人気ブログランキング |

カテゴリ:Nikon FE2( 44 )

連翹

c0182775_1838693.jpg

もう半月ほど前の連翹です

ライラックが開き始めましたので 連翹を急いで掲載します

ただ透過光で連翹を撮るのはなかなか難しいものです
c0182775_18432568.jpg

ハイライトに強いカラースコパーを使いましたが(2・3枚目は VITESSA T 付属レンズ)
見た目のような連翹に写ってはくれません
c0182775_18453931.jpg

ライラックはどのレンズで撮ろうか
今からちょっと悩みつつ楽しみです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-05-15 18:52 | Nikon FE2 | Comments(0)

モクレン色々

c0182775_1824546.jpg

マンションのモクレンがほとんど満開になりました

撮影中にこの右手前方にある駐車場ビルから出てきたご婦人が
撮影の邪魔をしないようにちょっと立ち止まって
「きれいに咲きましたね」と見上げました

モクレンは中国では辛夷と書きますが
日本語の辛夷はコブシですね

戸建て住宅には剪定してしまって枝がほとんどなく
幹と花だけのようなモクレンがありました
c0182775_1831954.jpg

これらはハクモクレンですがムラサキモクレンもありますね
c0182775_18331814.jpg

大変日当たりの良い樹なので すっかり開ききって
もはや散る寸前の花びらです

長い冬が去って色んな花が咲きますが
まるで駈足のように咲いては散ります
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-05-07 18:40 | Nikon FE2 | Comments(0)

子供の日の家族たちと旧JR千歳線

c0182775_11345332.jpg

サイクリングロードを家族4人で楽しんでいます

この位置の桜は下の画面外・左方向にある小さなトンネルを抜けると見えるので
一層見栄えがします
c0182775_11392527.jpg

ソロのロードレーサーでこの下を通過した中年のお姉さんは
「あっらー すごくきれい↗だ↘ね~!」と
大きな独り言を発して走り去りました

「そだね~!」という返事がないのがもったいないような感想です

このサイクリングロードは昔は旧JR千歳線が通っていた鉄路でした

私の住むマンション最寄りの地下鉄駅は大谷地駅ですが
旧JR千歳線の大谷地駅はこのサイクリングロードを
西に1kmほど行った先にありました(1926-1972年)
c0182775_11533643.jpg

旧大谷地駅の駅舎やホームの跡地が
今は冒険公園という名の公園になっています
c0182775_11581226.jpg

冒険公園には親子連れが多かったのですが
率先して高いところに登る女の子が目立ちました

小学校低学年だと体力はまだ女子の方が上回っていますからね
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-05-06 17:30 | Nikon FE2 | Comments(0)

雪に耐えて春を待つ灌木と今日の積雪深

c0182775_12203654.jpg

ショッピングセンターの日陰の壁際です

雪に耐えてじっと我慢しているように見えますが
今年の雪は例年よりも まして昨年よりも30cmは深いのです
c0182775_122525.jpg

天気予報では今週あたりが降雪のピークになるらしいです

私の身体もリハビリ散歩がままならないので固まり気味です

せめて今日はと ショッピングセンターの回廊で
リハビリウオーキングをやってきました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-02-14 17:30 | Nikon FE2 | Comments(0)

冬期間走らぬ車と待機するレスキュー車

c0182775_19251212.jpg

この車は雪の降る間は乗るのをあきらめたようです

駐車場に置きっぱなしで雪ハネはしていません

今日は出勤時に高速道で事故があって そのあおりで一般道が渋滞しました

到着した時にちょうど午前の会議が終わった直後でした

午後は大学院の修士論文発表会と審査会があり
帰宅が午後6時過ぎになって ブログの更新が遅れました

ただ 途中の道路はトラブルもなく
下のように待機しているレスキュー車の出動などはありませんでした
c0182775_19363099.jpg

ここのレスキュー車はすべて№1というところに誇りが感じられます

天気予報によると明日からは歴史上未曾有の寒波がやってくるといいますが
幸い外出予定がないのでホッとしています
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-02-06 19:41 | Nikon FE2 | Comments(0)

