地震による三里川水源地付近の陥没と地名の変遷

c0182775_1226944.jpg

三里川の谷をまたぐのは地下鉄車両基地への引き込み線です

地下鉄東西線はその向こうのマンション街の下を通っています

撮影地点の橋の上から反対の方向はこんな具合です
c0182775_12334868.jpg

深く切れ込んだ谷になっていますね

三里川はその水源地域が
明治の開拓庁舎から三里の位置にあったことからの命名です
c0182775_12411362.jpg

上の地図で「美しが丘」という文字があるあたりです

ちなみに我が家は三里川下流の方の「平岡憩い」とある文字の上の青丸がそうです

三里川は水源から北流してもっと北の方で我が家の西を流れる厚別川に合流し
さらにその厚別川は札幌市内を流れてきた豊平川と合流して
石狩地区を北流し 石狩川に注ぎます

この水源から川をたどって橋を撮影したブログがありました

そのブログにあるように 三里川は谷が深いのが特徴のようです

ところでその水源近くが 今度の地震で液状化し陥没が発生しました
c0182775_12522882.jpg

上はネット上の公開画像を借りたものですが 新聞にも載ったものです

1980年代に 三里川の深い谷に
支笏湖が出来たときに降った周辺の火山灰土で盛り土をして
住宅地を開発したのがこの地域だったのです

もとは「三里塚」という地名でしたが(「三里塚小学校」に名残があります)
それが「里塚」になり
宅地造成が完成してから 1990年代初め さらに「美しが丘」という
歯の浮いたような地名になりました

美しが丘などという 何かを隠蔽するような命名には注意が必要です

防災のためにも古地名や古地図を確認することは大事なことだと再認識しました
c0182775_18101867.jpg



オリンパス OM-1 MD(1974年)
c0182775_15514637.jpg

by zuoteng_jin | 2018-09-09 17:30 | Olympus OM-1 | Comments(0)
<< 今日の復興作業:PCラックのス... 強力援軍来たる >>