人気ブログランキング |

カテゴリ:Agfa Optima 1035( 59 )

ロッテリアの肉の日とロッテの騒動

c0182775_1283259.jpg

メニューを見て迷うお客さんがいます

9月29日・肉の日に毎日新聞webに以下のようなニュースが載りました

「ソウル中央地裁は29日、約1700億ウォン(約155億円)の横領および
背任の疑いがもたれている韓国ロッテグループ会長の重光昭夫(韓国名・
辛東彬=シン・ドンビン)氏(61)に対する逮捕状請求を棄却した。ロッテは
トップが拘束されるという最悪の事態は免れることとなった。検察側は再請
求の余地を検討したうえで、在宅起訴について判断するとみられる」

ロッテの創業は私の生まれた年の翌年1948年だそうです

戦後のチューインガムのブームで急成長し
我々が中学生の頃には
「一週間のご無沙汰でした。玉置宏でございます。お口の恋人、ロッテ提供」で始まる
「ロッテ歌のアルバム」で全国的に有名ブランドになりました

その後 世界中に展開して
韓国・中国・台湾の漢字表記は楽天(ロー・ティエン)になっています

ただし日本のオンライン事業「楽天」とは関係がなく
命名としてはロッテの方が先行のようです

それにしても親族企業のドロドロの紛争劇
味に関係はないにしても 不味いと思います
c0182775_187386.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-10-02 17:06 | Agfa Optima 1035 | Comments(0)

珈琲館の中の写真とAgfa Optima の電池アダプター

c0182775_17275044.jpg

ときどき出かける札幌珈琲館の中です

こういう薄暗いところで撮ったのは
カメラ内蔵露出計が正確に作動するかテストしたかったからです

古いこのカメラの電池は水銀電池を使用する作りですが
もちろん今はアルカリ電池しか使えません

そこで電圧や電池サイズを合わせるアダプターが必要になります

c0182775_17343370.jpg

幸いこのカメラの場合
電圧はアルカリの1.5Vで差し支えありません(水銀は1.35V)

しかし一番右にあるアルカリ電池を サイズアップのために
右から二つ目にあるアダプターに入れないといけません

このカメラは電池を3個とアダプターを3個使います

しかしアダプターは1個で安くても2,500円もします

そこでアダプターを自作してはめ込んだのが
アダプターの左に写っているポリチューブです

これは灯油の注油ポンプの差し込み部分を切って作りました

ポンプの外径は水銀電池の外径と同じなのです

ただ それだと内径が足りないので
内部に薄いスポンジを貼り回してあります

長さはアダプター3個分より少し短くして
着脱がスムーズに出来るようにしてあります

長さがちょっと足りない分は
アルミフォイルをグチャグチャ丸めて詰めればOKです

しばらくこの状態で支障なく使っていましたが
ある時 車のブレーキをかけたところ
車の座席からカメラが床に落下して
このインチキアダプターがづれてしまい
シャッター音がしてもシャッターが切れなくなりました

それで もう一度電池の詰め直しをやったので試写した次第です

結果は全く問題ありません

この機材もオートフォーカスなんかついていないどころか
距離計すらついていません

距離は被写体との距離を目測で見当をつけて
レンズを手動でその数値にセットします

そんな不便な機材も使いつけていれば
こうしてどうにかピントが合います


今日は公開講座で話をしてきましたが受講者が少なかったので
その分皆さんにじっくりと
江戸時代の和刻漢籍を手に取っていただき
『唐詩選』の世界に浸っていただきました

そういう日はどういうわけか
ブログが機材ネタになります
c0182775_187386.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-09-01 18:16 | Agfa Optima 1035 | Comments(0)