大学生のグループとSNSつながりだけの危うさ

c0182775_16462034.jpg

サイゼリアの前に大学生が集まっています

こういう付き合いは大変に大事だと思います

今週のニュースで 薬科大学1年の女子学生が
ネットで知り合っただけの30代半ばの男に
千葉外房の海岸近くまで会いに行って
殺されるという事件がありました

殺した男が悪いのは当然ですが
この女子学生には その状況を話す
写真のような同級生との付き合いが無かったのでしょうか

人と人とが接触するというのはどういうものか
教科書で教えられるものではないですね

この写真のような友達付き合いが
まず基本になるのではないでしょうか
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-02-02 17:03 | Nikon FE2 | Comments(0)

几帳面な雪かきの跡とスノーダンプ

c0182775_1784314.jpg

几帳面に雪かきしていますね

これはスノーダンプによる作業ですが 下のような道具です
c0182775_17125716.jpg

当ブログ2013年11月18日に掲げた写真ですが
(BESSA R3A+ROKKOR-QF 40mm F1.7(M改造))
積雪地では必備の道具です

このシャベルに雪を乗せて運び ハンドルを押し上げてひっくり返します

雪の壁にハンドルの跡がワワワワワという具合に残っていますね

雪国の暮らしです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-02-01 17:33 | Nikon FE2 | Comments(0)

雪中の藤棚と亡弟の所感

c0182775_1771891.jpg

いつも見に行く戸建住宅の藤棚です

花がたわわにぶら下がっている頃にも行きますが
冬枯れの時にも行ってシャッターを切ります

昨年3月10日にも これを撮ってブログに掲げました

そのテキストに
「多年生植物は花や実や葉が落ちてしまっても
根がついていれば春が来たらまた芽吹きます
しかし人の命は後にも先にもたった一つしかないのだ云々」
と書きました

これを読んだ闘病中の弟から近況報告のメールが来て その中に
「照片画廊3月10日、多年生植物の話し、感じ入りました」
という一文がありました

3月10日からちょうど7か月後の10月10日に弟は身罷りました

この棚のそばを通るときには 決まって亡弟を思い出すことになります
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-01-30 17:30 | Nikon FE2 | Comments(0)

老人世帯の使わなくなったガレージ

c0182775_1712285.jpg

一昨日に屋根の雪下ろしをする老人の写真を掲げました

この戸建て住宅街は30~40年ほど前に宅地開発がなされたので
第一世代の世帯主は70歳から80歳過ぎになりました

ガレージを建てて自家用車で活動していたお宅だと思いますが
もはや運転免許を返上してしまったのでしょうか
ガレージ前の除雪がなされないままです

それでも人を雇ったものか ガレージの屋根には積もっていません

ここは街中ですが 郊外のポツンとした戸建てなどのお宅では
雪との戦いが色々なレベルで行なわれているはずです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-01-29 17:34 | Nikon FE2 | Comments(0)

歩けなくなったスロープと雪漕ぎの足跡

c0182775_17322883.jpg

雪のない時期によく行く公園とスロープです

ここは以前にも花を摘む老夫婦などを紹介しました

中央部分にある階段(手すりしか写っていませんが)から右手の方は
除雪されないので歩くことが出来ません

(タイトルの「歩けなくなった」はそういう意味で
私が無理をして歩いて歩けなくなったという意味ではありません)

私は敢えて下の階段を上って
左側のスロープを抜けるルートを選びました
c0182775_1738372.jpg

真ん中の深い足跡が階段下まで雪漕ぎをした足跡です

こういう雪漕ぎはマヒした足を引きずると前進は出来ません

つまり腿上げして歩くリハビリになるのですね

それには今シーズンあつらえた雪漕ぎブーツが威力を発揮しました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-01-28 17:54 | Nikon FE2 | Comments(0)