外の八合目付近から撮ったものらしいです

パネルの右上の方に鉄筋アパート
左上の方に炭砿病院が確認できます

新栄町という名前が見えますが 俗に病院下とも言われたものです

1983年にはすでに廃院になった炭砿病院の正面入り口は
下の写真のように残っていました

北海道炭鉱汽船株式会社のマークが見えます
c0182775_17202451.jpg

子供のころは山で遊んでウルシかぶれになっては
この病院でチンク油という白い消炎剤を塗ってもらったものです

それと当時よく流行ったトラホーム(トラコーマ)の治療もここで
マブタをひっくり返してガラス棒に着けた抗生物質を塗ってもらいました

弟や親友たちとの思い出が次から次へとよみがえってきます
c0182775_1741205.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-10-13 17:41 | Leitz Minolta CL | Comments(0)

1983年の炭住周辺と55年前の弟と親友たち

c0182775_16511583.jpg

炭住街区には1棟だけ鉄筋コンクリートの住宅がありました

この周辺は我々の遊び場でした
c0182775_170575.jpg

鉄筋アパートの裏で撮ってもらった55年前の写真です

またのぞきのバカな格好をしているのが私で
下から二番目が小6の弟で ほかの三人が
昨日今日と弟の葬儀に参列してくれた中学生の親友です

本当の家族葬でしたから 親友三人の参列はありがたかったと
一段落した義妹から電話がありました

一番下にいる親友の家は鉄筋アパートの右階段右の1階
上から二番目の親友の家は右階段左の3階がそれです

どちらの家にも我が家のようにしょっちゅう泊めてもらったものです
c0182775_17223394.jpg

上は4年前に札幌の我が家に集まった親友たちです

一番左の友人は(昔の一番下)
鮮魚中心にスーパーのコンサルタント会社を経営して
その関連で中国の養殖の視察に来て 北京で会ったこともあります

左二番目は(昔の上から二番目)
大学には行っていないのですが
東証一部上場企業の社長会長を歴任しました

二部上場へのトライから一部上場に至るまでの牽引車だった由です

右端は(昔の一番上)東京で職人たった一人の寿司店を営んで
鈴木大地・沢木耕太郎・久石譲・ハービー山口といったお客さんに愛されています
c0182775_17414920.jpg

その鉄筋アパートの前から見えたのは 炭鉱が経営する病院の裏手でした

65年にもなろうとする交友にとって
上の光景は大切な心の風景と言って良いかもしれません
c0182775_1741205.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-10-12 17:59 | Leitz Minolta CL | Comments(0)

1983年に弟と訪れた故郷の炭鉱住宅

c0182775_17154972.jpg

1950年ごろ我が家はもっと山奥の炭住長屋からここに引っ越しました

弟はここで生まれたはずです

それ以前の住宅は「幸せの黄色いハンカチ」に出てくるような長屋でした

私が高校3年 弟が高校1年の春まで
ほぼ15年間をここで暮らしたのです

八畳一間 六畳一間 四畳半一間 それに二畳ほどの台所がありました

祖母と両親と姉二人と我々兄弟の七人家族でした

1983年 私が35歳 弟が33歳の8月に
二人でここを訪問してみたのです

上の写真に見えるようにまだ鉱員の家族が住んでいました

中学校は廃校になっていましたが
建物はまだあり 思い出深い体育館もありました
c0182775_1726577.jpg

こんなネガが出てきたのは 今回の地震被害の復旧作業で
古い写真やネガを整理している過程で見つけたからです

期せずしていま通夜式の最中の弟も写っています

亡くなってみれば これがほぼ人生の折り返し点でした
c0182775_1734284.jpg

私は残念ながら葬儀には参列できませんが
ともにこの中学校で過ごした親友三人が出てくれています

明日はその親友たちの住居跡や一緒に遊んだあたりを投稿します
c0182775_1741205.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-10-11 17:49 | Leitz Minolta CL | Comments(0)

