人気ブログランキング |

夏の黄いろいタチアオイと秋の黄蜀葵

c0182775_1715517.jpg

タチアオイは赤・白・黄が主な色です

本州なら梅雨入りのころに咲き始め
梅雨明けのころに花期が終わる花です

いかにも夏の花という感じで
各種のアオイは仲夏の季語です

しかし中国では秋の花という受けとり方です

鄭谷という唐詩人の「知己の秋日傷懐に和す」には以下のようにあります

流水歌声 共に迴(かえ)らず
去年の天気 旧き停(あずまや)と台(うてな)
梁の塵 寂寞として 燕 帰り去る
黃なる蜀葵の花 一朶開く

夏の間きみと遊んだ流水も歌声も戻ってはこない
その思い出は去年の天気や 古びた四阿や露台のようなものだ
燕が飛び去った天井の梁は 埃だけが寂しく残っている
秋を告げる黄色いタチアオイが一輪咲きはじめたよ

まあそんなような詩です

タチアオイは蜀葵というように中国四川省が原産らしいですが
最近はトルコ原産種と東ヨーロッパ原産種との雑種だ
という説が有力らしいですが 中国では承知しないでしょう

北海道の子供は摘んだ花の切り口の粘液を利用して
鼻筋にトサカのようにくっつけて遊びました

だからタチアオイをコケコッコと呼ぶのが習わしです
c0182775_1824659.jpg




Yashica Electro 35GX(1975年製、ヤフオク2,500円落札)
c0182775_18421446.jpg

by zuoteng_jin | 2019-08-01 17:30 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)
<< 脳外科3種の検査と重度障害者の... どうしてこうなるの >>