人気ブログランキング |

カテゴリ:Ricoh 500GS( 52 )

薄雪の上を歩く人と赤穂義士浪曲

c0182775_180265.jpg

こういう雪が翌朝冷え込むと滑って危険です

北海道でも歩行転倒事故やら車のスリップ事故が起こるのに
全国的に寒波が襲うこの週末は
あちこちで事故が起こるのではないかと心配です

十二月の江戸の雪とくれば赤穂浪士の吉良邸討ち入りですね

歌舞伎・講談・落語・浪曲いろんなジャンルにネタを提供しましたが
国本武春の浪曲「赤垣源蔵徳利の別れ」なんかは絶品です



武春若き日の熱演でもありますが
音楽的な乗りの良さは
浪曲というジャンルを超えて訴えかけてきます

国本武春は学生時代にブルーグラス(=カントリーウエスタンの一種)の
バンド活動をやっていた由ですし
2003年文化庁の文化大使として1年間北米で活動した際にも
ブルーグラスのバンドを組んだそうです

今日のNHKFM浪曲百番でそういう解説を聴きました

残念なことに去年12月24日 脳出血で亡くなりました
惜しい芸人を失ったものです
c0182775_20123413.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-12-15 17:47 | Ricoh 500GS | Comments(0)

第二駐車場

c0182775_16501441.jpg

今日も湿った雪が降っています

この駐車場は向こうのマンションの第二駐車場です

マンション敷地内にも駐車場がありますが全戸分はないので
100メートル離れたここにも設置しています

私のいるマンションは全戸の駐車場が敷地内にありますが
雪国で100メートル離れるとちょっとつらいです

東京の団地では私の駐車スペースも この程度離れていましたが
遠くて困ると思うことはありませんでした

年明けに隣のマンションに姪の一家が転居してきますが
駐車場は余裕がある由です

居住者が次第に高齢化して
乗用車を手放す人が増えてきたので余裕が生まれた由です

最近高齢者の運転事故が話題になっていますが 積雪地帯の場合
アクセルとブレーキの操作がデリケートですから
無理をして運転を続けないのは賢明かもしれません
c0182775_20123413.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-12-09 17:14 | Ricoh 500GS | Comments(0)

コイン駐車場のスリッパと医療費

c0182775_17203289.jpg

半月ほど前に見かけた光景です

コイン駐車場の出入り口にスリッパがそろえてありました

この奇妙な光景も ここから10mほど離れた場所に
ちょっと大きな産婦人科病院があることを知ればハハ~ンと思います

病院内でしばらく使ったスリッパを
自宅内で使いたくないので捨ていったものでしょう

それにしてもこういう放置はいけません

ところで厚労省は70歳以上の医療費の自己負担割合を増やす
という方針を固めた由です

ちょうど私の年齢 団塊世代から適用になるのですね

団塊世代は大きく社会に負担をかけるので
政府の負担になる制度はこの世代をめどに
個人の負担に転嫁してきます

世間では団塊世代はバブルで美味しい汁を吸い
定年後は余裕のある年金暮らしを謳歌している
そんなイメージがあるそうです

しかしたとえば年金の支給割合なんかも
この世代からどんと悪くなったりするのですよ

いま75歳の先輩たちと70歳の我々とでは計算式が異なり
同じ金額の年金を納めても支給額はかなり違うのです

年金だけで暮らせるなら 身体の不自由な私は
とっくに年金暮らしに切り替えています

そうはいかない現状から
団塊世代の厳しさを察していただきたいものです
c0182775_20123413.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-12-01 18:07 | Ricoh 500GS | Comments(0)

シクロ・シボレーとトヨタ・カムリ

c0182775_17181126.jpg

土曜日の散歩に出始めてすぐの駐輪場です

駐輪車の数がかなり少なくなっています

シクロ・シボレーもそろそろシーズンを閉じなければなりません

戸建て住宅街に入ると
何と80年代後半のトヨタ・カムリがありました
c0182775_1722514.jpg

しかも多摩ナンバーです

右の前輪がパンクしたままですし
後ろのタイヤハウスのボディは錆びが進んでボロボロになっています

おそらくこれは車検が切れている車ですね

この車の運転者は今どうされているのか
ちょっと複雑な思いでシャッターを切りました
c0182775_20123413.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-11-29 17:44 | Ricoh 500GS | Comments(0)

