カテゴリ:DP2S( 238 )

弟が息を引き取りました

c0182775_16372831.jpg

昨年夏から闘病していた弟が亡くなりました

今朝7時20分 眠るように息を引き取ったということです

ボカしをかけた写真はちょうど二週間前
放送大学の仕事の翌日に見舞ったときのものです

緩和ケアで痛みが無かったので しばらく歓談が出来ました

学生時代 弟とは東京の狭い四畳半で暮らしました

ともに四年生の1971年11月初めのある日
四畳半の窓から見える秋空が東京には珍しいほどの青空でした

ふと 弟に「おい今いくら持ってる?」と聞いて二人分を合わせてみると
何とか北海道往復の列車代が出せるがものは ありました

そのまま二人でアパートを出て北海道行きの急行列車に乗ったのです

私たちは故郷の秋を堪能して 一週間後に私一人は東京に帰り
弟は北海道で就職を探すといって残りました

私が東京に戻って一週間後 横浜の叔母から大学に電話があって
父が交通事故で即死したという連絡を受けました

その時の北海道行は まるで生前の父に会いに行ったようなものでした

父の事故の時には弟が母のそばにいたのが心強かったです

その年の年末は弟と二人で交通事故の損害賠償手続きをしっかりやりました

50年近く前のしがない労働者の賠償金はたかが知れていますが
当時の北海道の相場をこえる金額が出ました

保険会社の札幌支店は
「学生の兄弟だけで完璧な書類を出してくれて感動した」
という理由で100万円を支店の裁量で上積みしてくれました

それをもとに母の生活の見通しを立て
私は大学院に進学し 弟はアルバイトをしながら新聞の求人広告で見た
ショーボンド建設という道路工事の会社に就職しました

最初は北海道の山の中で現場監督をやっていましたが
10年も経つと東北北海道を統括する支店長になり
そのエリヤに関する限り95%は自分の営業活動の成果だと豪語していました

1987年初めにショーボンドは東証二部に上場しましたが
その少しあと1989年の春に東京本社に呼ばれました

その時は私も関東圏の大学に変わって富山から転居しました

二人で前もって 多摩ニュータウンの近いところで暮らそうやと相談して
弟も仮契約までしたのでしたが 本社の幹部は東武線に多く住むので
その沿線でなくてはまかりならぬということで
近所に住まいするというのは実現しませんでした

1989年の末までにはショーボンド建設は東証一部上場を実現します

弟は一部上場にはヤクザが必要だということで呼ばれた由です

東証一部上場は弟が営業部長としてなした功績でした

その後まもなく 弟は常務取締役に着任します

北海道の炭鉱町に生まれて 決して一流とは言えない大学を出て
東証一部上場企業の取締役まで勤めた経歴は
堂々たる68年の人生だったと私も誇りに思います

その人生のきっかけが
四畳半のアパートから見上げた信じがたいほどの青空でした

すぐには葬儀に駆けつけるわけにはいきませんが
私の代わりに在京の故郷の親友三人が行ってくれます

落ち着いたら墓参りをかねて 彼らと一緒に偲ぶ会を開く予定です

先日弟に話しましたが もう一度 呼びかけたいです
「今度生まれるときも 同じ腹から生まれような」と
c0182775_17223071.jpg
by zuoteng_jin | 2018-10-10 18:11 | DP2S | Comments(2)

幕張メッセのライブ公演と弟を見舞ったこと

c0182775_16511164.jpg

24日夜に幕張メッセでダンスとボーカルユニットのライブ公演がありました

Da-iCE 5th Anniversary Tour というものですが
Da-iCEというグループがあることすら
古稀老人は知りませんでした

画面左手の特徴のある建物がメッセで
ファンは陸橋の右手のほうまで長い列を作っていました

今日は竹馬の友二人がやって来て 我ら夫婦と四人で
自宅で緩和ケアを受けている弟の見舞いに行ってきました

幸いに会話ができて軽い冗談も交わしましたが
恐らくこれが最後の会面だと覚悟のうえでした

一言だけ伝えたかったのは
「また産まれるときには同じ腹から産まれような」
ということでした

学齢前からみんなで一緒に遊んできた竹馬の友たちがいてくれて
お陰で心配したほど湿っぽくならずに会ってきました

ホテルに戻って近所に住まうもう一人の友人と
(もちろん彼も兄弟同様の仲間ですが用務のため見舞いは不可でした)
皆でお昼をいただきましたが
うち一人は抗がん剤治療中です