雨過ぎて峰頭黒く 雲開きて日脚黄なり

c0182775_16211126.jpg

タイトルの唐詩を写真にしたような光景です

この句は西暦767年作 岑参(シン・ジン)の「李司諌の帰京を送る」の一節です

「日脚(ニッキャク)」というのは 雲間から射し込む陽光のことです

実は「日脚」という言葉の発明者は
この岑参と交友した四歳年上の杜甫でした

岑参の作品より十年ほど前
杜甫の「羌村」という詩に
「日脚 平地に下り 柴門(サイモン) 鳥雀噪(さわ)ぐ」
という句があります

「柴門」はそまつな家屋のことで
戦乱を避けるために家族を預けた親戚の家です

ある日の夕方 杜甫が
千里の向こうから家族のもとにたどり着くときの描写です

見知らぬおっさんが
雲間から漏れる夕日に照らされながらやって来たので
家の周りの小鳥たちがさわぎ始めたのです

私たちの「漢辞海」は「日脚」の出典を
杜甫の「羌村」としています
c0182775_1658065.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-07-31 17:06 | Agfa Optima 1035 | Comments(0)

再生したマンションの芝生と受け話のこと

c0182775_1612735.jpg

マンションの芝生がしっかりと根付きました

以前 この芝貼り作業の様子をご紹介しましたが
これで大丈夫でしょう

この芝生が再生すると ショッピングセンターへのショートカットが使えます

c0182775_16112271.jpg

とはいってもほんの1~2分の近道になるだけです

しかしまあニンゲン近道近回りだけが能ではないので
今日は脳神経外科までお薬をもらいに徒歩で30分歩いていきました

普段と違ったことをやるとダメなもので
お薬手帖を持参するのを忘れました

薬局で薬を受け取りながら
「30分歩いてくるなんて余計なことをやるから忘れちゃうんですよね」
そう言ったら薬剤師のお姉さんに大うけで
大笑いしたうえにカウンターを離れて薬局の中に戻ってからも
同僚の皆さんにご披露してなおも笑っていました

普段単調な作業の繰り返しばっかりで
こんな年寄りのアホな話しでも
退屈しのぎにはなったのかと可笑しくなりました
c0182775_16343182.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-07-01 16:35 | Agfa Optima 1035 | Comments(0)

バラと風媒花

c0182775_17221474.jpg

姉の家の近くにバラが満開のお宅がありました

この画面の右手のほうに
しおれかけのカンパニュロが群れになって咲いていたので
このお父さんに ずいぶん咲いていますねと声をかけたら
「いやオレ植えたんでないのさ
タネ勝手に飛んできて 名前も何も分かんないもね」
そういう答えが返ってきました

確かにこの近所には風媒花が少なくなかったです

さらに少し歩くとオダマキを中心に
風や鳥の糞で運ばれたとおぼしき風媒花の庭がありました

c0182775_17353033.jpg

何となくこの野放図な感じも北海道です
c0182775_17395559.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-06-26 17:48 | Agfa Optima 1035 | Comments(0)

石狩平野の夏と吹奏楽定期演奏会

c0182775_17415855.jpg

一昨日の石狩平野の東北面南幌町付近です

昔は東の夕張川と西の千歳川が氾濫して
農耕には苦心のあったところだと聞いています

遮るもののない平野ですから 冬は北西の風がひどくて
ご覧のような防風林があちこちにあります

今日はこのフィルムの現像を頼みに
いつものショッピングセンターに行きましたが
土曜日ですので 先月に引き続き
北星学園の吹奏楽コンサートがありました

先月は第94回で今日は第95回だそうです

吹奏楽は中学高校でやっていたので
素通りできないんですね

ついベンチに掛けて聴いてしまいましたが 音に身を浸しつつ
50年前には自分もああやって仲間とラッパを吹いたな
なんて思いだしたらもういけません

胸にグッときて つい目頭が熱くなってくるのです

身体は不自由だとはいえ 頭脳活動などは
まだまだ人後に落ちないぞと 張り切っていますが
感情方面がもろくなっているのを自覚せざるを得ませんでした
c0182775_1864532.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-06-25 18:12 | Agfa Optima 1035 | Comments(0)

徳洲会病院と政治資金規正法と東京都知事

c0182775_17132947.jpg

札幌徳洲会病院のロビーです

東京都知事が辞任して後継者のことで政局が泡立っています

猪瀬前々知事が辞職したのは
徳洲会グループからの資金提供5000万円が
選挙資金としても政治資金としても正式に処理されず
闇献金だと追及されたのが理由でした

もともと猪瀬直樹がのし上がったのは
さぼり知事の石原慎太郎がやるべき実務を
一身に引き受けていたからですが
知事を交替するにあたって
後援会組織つまり金脈人脈をもそっくり引き継いだのですね

