人気ブログランキング |

2019年 07月 06日 ( 1 )

樹木の養生と修理不可のカメラケース

c0182775_16431429.jpg

マンションの庭のハルニレです

昨年の5月に幹の皮がめくれてきたものを養生し始めました

順調に回復してほしいものです
c0182775_1651583.jpg

これは街路樹ですが やはり養生を受けています

今日の午後 以前入手したカメラについていた ほつれたカメラケースが
補修可能かどうか 革製品のリペア専門店に持ち込んでみました
c0182775_16544467.jpg

最近よく動員するVITESSA L の革ケースです

職人さんが丁寧に検品した結果
画像右下に見える三脚穴付き金具を外さないと修理が出来ないが
この金具は ネジ止めではなく ピンの頭をつぶして止めているらしく
いったん外すと 同じ部品が無いと修理は不能だとのことでした

なるほどと思いました

VITESSA の革ケースは出来て70年近く経った今では
ほとんど失われています

なぜ現存が少ないか 今日の説明で すんなりと納得しました
c0182775_179073.jpg

これはやはり愛用する Retina の革ケースです

Retina のケースは現存がかなり多いのですが
コードバンのような堅い革で 板金で縁どりされ
縫い目はほとんどないのです

上蓋の曲線を見るだけでも 素晴らしい革細工だと思います

70年後の今日でもちょっとした擦れ以外に
損傷がほとんど無いのはたいしたものです
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-07-06 17:30 | Olympus OM-1 | Comments(0)