人気ブログランキング |

カテゴリ:Minolta CLE( 156 )

琴似神社の荒れた側面と弟の一年祭無事終了

c0182775_21393556.jpg

境内には屯田兵屋があります

前に紹介した兵屋の近くに建っていたものを移築したものです

しかし貼紙があって 老朽化のために危険なので
内部は公開しないという意味の断りがありました

なんとなく投げやりな感じがありましたが 更に進んでゆくと
まだ放置してあるのかと驚くものがありました
c0182775_21465155.jpg

これは境内に1923年(大正13年)に建立され
1998年(平成10年)9月に老朽化のため撤去された
屯田五十年記念塔です

20年間もこうして放置されていたわけです

古く格式のある神社ですが どことなく荒れた雰囲気を感じました
c0182775_2152357.jpg

とはいえ こうしておみくじを引く若い参拝客もありました

以下はスマホによる追記ですが
フォントサイズを自由に指定出来ないので
ちょっと小さくなります

天候が危ぶまれるなか 弟の一年祭が無事に終わりました

墓石の前に小さな祭壇をもうけて神主が祝詞を捧げる方式なので
雨の降らないうちにと少し早めに行なったのです

家族の他には 我々夫婦と 故郷の竹馬の友三人が参列しました

直会の席では 友人と私とで中学時代の思い出にたっぷりと浸りました

きっと弟もその脇に来て
我々の他愛のない話を聞いていたに違いないねと
口々に言い交わしながらのひとときでした


c0182775_1824659.jpg


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-10-06 17:30 | Minolta CLE | Comments(0)

琴似神社の境内

c0182775_20184972.jpg

琴似神社は境内の奥行きが深い神社です

大鳥居をくぐると 上の写真のような中鳥居があります

それをくぐると 神門(桜門)がありました
c0182775_2024199.jpg

これがあるのは格式が高い神社ですね

神門の先にやっと拝殿があります
c0182775_20281322.jpg

本殿の前に「古殿地」の表示があるところをみると
昔は「古殿地」の位置に拝殿とその奥に本殿が別にあったのが
今は拝殿と本殿が一体になったような気がします

今回はこの社の後ろに本殿があるのは確認できませんでした

琴似神社は明治8年に屯田兵が入植した時に
屯田兵出身地の仙台南部の亘理潘の藩祖を祭ったのが起源だそうで
いわば 北海道開拓の依りどころの一つがここだったわけです

ところで私は今 昨年亡くなった弟の一年祭のために
埼玉のホテルにいます

気温15度の札幌から30度の埼玉ですからちょっとこたえます
c0182775_1824659.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-10-05 17:30 | Minolta CLE | Comments(0)

琴似神社の鳥居と輸入牛肉の不安

c0182775_17174655.jpg

先週義妹の入院見舞いに出かけて寄ってみました

この神社の様子についてはいずれ紹介しますが
鳥居の前を通り過ぎてすぐのところに
人目を引く大きなポスターがあります
c0182775_1723440.jpg

ここのハンバーグステーキは道産牛をうたっていませんね

おそらく輸入牛だと思いますが アベはトランプとの農業交渉で
アメリカの牛肉を大量に輸入することを約束しました

トランプが米国農業の大勝利だとカメラの前で吠えたその隣で
英語の分からぬアベが 大敗北にもかかわらず
ニコニコとバカ面をさらしていました

しかも日本向けには その交渉は
ウインウインの好結果だったとのたまったのです

米国牛は成長ホルモンをたっぷり与えたものなので
EUは厳しい制限を課しています

アメリカはヨーロッパで売れない米国牛を日本に押し付けました

このホルモン牛は外食産業に流される由です

我々のような老人はともかく
孫たちの世代の外食が気になります

ところで義妹の入院リハビリは順調で
来週土曜日には退院することが決定しました
c0182775_1824659.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-10-04 17:47 | Minolta CLE | Comments(0)

サクラの紅葉と暑いのか涼しいのか迷走する夏

c0182775_1881944.jpg

10日ほど前の撮影です

切り通しの中に植わっているサクラで 毎年いち早く紅葉します

向うの建物は外装修理中の北星学園大学です

今日は前期授業15週のうちの14週目でした

学部の講読授業は予定通りに消化でき
来週は確認テストを予定しています

大学院は明日提出予定の修士論文の最終指導でした

気分は夏休みのはずですが 蒸し暑かったり
ちょっと風が吹くと冷え冷えとしたり
暑いのか涼しいのか 対応に迷う空模様です

この先は台風の心配も加わりますが
災害の無い夏秋になることを祈っています
c0182775_1824659.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-07-23 18:24 | Minolta CLE | Comments(0)

厚別川のパークゴルファーと古語「までに」の調査

c0182775_162721.jpg

厚別川の土手から川原でくつろぐパークゴルファーが見えました

川原にはパークゴルフコースがあって
リタイヤしたゴルファーがいつもプレーを楽しんでいます
c0182775_16304768.jpg

雨模様の今日はリハビリ散歩もままならず古い漢籍をめくっては
気になる訓法をチェックする作業をしていました

最近はたとえば「夕べまでに」のように「~までに」
という送り仮名を送っていた事例を集めています

後世になると「夕べまで」「夕べに」と読まれるようになるものが
平安中期以前の古い読み方では「夕べまでに」となっていたのです

こういう語形は「源氏物語」や「枕草子」などには出てこない
漢文訓読=読み言葉に独特な語形なのです

漢籍の古訓調査は 国立国会図書館のデジタルコレクションに
古い刊本の画像公開をしているので 効率が格段に良くなりました

特に 北海道のように古籍が簡単にみられない地方での研究には
大変ありがたいことです

ただし漢籍のテキストデータベースを使っても
「夕べまでに」の「までに」の検索は出来ません

原文の「夕」には「までに」が送られそうだから
とりあえず「夕」がどこにあるかを検索するしかないのです

まあ老人仕事 コツコツゆっくりやりましょう
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-07-19 17:30 | Minolta CLE | Comments(0)