昔の北京の黄砂対策と中国古典は腰だめで読めの教え

c0182775_23251376.jpg

1986年春の北京です

北京の黄砂は砂埃なんてものではなく
小石が頬にあたるすさまじさでした

このお母さんはナイロン製の薄布を
テルテル坊主のように子供たちの頭にかけています

この年 キャップのつばにナイロン布を取り付けた
黄砂対策帽を売り出した人がひと財産きずいたと言います

しかしまだこのテルテル坊主スタイルが主流で
この頭で自転車をこぐ隊列は壮観でした

ところで昨日 漢詩漢文は
芭蕉の提唱する「軽み」俳句とは対極の感性で読むと言いました

それで思い出したのが難読の文献を読解することでは
世界的な業績を上げられた入矢義高(いりやよしたか)という先生の教えです

名古屋大学 のちに京都大学の先生でしたが
私の直接の恩師の先生です

私も大学院生時代に非常勤集中講義に来ていただいて
一週間みっちりと講義を受けたことがあります

入矢先生の教えの中で 受講生たちによく知られたものに
「中国古典は腰だめで読め」というのがあります

腰だめというのは マシンガンの銃床を腰部に構えて
狙いをつけずに射撃することです

めくら打ちでも良いからとにかく打てという意味でもありますが
入矢先生のおっしゃる腰だめは
腰をしっかり据え 重心をゆるぎなくして打て
というような意味ではなかったかと思っています

少なくても私には 軽みが尊重される俳句の鑑賞に
腰だめというイメージはありません

それはともかく 30年前のコダクローム64が
今でも素晴らしい発色を保っているのに驚きました

コダックのポジフィルム(スライドフィルム)はもう使えなくなりましたね
残念なことです

北京の黄砂はひどかったですが
現代のPM2.5よりははるかにましだと思います
c0182775_1741205.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-05-11 18:36 | Leitz Minolta CL | Comments(0)

弥生三月ひなあられと古稀会食会

c0182775_17181719.jpg

三月ですね

今日はかねてからお招きのあった会食会に出てきました

かつて学部から大学院を通して研究者に育て上げ
今は大学の教授・准教授になっている指導生たちが
家族と一緒に三組集まり 私の古稀を祝ってくれました

指導教授と受講生だった時には
大学内の裏事情などは話題に出来ませんが
いまやむしろそういう話題が共通になっています

うち二人は私の前任校の教壇に立っていますが
私の全くタッチしなかった人事ですから
彼らの実力でポストを得たのです

しかも彼らはそれぞれ単に大学の教員としてだけでなく
学界のなかでも色々と頼りにされる存在になっていて
指導教授として頼もしく思います

彼らと話していると20年前の自分に戻れるのがありがたいです
c0182775_1741205.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-03-01 17:53 | Leitz Minolta CL | Comments(0)

携帯・スマホの買い替えシーズンと学生の通信費

c0182775_176594.jpg

どこにでもあるようなドコモショップです

この反対側には Y! mobile のショップもありますので
リハビリウオークで通りかかるとやたらに勧誘されます

この季節は進学や就職を機に
携帯・スマホを買い替える需要があります

今シーズンは各社が料金設定の学割をアピールしていますが
キャリア会社が損をするわけはないので
親も一緒に契約しないとならいようなのもあるそうです

それはともかく 学生さんの通信費が安くなるのは歓迎です

最近の学生諸君は通信費にお金がかかるので
外国語の辞書を買う余裕がありません

まして国語辞書などは
スマホに最初から積んである貧弱な辞書アプリで済ませます

それでは役に立たないから
紙の辞書を持ってくるように指示したところ
先生の手元に余っている古い辞書を下げ渡してください
そう言ってきた学生がいて 古い版を進呈したこともあります
c0182775_1741205.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-02-18 17:43 | Leitz Minolta CL | Comments(0)