面白い樹形と厳しい光線情況の露出

c0182775_17255991.jpg

針葉樹の枝が面白いです

何という樹か知りませんが
この枝ぶりは積雪地帯に順応した結果だとは思います

70年代のコンパクトカメラが好きなんですが
(当時はバカチョンなんて馬鹿にされました)
銘機と評価の高い機種に関しては
登載レンズがその後の一眼レフのレンズに引けを取りません

何度か書いたと思いますが
カメラ本体にストロボを組み込むようになって
レンズ性能の手を抜くようになりました

その前の機種のレンズは今でも優秀だと思います

ただ露出機構はアバウトなもので
これは一眼レフのように精密ではなかったです

まあネガフィルム使用が前提のカメラですから
2絞りぐらい狂っても実用の範囲内だったわけです

自動露出の自己調整を行ったリコー500GSのテストに
この画面のような厳しい光線状態を選びましたが
フィルムが優秀なこともあって実に適正な露出をしました

今のデジカメでも同じような撮影結果は得られるでしょうが
2000円も出さずに35mmフルサイズを楽しめるのは
やはり70年代のバカチョンに限ります

いま最後にこのカメラのファインダーの
窓ガラスの接着がはずれているので
また分解して再接着の工事中です
c0182775_20123413.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-11-27 17:56 | Ricoh 500GS | Comments(0)

カメラの調整と試写兼リハビリの一日

c0182775_16494356.jpg

レンガの門柱にこんなマスコットが置いてありました

昨晩から今日の午前中にかけて
露出機構がでたらめだったリコー500GSの調整をしました

このカメラは完全マニュアルでも使えるのですが
先にシャッタースピードを設定すると
絞りが自動的に作動して適正露出が得られるシステム登載です
(昔は Electric Eye いわゆるEEカメラといいました)

しかし8年前に入手した時から
実用的に使うことができなく
完全マニュアル機として使いました

露出不安定の原因は
受光器のCdSが劣化しているか
受光器とメーターの間の抵抗器が劣化しているか
回路の導線の接続がしっかりしていないか
そんなことが考えられるそうです

蛍光管にくっつけるテストをしてみると
CdS受光器は劣化しているかもしれませんが
まあそこそこ近い値になってくれました

問題は不安定であっても
こちらの与える条件に応じた変化をするかどうかです

いろいろやってみるとあくまでも素人判断ですが
どうやら抵抗器や回路を調べる必要がなく
CdSが若干劣化しているだけのように思いました

そこでメーターブロックのむき出しのひげゼンマイの埃をとばすなど
メーター回りの清掃を丹念に繰り返しました
(ほこりは不安定の原因になります)

ただ設定フィルム感度に対して
1絞り分ほどアンダーになってしまいます

したがってフォルムを装填したら
1絞り分感度を上げて設定すればいいことになります

1973年製ですから ASA 感度になっていて
ドイツ規格のDINでも表記されていますが
ISO という言い方はしない時代でした

そうやって調整を終えてから
リハビリ散歩がてら試写に持ち出しました

その結果は期待どおりに自動露出が働いて
上のような日影でも下のような日向でも
問題のない撮影ができました
c0182775_17304177.jpg

下の画面の中央にレンガの門柱がありますが
同じデベロッパーなので
このあたり20棟ほどのすべてが
同じような門柱になっています

それはともかくこのレンズは胸のすくような
シャープなレンズで 色に乏しい冬には 500G 同様に
モノクロで楽しめるものと期待しています
c0182775_20123413.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-11-26 17:48 | Ricoh 500GS | Comments(0)

「心惹かれる」とパプアニューギニアからの報告

c0182775_175677.jpg

昨日掲げた写真と同じ日同じ場所です(2008年多摩センター)

