人気ブログランキング |

お盆の混雑を避けた墓参とレチナ露出計の高温不調修理

c0182775_2156131.jpg

スーパーでは供物の売出し中です

お盆になると道路や駐車場が混みますから
今日のうちに故郷三笠の墓参に行ってきました

我が家のお墓は東西に長い三笠市の中央少し奥よりにあります

奥さんの実家のお墓は市内のかなり奥にありましたが
昨年夏に札幌寄りに移したので これまでよりは楽になりました

ところで このところの記録的高温続きで
このコマを撮ったレチナの露出計が動かなくなりました

この個体の露出計が真夏の高温期にこうなるのは
もう三度目ぐらいです

このフィルムの後半はすべて体感露出で撮り終え
フィルムを取り出してから修理調整をやりました
c0182775_22115251.jpg

高温で露出計が動かなくなるのは
ビスまわりの金属が膨張して締りが固くなるからと予想しました

露出計の上蓋をとめているビスのうち
上の方のビスをほんの少し緩めてやると
案の定 針が元気よく動きます

上蓋が露出計の針の動きに干渉している可能性がありますが
実用的であれば深追いしないのが素人修理の節度というものです

修理後に墓参に帯同しましたが 充分に実用範囲内で作動していました

冬にはほかの機種の低温不調がありました

私の使うカメラはかくも原始的なメカニズムですが
写りが好きなので 自分で修理できるのが有り難いです
c0182775_18101867.jpg




Retina IIIc Xenon(1954年製 露出計移植と修理・前蓋交換 シャッター絶好調機)
c0182775_1505241.jpg

by zuoteng_jin | 2019-08-06 17:30 | RetinaIIIc Xenon | Comments(0)
<< 七夕飾りの短冊の真冬と夏夫 30度越え8日連続は34年ぶり >>