雪国のカラフルなゴム長

c0182775_1627827.jpg

いつも歩くショッピングセンターの中です

流石に雪国のゴム長ですね カラフルです

それでもシーズンが終わりに近づいて 30%OFF になりました

今日の午前中
まだ松葉杖が必要な息子の通院のアッシーをつとめました

苫小牧市の東の端から西の端の病院までの往復でした

苫小牧はふだん雪の少ない土地柄なので
ゴム長以外の冬靴は持たない由でしたから
病院の帰りに冬靴を一足買ってやりました

この三四日の暖かさで幹線道路は凍結もなくドライでした

午後4時の札幌はプラス4度ですが
予報では明日の夜からまた冴えかえり
週末は冬型で吹雪くと言っています
c0182775_1741205.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-02-16 17:25 | Leitz Minolta CL | Comments(0)

雪山に立つ子供たち

c0182775_1803958.jpg

鳥取では1メートル近い積雪だそうです

ほとんど経験のない積雪で
生活のあちこちに影響が出ている由

札幌周辺ではそれほど荒れる天候ではなく
子供たちも元気に外で遊んでいます

日本海側の積雪被害が出ないことを祈りつつ
ブログを投稿しますが
エキサイトのシステムが不具合で操作が乱れますから
今日はこの辺で
c0182775_1741205.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-02-11 18:08 | Leitz Minolta CL | Comments(0)

白玉の歯に沁みとおる秋の夜は…『酒場図鑑』を読む

c0182775_20123219.jpg

秋も深まってきました

白玉の歯に沁みとおる秋の夜は酒は静かに飲むべかりけり(牧水)

facebook の友人が『酒場図鑑』という本を出しました

下戸の私が楽しんで一気に読了してしまうほど面白かったです

著者の小寺氏はリンクを張っている辻井農園の主人の
小学以来の同級生ということで知り合いました

この本の書評がさっそく辻井農園「現代田んぼ生活」に載りました

辻井氏は親しい友人だけあって
これ以上に何かを言う余地はないほど見事な批評です

ただ「酒も飲みつつ、台所でぱぱっと冷奴なんかに薬味をのせて
少しアルコールの勢いも借りて書いています」というのは
そうかもしれませんが 私の印象は それにもかかわらず
この本の文体は「酒にも自己にも酔っていない」というものです

一言で言うと文体の格調が低俗ではありません

酒食に関する文章が低俗な文体だと すぐに嫌になります
(低俗な文体の見本は「食べログ」にいくらでもあります)

詳しい内容は忘れましたが
昔読んだキングズレイ・エイミスの『酒について』(吉行淳之介訳)
をふっと思い出しました

どちらも 実用的な情報を語っていながら
読み物としてかなり面白い本だったからでしょうか

本を閉じて思ったことは 来世こそは
お酒の飲める人間に生まれて来たいということです

そしてどこかの居酒屋の常連になってみたい

いくら本が面白くても
酒場の楽しみが 読むだけというのは
何としても 悔しいです
c0182775_17511137.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-10-09 17:00 | Leitz Minolta CL | Comments(0)

大谷地神社秋祭を楽しむ大人たち

c0182775_18273421.jpg

秋分の日に秋祭りを楽しむ大人たちです

前にカラーで秋祭りを楽しむ少年少女を掲げましたが
今日はモノクロ現像が仕上がりましたので
モノクロをアップロードします

大人だって外で飲み食いできるのは楽しいですよ

c0182775_1835475.jpg

1コマ目も2コマ目も
テーブルの上にささやかな食べ物というのが
下品に満載するより何故か共感できます

c0182775_18384519.jpg

たこ焼きはすでに関西から全国フードになり
お祭りには欠かせないものになりました

c0182775_18422042.jpg

最後は北星学園大学に来ている中国からの留学生です

ちょっと立ち話をして撮らせてもらいましたが
日本のお祭りも楽しいといってご機嫌でした
c0182775_17511137.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-10-01 18:48 | Leitz Minolta CL | Comments(0)