1983年に弟と訪れた故郷の炭鉱住宅

c0182775_17154972.jpg

1950年ごろ我が家はもっと山奥の炭住長屋からここに引っ越しました

弟はここで生まれたはずです

それ以前の住宅は「幸せの黄色いハンカチ」に出てくるような長屋でした

私が高校3年 弟が高校1年の春まで
ほぼ15年間をここで暮らしたのです

八畳一間 六畳一間 四畳半一間 それに二畳ほどの台所がありました

祖母と両親と姉二人と我々兄弟の七人家族でした

1983年 私が35歳 弟が33歳の8月に
二人でここを訪問してみたのです

上の写真に見えるようにまだ鉱員の家族が住んでいました

中学校は廃校になっていましたが
建物はまだあり 思い出深い体育館もありました
c0182775_1726577.jpg

こんなネガが出てきたのは 今回の地震被害の復旧作業で
古い写真やネガを整理している過程で見つけたからです

期せずしていま通夜式の最中の弟も写っています

亡くなってみれば これがほぼ人生の折り返し点でした
c0182775_1734284.jpg

私は残念ながら葬儀には参列できませんが
ともにこの中学校で過ごした親友三人が出てくれています

明日はその親友たちの住居跡や一緒に遊んだあたりを投稿します
c0182775_1741205.jpg




Leitz Minolta CL(1973年製)

c0182775_17421093.jpg

by zuoteng_jin | 2018-10-11 17:49 | Leitz Minolta CL | Comments(0)
<< 1983年の炭住周辺と55年前... 弟が息を引き取りました >>