チェロを弾く花人形に心が惹かれるようです

この子を含む家族はブログ開設初期に登場しています

昨日ご紹介したリコー500Gですがフィルムを入れる前に点検すると
距離計が完全に狂っていました

無限遠の二重像がかなりズレまくり
2mほどの距離で二重像を合わせると
レンズの方は8m先にピントが合うというあんばいでした

はは~ん これがオークションに
ジャンクとして出品された原因に違いありません

60~70年代のコンパクトカメラがジャンク扱いされる場合
最も多い原因は距離計不調です

これはちょこちょこっと調整をし直し
昼過ぎにリハビリ散歩をかねて試写したら
遠距離も近距離もどうやら直っていました

リハビリといえば 東京で私を担当した若い理学療法士が
私から刺激を受けたといってJICAの海外派遣事業に応募し
パプアニューギニアに行っています

先ほど近況報告が届きました
c0182775_17263995.jpg

小さい子供は肌の白い人間が気味悪くて怖いのだそうで
当初はよく泣かれて困ったと前便にありました
c0182775_17303584.jpg

脊椎を損傷した患者さんには水治療法が有効だそうです
c0182775_17365258.jpg

現地の理学療法学会やJICAの報告会などの評判が良くて
大使や現地有力者の前でもレポートさせられ
えらく緊張したとのことです

新学期が始まると私は理学療法概論のゲスト講師をつとめます

その講義の中で彼の活動を報告して
恵庭にいる理学療法士の卵たちに
この仕事は世界的な視野で活躍ができるのだと伝えたいです
c0182775_17414789.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-02-21 17:49 | Ricoh 500GS | Comments(0)

仰角ねらいのカメラマンとシラバスというもの

c0182775_17271022.jpg

2008年の多摩センターでの光景です

使ったカメラについては後で説明します

きのう午後ときょうの午前中をついやして
授業のシラバスを書きました

20年ほど前までは週ごとの授業計画などは
書かなかったものです

もちろん授業概要は公表しましたが
1コマについて1年間の概要を300字程度で書くものです

文科省は丁寧なシラバスを書くように指導してきて
今日に至るのですが
シラバスの丁寧さ杜撰さと授業の良し悪しは決して並行しません

かつての同僚で
それはそれは詳しい丁寧なシラバスをかく御仁がいました

しかしついにまともな後継研究者を育てることなく終わったのです

シラバスを書くこと自体はあってもよいと思います
ただ学生の授業評価に
シラバス通りに行なったかという項目があるのが理解できません

私の考えでは受講生たちの認識の深化やら
教員の絶えざる研究の進展によって
シラバス作成時には思ってもいなかった方向に展開するのが
むしろ望ましい授業の在り方だと思っています

専門的な授業科目の場合なら 授業が終わった時に
論文が一本書きあがるような授業でないと
死んだ知識の開陳にすぎません

さて使用機材のRicoh 500GS ですが大変コンパクトながら
オート露出とマニュアル露出が使えるカメラです

ただ露出計に難があってマニュアルでしか使えません

500GS は1973年製ですが 前年72年に
500G という機種が出ていました
c0182775_17572747.jpg

左が 500G で デザインが斬新なためにあまり売れず
翌年右のオーソドックスなスタイルの 500GS を売り出したら
これが大変ヒットしたと聞きます

したがって中身は全く同じです

レンズはリケノン40mmでクラカメファンには絶賛される描写です

それで部品取りをするつもりで
ヤフオクで1300円で落札したのが初代の500Gというわけです
(昨日到着しました)

説明はなかったのですが露出計は完璧に生きていました

そのうちこの2台をどうするか おいおい考えていこうと思います
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-02-20 18:14 | Ricoh 500GS | Comments(2)

夏草

c0182775_2145412.jpg

梅雨が明けると 夏草が 一気に獰猛になるような気がします

しかし 夏の猛々しさも 立秋まで
せいぜい 夏を満喫したいと思います

毎年 夏休み前 最後の週になると
カーステレオで 吉田拓郎「夏休み」を聴きつつ帰宅します

*同時代を生きてきた私たちには 吉田拓郎さんの病状が とても気になります
by zuoteng_jin | 2009-07-15 21:22 | Ricoh 500GS | Comments(0)

やかん

c0182775_2112050.jpg


崖の上から見おろした よその団地の管理棟
左のドアから「洋風便所」「和風便所」「物置」「掃除人室」です

掃除人室のまどぎわに丸やかんが2個おいてありました
中にはかすかにポットがいくつか見えます

掃除人は丸やかんで湯を沸かしてポットに入れ
そのポットを運び出し 外で弁当をつかう習慣なのでしょうか

学生アルバイトでの経験がありますが
肉体労働して 外で食べる弁当は旨いです
by zuoteng_jin | 2009-02-09 21:13 | Ricoh 500GS | Comments(0)