人気ブログランキング |

2019年 04月 07日 ( 1 )

人生のハイライトと甥の闘病の終了

c0182775_16463224.jpg

写真をアルバムにするサービスです

人生のハイライトは終わってみなければ分からないということを
杜甫は「丈夫(=男) 棺を蓋(おお)って 事 始めて定まる」と歌いました
(「君不見簡蘇徯」詩)

午後三時過ぎ かねて闘病中の甥が息を引き取りました

心臓カテーテルの技術では名医を紹介するムックに紹介され
世田谷でハートクリニックの病院を任されたこともあり
循環器の専門医として活躍していました

それが2017年11月に急性白血病に見舞われたのです

埼玉自治医科大学に入院して治療をしており
私も昨年11月末に見舞いに行きました

血液の疾患は治療効果が出ていましたが
合併症が想像以上に重いのに懸念しつつ別れてきました

今年の元日に本人から厳しいリハビリに耐えている旨のメールがあり
それが彼と直接に言葉を交わす最後になりました

塩梅が良くないことは聞いていましたので
今日もリハビリ散歩で神社に寄って手を合わせ
彼の快復を祈って頭を下げましたが
ちょうどそのころに息を引き取ったことになります

杜甫の詩句は「君 今 幸いに 未だ老翁と成らざるなり」と続きます

甥はまだまだハイライトはこの先だと思っていたに違いありません
そう思うと可哀そうでたまりません

せめて辛い闘病から解放されたことで慰めとせねばなりません
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2019-04-07 17:26 | Contax T2 | Comments(0)