ただ その友人は今日は副作用がなく
いつものように健啖ぶりを示してくれて
我々を安心させてくれました

午後からはゆっくり休めましたので
明日は元気に帰宅できそうです
c0182775_1894787.jpg
by zuoteng_jin | 2018-09-26 17:30 | DP2S | Comments(0)

放送大学副調整室

c0182775_16542846.jpg
右は放送大学のプロデューサー氏です

左は録音編集作業の技術者氏です

ガラス窓の向こうが講師がマイクに向かうブースです

ブースには13時45分ぐらいに入り
時計が示すように2時間程度の収録でした

45分間の放送の収録が2時間でしたから
順調な作業だったようです

脳卒中の後遺症で 話し続けると肩から背中にかけて
余計な力が入り こわばってきます

2時間の収録は まあこの辺りが適当かなと思う長さですね

放送日は年明けにならないと決まらないそうです

ともかくも無事に収録が済んで一安心です

雨降りの千葉ですが ホテルと大学間の往復は
昨日会った竹馬の友が車に乗せてくれて大変助かりました
c0182775_1894787.jpg
by zuoteng_jin | 2018-09-25 17:18 | DP2S | Comments(0)

おためごかしの「お客様の安全の為に」と共謀罪

c0182775_17164778.jpg

防犯カメラは客の安全の為らしいです

こういうのを「おためごかし」というんですね

新明解国語辞典【おためごかし】の語釈には
「相手のためにするように見せかけて、実は自分自身の利益をはかること」
とあります

誰が考えても防犯カメラの設置は
「万引きなど店舗の損失を防ぐため」
に決まっています

いま国会で論戦になっている共謀罪
金田法務大臣(経済学部出身)の法意識の欠如はもはや論外です

判例に「有る」「いや無い」などと答弁を二転三転した挙句
「判例的な考えでは」などいう意味不明な珍フレーズを繰りだしました

法律的判断をした例があるかないかという質問ですから
答えは一つしかあり得ないはずです

あんな程度で法律の提案者になっている日本国は
トランプのアメリカに較べて引けを取らないひどい為政の国ですね

共謀罪はテロ対策のためと提案理由を説明していますが
条文にはテロのテの字も無いので
おためごかしであるのが明らかでしょう
c0182775_20123413.jpg
by zuoteng_jin | 2017-01-31 17:47 | DP2S | Comments(0)

センター試験と漢辞海の付録

c0182775_18175888.jpg

ショッピングセンターの休憩コーナーです

中学1年生ぐらいでしょうか 勉強会をしています

大雪の中でセンター試験が実施され
今日は全国で12か所の試験場で繰り下げ試験だった由です

ですが北海道は幸いに無事に終了しました

午前中に昨日の漢文の出題の検討をやりましたが
40年近い歴史の中で初めて
日本人(新井白石)の書いた漢文が問題文になりました

日本漢文だからということもあって
動きの少ない文章でしたから
イメージがつかみにくいかもしれませんが
文章そのものは平易と言えば平易でした

問題文をしっかり理解するには 現代語とも異なり
かつ 源氏物語などの古文とも異なる漢文訓読語を知らなけれななりません

今度の「漢辞海」第四版では付録に
「訓読語とその由来」をまとめてつけておいたので
積極的に活用してほしいと思いました
c0182775_20123413.jpg
by zuoteng_jin | 2017-01-15 18:33 | DP2S | Comments(0)

まだまだ熱い冬は終わらない!

c0182775_16552255.jpg

冬靴のクリアランスセールです

「熱い冬」であって「暑い冬」ではないことが
このキャッチフレーズのミソでしょうか

それにしても寒いです

明日の講義の資料を作るためにほとんど家で仕事をしていて
昼食を食べるために2~3分外を歩きましたが
寒波の冷たさには閉口しました

今年は雪が多いので 雪まつりの雪は
市内で調達可能だとのことです

そうは言っても多すぎる雪は迷惑に決まっています

日本海側の大雪で被害が出なければよいですが
c0182775_20123413.jpg
by zuoteng_jin | 2017-01-11 17:10 | DP2S | Comments(0)

ホワイトアウト脱出と手引きサイドブレーキのこと

c0182775_1720188.jpg

午後3時ごろ北広島市と札幌市との境界付近です

北広島市内は50メートル前方も見えないホワイトアウトでした

やっと少し見通しがきくようになり
交差点で停車しているときに撮りました

今日は我が家の近所でも10センチほど積もったのです


二三日前のニュースではタクシーが病院に突っ込み
悲惨な事故になったニュースがありました

それをめぐって車に詳しい職場の職員さんと話をしましたが
すべてをコンピュータ制御に頼る車作りは
いざという時に危ういということで意見が一致しました

このほど月間販売台数で
日産のノートがトヨタのプリウスやアクアを越えたということです

その最新ノートのインテリア画像を見ると
運転席と助手席の間にしっかりと手引きサイドブレーキが見えます
c0182775_17494320.jpg

(日産HPの画像)

