人気ブログランキング |

カテゴリ:Leica IIIF( 63 )

先週の脳外科通院

c0182775_1782647.jpg

先週金曜日に受診した新さっぽろ脳神経外科です

壁に「日本脳ドック学会事務局」のプレートが見えます

脳ドックは次回の検診で実施することになっていますが
ここで診てもらうとやはり安心します
c0182775_17124384.jpg

検診が済むと JRバスに乗って 7~8分で自宅に着きます

この日は発車まで少し時間があったので 待合室で待ちました
c0182775_17153823.jpg

病院はこの画面の左の方に見えるように
歩いて2分程度です

バス停にいると後から来られた老婦人が「風が強いですね」
などと話しかけてきたので 時候の話を少し交わしました

ほんとうに風の強い日でしたが
何となく田舎暮らしののどかさを感じたことです
c0182775_18162947.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-05-24 17:24 | Leica IIIF | Comments(0)

緑深まる白樺の葉と「リラ冷え」作者の年回り

c0182775_17112062.jpg

ついこの間まで若葉だった白樺です

ライラックが咲くと 白樺の葉もだんだん緑が濃くなってきます

この樹を道路の反対側から見るとそれがよく分かります
c0182775_1714549.jpg

このところおおむね初夏らしい気温ですが
時おり寒い日もあります

1962年 女流俳人榛谷(はんがい)美枝子による造語
「リラ冷え」がぴったりするような冷気を感じることがありますね

「 リラ冷えや睡眠剤はまだ効いて」

作者は当時不眠症だったとのことで この句が誕生しました

このとき榛谷さんは43~44歳
女性として 睡眠薬が必要な難しい年回りだったのですね
c0182775_18162947.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-05-22 17:29 | Leica IIIF | Comments(0)

旧型ライカとレンズで撮るライラックの開花

c0182775_1622121.jpg

マンション周辺のライラックが一気に開花しました

向こうの建物は駐車場ビルで
二本の杖を突いて歩く老婦人のあたりの開口部が出入り口です
c0182775_16271997.jpg

1枚目の画面を右の方に行き 遮断機の向こうが公道になります

濃い紫色はつぼみで これが開花すると桃色になりますが
その時に放つ芳香はうっとりするような甘いものです

今年はライラックをどのレンズで撮ろうかと迷いましたが
1953年製 Summarit 50mm F1.5 の
思わず手を伸ばしてつかみたくなるような描写をする
このオールドレンズにしました

ちょっと絞って撮る Summarit の描写の切れ味は抜群です

毎年この時期にライラックを撮影していますが
リアリティは今年の画像がベストです

しかし距離計窓とフレーム窓が別々の
いわゆるバルナック型ライカで撮るのはなかなか骨が折れます
c0182775_16434584.jpg

ファインダー・アイピースの右窓がフレーム枠ですからこれで画面を決め
ピントは左の窓をのぞきながら 二重像が合致するまでレンズをひねります

もちろんこのレンズにアダプターをかまして
ファインダーが一窓になったM型ライカボディで撮ることも可能です

ただ バルナックライカと Summaritの
クロームメッキの組み合わせは今でも美しいのです
c0182775_16512612.jpg

レンズ鏡胴のボディ側から2本のギザギザ環は
ピントを合わせる距離環です(環2本は独立していません)

3本目のギザギザ環は絞り環で その先に
レンズ保護のかぶせフィルターを装着しています

Summarit のガラス硝材は重く柔らかいのが特徴で
すぐに拭き傷がつくのです

この描写力を生む秘密がこのガラス硝材なんですね

ただ特殊な口径なのでこのレンズに合うフィルターは入手困難です

幸いに数年前に純正のかぶせフィルターを入手しました

本機はさらにその先端にたまたま手持ちの
46mm径の汎用フードをはめています

フードは本来はネジ込みなのですが
何と かぶせフィルターにぴったりはまって
あつらえたように 脱落の危険はありません

そんな手間のかかる機材で撮ったライラックですが
写りには期待通り満足しました
c0182775_18162947.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-05-18 17:30 | Leica IIIF | Comments(0)

岳父形見ライカIIIF業者修理の試写

c0182775_16146100.jpg

もう四五分さきのバスセンターから千歳空港行きバスに乗るようです

岳父の形見の機材で撮りました

四半世紀前に形見としてもらった
シャッターが切れなかったライカIIIFとSummarit 50mm F1.5です

これは2012年の夏に修理教室に通って
分解清掃をおこないシャッターが切れるようになったのですが
最近1/1000秒を中心に撮った結果
画面の四分の一しか露光しなくなったのです(四分の三は真っ黒でした)

この手のフォーカルプレーンシャッターは
先幕と後幕との間のスリットから光が通ってフィルムに届きますが
先幕と後幕との速度バランスが狂って
0.3/1000秒ぐらいからスリットが閉じたまま幕が走るようになったのです

