カテゴリ:Minolta HIMATIC F( 51 )

久しぶりに紅燈籠の刀削麺

c0182775_1632385.jpg

ショッピングセンター内の中華料理店です

今日は一昨日に救急外来として運ばれた脳外科に行って
検査診察料金を支払ってきて
この店で久しぶりに刀削麺をいただきました

真ん中の立て看に案内が見えますね

刀削麺は山西の名物麺で30年以上前に北京で初めて食べました

北京に晋陽飯荘という山西料理の名店があって
料理よりも建物が目的で二三度行きました

HPにも説明がありますがこの晋陽飯荘は
18世紀後半に『四庫全書』の総纂官・紀昀の邸宅であったところです

ただ今のような立派なビルではなくて
清朝の面影を残していた建築でした
(写真がどこかにあるはずなのでいずれ捜してみます
【追記】スライドがあったので今晩にもスキャンして追加投稿します)

今のビルは紀昀の旧居址としか言いようがないようで
清朝の雰囲気が残る建物で刀削麺をいただいたのはいい思い出です

日本での刀削麺はラーメンのようにスープに入れて食べるのが多いですが
現地での刀削麺は小さなお椀に茹で麺を盛って
ごま酢醤油やひき肉辛子味噌などをかけて食べるものでした

気分が中国古典に向いたせいか
今日は『漢辞海』の修訂のために いくつかの項目を検討しました
c0182775_15285036.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-01-15 17:17 | Minolta HIMATIC F | Comments(0)

積もらない雪とセンター試験の漢文問題

c0182775_1834431.jpg

札幌の雪はこんなものです

いっとき先が見えない降り方はしますが続かないのです
c0182775_1852152.jpg

昨日今日のセンター試験で雪のための大混乱が起きなかったのは何よりです

昨日の漢文の問題を検討しました

今年は原文が理解しやすく
語注が丁寧につけられており
選択肢の作り方が大変周到に出来ており
近年まれな良問でした

2014年の出題は原文の理解が誤っている酷い出題で
たまらずセンターに手紙を出しました

当時京大教授だった友人も別途同じ指摘をしましたが
センターからはそういう理解もあり得ますが
今回はセンターの解答を正答にします
そういう訳のわからぬ回答がありました

今年の良問を見ていると
軽率な出題だと批判をこうむるという空気が
センターや出題者に生まれていたと感じます

そう考えると無駄な抗議ではなかったと思いました
c0182775_15285036.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-01-14 18:14 | Minolta HIMATIC F | Comments(0)

雪の上の不思議な足跡とレーザープリンターの置換

c0182775_17223179.jpg

雪の上にはときどきどうしてここに足跡がと思うことがあります

これは犬が駆け下りた跡でしょうか

道路をつなぐ上のようなのは分かりますが
下のようなのは理解に苦しみます

川ぶちに下りる必要があったのでしょうか
c0182775_17281397.jpg

今日の午後は純正トナーカートリッジを装着しても
エラーが出て印刷しようとしないキヤノンのレーザープリンターを
ブラザー製のプリンターに置き換えました

それで多少身体を使って 夕食に孫たちと合流して
焼肉屋で軽くお酒を飲みつつ美味しくいただいたのですが
血圧が下がって気が遠くなりました

家族が心配して救急車を呼んで念のために
焼肉屋から3分の脳外科で(昨日ここで定期健診したばかりです)検査を受けました

幸いに脳血管に異状はなく 急な血管拡張で
血圧が低下しただけということでした

こういう経験は二度目になります

三度目は無いように気をつけなければなりません


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-01-13 20:30 | Minolta HIMATIC F | Comments(0)

厚別川虹の橋と脳外科定期検診

c0182775_16211937.jpg

厚別川にかかる虹の橋から見るモルモン教会です

橋の反対側から見下ろすとこんな感じです
c0182775_1624154.jpg

北陸地方は記録的な豪雪のようですが
この岸辺の雪は例年の半分程度ですね

北海道は北の日本海側たとえば留萌や増毛のあたりが豪雪です

札幌は落ち着いているので
午前中の脳外科定期検診には自分で運転して行き来しました

いつもながら大変に混んでいて診察が終わるまで2時間近くかかりましたが
幸い特に異常なことはなく
血圧のお薬だけもらって帰宅しました

待合室で見ていると 足を引きずる患者さんや
車椅子でなければ移動できない患者さんが多かったです

私の場合は自分で運転できるほどにおさまって 本当に幸運でした
c0182775_15285036.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-01-12 17:20 | Minolta HIMATIC F | Comments(2)

積雪期の自転車をめぐって

c0182775_17391532.jpg

地下鉄駅近くの駐輪場に放置されています

スパイクタイヤで走る人もいますが普通は乗らないですね

この車止めは路地からサイクリングロードに出る場所に設置するものです
c0182775_17441685.jpg

撮影ポイントが路地で ちょっと右手がサイクリングロードです

サイクリングロードは自転車と歩行者はOKですが
原動機付きは進入禁止です

しかしこの車止めも冬期間は不必要なので
こうして取り片づけられているわけです

この二三日 西日本での降雪や路面凍結がニュースになっていますが
不慣れゆえのスリップシーンや転倒シーンが何度も放映されています

雪国で慣れていてもトラブルが避けられないものですから
くれぐれも事故が無いように祈りたいです
c0182775_15285036.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-01-11 18:00 | Minolta HIMATIC F | Comments(0)

