カテゴリ:Bessa R2A( 159 )

バスセンター前の横断歩道とリムジンバス

c0182775_16371244.jpg

この横断歩道の左手にバスセンターがあります

バスセンターからは新千歳空港までリムジンバスが出ていますが
我が家のマンションからバスセンターまでは徒歩で三分です

今日のフライトは機材到着が遅れたため
出発が三十分ほど遅れましたが無事に着きました

自宅を九時四十五分に出て
幕張のニューオータニホテルに午後四時にチェックイン出来ました

羽田空港からホテルまでは直通リムジンバスがあるので
まったく世話のかからない道中です

チェックインしてwifiに接続しようとしてすぐには繋がりませんでしたが
まずホテルのホームページに繋いでから
インターネットに出てゆく必要があるのでした

これから一休みしてから
歩いて数分のマンションに住む竹馬の友がやってきます

今晩は久し振りに彼と会食です
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-09-24 17:30 | Bessa R2A | Comments(0)

新装開店ドコモと携帯使用料金の選挙利用

c0182775_17372985.jpg

マンション隣のショッピングセンターにあるドコモです

リニューアル工事の9合目程度で地震に遭ったわけですが
予定通りに開店したようです

よく言われることですが 日本の携帯電話使用料金は
諸外国に比べると4割程度高いそうです

政権はそれに乗じて 総裁選挙前のこの時期に
官房長官が4割程度料金を下げられると
美味しい話をちらつかせる一方
沖縄県知事選の自公候補も選挙公約に料金値下げを掲げています

そもそも携帯電話の事業者は民業なわけですが
政府が民業の料金を選挙公約として値下げをアピールするというのは
あり得る話なのか 私にはにわかには納得できません

たとえば 私が当選した暁には電気料金を3割下げます
そういうことを約束して電気事業者はハイハイと従うものなのでしょうか

昨日の自民党総裁候補者のテレビ出演で
現総理大臣の低能無能ぶりが浮き彫りにされましたが
そういう陣営がエサとして撒く携帯使用料金の値下げなど
眉に唾して聞き置くべきものとしか思えません
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-09-18 18:04 | Bessa R2A | Comments(0)

木芙蓉と千歳サーモンパークの風倒木

c0182775_18154427.jpg

近所のサイクリングロードに木芙蓉が何株かあります

唐詩に出てくる芙蓉は一般的にはハスのことだと知ってから
陸の芙蓉は木芙蓉と書くようになりました

この株は台風21号が吹き荒れたときには
まだつぼみで 難を逃れたようです

先日千歳サーモンパークに行ってみたところ
きれいな小川が流れる公園が大変なことになっていました
c0182775_182658.jpg

イエロー・テープが張られて 立ち入り禁止ですが
向こう側に風倒木が見えます

さらに迂回して行ってみると あちこちで大きな欅が根こそぎ倒れていました
c0182775_18301888.jpg

こういう大木は一朝一夕には成らないのですから またこれを肥料にして
自然に新しい芽が出るのを期待するほかありません

書棚が倒壊して散乱した書籍は 中国のペーパーバックが多いので
上下巻や数巻にわたるものが多く なかなか一気には進みませんが
だいぶん取りまとめが出来てきました

脳卒中の後遺症には大変な重労働ですが 奥さんのサポートが甚大で
自分自身でも作業療法だと思って蔵書整理に精を出す毎日です
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-09-17 18:41 | Bessa R2A | Comments(0)

紅いナナカマドと台風21号で折れた白樺

c0182775_17283995.jpg

気がつけばナナカマドの実が赤くなっています

日曜日に軽快車でサイクリングロードを行く男性も
思わず目をやりました

この近くのロード沿いには台風21号で折れた白樺が
痛々しい姿で立っています
c0182775_17335244.jpg

この木の向こうに50mほど行くと三里川ですが
川岸の白樺も根元から折れていました
c0182775_17381183.jpg

大げさですが 地球に陸地が出来てから
こうやって植物の世代交代が繰り返されてきたのだ
という思いを致します
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-09-16 17:48 | Bessa R2A | Comments(0)