石原の金づるが徳洲会であり
徳洲会の施設展開にあたって
石原が強引な便宜を図ったことはことは周知のことです

猪瀬直樹は当初は徳洲会から1億円借りるつもりだった由ですが
石原文脈からいえば極めて当然の行為だったようです

そこのふところの甘さが致命傷になりました

政治家のもとに資金が入ることについては
政治資金規正法は厳しいので
猪瀬直樹は逃れきることが出来ませんでした

逆に政治資金の使い道については規制がなく
世上ザル法と言われるゆえんです

しかし 甘利に入った金と舛添が使った金の問題を考えると
本来は甘利に厳しく舛添には緩いものであったはずですが
これまでの政治資金規正法の緩急とは逆の力学が働きました

こういう現象も安倍政権の強権政治の一つとして
記憶にとどめておきたいと思います
c0182775_1750497.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-06-18 17:53 | Agfa Optima 1035 | Comments(0)

芝の再生作業

c0182775_17502470.jpg

6月初めにマンション前庭の芝の再生作業が始まりました

この芝生は昨年の5月から改修工事の資材置き場になっていました

雪が融けて土壌が安定したので まず整地して
そのうえで苗シートを貼り付けます

c0182775_1813072.jpg

半月ほどたった今は芝がけっこう伸びて
根を下ろしたように見えますが 立ち入り禁止が続いており
ショッピングセンターへの近道になる敷石もまだ使えません

ここで行なわれる恒例の夏祭りまでには
立ち入りができるようになるとは思いますが
6月の低気温が成長を妨げてはいないかと気にかかっています

c0182775_1861262.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-06-17 18:13 | Agfa Optima 1035 | Comments(0)

藻岩山の雲と人喰い熊事件のこと

c0182775_17405390.jpg

藻岩山のシルエットと鈍く光る札幌ドームが見えます

気圧の谷ではっきりしない肌寒い気候が続いています

秋田県で竹の子を採りに山に入った人が
熊に襲われて食べられたことがニュースになっています

熊の胃の中から食べられた肉片が見つかった由です

ちょうど枕頭本として木村盛武「慟哭の谷」を読んでいたのですが
秋田のニュースで途中から進まなくなりました
c0182775_17484113.jpg

この本のことは知っていましたが
昨年文春文庫に入って入手が簡単になりました

大正4年「三毛別羆事件」のwikipedia
ほとんど「慟哭の谷」をなぞっていますので
ご存じない方はクリックしてみて下さい

これを資料にして書かれたのが吉村昭「羆嵐」です

c0182775_17562724.jpg

「羆嵐」の方を先に持っていて それで「慟哭の谷」を知りましたが
後者が文庫になったのでまず「慟哭の谷」を読みかけました

しかし ちょうど百年前の惨事と同じようなことが
今でも起こることに背筋が寒くなって中断してしまいました

すこし冷却期間を置いて読もうかと思っています
c0182775_1854945.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-06-14 18:06 | Agfa Optima 1035 | Comments(0)

書店変じてリフォームセンター

c0182775_22585228.jpg

普段よく行くショッピングセンターに新規開店しました

ここはかつては書店さんでした

それがなくなったので 昨日投稿したように
地下鉄で二駅向こうの書店まで出かけたわけです

書店の閉店はちょうど1年前のことでしたが
やはり無くなるとちょっとした買い物に不便です

もう一箇所のかつて輸入洋品店だった空きスペースも
同じリフォーム業者が使っています
(上のコマの位置から15mほど前方です)

c0182775_2301544.jpg

このショッピングセンターの運営会社は三井不動産です

空いた店舗スペースの積極的なテナント開発が
感じられなかったのですが
業界で縁のあるリフォーム会社に出店を依頼することになったようです

マーケットリサーチなどがなされた感じは無く
運営会社のやる気の無さが浮き彫りになりました
c0182775_1732548.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-06-13 17:30 | Agfa Optima 1035 | Comments(0)