これは速度調整のビス2本をひねって修理が出来ますが
厳密な速度測定器が無いと修理調整が出来ません

それでかつて修理教室の助手であった方が開いている修理屋さんに
この際だからとオーバーホールを頼んでありました

連休の影響で修理後の試写が遅くなった由で
今日になって修理完成品が届きました

単なる調整では不十分で
速度調整用の部品を交換する必要があったそうです

下の修理本辰巳出版「ライカ解剖学」に掲載画像の部品です
c0182775_1558248.jpg

それでもほかの修理屋さんだと数ヶ月待たされて
修理代金も既定のオーバーホール代金で今回の二倍以上します

さっそく試写したのが今日の投稿です

24枚撮りの最初の20枚は1/1000秒で撮影しましたが完璧でした

下は1/500秒で撮ったものです
c0182775_16511094.jpg

さらに下は1/50秒で撮りました
c0182775_1652333.jpg

どれも正確な露出が出来て 結果には大満足です

Summarit 50mm F1.5は癖玉で有名ですが
F2.8に絞るともうほとんどボケ味が暴れる悪癖は出ず
かなり実体感のある写りが楽しめます
c0182775_18162947.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-05-10 17:30 | Leica IIIF | Comments(0)

謹賀新年・戌年年賀

c0182775_945196.jpg

謹 賀 新 年


本年も当フィルム写真ブログをご訪問いただき

ありがとうございます

フィルムの供給がある限りフィルム撮影を続けたいと思います

本年もよろしくお願いいたします


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-01-01 09:56 | Leica IIIF | Comments(0)

岸辺のフランス菊とアカシアの花

c0182775_16552668.jpg

我が家のそばを流れる二里川の岸辺です

土手にフランス菊がぎっしりと咲いていますが
その上にはアカシアの大木があって
風に揺れて花を散らせていました
c0182775_1656566.jpg

その花ではないのですが
少し離れた位置にあるモンタナ松に降りかかりました
c0182775_16565544.jpg

まるでモンタナ松が白い花を咲かせたように見えますが
モンタナ松は茶色い花ですね

それでも何となくモンタナ松も喜んでいるように見えました

とは言いつつ せめてカラーで撮ってくれという声も聴こえそうです
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-06-28 17:14 | Leica IIIF | Comments(0)

通帳の確認

c0182775_1737463.jpg

月末近いと預金通帳が気になります

去年の秋には上旬でしたがこういう方を撮りました

この写真の建物は銀行で この人は外に出て
すぐに通帳のチェックをしました

入金があったのか それともどこかに送金したものか
いずれにしてもステッキをぶら下げているのが気にかかります

どうぞ穏やかな生活をなさっているようにと
他人事ながら思わざるを得ません
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-06-26 17:52 | Leica IIIF | Comments(0)

シャクヤク

c0182775_1511222.jpg

マンションの庭に咲いたシャクヤクです

毎年プラタナスの根方に花を咲かせます

この撮影のあと 雨風が続いたので
園芸クラブの方が花にポリ袋をかけていましたが
全てのつぼみが開いたころにポリ袋を外しました

かつて自分で分解掃除したライカIIIFを久しぶりに使いましたが
いまも好調に使えています

ただ放射能レンズにフードをつけると
フードがファインダーの邪魔をして困ります

そういえばIIIFに沈胴ズミクロンをつけた機材写真は撮っていません
いずれ近いうちに載せるようにします【26日に載せました】

それにしてもモノクロ写真はやはり
自分でフィルム現像した写りが好きですね

今日は夕方から中国語検定協会の理事長さん
それと検定試験札幌会場の北大中文の皆さんと懇親会がありますので
いつもより早い時間に投稿します
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-06-25 15:32 | Leica IIIF | Comments(0)

スツールとベンチの写真と「大器晩成」の講義資料

c0182775_17494039.jpg

こういう天候ならば散歩に出ますが今日は終日雨でした

明日の講義資料を用意しようと
昨年使った資料を読み直してどうも意に満たず
結局一日かけて新しい資料を作りました

今から2300年前に竹札に書かれた『老子』の写真版を解読するとc0182775_1942512.jpgよく知られた「大器晩成」が
実は「大器無成」だったという内容です

これは4句が一まとまりになっていて
2000年前に確立した現行本のテキストでは
大方無隅=超大四角形はコーナーが見えない
大器晩成=大型容器はゆっくりと焼き上がる
大音希声=大音響はかえって聞こえない(希=無の意)
大象無形=大きな姿は形が見えてこない
とあって
いずれも「道」というものが
把握しにくいほど巨大なものだというたとえです

でも大器晩成だけが異質な言い回しですね

実は2300年前の『老子』は「大器曼成」だったのです(左の写真の5字~8字)

この「曼」には
『漢辞海』にも書いたように「無」の意味があります

つまり「大器曼成」=「大器無成」大型容器は焼き上がらない
これが『老子』の言いたかった「道」の巨大さのたとえであって
どうやら2000年のあいだズレたまま伝わっていたのですね

こういうことを講義資料にして分かりやすく言うために
中国の専門書を色々読み漁って一日が暮れた次第です
c0182775_188123.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-11-15 18:13 | Leica IIIF | Comments(0)

トイザラス出入り口と第三の誕生日

c0182775_17293820.jpg

11月3日文化の日の撮影です

元気な若い家族が入って行き
杖を突いたお年寄りが出てきます

今日11月12日は私の第三の誕生日です

3年前の11月12日0時過ぎ
私の右脳深部で出血し 病院に運ばれました

ちょうど丸3年たったわけで
この世に生を受けた4月12日が第一の誕生日で
癌から生還した10月12日が第二の誕生日で
脳卒中から生還した11月12日は第三の誕生日です

おかげさまで今日も何とか
2コマ連続の講義を済ませてきましたが
身体はあちこち強張っています

明日は散歩で身体をほぐし
自宅仕事に集中したいと思います
c0182775_17495289.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-11-12 17:53 | Leica IIIF | Comments(0)