私はサイドブレーキは手引きの方がいいと思っていますが
私のルノー・ルーテシアは同じ手引きです

かつて東京のルノーのメカニックに聞いた話では
日産ノートとルノー・ルーテシアは
シャーシ(車台)が共通だということでした

ノートの手引きサイドブレーキの画像を見て
そのメカニックの話を思い出しました
c0182775_18101867.jpg
by zuoteng_jin | 2016-12-06 17:55 | DP2S | Comments(0)

風の子と4回目の第三誕生日

c0182775_188383.jpg

冷たい風の中でも子供たちは元気です

これ以上近づいて
表情が分かる写真を撮りたいのですが
そうすると色々と問題があるので
この程度の撮り方をせざるを得ません

それでも生命力にあふれた子供たちを見ると
こっちの身体にも良いような気がします

ちょうど4年前の11月12日に脳出血を起こしました

直腸癌の手術をした10月12日を第二の誕生日
脳出血から蘇った11月12日を第三の誕生日と考えています

早い処置とその後のリハビリで何とか今でも仕事を続けていますが
後遺症は思ったほど軽くなるものではなく
現状維持を保つべく 毎日出来るだけのことを続けています

ここまで来たのは
病院に運び込まれる前日のブログに書いたアインシュタインの言葉
「人生は二輪車のようなもので
平衡を保つには進み続けねばならぬ」
を思い出しては 進み続けてきたお陰といえるかもしれません

しかし何よりも癌と脳出血
二つの後遺症ケアに力を貸してくれる奥さんのおかげです
c0182775_18101867.jpg
by zuoteng_jin | 2016-11-12 18:31 | DP2S | Comments(0)

大詰めの受験勉強と16世紀の講義ノート

c0182775_1723972.jpg

問題集を開いて勉強を始めた受験生です

図書館の一角ではなく 前に何かの団体の役員会議が行われた
ショッピングセンターの休憩コーナーなんです


今日は勤め先の入学試験日ですが
役職を離れた今年度は私自身の業務はありません

それで 3年前に出版広告が出た仕事に集中しています

活字に翻刻することになっている
16世紀の儒者の講義ノートはこんな具合です(講師の自筆です)

c0182775_1733671.jpg

基本的な文字列は入力してありますが
文字使いが一筋縄ではないので一字一字確認して活字化します

たとえば「数」はほとんどの場合「數」で書かれていますが
ときどき「数」になっていたり
「宝」が人名の時だけ「寶」になっていたりするので油断できません

上に示したのを1頁とすれば
全体の分量は460頁程度になります

これを担当者3人で分担していますが
今のペースだと私の担当分で2か月かかるかと踏んでいます

しかし活字化のためにじっくり読み込むのが
色んな意味で面白いのです

16世紀の学生になったような気分で講義を楽しんでいます
c0182775_17475849.jpg
by zuoteng_jin | 2016-01-29 17:50 | DP2S | Comments(0)

キャンパスの除雪機とお米のこと

c0182775_17103198.jpg

新雪の日の除雪機です

新品のように手入れが行き届いています

これは個人の家庭でも使う機種ですが
下のようなホイールローダーも活躍しています

c0182775_17143548.jpg

今日は雨になって国道の路面にはほとんど雪がありません

しかし市道や道道はシャーベットに氷塊が混ざるグズグズ状態で
信号待ちから発進するときにタイヤが空転してしまいました

こういう時にアクセルをふかすのは禁物です

後続の2台に先に行ってもらい
4~50センチほどバックしてから前進して
すぐにスタックを脱出しましたが
後続の中型トラックもスタックしてしまって立ち往生していました

ところで先日 我が家で取り寄せている
お米の食味コンクールのことにふれましたが
辻井農園のブログにその詳細がレポートされています

5000を超える検体の中から100位以内にノミネートされ
特別優秀賞を受賞するというのは大したものです

お米というのは農協を通すと
色々な農家のお米と混ぜてしまうので
味気ない商品になってしまうのは不可避だそうで
直接生産者から分けてもらうと 安全なうえに美味しいのは
もっともなことだと思います
c0182775_1734365.jpg
by zuoteng_jin | 2015-11-27 17:35 | DP2S | Comments(2)