石狩平野を望むテラス墓地と多摩洋風墓園

c0182775_17154949.jpg

いやはや観測史上最も暑い日々だそうです

幸い札幌では二三日は28度近くの暑い日はありましたが
今日あたりでも最高気温23度です

ちょうど一週間前に岳父などの眠る墓をこの墓園に移しました

はるか向こうに石狩平野の東端の一部が見えます

岬のように突き出ている山は達布(タップ)山といって
明治時代の開拓時に 開拓使関係の主だった面々が
この山から360度見まわして開拓の構想を練ったと言います

達布山の頂上から撮った写真はかつて掲げました

ところでこの墓園のお墓はみんな同じような墓石ですね

この区画はテラス墓地というネーミングでした

これは墓園の既成企画の墓石であって
契約した区画に自由な設計の墓石を置くことはできません

この墓園にはもちろん自由設計の区画もありますが
今回は関係家族の負担が重くならないようにテラス墓地にしました

幸いに関係家族の誰もが
不満の無い区画とデザインを選ぶことが出来ました

ただ私には何となく既視感があったので
このブログを調べてみました

すると2012年6月に投稿した写真にある 多摩市の我が家から
徒歩10分程度の場所の洋風墓園によく似ていたのです

参照するのもなんですから再掲します(Retina IIIC ↓)
c0182775_17395591.jpg

異なるのは多摩市の洋風墓園は墓石を地面にベタ置きしていますが
こちらのは地面から小1メートル土台を上げてから置いてあるのです

もちろん積雪時の維持管理のためですね

夏涼しい代わりに 冬の厳しさ対策が必要になってきます
c0182775_18101867.jpg




BESSA R2A(2004年コシナ製)

c0182775_758855.jpg


Retina IIIC(1958年)
c0182775_1448358.jpg

by zuoteng_jin | 2018-07-23 17:52 | Bessa R2A | Comments(0)
<< 日陰でメールチェックの女性と知... 白い紫陽花と孫たちの週末 >>