人気ブログランキング |

カテゴリ:Olympus OM-1( 48 )

空港出発ゲイト

c0182775_2124790.jpg

タイ国際空港の出発ゲイトでフライトを待つご婦人です

ひと月後のポーランド出張にそなえて
きょう成田近くのホテルを予約しました
(ひと月を切ると値段が上がりますので)

私はけっこううっかり者で
空港の出発ゲイトを間違えて待ち続けることがよくあります

この日もそうでした
周りの人々の気配が 何だかベトナムへ行く雰囲気ではないのです

もう一度チケットを確認すると
EゲイトとFゲイトを間違えていたのでした

by zuoteng_jin | 2011-01-25 21:10 | Olympus OM-1 | Comments(0)

ハノイ・文廟

c0182775_23211596.jpg

すべての仕事が終わって 深夜便で帰る前に「文廟」を訪れました

文廟は儒教の学問所ですが
建物のすべてがベトナム戦争の北爆で焼かれました

戦後それらが復元され
燃えなかった題名碑(科挙の合格者の名を刻んだ碑)が
こうして並んでいます

科挙の合格者にあやかり 合格を祈願して
受験生が石碑の土台のカメの頭をなでに来ます
I wish your passing! 声をかけたらポーズをとってくれました

c0182775_2334374.jpg

ここには欧米からの観光客も多く
ご主人がガイドブックを丁寧に朗読し
奥さんがうなづきながら聴いているご夫婦がいました
c0182775_23365825.jpg

by zuoteng_jin | 2011-01-09 23:45 | Olympus OM-1 | Comments(0)

漢喃研究

c0182775_2093264.jpg

ハノイ大ではこの入口の向こうで二日間講演しました

漢喃というのは漢字の漢とベトナム漢字である字喃(チュノム)の喃です
つまり漢字文献全体を指す言葉です

ローマ字表記の下が漢喃で その上が部門だと思います(違うかな)
漢喃部門だとすると 漢字文献学科ということです

聴いてくれたのは下のような大学院生と教授陣です
彼が日本漢字音について質問してくれました

c0182775_20144383.jpg

一日目の講演のあと
ベトナム社会人文科学国家センター所属の漢喃研究院で
古い漢字語彙集などを調査してきました

Bessa R2A, Summicron 35mm F2 ASPH , Kodak Portra 160NC ↓
c0182775_202051.jpg

左から読むのですが「院」+「研究」+「漢喃」となっているのは
ベトナム語では修飾語は後ろに付くからです

by zuoteng_jin | 2011-01-08 20:31 | Olympus OM-1 | Comments(0)

バンコクからハノイへ

c0182775_2092244.jpg

バンコクからハノイに飛ぶ飛行機材の延着で旅客は待ちくたびれています

この日は出発が一時間遅れました

*明日千歳空港から羽田に飛ぶ予定ですが
荒れ模様の天候です
自然現象には勝てませんが
何とか飛んでくれればと願っています

by zuoteng_jin | 2011-01-06 20:17 | Olympus OM-1 | Comments(0)

バンコク・ところ変われば

c0182775_2057623.jpg

二日目の夜 学生さんたちがバンコクのスキ鍋に案内してくれました

スキ鍋とはいいながら すき焼鍋ではなく 完全に寄せ鍋でした
まあ それはそれで美味しいのでして 最近流行りなんだそうです
c0182775_2057587.jpg

一定の時間が来れば こうして突然店員たちが
ダンスを披露してくれます
c0182775_2059363.jpg

食後にスターバックスでコーヒーを飲みました
何にするか問われたので メニューにあるモカを頼みました

しかし 出てきたのは紛れもないココアです
バンコクのスタバではココアをモカと呼んでるのです

スキ鍋といいモカといい ところ変わればということですね

by zuoteng_jin | 2011-01-05 21:11 | Olympus OM-1 | Comments(0)

バンコク・バス

c0182775_21332360.jpg

チャイナタウンからホテルまでバスで帰りました

いくら待っても空車のタクシーが来ないので
エアコンバスに乗りました

バンコクのバスは3クラスに分かれていて
2年ほど前から走り始めたエアコンバスは
最上級なのだそうです
退勤時間なのに空席があるはずです

バンコクのバスは
ものの3分ほどですぐに次のバス停があるのです

なぜなら とにかくバンコク市民は歩くのが嫌いで
降りたらすぐそこが目的地でないと承知しないといいます

日本にしばしばやってくるチュラ大の先生は
東京のバス停間隔は長すぎると感じているそうです

by zuoteng_jin | 2011-01-04 21:43 | Olympus OM-1 | Comments(0)

バンコク・チャイナタウン4・食事

c0182775_20175055.jpg

チャイナタウンの簡易食堂で雲呑麺をいただきました

画面向こう側から入ってきて このステンレステーブルで頂くのですが
ステンレステーブルはいかにも東南アジアという感じがします

この店で調理しているイケメン君にレンズを向けると
周りのおばちゃんたちから「男前に撮って」という声がかかるもので(多分)
彼が照れてそっちを見やったものですから
ピントが外れました
c0182775_20261647.jpg

by zuoteng_jin | 2011-01-03 20:29 | Olympus OM-1 | Comments(0)

チュラ大キャンパス寸景

c0182775_20584018.jpg

チュラロンコーン大文学部新校舎1階のテラス部は憩いの場です

素直な学部生がピースサインで応じてくれました

下は制服姿です

c0182775_20594179.jpg

男子は少数派かもしれません
c0182775_2101479.jpg

by zuoteng_jin | 2010-12-30 21:08 | Olympus OM-1 | Comments(0)

エレベータホール・ランチ

c0182775_2292976.jpg

タイで初日午前の講演が終わると 担当の先生がランチを用意してくれました

去年も毎日午前の講義のあと
このエレベータホールでお昼をいただきました
(この先生が学内食堂で買ってきてくださいます)

発砲スチロール容器の中は色々ですが
この日は「タイ米炒飯チキンカツのせ」を選びました

この場所で南の風を受けながらいただくタイ米は 旨いものです

*このブログは北海道の息子の家で更新しています
南の風どころか ここは一面の銀世界です

by zuoteng_jin | 2010-12-29 22:28 | Olympus OM-1 | Comments(0)

徹夜明け

c0182775_031541.jpg

チュラロンコーン大学のキャンパスです

学生さんの徹夜明けでしょうか
早朝から睡魔が襲ってきたようです

by zuoteng_jin | 2010-12-29 00:06 | Olympus OM-1 | Comments(0)