夏祭りの玉入れと宝探し

c0182775_1711658.jpg

夏祭りでは棟対抗の玉入れと希望参加の宝探しと抽選会があります

去年までは宝探しではなくパン食い競走でした

宝探しは子供バージョンと大人バージョンがありますが
ゲーム進行としては同じです

まず6人ずつスタートラインについて
合図でビニールのプールにダッシュします
c0182775_17183092.jpg

プールの中には宝の名を書いたボールが入れてあるので
それをつかんで宝引換所に行きます
c0182775_1733414.jpg

ボールの宝は目で見えるので ビールを引いたお年寄りが
「私はビールなんて飲めないのに」というのを聞いたうちの奥さんは
すかさず「じゃぁ換えましょうか」と言ってビールをもらってきました

小さい子は母親がついて行ってもらっています
c0182775_17244773.jpg

新趣向とあって 段取りが何とも不慣れな感じでしたが
来年から徐々に慣れていくだろうと思います

抽選会では奥さんが当選数の少ないビールを引き当て
2本ずつ姪の二家族に進呈しました
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-08-27 17:27 | Bessa R2A | Comments(0)

マンション恒例夏祭り

c0182775_1636445.jpg

8月最後の日曜日は恒例の夏祭りです

お天気が心配でしたが雨の心配もなく実施されました

いつものように二組の姪一家とグランドシートに陣取って楽しみました

下のような塩梅ですが この家族は姪一家とは違います
c0182775_16454116.jpg

姪たちと同じ世代ですが たまたま我々の隣りに陣取った家族です

このマンションは我々70歳前後の団塊世代と
その子供たちの世代 40歳前後の世代が多く
50歳前後は少ない構成です

会場の芝生の一角には
椅子に腰かける高齢者コーナーもありました
c0182775_1651296.jpg

ゲームや抽選会などもありますが それは明日にします
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-08-26 17:30 | Bessa R2A | Comments(0)

石狩平野を望むテラス墓地と多摩洋風墓園

c0182775_17154949.jpg

いやはや観測史上最も暑い日々だそうです

幸い札幌では二三日は28度近くの暑い日はありましたが
今日あたりでも最高気温23度です

ちょうど一週間前に岳父などの眠る墓をこの墓園に移しました

はるか向こうに石狩平野の東端の一部が見えます

岬のように突き出ている山は達布(タップ)山といって
明治時代の開拓時に 開拓使関係の主だった面々が
この山から360度見まわして開拓の構想を練ったと言います

達布山の頂上から撮った写真はかつて掲げました

ところでこの墓園のお墓はみんな同じような墓石ですね

この区画はテラス墓地というネーミングでした

これは墓園の既成企画の墓石であって
契約した区画に自由な設計の墓石を置くことはできません

この墓園にはもちろん自由設計の区画もありますが
今回は関係家族の負担が重くならないようにテラス墓地にしました

幸いに関係家族の誰もが
不満の無い区画とデザインを選ぶことが出来ました

ただ私には何となく既視感があったので
このブログを調べてみました

すると2012年6月に投稿した写真にある 多摩市の我が家から
徒歩10分程度の場所の洋風墓園によく似ていたのです

参照するのもなんですから再掲します(Retina IIIC ↓)
c0182775_17395591.jpg

異なるのは多摩市の洋風墓園は墓石を地面にベタ置きしていますが
こちらのは地面から小1メートル土台を上げてから置いてあるのです

もちろん積雪時の維持管理のためですね

夏涼しい代わりに 冬の厳しさ対策が必要になってきます
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-07-23 17:52 | Bessa R2A | Comments(0)

白い紫陽花と孫たちの週末

c0182775_154158100.jpg

最高気温24度の札幌からモノクロの紫陽花をお届けします

純白の紫陽花ですが
背景も単純化するためにモノクロフィルムを使いました

孫の小学校はまだ夏休みではありませんが(苫小牧市は26日から)
札幌ドームの日本ハム対ソフトバンク戦の観戦チケットをもらった由で
昨夜から我が家に来て 今日は一家で観戦に出かけました