エゾネギと筆圧の無い学生の手書き文字

c0182775_15151191.jpg

エゾネギあるいはチャイブが並んでいます

食用のアサツキはこの変種らしいですね

したがってチャイブの茎も食べられるそうです

ところで 一昨日ゲスト講義を行った理学療法概論は
90名ほどの受講生がいましたが
昨日はその受講生が書いたA4判一枚の手書き感想文を読みました

2013年の着任以来 毎年1回行なっている講義で
今年は7回目になります

受講感想文は最初の年から読んでいて
少しずつ受講生の作文力が落ちてきているのを感じていました

ところが今回驚いたのは
手書き文字が読めないものがかなりあったことです

決してグチャグチャと汚いのとは違って
ほとんど筆圧が感じられない手書きなのでした

シャープペンシルのキャップ端を軽く指先でつまんで
用紙のうえで芯を引きずり回したような筆圧なのです

そういう手書き文字が
90名の半数以上もあるのはどうしたことでしょう

彼ら彼女らが小学校でどうしていたのか
どうも私には想像もつかない光景です
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-07-18 17:30 | Minolta CLE | Comments(0)

ラベンダーと写真に撮る娘

c0182775_17561555.jpg

昨日のリハビリ散歩で見かけました

富良野まで出かけなくとも
徒歩7~8分の近所で見られるのは嬉しいです

今にも雨が降りそうでしたが
リハビリにはとにかく歩くことが大事ですから
1時間半ほど歩き回りました

帰宅するころに降り出しましたが 濡れるほどでないのが幸いでした

ラベンダーに近づいて写真を撮っている娘さんがいました
c0182775_1842111.jpg

おっと 向うのお父さんの視線は その娘さんにではなく
間違いなく私の方に注がれています
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-07-16 18:12 | Minolta CLE | Comments(0)

マンションの蝦夷山桜と孫の単独宿泊

c0182775_17223164.jpg

マンション内の蝦夷山桜が満開です

今日はこんな感じですが 染井吉野と違って
明日になればもっと葉が増えてきます
c0182775_17212345.jpg

葉の多い山桜を撮るのはけっこう難しくて
うまく撮れた記憶はありません
c0182775_1725360.jpg

ところで昨晩 小三の孫は 父母を自宅に返して
単独で我が家に宿泊しました

一晩 私の隣のベッドで寝ましたが さすがにもう寂しがることはありません

それにはわけがあって 地元では放映していない「東映マンガ祭」の映画を
今日になって札幌のシネコンで見に行くためでした

昼から4本セットのマンガ祭に付き合いましたが
老人も没頭して見れば あっという間に終わってしまいます

それはともかく一人で泊まれるようになったのは
確実に成長の証しと言えることでした
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-04-29 17:39 | Minolta CLE | Comments(0)

たい焼き屋と餡子好きのお婆さん

c0182775_16312021.jpg

このガラス仕切りのすぐ向こう手前にたい焼き器があります

焼き上がったたい焼きは 売り子さんの立っている平台に並べられます
(たい焼き噐と平台はリンク先の2枚目です)

ここのたい焼きの餡は 小豆の旨さで食べさせるもので
不要な甘さが無いので気に入っています

ここでたい焼きを売るようになってちょうど2年目になりますね

たい焼きを思い出したのは
昨日たい焼き屋さんの近くでラーメンを食べていた時に
となりのテーブルにいたお婆さんと娘さんの会話が耳に入ったからです

ふたりはラーメンをすすりながら
都心のデパートのチラシをテーブルに置いて
九州沖縄物産展で何を買うかの打ち合わせをしていました

お婆さんは何か和菓子が欲しいらしいのですが
娘さんは何度も「餡子物はもう冷蔵庫に一杯入ってるからもういいッしょ」
そう繰り返すのでした

そして「いいもの売切れたら あれだから 急ごう」
そう言ってそそくさと席を立ちました
c0182775_1824659.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-03-29 17:30 | Minolta CLE | Comments(0)

八百屋の新規開店

c0182775_16321531.jpg

ショッピングセンター催事場に近い場所に八百屋さんが新規開店します

手前の人は内装業者で 向こうの人が八百屋の社員です

つまり内装工事と商品展示の準備とが同時並行で進行していました

この突貫準備が功を奏したのか 予定通り本日開店しました
c0182775_1704728.jpg

「心美菜果」といいますが
このパーテーションカーテンに見えるような語源のようです

すぐそばのスーパーと大差ない仕入れのようですが
ちょっと鮮度が高くその分少し手段が高いというのが
うちの奥さんの検分報告でした

しかしスーパーの方も今日は野菜の棚に気合が入っていたそうで
相乗効果が生じるのは消費者にとってありがたいことです
c0182775_1824659.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-03-25 17:30 | Minolta CLE | Comments(0)