休日の父や子供たちのスタイルとFD研修レポート

c0182775_18101412.jpg

いま休日の公園ではこんな光景が普通です

子供たちを遊ばせて 父親はスマホに余念がありません

こういう光景はここ四五年のことで 十年前には見られませんでした

あと十年経ったらどういう具合になっているのか 見てみたいですね

今日は私を含めて大学院担当教員9人でFD研修会が行われました

その第一回目で 私がレポーターをつとめました

「日常の授業から専門論文へ」というテーマで
この10年ほどに発表した論文のうちから
授業の準備や授業での資料の読み込みが具体的にどういう論文になったか
4点の論文についてお話ししました

小一時間の話しでしたが 話しそのものよりも
その研究に用いた350年前~200年前の漢籍の実物
たとえば寛政の改革で思想統一をした松平定信旧蔵の本など
皆さん関心をお寄せでした

それと 授業の準備にじっくりと時間をかけて
その講義でなくては聞けない授業内容にしていること自体に
常日頃煩雑な学務書類作成に追われているメンバ-の皆さんから
そういう授業が出来る環境が欲しいという切実な声が多くありました

文科省の大学局や中等教育局(教員免許の管轄)の役人は
どう突き詰めても事務屋さんですから
大学教員に事務作業を課すことが仕事だと思い込んでいます

研究を充実させること そのための時間を与えることが
結局は授業の活性化に直結するのだと
何で分からないのかと思います
c0182775_14464933.jpg




Ricoh 500GS(1973年製)
c0182775_18104650.jpg

by zuoteng_jin | 2018-07-11 18:47 | Ricoh 500GS | Comments(0)
<< SVOLME のウエアで決めた... ルピナスと理学療法概論と加藤剛さん >>