まだ小学校2年生ですが 入学以来の成長の早さには
会うたびに驚かされます

ただ 前回父子で泊まりに来たときには
ジジババの部屋で寝るといって寝ましたが
今回はどうすると聞いたところ
母親の隣で寝るとのことでした

まあ そういうところが小二の小二たる所以かもしれません


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-07-22 17:30 | Bessa R2A | Comments(0)

開花直前のハクモクレンと辞書付録の新稿作成

c0182775_111285.jpg

マンションのハクモクレンは低温続きでなかなか開きません
c0182775_11143931.jpg

この花はモノクロも悪くないですが
開いたらカラ-で撮ってみるつもりです

連休後半は辞書の付録のために新稿を起こしました

連休中日に漢文講読の授業がありましたが 留学生を含む受講生から
旧仮名表記の「をはる」を「おわる」のように読むのが難しいです
という意見をいただきました

「を=お」はともかく
「は=わ」は いわゆる「ハ行転呼」という現象ですが
それでは次回に資料を作ってきて説明しますと約束しました

現代日本語には
「~は(=ワ)」「~へ(=エ)」しか転呼音は残っていませんが
古典世界には
「岩いは(ワ)」「顔かほ(オ)」「夕ゆふ(ウ)べ」「鼎かなへ(エ)」
「吸すふ(ウ)」「帰かへ(エ)る」「危あやふ(ウ)し」「多おほ(オ)し」
などがあり 語頭では起きないが語中語末に起こること

さらにはア段エ段が「う」「ふ(=ウ)」に先立つときは
語のどの位置にあってもオ段になること
「首か(コ)うべ」「脳な(ノ)う」「蝶てふ(チョウ)」「要え(ヨ)う」「漸や(ヨ)うやく」

などについて 連休後半に資料を作りました

事例を体系的に豊富に掲げた結果
なにやかや1頁程度の資料になったので
これを次版『漢辞海』の付録につけることにします

実は2016年度の授業で 「あたはず」「いづくんぞ」「べけんや」など
『源氏物語』などの古文にはほとんど現れない訓読語について講義し
それを20語ほどまとめて「訓読語とその由来」という付録にしました

版元三省堂編集部の話によると 学生時代に
普通の古文や近現代文学を専攻した高校現職の先生たちに
これまで抱えていた違和感が軽減されたと 好評だとのことです

今度の転呼音の説明は 教室の声を反映したものですから
高校生大学生には有益な付録になると信じます

教室の授業は本当に研究や著述のネタが埋まった宝庫だなぁと
いつもながらに思います
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-05-05 17:20 | Bessa R2A | Comments(0)

キャンパスのチシマザクラと白黒フィルムの現像とスキャン

c0182775_16354529.jpg

連休中日の出勤日にチシマザクラが満開でした

たまたま持っていたカメラがモノクロフィルム入りでしたので
色が無いのが残念です

しかしチシマザクラの特徴は幹というか枝というか
地上すれすれの位置からすぐに枝分かれするところです
c0182775_18143582.jpg

寒冷地に適応するには幹を長く伸ばすと不利なのかもしれません

これを撮ったレンズも昨日の投稿を撮影したカメラも
かれこれ65年ほど経った年代ものですが
私の散歩写真には十分すぎる性能です

このフィルム Rollei RPX100 の現像も大分慣れました

フィルムスキャナーは今年から使い始めたフラットヘッドスキャナーですが
以前のスキャナーに較べると
スキャンソフトが異常に使いにくくて閉口しています

自動処理ですとフィルムの周辺部分が
せっかく写っているのにかなり切り捨てられます

したがって手動でスキャン範囲を広げる必要があります

いわゆるL判サイズ出力だとあまり待たされないのですが
作業の結果を認識するのに1枚当たり数分待たされる始末です

ただし スキャンで大事なピント精度は満足な水準ですから
L判サイズ出力で我慢しています
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-05-04 17:30 | Bessa R2A | Comments(0)