人気ブログランキング |

冬の撮影で故障したミノルタハイマチック7sII

c0182775_16581856.jpg

枝ぶりの変わった生け垣です

散歩中に何度も色々な機材色々な角度で撮りましたが
このショットは2013年の12月末でした

撮影機材は日本では発売されなかったものです
(1977年海外発売)
c0182775_1724339.jpg

手のひらに収まるコンパクトサイズですが
シャッタースピード優先オート露出のほかに
マニュアル露出もできるという凝った仕様です

小さくて写りの良い機種なので
2009年8月に入手して以来 愛用して
当ブログには87回の掲載実績があります

しかし今日投稿した画像を含む1本を撮影した後
次に使おうとしたら 絞り羽根の操作が出来なくなっていました

寒いなかを持ち歩いて ピンかギアが外れた可能性があります

その後 そのままに放置してありましたが
昨日どういう塩梅なのか分解してみました
c0182775_17172972.jpg

絞りリングを回すと 真ん中の白い矢印の先にあるピンが左の方に動き
左の白い矢印の先にある波打ったスイングアームを押し下げます

そのスイングアームの上下動が 右端の白い矢印の先にあるピンを上下し
そのピンの先にある内部の絞りリングを動かして絞り羽根を開閉します

この手のコンパクトカメラには見えない凝ったメカニズムでした

私の知識や技術では その内部の絞りリングまで分解するのは無理です

大好きなロッコールレンズですが
ロッコールレンズが使えるカメラはほかに何台もあります

まあ 4年の間 気に入った写真を多く撮ってくれたことに感謝して
元の通りに組み直し 保存用にキープすることにしました
c0182775_187386.jpg




Minolta HI-MATIC 7SII(1978年海外発売機種)

c0182775_1927562.jpg

by zuoteng_jin | 2019-03-04 17:42 | Minolta HIMATIC 7sII | Comments(0)
<< 長い祈りの神頼み こわごわ歩く春先の道とカメラの... >>