立春の通勤路の陥没路面

c0182775_1713687.jpg

通勤路のスタート地点近くです

この画面の右側にマンション駐車場の出入り口があり
ここを通ってマンションを捲きつつ幹線道路に出ます

今日あたりの幹線道路は濡れた路面ですが雪もなく凍結もありません

しかしこのマンションの際は要注意です
c0182775_1720301.jpg

マンションから生活排水が上の画面に見える川に注ぎますから
排水管のマンホールの蓋の温度が上がって雪を融かします

これなどは陥没がそれほど深くない方で
もっと深いと タイヤがはまって バンパーが破損する恐れがあります

まあ地雷地帯のようなものですから
徐行運転が求められますね

二月いっぱいは要注意です

【翌日追記】
勤務先の駐車スペースのすぐ近くに同僚の車がありました
c0182775_16533427.jpg

これは3年ほど前に購入したはずですがバンパーが割れています

しかし目立つ擦り傷がないので 硬くは無いもの
陥没雪穴か路肩の雪の塊によって割れたのかと思います
c0182775_18101867.jpg




Minolta HI-MATIC E(1971年製 レンズ・距離計移植機
c0182775_18213910.jpg

by zuoteng_jin | 2019-02-04 17:34 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)
<< 値上げが続々で家計を圧迫しています 節分の積雪量と除雪ドーザ >>