2018年 04月 09日 ( 1 )

シャッター回復機材で撮る2018年のクロッカス

c0182775_161283.jpg

薄曇りの午前中に少し長いリハビリ散歩でクロッカスを撮りました

昨日シャッターが引っ掛かった機材ですが
ブロアでほこりを飛ばすと(ほこり自体は見えなかったのですが)
その後は問題なく作動して 撮り終えるまで無事でした

シャッター速度の測定をしてみたら
1420(2000)・848(1000)・460(500)・246(250)・125(125)・63(60)・32(30)
1000分の1秒は言うまでもなく 2000分の1秒もしっかり実用になる優秀機でした

今日は小さいクロッカスがターゲットでしたので
望遠の TELE-ELMARIT 90mm F2.8 を装着しています

ライカ M マウントの 90mm は M-ROKKOR 90mm F4 も持っていますが
今年になって銘玉の TELE-ELMARIT 90mm F2.8を入手しました
(M-ROKKOR 90mm F4 も設計製造はライカです)

90mmレンズをレンジファインダー・カメラに装着すると
ピント合わせが厳しくなるのですが
使用機材の R3A はファインダー倍率が等倍ですから
二重像合致のピント合わせが大変に楽なのです

ちなみに愛用のライカ M7 のファインダー倍率は0.72倍で
視野全体が裸眼の72%に縮小されて見えるのです

玄関に続くドライブウエイにクロッカスが咲いているお宅がありました
c0182775_16252577.jpg

かと思えば 水道管の根元周辺にさりげなく咲いているものもあります
c0182775_16292957.jpg

このカメラボディがこのままトラブルなく使えたら TELE-ELMARIT 90mm も
もっと活躍の機会が増えるに違いありません
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-04-09 17:30 | Bessa R3A | Comments(0)