2018年 03月 03日 ( 1 )

ひなまつりとタチバナ

c0182775_16422110.jpg

スーパーの売り出しコーナーです

ひなまつりののぼりの前に柑橘類がたくさん陳列されていました

考えてみると ひな壇には右近の橘・左近の桜が配置されます

もともと内裏・紫宸殿の階段の右手に(上から見て)橘が植えられ
左手に桜が植えてあったのを模した由です

桜は平安文学の感性からいうと
梅が本来ではなかったと思いますが
やはり840年ごろまでは梅が植えてあったそうです
(13世紀初頭の『古事談』による由)

橘は実ではなくて葉の常緑が喜ばれたらしいですね

我が家は男孫なのでひなまつりに特別のことは考えません
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2018-03-03 17:31 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)