正月飾りと年末年始TV番組のモラル低下

c0182775_1746972.jpg

ショッピングセンターの婦人服売り場です

二日の初売りには三割から五割引きの張り紙があります

まだ正月飾りもありますが まあ明日まではこのままでしょうか

ところで年末年始に
現在では信じがたい反モラルのTV番組があったとネット上で話題です

一つはダウンタウンの浜田某がエディ・マーフィーを気取った
ブラックフェイスで画面に登場したことです

もちろん黒人差別ということで批判されました

ブラックフェイスということでは1980年にブレイクした
シャネルズというドゥーアップ調のコーラスグループを思い出します
(ランナウエイがヒットして、のちにラッツ・アンド・スターに改名しました)

確か7~8人のグループで
前に並ぶ4人ぐらいが顔を黒く塗ったと記憶しています

このメイクはブラックミュージックへの憧れから発したことは分かりますが
当時から何だか性根が恥ずかしく嫌ーな気分でした

浜田某の一件はもちろん彼ひとりが悪いのではなく
企画したプロデューサーあたりが無神経であることは明らかです

もはや現代では ブラックミュージックへのリスペクト
などという説明は通用しなくなったことを知らないのでしょうか

もう一つは昨年不倫騒動で露出が減ったベッキーです

その罰だとばかりにタイの女子キックボクサーに
予告なしで尻をキックさせ 逃げ回って悲鳴を上げるベッキーを
大勢で笑ってからかうのが放映されました
(TVでは見ていません ネット画像で見ました)

これは要するに吉本興業のお家芸ともいえる「いじめ」笑いです

こういったモラルの低下は昨日今日の現象ではありませんが
特に ここ四・五年は社会のあらゆる局面で
タガが外れているような気がします
c0182775_15285036.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-01-06 18:25 | Minolta HIMATIC F | Comments(0)

すさまじきもの:取り残されたネット

c0182775_17224962.jpg

これは10月22日の撮影です

流石の札幌もまだ初雪には間があると思い
マンション内のテニスコートのネットを取り込まないままでした

左の建物がマンションの立体駐車場で
積雪期には大変に助かります

青空駐車でも戸建ての車庫でも
毎朝の除雪がひと仕事になります

ところで
「枕草子」には季節に取り残されたもの
たとえば冬に使うものが春まで残った網代や
冬着であるのが三四月まで残った厚手の下着
そういうものを「すさまじきもの」と評しています

清少納言にかかればこのネットも
「雪降りたるテニスコートのネット」として
すさまじきものの中に組み込まれると思います

ちなみにその後ネットはしまい込まれ
コートの雪も消えました

関東地方54年振りの11月の降雪がニュースになりましたが
東京八王子の画面が何度か出ました

東京にいた頃勤務先の前々任校が八王子で
住まいが八王子の隣りでした

けっこう雪が降る地帯で
転居する少し前にも降ったのです

今年の北海道は雪の来るのが早かったですが
積雪量は平年並みとの予報で
是非そうあってほしいものですね
c0182775_15285036.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-11-25 18:01 | Minolta HIMATIC F | Comments(0)

初冬の花ロードテラスとえび天鍋焼きうどん

c0182775_1772847.jpg

弱弱しい光の中の花ロードえにわのテラスです

雪が降る前の今ごろは体感上もっとも寒いです

このテラスは寒風にさらされていますが
中はもちろん暖かくくつろぐことが出来ます

11月から3月末までは食堂メニューが冬仕様で
よくここで「えび天鍋焼きうどん」をいただきます

セルフサービスなのでグツグツ熱々の鍋焼きを
カウンターから座席まで運びますが
震える身体で運ぶのは大変です

去年まではベテランのおばちゃんが運んでくれましたが
今年はちょっと年齢の若い新人が多くて
手が空いても見ているだけです

歳を重ねてくると 身内などに脳卒中経験者がいて
鍋焼きを運ぶのがどんなものかが分かってきますが
そんなことを期待するのは甘えというものです

ともかく注意深く運ぶことを心がけています
c0182775_15285036.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-11-17 17:40 | Minolta HIMATIC F | Comments(0)

札幌もやっと本格的な雪降りです

c0182775_15111822.jpg

近くのマンション入り口で一週間前はこうだった雪も

今日はさすがに積もりました(下の撮影はデジタルDP2Sです)

c0182775_15134828.jpg

例年だと1月下旬からは横ばいの積雪になるはずですが
今年は変則的な感じなので
いままでの借りを返されることがなければと思います

c0182775_15262258.gif
c0182775_15285036.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-01-22 17:30 | Minolta HIMATIC F | Comments(0)

大寒圧雪運転と脳卒中後遺症大鵬関の場合

c0182775_1825287.jpg

今日は大寒ですね

さすがに今日は
ロードヒーティング以外の路面は初雪以来の圧雪運転でした

昨日のブログで左手に痛みが走ると報告しましたが
運転中はまったく負荷がかからないので快適なんです

要するにアームを中空で支えるのは大変ですが
何かをしっかり握っているとアームの重量がかからないわけです

そうやってマヒした腕を支えた実例に
2000年6月に還暦土俵入りを行った大鵬関がいます

c0182775_18122122.jpg

この画像は私が脳出血入院から退院した直後に大鵬関が亡くなって
産経webニュースにアップされたものです

大鵬関は37歳で重い脳梗塞を患い
足の感覚がないので四股を踏むのは無理で
せり上がりの型だけを披露したのですが
左手を中空で支えるのは震えたり痛んだりで無理なのです

そこでお腹の皮をギュっとつまんで型を作ったのですね

私はこの画像を見で息を呑みました

退院直後の私の左手に痛みはありませんでしたが
今よりも震えはひどかったので
お腹の皮をつかんだのはなぜかすぐに分ったからです

長嶋茂雄氏といい大鵬関といい
同じマヒを経験したことのない人には分らないやり方で
さりげなく辛い後遺症と闘っていることに
こちらもやはり励まされます
c0182775_1829699.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-01-21 18:33 | Minolta HIMATIC F | Comments(0)